THE BRIDGE

タグ Station F

世界最大のスタートアップ・キャンパス、パリの「Station F」がオープンから1周年

SHARE:

昨年の夏、スタートアップ・キャンパスの「Station F」は、当時選出されたばかりのフランス大統領 Emmanuel Macron 氏が参列し、豪華な式典で幕を開けた。今日(原文掲載日:6月27日)、Station F は最初の12ヶ月間の進捗を言わすパーティーを開催した。 フランスの起業家 Xavier Niel 氏が生み出した Station F は、世界最大のスタートアップ・キャンパスと言…

Station F
Image credit: Patrick Tourneboeuf

昨年の夏、スタートアップ・キャンパスの「Station F」は、当時選出されたばかりのフランス大統領 Emmanuel Macron 氏が参列し、豪華な式典で幕を開けた。今日(原文掲載日:6月27日)、Station F は最初の12ヶ月間の進捗を言わすパーティーを開催した。

フランスの起業家 Xavier Niel 氏が生み出した Station F は、世界最大のスタートアップ・キャンパスと言われる。Niel 氏は、自己資金数億ユーロを投じて、鉄道駅跡地を起業家の集まるホットスポットへと改装した。

この機会を記念して、Station F に関するファクトを10件紹介したい。

  1. 現在、さまざまなテクノロジーに及ぶスタートアップ・プログラム31件を展開中。
  2. 最初の1年間で、デスクスペースには11,271件の応募があった。受け入れらたのは、そのうちの9%。
  3. 最初の1年間で、スタートアップ1,034チーム、合計4,882人の入居があった。
  4. 少なくともスタートアップ232社が資金調達し、そのうち113社は50万ユーロ超を調達。
  5. フランス国外からは、アメリカが筆頭で応募の34%を占めた。以降、イギリスの17%、中国の15%と続く。
  6. Station F に参加したスタートアップのうち、少なくとも8社が買収された。
  7. Station F に参加したスタートアップのうち、1.7%はシャットダウンした。
  8. Station F のスタートアップが開発するテクノロジーの筆頭は B2B SaaS で、以降、AI、B2C コンシューマアプリ、E コマースが続く。
  9. Station F 入居者の平均年齢は30.9歳。最年少は14歳で、最高齢は65歳。
  10. Station F は、入居者向けにワークショップを346件開催した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

見た目も中身も素晴らしい、世界最大のスタートアップ・キャンパス「Station F」【ゲスト寄稿】

本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens によるものだ。フランスのスタートアップ・ブログ Rude Baguette への寄稿を、同ブログおよび著者 Mark Bivens からの許諾を得て、翻訳転載した。(過去の寄稿) The Bridge has reproduced this from its origina…

mark-bivens_portrait本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens によるものだ。フランスのスタートアップ・ブログ Rude Baguette への寄稿を、同ブログおよび著者 Mark Bivens からの許諾を得て、翻訳転載した。(過去の寄稿

The Bridge has reproduced this from its original post on Rude Baguette under the approval from the blog and the story’s author Mark Bivens.


Station F
Image credit: Patrick Tourneboeuf

先週パリへの短期旅行の際、私はついにオープンしたばかりの Station F を訪れる機会を得た。

以前は鉄道の車庫だった Station F は東京タワーの全長に等しい奥行きを持ち [1] 、自らを世界最大のスタートアップ・キャンパスだと謳っている。開館したのは7月のことだ。

さまざまな組織に所属する日本やアジアの多くの人々が、私に Station F についての意見を求めてきた。今となって自信を持って、それに答えることができる。

支持する理由のまとめから、始めてみることにしよう。

  1. あなたが、ヨーロッパに照準を合わせ、世界展開の野心を持ったアジアのスタートアップ、VC、イノベーションを求める企業ならば、Station F は完璧な上陸拠点になりうるだろう。
  2. 3つの上位カテゴリの一つにいながら、ヨーロッパが死角になっている人々にとって、Station F は視野を広げる上で完璧な選択肢だろう。
  3. あなたが、最近ヨーロッパで起こっている、過剰なまでのイノベーションを知らないアジアのスタートアップ、VC、イノベーションを求める企業なら、これこれこれ、そして、これを読んでほしい。そして、上のステップ1 に戻って再び考えよう。

