タグ SpaceEngine

卸仕入れサイト「orosy(オロシー)」運営、プレシリーズAで1.8億円を調達——SIG、Light Street Capitalのパートナーらから

SHARE:

D2C やオンラインブランド特化の卸仕入れサイト「orosy(オロシー)」を運営するスペースエンジンは21日、プレシリーズ A ラウンドで1.8億円を調達したことを明らかにした。このラウンドは SIG Japan(アメリカの Susquehanna International Group=海納国際集団の日本向けファンド)がリードインベスターを務め、Light Street Capital パートナ…

「Orosy」
Image credit: SpaceEngine

D2C やオンラインブランド特化の卸仕入れサイト「orosy(オロシー)」を運営するスペースエンジンは21日、プレシリーズ A ラウンドで1.8億円を調達したことを明らかにした。このラウンドは SIG Japan(アメリカの Susquehanna International Group=海納国際集団の日本向けファンド)がリードインベスターを務め、Light Street Capital パートナー の Gaurav Gupta 氏、STRIVE、G-STARTUP、Coral Capital、ANOBAKA、Plug and Play Japan が参加した。

スペースエンジンにとって、これは2020年2月に実施したシードラウンドに続くものだ。Coral Capital、ANOBAKA(当時は KVP)、Plug and Play Japan は前回ラウンドに続くフォローオンでの参加となる。SIG Japan は、これまでにオーディオフィットネスアプリの「BeatFit」 運営、美容プラットフォーム「LIPS」運営の AppBrew などに出資、また、シリコンバレー VC の Light Street Capital は SmartHR が2019年7月に発表したシリーズ C ラウンドにも参加しているが、今回はラウンドステージと出資額の関係でパートナー個人枠からの出資となった。

スペースエンジンは2019年5月、EC サイト販売中心の商品メーカー、D2C ブランドといったサプライヤーなどがリアル店舗での販路を拡大できるプラットフォーム「SpaceEngine」をローンチ。それを2020年9月、サプライヤーから小売店舗へのアプローチだけでなく、小売店舗からサプライヤーへのアプローチができるプラットフォーム「orosy」へと事実上ピボットした。店舗は、インターネット上で人気を集める商品を簡単に探し、仕入れ、店頭で販売することができ、委託販売からスタートできるため、店舗は仕入れリスクを最小限に抑えることができるのも特徴だ。

スペースエンジンの皆さん
Image credit: SpaceEngine

この分野でベンチマークすべきは、Square 従業員らが2017年に立ち上げた Faire だろう。同社は創業から2年でユニコーンクラブ入りするなど驚異的な成長を見せている。一方、ノーコードやサードパーティーのサービスとの連携 API の多さから世界的にも人気を集める Shopify は、昨年、B2B マーケットプレイスの Handshake を買収。Shopify を使って商品販売する事業者向けに仕入れチャネルを提供することで、Faire へのユーザ流出防止を図っている。

<関連記事>

また、Stripe と Shopify の蜜月ぶりは有名な話で、先ごろ上場した Stripe の株式を一部保有する Shopify は相応の株主利益を手にしたと言われている。Stripe と Shopify を使うことで、店舗のオンライン・オフライン双方混在で決済のみならず在庫管理ができるようになるため、両者のプラットフォームが〝中小の物販企業の OS〟になっていくとの目算は強い。スペースエンジンはこのアメリカでのトレンドが、そう遠くない将来、日本市場にもやってくると踏んでいるようだ。

スペースエンジンでは調達した資金を使って、バイヤーに商品をレコメンドする機能を追加する。Orosy 上で陳列される商品の増加に伴いバイヤーは商品選びが難しくなるため、スペースエンジンでは現在、バイヤー経験のある社員がバイヤーにレコメンドする運用を取っているが、この部分を一部自動化できる技術を開発する予定だ。また、SIG Japan から資金を受け入れたことで、今後、商習慣の類似性から、Orosy のようなプラットフォームが受け入れられる可能性が高い、台湾や韓国への進出を検討するとのことだった。

国内でこの分野のスタートアップを見てみると、アパレル小売店がリスクフリーで仕入できるプラットフォーム「homula」が今年5月、シードラウンドでニッセイ・キャピタルや HIRAC FUND から1億円を調達している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


スペースエンジン、D2Cやオンラインブランド特化の卸仕入れサイト「orosy(オロシー)」をβローンチ

SHARE:

スペースエンジンは7日、D2C やオンラインブランド特化の卸仕入れサイト「orosy(オロシー)」をβローンチしたことを明らかにした。同社は今年6月に orosy をαローンチしていた。以前から運用していた、実店舗で商品を展開したいメーカーやブランド(サプライヤー)とリアル店舗をマッチングするプラットフォーム「SpaceEngine」を事実上ピボットしたものとなる。 orosy は、D2C ブラン…

