BRIDGE

タグ Megvii(昿視)

Alipay(支付宝)の顔認証決済にも採用、Megvii(昿視)がAIフレームワークをオープンソースとして公開

ピックアップ:Megvii open sources proprietary deep learning framework MegEngine ニュースサマリー:中国において顔認識技術で急成長中のMegvii(昿視)は3月に「Brain++」の正式リリースとディープラーニングフレームワーク「MegEngine(天元)」をオープンソースとして全世界に展開することを発表している。 これにより全てのA…

Image credit: Megvii(昿視)

ピックアップ:Megvii open sources proprietary deep learning framework MegEngine

ニュースサマリー:中国において顔認識技術で急成長中のMegvii(昿視)は3月に「Brain++」の正式リリースとディープラーニングフレームワーク「MegEngine(天元)」をオープンソースとして全世界に展開することを発表している。

これにより全てのAI開発者がアルゴリズム構築をすばやく実現し、エンタープライズ企業がAI開発において開発コスト削減、開発効率向上、高度なセキュリティのメリットを享受できる。同社の顔認識技術はAlipay(支付宝)の顔認証決済「Smile to Pay(刷臉支付)」にも採用されている。

詳細情報:Megviiの独自AI開発プラットフォーム「Brain++」はMegEngine、MegCompute、MegDataの機能を含めた3構造で構成されている。MegEngineは2014年から開発が進み、オープンソースとして今年3月にAlpha版を公開、6月にBeta版、9月に正式をリリース予定。

  • これらの技術は画像の分類、オブジェクトの検出、オブジェクトのシーンなどの大量の画像やビデオのトレーニングなどの複雑な視覚的タスクに非常に適している。自動機械学習技術(AutoML)を統合することにより、AI開発のハードルを下げている。

Brain ++プラットフォームの重要性は、Visual Studio のような、より統合された開発環境をユーザに提供し、AI開発からアプリケーションまでワン​​ストップで、AI開発者のニーズを満たすことにある。プロトタイプから本番開発の展開に至るまでの製品の時間コストが数週間または数カ月から数時間に短縮される。(共同創設者兼最高技術責任者であるTang Wenbin=唐文斌氏)

背景:顔認識プラットフォーム「Face++」においては今年から日本でも展開しているが、現在はエンタープライズ向け次世代AI開発オープンソースプラットフォームBrain++の開発に注力している。プラットフォーム拡大により、AI開発の長期的繁栄を促進する。

via Megvii(昿視)

執筆:國本知里/編集:平野武士

----------[AD]----------

中国の顔認識AIスタートアップMegvii(昿視)、香港証取にIPOを再申請へ【報道】

SHARE:

中国の顔認識 AI スタートアップ Megvii(昿視)の香港証券取引所への上場申請は、提出から6ヶ月が経過し失効した。 重要視すべき理由:Alibaba(阿里巴巴)が支援する Megvii は、同社が株式公開を試みるにあたり、いくつかのハードルに直面している。Megvii は、中国のいくつかの企業とともにアメリカでブラックリストに登録され、事実上、アメリカ企業との取引を許可なく行うことが禁止され…

Image credit: Megvii(昿視)

中国の顔認識 AI スタートアップ Megvii(昿視)の香港証券取引所への上場申請は、提出から6ヶ月が経過し失効した。

重要視すべき理由:Alibaba(阿里巴巴)が支援する Megvii は、同社が株式公開を試みるにあたり、いくつかのハードルに直面している。Megvii は、中国のいくつかの企業とともにアメリカでブラックリストに登録され、事実上、アメリカ企業との取引を許可なく行うことが禁止された。

  • Megvii は当初、2019年下半期に IPO 申請を提出したが、報道によれば、香港当局から追加精査を受け、上場を今年に延期することを決定したとされる。
  • Megvii の上場遅延には、昨年の米中貿易摩擦や香港民主化デモの影響もある。
  • 今回の新型コロナウイルスの流行により、多くの中国企業が旧正月(春節)休暇後数週間休業することとなり、同社の計画にさらなる複雑をもたらすこととなった。
Image credit: Alibaba(阿里巴巴)

詳細情報:2月25日、香港証取のウェブサイトには、Megvii の IPO ステイタスが「失効」と表示された。IPO 申請は、提出から6ヶ月以内に確定する必要がある。

