BRIDGE

タグ ON THE TRIP

多言語オーディオ旅ガイド「ON THE TRIP」、寺社や美術館向けに無料のアプリ開発メニューをローンチ——谷家衛氏、西井敏恭氏がジョイン

SHARE:

連続起業家の成瀬勇輝氏率いる「ON THE TRIP」のチームは、現在もバンで全国を行脚しながら多言語オーディオトラベルガイドの開発に精を出している。最近になって co-living を押し出したスタートアップが増えてきたが、移動体を活動拠点にしたスタートアップは、今でもあまり例を見ない。 そんな ON THE TRIP から新たな挑戦のニュースだ。寺社や美術館などの文化施設を対象に、施設側の負担…

左から:成瀬勇輝氏(ON THE TRIP 創業者兼 CEO)、谷家衛氏、西井敏恭氏志賀章人氏(ON THE TRIP クリエイティブディレクター)
Image credit: On The Trip

連続起業家の成瀬勇輝氏率いる「ON THE TRIP」のチームは、現在もバンで全国を行脚しながら多言語オーディオトラベルガイドの開発に精を出している。最近になって co-living を押し出したスタートアップが増えてきたが、移動体を活動拠点にしたスタートアップは、今でもあまり例を見ない。

そんな ON THE TRIP から新たな挑戦のニュースだ。寺社や美術館などの文化施設を対象に、施設側の負担は実質ゼロでオーディオトラベルガイドを開発・提供するというものだ。このオーディオガイドに関わるポスター、マップ、ウェブ制作、書籍制作、デジタルマーケティングなどにかかる制作コストを ON THE TRIP が負担する。

この新しいメニューでは、文化施設側と ON THE TRIP とが参拝者や来館者からの入場料を完全レベニューシェアすることにより、ON THE TRIP は制作コストを捻出する。文化施設側の収入を下げないようにするには入場料全体の価格を値上げする必要があるが、参拝者や来館者により多く使ってもらえることになり、既存のリーフレットなど以上に「タビナカ体験」を充実させることができるという。

宮崎滞在中の様子
Image credit: On The Trip

ON THE TRIP では、この無料でのアプリ開発メニューに参加を希望する文化施設からの募集を今日から開始した。公的運営、私設経営などは問われないが、文化施設であり依頼者が入場料の決定権を持っていることが条件。観光協会などが施設運営を代行していて、入場料改定に自治体などの承認が必要となるケースなどは、このメニューの募集対象から除外される。ON THE TRIP では先着10社に、このモデルでサービスを提供する。

このインタビューを実施したとき、成瀬氏は小豆島にある妖怪美術館に滞在していた。彼は、ON THE TRIP と協力関係にある「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」への参加を通じて、妖怪美術館の館長らと意気投合。レベニューシェアモデルの第一弾として現在、この妖怪美術館の多言語オーディオトラベルガイドの開発に着手している。

なお、今回の発表と合わせて、投資家の谷家衛氏(D4V ファウンディングパートナー、CAMPFIRE 取締役会長)とマーケターの西井敏恭氏(シンクロ 代表取締役社長、オイシックス・ラ・大地 執行役員 兼 CMT、フロムスクラッチ CIO)が ON THE TRIP に加わることになった。ON THE TRIP は今回、谷家氏や西井氏から出資を受けることになるが、タームシートには必ずしもイグジットを求めない旨が明文化されているとのことで、投資家というより実質的にアドバイザーやメンバーとして立ち位置が近いようだ。

成瀬氏、谷家氏、西井氏らが ON THE TRIP にかける思いについては、同社ウェブサイトに公開されたインタビュー記事に詳しい。

<関連記事>

----------[AD]----------

5ヶ国語オーディオトラベルガイドの「ON THE TRIP」、自前改造のオフィスバスで事業運営と旅の両立を目指した全国キャラバンを開始

SHARE:

3ヶ月ほど前、GPS と連動した5ヶ国語対応のオーディオトラベルガイド・モバイルアプリ「ON THE TRIP」を紹介した。旅をテーマにする ON THE TRIP のチームは、自らも旅をしながら事業を推進することを目指している。そのためのオフィスバスが先ごろ完成、奈良市で活動を開始し始めた。 このバスは、夜行バス「VIP ライナー」を運営する平成エンタープライズから、ON THE TRIP のチ…

ON THE TRIP のチーム(奈良市・大安寺にて)
Image credit: on the trip

3ヶ月ほど前、GPS と連動した5ヶ国語対応のオーディオトラベルガイド・モバイルアプリ「ON THE TRIP」を紹介した。旅をテーマにする ON THE TRIP のチームは、自らも旅をしながら事業を推進することを目指している。そのためのオフィスバスが先ごろ完成、奈良市で活動を開始し始めた。

