BRIDGE

タグ Spring Labs

ブロックチェーンで個人情報漏洩から身を守れーー分散型のID・信用スコアネットワーク「Spring Labs」が2300万ドル調達

SHARE:

ピックアップ:Spring Labs Closes $23 Million Series A Investment Round to Transform How Financial Institutions Share Information ニュースサマリー:6月12日、ブロックチェーンを活用し分散的なアイデンティティ及び信用スコアネットワークの構築を目指す「Spring Labs」がシリーズA…

abus brand close up closed
Photo by Pixabay on Pexels.com

ピックアップSpring Labs Closes $23 Million Series A Investment Round to Transform How Financial Institutions Share Information

ニュースサマリー:6月12日、ブロックチェーンを活用し分散的なアイデンティティ及び信用スコアネットワークの構築を目指す「Spring Labs」がシリーズAラウンドで2300万ドルを調達した。同社の調達は今回が二度目となり、前回のシードラウンドと合わせて計3800万ドルを調達している。

<参考記事>
Spring Labs、シードで1,475万米ドルを調達——ブロックチェーンの活用で、金融機関に身元や信用情報の安全な相互交換ネットワークを提供

プロダクトの基本的な設計としては、Spring Labsプロトコルが個人や金融機関(銀行やレンディング・スタートアップ)にとってのアイデンティティ・信用データの参照先になるというものだ。その際、参照されるデータは従来のような中央集権機関ではなく、プロトコルとユーザー自身によってコントロールされている。

このようなデータの所有権モデルは、漏洩・流出の危険が低く、セキュリティ及びプライバシー保護の観点で非常に有効だ。Spring Labsの場合はそのデータ・アーキテクチャをブロックチェーン技術を用いて実現するという。(ただし、詳細な設計は未詳)

話題のポイント:Spring Labsは、レンディング・スタートアップである「Avant」が、既存の消費者信用のデータ管理・運用方法の在り方に非効率性を感じ、スピンアウトとして開始したプロジェクトです。

なぜSpring Labsが必要なのか。その理由として、データ・セキュリティ及びデータ・プライバシーに関する事例を1つ紹介します。それは米国大手信用情報機関であるEquifaxのハッキング事件です。これによる米国民1.4億人分の信用情報が漏洩するという大きな被害が発生しました。

事件の具体的な解説は割愛しますが、ビックデータ時代において、ユーザーが自分自身の大事なデータを中央集権的な第三者機関に預けるということが、いかにリスクの高い行為かを知るには最適な実例です。

2019-06-13 14.12.49
従来の信用情報参照アーキテクチャー(中央集権的) credit : Spring Labs

従来ユーザーが銀行などで信用調査をされる場合、銀行はEquifaxのような情報機関に保存されたデータを参照するというモデルが一般的でした。一方で、Spring Labsは、プロトコル内で個人が自らデータを管理し、金融機関やレンディングサービスを受ける度に、ID検証技術を介し、ユーザーが自身のデータを最小限提示します。こうすることで、単一機関によるデータ管理・漏洩リスクを最小限に抑えることが可能になります。

2019-06-13 14.12.57
Spring Labsが提案する信用情報参照アーキテクチャー (非中央集権的)credit : Spring Labs

同社のサービスは、まだプロダクトが始動しているわけもなく、またブロックチェーン・プロジェクト特有のプロジェクト情報を記述したWhitepaperも公開されていないことが一つの懸念点ではあります。

ですがプロジェクトのコンセプトとビジネスモデルに、上述したいくつかのファンドが興味を示しているということは、先ほど説明したようなデータに関する課題感が彼らに共有されており、かつプロジェクトチームへの信頼性が非常に高いということを表しているのではないでしょうか。

Spring Labs、シードで1,475万米ドルを調達——ブロックチェーンの活用で、金融機関に身元や信用情報の安全な相互交換ネットワークを提供

SHARE:

