BRIDGE

タグ Project Loon

Alphabetの気球によるインターネット網構築プロジェクト「Loon」、ケニア上空で商用サービスを開始

SHARE:

Alphabet が長年取り組んできたプロジェクト「Loon」は4月21日、同社が正式に初の商用サービスを開始し、その気球がケニア上空を飛行したことで、大きな節目を迎えた。観測気球を使ってへき地にインターネット接続を提供する Loon は、Telkom Kenyaとの提携の一環として、ケニア上空に気球を打ち上げた。 このプロジェクトの実現は、ムーンショット育成についてしばしば大袈裟な言葉で語りなが…

ケニアで、気球を使ったインターネット接続の商用サービスを開始した「Loon」
Image Credit: Loon

Alphabet が長年取り組んできたプロジェクト「Loon」は4月21日、同社が正式に初の商用サービスを開始し、その気球がケニア上空を飛行したことで、大きな節目を迎えた。観測気球を使ってへき地にインターネット接続を提供する Loon は、Telkom Kenyaとの提携の一環として、ケニア上空に気球を打ち上げた。

このプロジェクトの実現は、ムーンショット育成についてしばしば大袈裟な言葉で語りながら、自動運転車のようなプロジェクトを商用サービスに転換するのに苦労している Alpha にとって注目すべき一歩だ。今回の場合、Loon の躍進は、気球やドローンを使って、へき地に住む人々にインターネット接続を提供しようとする Alphabet や Facebook の取り組みにとって、重要かつ象徴的な勝利だ。

Loon はもともと「Project Loon」と呼ばれていたが、2011年に Google での実験として始まり、徐々進化して独立した会社となった。2009年初頭、Loon は商業サービスの野望を加速すべく、通信関係者からなるアドバイザリーボードを設立した。

Loon は海上20km上空を移動する気球を使い、気球の動きと距離を追跡するアルゴリズムで複数の気球をネットワークしながら配置することで、インターネット接続を維持することができる。

同社は当初、商業サービスの昨年開始を念頭に2018年にケニアとの提携を発表していたが、さまざまな遅延により4月開始することとなった。ケニア政府は今年3月正式にサービスを承認したが、この遅延がサービス開始のために気球のレースを生み出すことになった。新型コロナウイルス流行の影響で(スタッフの移動に制約が出るなど)タスクが複雑化したためだ。

気球はプエルトリコとネバダのサイトから打ち上げられた。つまり、この日ののキックオフでは、Loon のチームは気球を空に打ち上げた後、約11,000km離れたケニアまで誘導する必要があったわけだ。

プエルトリコからケニアまでの気球ナビゲーションマップ
Image credit: Loon

Loon の CTOで Salvatore Candido 氏のブログ投稿によると、このシステムはソフトウェアを使用して自動的に地図を作成し、天気予報に基づいて飛行経路を最適化し、継続的に調整することが可能だ。それぞれの気球は、最終目的地まで独自のルートをたどる。

同社が昨年実施した飛行テストは100万時間以上を超え、このナビゲーションシステムを大幅に改善した。機械学習を利用して、目的地に向かってまっすぐ飛ぶよりも、ジグザグのパターンで飛ぶ方が効率的であることを発見した。また、円ではなく8の字型のパターンで飛行することで、気球がより長い時間指定された領域に留まることできる。

地上クルーがシステムを監視しているが、自動化と環境条件から迅速に学習できる Loon の能力は、商用サービスを展開する上で非常に重要であることが証明されている。

Loon チームは、これまでケニアではほとんど、あるいは全くインターネットに接続できなかった地域の人々にサービスを提供できることに興奮している。(中略)

私がしばしば言っていることだが、人々にはインターネットよりもはるかに必要なものがある。仲間に食料、きれいな水、医療品を届けられるなら、それを先にすべきだ。しかし、人類が新型コロナウイルス流行に対応し、友人・同僚・家族と物理的に距離を置いている今、情報を得ながら共につながっていることができるのは、オンラインで連絡を取り合うことができるという我々の力だ。(Candido 氏)

<関連記事>

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Googleの遠隔地無線インターネットプロジェクト「Project Loon」、インドネシアで試験準備が整う

SHARE:

今日早く(原文掲載日:10月29日)、Googleの親会社 Alphabet は、野心的な事業計画である Project Loon に向けてインドネシアの三大通信会社と提携し、全国規模の実験を始めると発表した。これにより、来年初めには農村地域にインターネット接続が提供されることになる。 そもそもProject Loonとは何か? これは高度の気球を使って遠隔地や発展途上国、またウェブ接続が不可能で…

Google-Project-Loon

今日早く(原文掲載日:10月29日)、Googleの親会社 Alphabet は、野心的な事業計画である Project Loon に向けてインドネシアの三大通信会社と提携し、全国規模の実験を始めると発表した。これにより、来年初めには農村地域にインターネット接続が提供されることになる。

そもそもProject Loonとは何か? これは高度の気球を使って遠隔地や発展途上国、またウェブ接続が不可能である地域へインターネットを適用させる構想である。インドネシアは同プロジェクトの有望な候補地である。というのも、海により隔てられた1万7000以上もの島々から成り立つ地理的条件では、ブロードバンドや通信インフラを整備することはまったくの悪夢となっているからだ。

Telkomsel、XL Axiata、Indosat の幹部らは本日シリコンバレーで催された報道機関向けのイベントで、Project Loonの中心人物である Mike Cassidy 氏、Google 共同設立者の Sergey Brin 氏らと共に同計画を明らかにした。気球を空へ12マイル以上も打ち上げてスマートフォンにインターネット接続を届けるLoonの対象国は、現在ブラジル、オーストラリア、ニュージーランドに続いてインドネシアが4ヶ国目となる。