Image credit: SpaceEngine

スペースエンジンは7日、D2C やオンラインブランド特化の卸仕入れサイト「orosy(オロシー)」をβローンチしたことを明らかにした。同社は今年6月に orosy をαローンチしていた。以前から運用していた、実店舗で商品を展開したいメーカーやブランド(サプライヤー)とリアル店舗をマッチングするプラットフォーム「SpaceEngine」を事実上ピボットしたものとなる。

orosy は、D2C ブランド(サプライヤー)と小売店舗のマッチングサービスだ。サプライヤーは、商品の卸価格や条件を orosy に登録し卸販売を開始でき、小売店舗は orosy 内で商品を検索し、掲載された条件に従って、買取または委託仕入れで商品を簡単に仕入れられる。取引口座が orosy 1つにまとまり、掛金も100% orosy が保証するのが特徴。

orosy の前身 SpaceEngine との大きな違いは、以前はサプライヤーから小売店舗への一方通行のアプローチしかできなかったが、orosy では小売店舗からサプライヤーへのアプローチもできるようになった点。また、以前の委託のみに加え、買取での仕入れが追加されたことで、店舗が多くの商品バリエーションを効率よく調達でき、セレクトショップのような、個性的な店作りを地域を問わずに実現できるようになる。買取では小売価格を仕入値に関係なく店舗が自由に設定できるようになる。

α版公開時には、以前の SpaceEngine からの踏襲でサプライヤー100社、大手小売店30社が利用。サプライヤーと小売店舗のコラボ商品も生まれたという。β版では、小売店舗アカウントの審査制を廃止し、店舗を運営する誰もが利用できるようにした。スペースエンジンは今年2月にシードラウンドで約1億円の資金を調達を発表。この資金を使って、店舗からサプライヤーにアプローチし、下代や買掛交渉ができるプラットフォームを構築を明らかにしていた。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


EC中心のメーカーやD2Cブランドが卸売できるリアル店舗を探せるSpaceEngine、約1億円をシード調達——Coral Capital、KVPらから

SHARE:

実店舗で商品を展開したいメーカーやブランド(サプライヤー)とリアル店舗をマッチングするプラットフォーム「SpaceEngine」を展開する SpaceEngine は3日、シードラウンドで約1億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、Coral Capital、KVP(KLab Venture Partners)など。同社にとっては、シナジーマーケティングの創業者らから4,20…

左から:長野泰和氏(KVP 代表取締役社長 パートナー)、萩谷聡氏(KVP キャピタリスト)、岩田大輝氏(SpaceEngine COO)、野口寛士氏(SpaceEngine 代表取締役)、蘇鉄本惇氏(SpaceEngine 執行役員)、James Riney 氏(Coral Capial CEO)、吉澤美弥子氏(Coral Capital シニアアソシエイト)、澤山陽平氏(Coral Capital 創業パートナー)
Image credit: SpaceEngine

実店舗で商品を展開したいメーカーやブランド(サプライヤー)とリアル店舗をマッチングするプラットフォーム「SpaceEngine」を展開する SpaceEngine は3日、シードラウンドで約1億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、Coral Capital、KVP(KLab Venture Partners)など。同社にとっては、シナジーマーケティングの創業者らから4,200万円を資金調達に続くものとなる。

SpaceEngine は2019年5月にローンチ。EC サイト販売中心の商品メーカー、D2C ブランドなどがリアル店舗での販路を拡大できるプラットフォームだ。店舗は、インターネット上で人気を集める商品を簡単に探し、仕入れ、店頭で販売することができる。委託販売からスタートできるため、店舗は仕入れリスクを最小限に抑えることができるのも特徴。販売実績に対し、店舗が売価の35%、SpaceEngine が15%、サプライヤーが50%をもらう。

B Dash Camp Fall 2019 in 福岡の Pitch Arena でピッチする SpaceEngine の野口寛士氏
Image credit: Masaru Ikeda

商品を置ける店舗の拡大にあたっては、スマレジと提携。一方、昨年10月には BASE と提携し、オンライン店舗のオフライン進出を促進。1月現在、サプライヤー数は3,600、販売可能店舗は800軒、登録商品数は64,000点に達した。リスクフリーであるため、映画館、空手教室をはじめ店舗のバリエーションは多岐にわたり、個人店のみならず、紀伊國屋、東急ハンズ、IDC 大塚家具、OS シネマ、メガネスーパーといったメジャーな小売店舗も SpaceEngine を利用して個性ある商品を取り扱う。

流通ではメーカーより小売が強い構図があるが、メーカーも小売の要求に疲弊してきていて、自分たち独自のマーケティングでプロダクトラインをつくろうとする動きがある。そうしたことから、化粧品メーカーや飲料メーカーが、消費者ニーズに合わせて新たな D2C ブランドを立ち上げるケースは増えている。こういった新ブランドは、既存ブランドとぶつけられないので販路も新たに開拓する必要があり、SpaceEngine には、そういったメーカーからも多く問い合わせをいただいている。(SpaceEngine 代表取締役 野口寛士氏)

B Dash Camp Fall 2019 in 福岡の Pitch Arena から
Image credit: Masaru Ikeda

SpaceEngine では今回調達した資金を使って、店舗側からサプライヤーにアプローチし、下代や買掛交渉ができるプラットフォームを構築する。委託販売ではない形で、多くの商品バリエーションを効率よく調達できることから、ファッションで言うセレクトショップのような、個性的な店作りを地域を問わずに実現することが可能になる。

SpaceEngine は、B Dash Camp Fall 2019 in 福岡の Pitch Arena で SPECIAL AWARD を受賞している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録