タグ Scheeme

Scheeme:融資と補助金を調達支援する事業計画SaaSを提供【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。 1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、…

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

Scheeme

Image credit: Scheeme

<事業内容>

Scheeme(スキーム)は資金繰りから資金調達までをシームレスにするクラウドサービスです。企業や個人事業主の方が資金調達を行う際に必要な計画書類・申請書類をクラウド上で簡単に作成することができます。

Scheeme を利用することで、融資や補助金の申請に必要な「収支計画書・資金繰り表」や行政によって定められた補助金の申請書をシームレスに作成・管理することができ、資金調達をスムーズに行うことができます。

また、面倒で分かりにくい資金繰り管理が簡単になります。入出金予定を自動で作ることができるだけでなく、口座連携することで実績入力も楽々。作成した資金繰りは銀行向け書類に自動変換され事業報告にも活用いただけます。

<推薦者>  一戸将未さん(ジェネシア・ベンチャーズ)

<推薦者コメント>

「挑戦を讃え、支え続ける社会を創る」をビジョンに掲げる Scheeme は、元々会計事務所で中小企業の資金繰りなどの相談を受けていた杉守さん(CEO)が、自分が提供していた役務内容をクラウド化することで、1社でもたくさんの中小企業を元気にしたいという想いで立ち上げたスタートアップ。

中小企業が融資や補助金を申し込む際の手間(どこで借りれるのか、補助金申請できるのかがわからない、申込書類の記載が面倒など)をクラウド上で必要内容を入力するだけで解決できる Scheeme というサービスを提供している。

DX が迫られている金融機関との連携も進んでおり、中小企業と金融機関をつなぐハブとしてのポジションを取ることで、どのような企業に、どの金融機関が融資したのかのデジタルデータを集約することを通じて、将来的にはネオバンク的なポジションニングを狙っている。

<関連記事>

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


融資と補助金を調達支援する事業計画SaaS「Scheeme」運営、プレシリーズAで1億円を調達

SHARE:

中小企業向けに融資・補助金等の調達支援を行う事業計画 SaaS「Scheeme(スキーム)」を開発・提供する Scheeme は11日、プレシリーズ A ラウンドで1億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、ジェネシア・ベンチャーズとキャナルベンチャーズ。これは、昨年実施したシードラウンド(ジェネシア・ベンチャーズから約5,000万円)に続くものだ。Scheeme の累積調達金…

Scheeme のチーム。中央が創業者で代表取締役の杉守一樹氏
Image credit: Scheeme

中小企業向けに融資・補助金等の調達支援を行う事業計画 SaaS「Scheeme(スキーム)」を開発・提供する Scheeme は11日、プレシリーズ A ラウンドで1億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、ジェネシア・ベンチャーズとキャナルベンチャーズ。これは、昨年実施したシードラウンド(ジェネシア・ベンチャーズから約5,000万円)に続くものだ。Scheeme の累積調達金額は約1.5億円に達した。

Scheeme は2016年9月の創業(当時の社名は Dynave)。創業者で代表の杉守一樹氏は以前、勤務していた会計事務所でクライアントの中小企業に対し、創業支援、事業計画策定、融資支援などの手続を年間160件以上支援していたという。スタートアップや長年の信頼のある企業であれば、エクイティファイナンスや社債発行といった方法もあるが、一般的な中小企業の場合、代表者が個人的に自己資金を投入したり内部留保を活用したりする以外、金融機関からの融資や公的機関からの補助金に限られる。

一方、中小企業の倒産事例の約半分は黒字倒産、すなわち、売上や利益は上がっているにもかかわらず、従業員や仕入先への支払との兼ね合いで資金繰りがうまくいかないことによるものだ。一時的な運転資金の手当ができれば乗り切れるのに、それができない。本来、そのためのアドバイスを積極的に行うのが会計事務所だが、融資や補助金の調達支援は手間がかかる割に利益が出ない。そこで中小企業の資金調達に特化したファイナンスツールを作ろうと考えたのが、Scheeme 誕生のきっかけだ。

Image credit: Scheeme

公的機関は多くの補助金を用意しているが、知られていない、申請が難しい、といった理由から、使われていないところでは、利用率が4〜5%というところもある。これらが活用されれば、中小企業の会計はかなり良くなる。(杉守氏)

Scheeme は、会計情報の分析、全国から集めた金融機関の融資情報、公的機関の補助金に関するデータベース、その申請のためのテンプレートなどからなる SaaS としての機能に加え、融資や補助金の申請支援などもオプションとしてサービス提供しており、SaaS 機能は月額9,800円(12ヶ月単位の利用申込)、オプションについては、申請ベースまたは成功ベースでの手数料が追加される。Scheeme を通じて、これまで約5.8億円の資金調達が支援されたとのことだ。

Scheeme では、会計 SaaS やオンラインバンキングとの連携機能の開発にも着手している。調達支援のための分析や評価には、P/L やバランスシートよりも明細データが必要になるため、会計 SaaS 企業や銀行と一つずつ機能連携を進めていくとのことだった。現在のところ、ユーザの多くは Web のオーガニック流入によるものだが、先に書いたように、会計事務所にとっては手間のかかる業務なので、会計事務所に加え、中小企業診断士事務所、金融機関からの紹介によるユーザ獲得も増やしたいとのことだった。

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録