  • 本件に近い2つの情報筋がロイターに語ったところでは、Megvii は2019年からの財務データを更新し次第、香港での上場再申請を計画している。
  • TechNode(動点科技)は2月25日朝、Megvii に連絡を取ったが、コメントを得られなかった。
  • 香港の規則によれば、企業は失効した IPO 申請を3ヶ月以内であれば再申請できる。
  • Megvii は、香港証取に提出した文書で調達額を明らかにしていないが、ブルームバーグやロイターが関係者の話として伝えたところでは、調達額は5億米ドル〜10億米ドルの範囲と推定される。
  • Megvii は昨年5月、中国銀行のエクイティ部門がリードしたラウンドで7億5,000万米ドルを資金調達した。この調達により、Megvii の評価額は40億米ドルを超えた。
Image credit: Megvii(昿視)

背景:Megvii は、中国の AI ブームを先導する企業の一つだ。その他の企業としては、Sensetime(商湯)、Yitu(依図)、Cloudwalk(雲従)などがあるが、いずれもまだ株式公開していない。

  • IPO が実現すれば、Megvii はキャピタルマーケッツを利用する最初の企業となり、同じ業界の他の企業が習うリトマス試験の役割を果たすことになる。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)支援のAIスタートアップMegvii(昿視)、香港証取にIPOを申請——中国公安が最大顧客、香港問題で世界が注目する中なぜ?

SHARE:

政情不安や広がる経済不安の最中、Alibaba(阿里巴巴)が支援している人工知能(AI)スタートアップ Megvii(昿視)が香港証券取引所での株式上場のため、IPO 申請を行った。 重要視すべき理由:Megvii は中国公安機関の主要サプライヤーである。同社の顔認識技術はモバイル決済から人物監視に至るまで、中国全土で広く利用されている。 数ヶ月にわたる香港の抗議行動を受け、Alibaba を含む…

Image credit: Megvii(昿視)

政情不安や広がる経済不安の最中、Alibaba(阿里巴巴)が支援している人工知能(AI)スタートアップ Megvii(昿視)が香港証券取引所での株式上場のため、IPO 申請を行った。

重要視すべき理由:Megvii は中国公安機関の主要サプライヤーである。同社の顔認識技術はモバイル決済から人物監視に至るまで、中国全土で広く利用されている。

  • 数ヶ月にわたる香港の抗議行動を受け、Alibaba を含む他社が投資家感情を注視している中、Megvii は上場計画を推進している。
  • 伝えられるところによると今年初め、同社は現在進行中の米中貿易摩擦を受け、上場計画を再検討していた。
  • Megvii は Ant Financial(螞蟻金融)、Foxconn (鴻海/富士康)、Xiaomi(小米) などの企業に自社技術を提供している。

詳細情報:香港証券取引所に提出した文書では調達額を開示しなかったが、Reuters と Bloomberg が引用した情報筋によると、推定5億米ドルから10億米ドルに及ぶという。

  • Megvii の上場申請は、同社の財政状況について知る材料となる。上半期の収益は前年同時期と比べ200%以上増加し、9億5,000万人民元(約140億円)近くに達した。提出書類によれば、2017年と2018年の年間収益はそれぞれ3億1,315万人民元(約46.2億円)、14億2,000万人民元(約210億円)だった。
  • とりわけ、政府機関や医療業界などに提供される AI サービスの売上は、同社全体の4分の3近くを占める。
  • その一方、2019年上半期の損失は52億人民元(約768億円)に達する。これは、研究開発に関する支出が理由の1つである。
  • 5月、中国銀行のエクイティ部門がリードする資金調達ラウンドで7億5,000万米ドルを調達し、企業価値が40億米ドル以上となった。
Image credit: Alibaba(阿里巴巴)

背景:Megvii は Sensetime(商湯)、Yitu(依図)、Cloudwalk(雲従)など中国における AI ブームの最前線にいる数少ないスタートアップの1社である。しかし、いずれの企業もまだ株式公開に至っていない。

  • これらの企業は「2030年までに中国を AI のトップランナーにする」という政府が打ち出した計画の恩恵を受けている。
  • 中国では AI スタートアップの数が増えており、その多くは資本市場に目を向けている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------