このバスは、夜行バス「VIP ライナー」を運営する平成エンタープライズから、ON THE TRIP のチームが無償で譲り受け改造を施したものだ。バスの中で仕事や生活ができるよう、数ヶ月をかけて DIY で太陽電池と蓄電システム、キッチン、オフィスデスク、ベッドなどが設置された。ON THE TRIP を率いる成瀬勇輝氏によれば、当初はモバイルアプリのローンチと同時に、このバス全国キャラバンを開始する考えもあったようだが、その奇抜なアイデアと構造ゆえ、車検を通過させるのに思いのほか時間がかかったようだ。

ON THE TRIP のチームは奈良周辺に滞在中で、協力してもらえる駐車場にオフィスバスを停めさせもらいながら、目下、奈良市のトラベルアプリを制作中。コンテンツ作成のための取材、執筆、写真撮影、アプリ公開までの一連作業は、オフィスバスの中で実施している。今後は、京都府京都市、香川県高松市、山梨県富士吉田市へと移動する予定だ。この実験的な活動の一部始終は、ON THE TRIP のウェブサイト「VAN THE TRIP」で公開されている。

改造ペインティング中のバス
Image credit: on the trip
床には木材を貼り付け
Image credit: on the trip
バスの中でも仕事ができるよう、屋根全面にはソーラーパネルを設置
Image credit: on the trip
オフィスバス内で談笑する、成瀬勇輝氏(右・創業者兼 CEO)とON THE TRIP の志賀章人氏(左・クリエイティブディレクター)
Image credit: on the trip
簡単な料理ができるキッチンの機能も備わっている
Image credit: on the trip

----------[AD]----------

連続起業家の成瀬勇輝氏ら、GPS連動の5ヶ国語オーディオトラベルガイド「ON THE TRIP」をローンチ——旅先をモバイルアプリで博物館化

SHARE:

連続起業家、旅する起業家、(アニメの「ナルト」になぞらえて)幽鬼丸など成瀬勇輝氏の呼称は数知れない。初めて出会ってからもう6年近い歳月が経とうとしているが、彼はこれまでに「自分の仕事をつくる旅」や「旅の報酬」といった自著を上梓するなど、自身が関わる複数のプロジェクトの真ん中に旅というテーマを据えてきた。4年前には旅に特化したメディア「TABI LABO」を共同創業している。 昨年、成瀬氏は TAB…

連続起業家、旅する起業家、(アニメの「ナルト」になぞらえて)幽鬼丸など成瀬勇輝氏の呼称は数知れない。初めて出会ってからもう6年近い歳月が経とうとしているが、彼はこれまでに「自分の仕事をつくる旅」や「旅の報酬」といった自著を上梓するなど、自身が関わる複数のプロジェクトの真ん中に旅というテーマを据えてきた。4年前には旅に特化したメディア「TABI LABO」を共同創業している。

昨年、成瀬氏は TABO LABO を共同創業者に託して代表の座を離れた。それは、どうやらこの動きにつながるものだったようだ。彼は旅をテーマにした新たなサービスで、旅の体験を変え人々の心を魅了しようとしている。GPS と連動したオーディオトラベルガイド「ON THE TRIP」がそれだ。24日、ON THE TRIP がローンチし、iTunes AppStore からダウンロードできるようになった。

世界の名だたる博物館や美術館に行くと、観光客向けに複数の言語で音声ガイドが提供されていることが多い。もちろん展示物には現地語と英語で説明が設けられているが、音声ガイドを使うか使わないかで展示物に対する理解の深さが大きく変わるのは筆者だけではないだろう。「ON THE TRIP」は、この博物館で音声ガイドを使いながら観覧する体験を、屋内外を問わず観光スポットでも実現できるようにしようという挑戦だ。

音声コンテンツは1本あたり120円から。現在はアプリ内課金でダウンロードできるが、将来的には、例えば、神社仏閣などの入口で拝観料とセットで販売し、その神社仏閣とレベニューシェアするようなアイデアも持っている。コンテンツは最大5言語(日本語・英語・韓国語・普通話(北京語)・広東語)まで対応しており、インバウンド需要を取り込むことにも抜かりはない。現在は、新潟県の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」や奈良市観光協会らの協力を得、連携しながらコンテンツ制作を進めている。

観光スポットのオーディオガイドだけでなく、日本の精神世界を伝えるカルチャーに関するオーディオガイドも提供

これまでにも、美術館や博物館向けの音声ガイドアプリとして、国内なら MyGuide 海外なら MyTours などが存在したが、この体験を建物の外へ持ち出そうという発想はあまり無かった。ON THE TRIP では将来、オーディオガイドの体験を AR(拡張現実)を使ったものにまで発展させる考えがあるそうだ。歴史建造物や史跡・遺跡などでは、これまでの旅に時を超越した体験を追加できるようになるかもしれない。

左から:森上航平氏(エンジニア・UI/UX デザイナー)、成瀬勇輝氏(創業者兼 CEO)、志賀章人氏(クリエイティブディレクター)
----------[AD]----------