今月、インドネシアの通信企業はこの構想提案に対して複雑な心境であった。Telkom のイノベーションおよび戦略的ポートフォリオディレクター Indra Utoyo氏 は、メディアに次のように語っていた

Telkomだけでなく、他の通信企業にも害が及ぶことが目に見えています。これは、Googleが私たちを無視することを意味します。

しかしながら、Telkomsel がこの取引に乗ったからには、双方にとってすべてがバラ色に進んでいるようだ。Telkom は Project Loon が営利プロジェクトとして稼働する前に、12ヶ月の試行期間を設けている。Project Loonは、スマトラ、カリマンタン、東パプア上空の5つのスカイポイントで 900 MHzの周波数を使用する予定である。

インドネシアの農村人口にオンラインをもたらすことは、複数の企業関係者が取り組んでいる課題だ。この5月に、インドネシアの衛星サービスプロバイダー BigNet はシンガポールを拠点とする Kacific Broadband Satellites と7800万米ドルの長期協定に署名した。目標は、2017年からインドネシアに高速ブロードバンドサービスの新しい形をもたらすことだ。Kacific は、インドネシア諸島全体を網羅するために自社の衛星から真っすぐ信号を送ることを目指している。同社は特に、東インドネシアの発展途上地域への良質で安価なインターネットの提供に力を入れている。

空でのインターネットをめぐる戦い

Project Loon はさかのぼること2011年に始まった。2013年、ニュージーランドでのLoonの初期の試験段階では30機の気球が使われた。オーストラリアとブラジルがそれに続いた。試験は、使われていない周波数帯域の一部を無料で使用することについて交渉を試みる代わりに、通信会社に周波数帯域の特定の帯域を所有することを許可しつつ、通信会社を利用して進めるという Loon の現行のアプローチを形作る助けとなった。Cassidy 氏は、インドネシアの上空に数百という気球を打ち上げると断言した。

インドネシアにおいて、インターネットの普及率を上げることが重要であるのは、人口の約30%しかウェブにアクセスできていないためである。アクセスできるところでは、お粗末なインフラのためにデータのスピードは遅い。Loon であれば、Google はインドネシアの三大通信会社から作られる信号を受け取ることができ、飛行機や自然天気事象より上の成層圏から信号を再分配することができる。そこから、信号は複数の気球とインドネシアの人里離れた電波受信困難地域との間を飛び回ることができる。インターネットに接続できる電話を持つ人は、信号を標準無線LANのネットワークとして利用できる。

同社によると、ダウンロードのスピードは最大 10Mbps になり、アメリカにおける平均ダウンロードスピードに匹敵するという。Alphabet にとって、Project Loon は、インターネット接続なしで生活している40億人以上の人々にインターネットの接続をもたらす取り組みの一環である。インドネシアでより多くの人がインターネットの接続ができるということは、必然的に Google 検索が増えるという意味であり、Alphabet にとってはプラスになる。

それはまた Android ユーザが多くなるという意味にもなるかもしれない。Androidはすでに世界で最も使われている携帯OSだ。とりわけ、Android は多くの人が安い電話を買い求めるインドネシアのような国では優勢だ。

Alphabet だけが発展途上国にインターネットの提供を試みているのはではない。Facebook は最近、インドネシアに Internet.org をローンチした。ドローン会社 Ascenta を買収後、Facebook はInternet.org をサポートするため、自己操縦で太陽電池式のインターネット飛行機を活用する計画でいる。Facebook が Aquila と呼ぶ飛行機はボーイング747と同じ翼長があり、青い昼間の空から無線LANを管理しながら約3ヶ月近く上空に留まるよう設計されている。アプローチの仕方は同じではないが、Facebook と Google は新興市場通信企業パートナーシップを手早く決め、以前は遠隔地であった場所にインターネット接続を提供することで真っ向から競争している。

インドネシアの空からインターネットを提供する戦いに勝つのはどの企業だろうか?FacebookかGoogleか、それとも地元の衛星サービスプロバイダーか? これはインドネシアのインターネットビジネスにとってどんな意味を持つのだろうか?

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

Googleがソーラー駆動ドローンTitan Aerospaceを買収、世界中を空からネット接続する「Project Loon」を推進【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Google Buys Drone Maker Titan Aerospace Googleとfacebookによる「世界中を空からネット接続する」戦いがアツくなってきました。 あの60億ドルでのfacebookによる買収が噂されたソーラー駆動ドローン「Titan Aerospace」をお買い上げしたのは…

TitanGoogleSplash

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Google Buys Drone Maker Titan Aerospace

Googleとfacebookによる「世界中を空からネット接続する」戦いがアツくなってきました。

あの60億ドルでのfacebookによる買収が噂されたソーラー駆動ドローン「Titan Aerospace」をお買い上げしたのはGoogleでした。Wall Street Journalが報じておりまして買収額は非公開。

Titan_Aerospace_-_Solar_Atmospheric_Satellites

Googleによると、画像収集と遠隔地へのオンラインアクセス提供に使われるということで、Googleにはやはり世界をネットに繋ごう計画の「Project Loon」(但しこちらはバルーン)があり、これに近いところで今回のTitanチームが働くと言ってますので、目的はfacebookの「世界インターネット接続計画」とほぼ同じと考えてよいでしょう。(下記:Project Loon紹介動画)

我が国、日本のインターネット環境は孫正義氏が街頭でモデムを無料配布するという変化球で一変しましたが、空からネット接続はもう魔球です。しかし、米アマゾンのジェフ・ベゾス氏はドローンで宅配しようとしてますし、世界のトップはドローンが好きなんですね。

Google翻訳でざっくり読む

via Wall Street Journal