Spring Labs は、金融機関や消費者向けに身元確認や信用データの問題を解決するために、ブロックチェーンを活用したネットワークを構築している。同社は、1,475万米ドルを調達したことを明らかにした。 Spring Labs は、データ交換にブロックチェーンを用いた「Spring Network」を構築している。ブロックチェーンは、インターネット上の分散型台帳で、ビットコインなどの仮想通貨取引…

Spring Labs
Image credit: Spring Labs

Spring Labs は、金融機関や消費者向けに身元確認や信用データの問題を解決するために、ブロックチェーンを活用したネットワークを構築している。同社は、1,475万米ドルを調達したことを明らかにした。

Spring Labs は、データ交換にブロックチェーンを用いた「Spring Network」を構築している。ブロックチェーンは、インターネット上の分散型台帳で、ビットコインなどの仮想通貨取引に使われている。ブロックチェーンは透明性が確保できる上で安全なため、Spring Labs はそれを金融取引に使っている。

Spring Network は、貸金業者、銀行、データプロバイダーが互いに、簡単かつ安価にデータを交換できるように設計されている。今回の調達は August Capital がリードし、Victory Park Capital、GreatPoint Ventures、Jump Capital、Multicoin Capital が参加した。

ロサンゼルスとシカゴに拠点を置く Spring Labs は、今回調達した資金を使って、今後数カ月間の間にプラットフォームを拡充させ、世界クラスのエンジニアチームを成長させ、信用情報や身元確認サービスを非中央集権化するというビジョンを実現するとしている。

Avant の創業者や役員が設立した Spring Labs は、今日の信用や身元確認エコシステムの不整合なインセンティブとセキュリティ問題を目の当たりにしてきた。同社は、身元確認や信用に関する情報を共有するために、より透明性が高く効率的で安全なモデルを実現できる非中央集権型ネッットワークを通じて、信用や身元確認情報を共有するプロセスを進化させたいと考えている。

Spring Labs の CEO Adam Jiwan 氏
Image credit: Spring Labs

Spring Labs の CEO Adam Jiwan 氏は、声明の中で次のように述べている。

Avant や Future Finance といった特筆に値するフィンテック企業が数多く生まれる中で、我々は信用情報や身元確認のエコシステムでの問題を目の当たりにしてきた。2017年の1.4億人のアメリカ人に影響を及ぼした Equifax 侵入事件は、エコシステム内で他社とデータがどのように交換され安全を担保されるべきかという問題点を白日のもとにさらした。

我々は、金融サービスとブロックチェーン技術に対する深い知識を活用し、消費者と金融機関の両者に利益をもたらし、データの透明性、効率性、安全性を伴って業界にアプローチする全く新しい方法を開発してきた。これまでのブロックチェーン企業としては過去最大級の資金調達とも言える今回のラウンドでは、フィンテックやブロックチェーン業界の有名組織から出資を受けており、これは我々の方法と責任あるアプローチへの証だ。

Spring Network は、組織が安全に信用情報や身元確認データをシェアできるようにする第2世代のブロックチェーンだ。パブリックノードと認可ノードの双方を規制当局の要件に準拠させることができ、プライバシー保護が可能なスマートコントラクトを使って情報セキュリティを担保することができる。

August Capital のジェネルパートナー Erig Carlborg 氏は、声明の中で次のように述べている。

世界的な信用エコシステムのインフラストラクチャをより分散的かつ安全な方法で改善し、参加と情報共有を促進する適切なインセンティブを備えた1,000億ドルの事業機会がここにある。また、Spring Labs は、我々が以前から知っていて、過去にも支援してきたチームだ。彼らはこの有望な技術を開発するだけでなく、規制当局に準拠したやり方で、金融システムに手を入れるというのに適したグループと言えるだろう。

前出以外にも、Pritzker Group、Wavemaker VC などの投資家が参加した。Spring Labs は2017年、Spring Labs CEO の Adam Jiwan 氏と同社法律顧問を務める Anna Fridman 氏が設立した。現在8人の従業員がいて、これまでに1,475万米ドルを資金調達している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】