言い換えれば、まだそうでないなら、ヨーロッパを気にかけておくべきということだ。Station F はそれを実現しやすくしてくれる。

<関連記事>

私が訪問したときには確かに、まだ建設時のホコリが残されている状態だったが、スタートアップのセクションはかなり空いている状態だった。しかし、そこにこそ野望がある。その匂いを感じ取ることができるだろう。Station F は今までにもあったフランスのイニシアティブではない。私は、このトラップ(今までのイニシアティブと同じ過ちを繰り返すこと)にならないことを望んで、2016年にこの記事「お金ももらっておらず、頼まれたわけでもないが Station F へのアドバイス」を書いた。彼らは、そのような過ちをしなかった。まったくの反対だ。Station F は、スタートアップ1,000社、投資家、ビジネスサービスプロバイダ、公共サービス(ビザ申請の補助など)、イベンスペース、フードコート、そして、近日中には600人の起業家が寝泊まりできる施設を擁する、一大国際エコシステムになることを目指している。

具体的に Station F が現在提供している、最も適当な機会を取り上げてみると次の通りだ。

  • 外国 VC………Station F は、ティア1(第1級)の外国ファンドに対して、月あたり5〜10日間の時間限定利用権を提供していた(月料金は1,000ドル未満)。このパッケージはすでに募集枠を上回ってしまったようだが、Station F に直接紹介してほしければ、私に気軽に連絡してほしい。
  • 外国企業………Station F はまもなく全日イベントのパッケージを発表する予定で、これには開催企業の特別なニーズに合った、特別あつらえのセッションやスタートアップ紹介が含まれる。このパッケージはまだ準備できていないようだが、読者に興味があれば、喜んで適当な人物に紹介したい。

最後に、よく受ける質問について書いておこう。Station F はコワーキングスペースでもなければ、企業にとっての一時的な住居でもない(そのようなサービスは、すでにパリのあちらこちらで広く提供されている)。

私は Station F の可能性に強気

そうだ。Station F ができてから、まだ日も浅い。エグゼキューションにおける真実が野心を満たすことができるかどうかを見極めるまでには、まだ少し状況を見守る必要がある。私は Station F の可能性に強気で、私はすべての外国の投資先企業に、真剣に Station F を見てみるべきだと言っている。あなたもそうだ。

個人的に Station F を案内してくれた、Roxanne と Cédric に感謝したい。


  1. 東京タワーは、エッフェル塔より13メートル背が高い。重さは半分だが。
----------[AD]----------

世界最大のスタートアップ・キャンパス「STATION F」がパリにオープン、マクロン大統領や世界から集まった起業家1,500人が開館を祝う

SHARE:

予定が遅れること3ヶ月、待ちに待ったスタートアップ施設がついに完成した。6月29日、パリ市内に完成した世界最大のスタートアップ・キャンパス「Station F」がオープンし、マクロン大統領や世界中から1,500名以上の起業家を招き、祝賀式典が開催された。このキャンパスは、世界的な富豪で投資家の Xavier Niel 氏が資産を投じる形で、セーヌ川沿いにある Halle Freyssinet 駅の…

Image credit: Station F/La FrenchTech

予定が遅れること3ヶ月、待ちに待ったスタートアップ施設がついに完成した。6月29日、パリ市内に完成した世界最大のスタートアップ・キャンパス「Station F」がオープンし、マクロン大統領や世界中から1,500名以上の起業家を招き、祝賀式典が開催された。このキャンパスは、世界的な富豪で投資家の Xavier Niel 氏が資産を投じる形で、セーヌ川沿いにある Halle Freyssinet 駅の跡地に建設された。Niel 氏は、フランスの MVNO である Free の創業者で、現在シリコンバレーやパリ市内で無料のコーディングスクール「42」を展開していることで知られている。

もともと駅舎だった歴史的なコンクリート建造物をリノベーションする形で建設され、当初は今年4月のオープンが予定されていたが、工事スケジュールの遅れから完成が6月末にまでずれ込んだ。筆者は2週間前 Station F を訪問したが、その際に工事中の現場を撮影することができた。内装工事や設備搬入はまだ終わっていないかったが、施設の全景はイメージしてもらうことができるだろう。

Station F のオープン祝賀式典で登壇するフランス大統領 Emmanuel Macron 氏
Image credit: Station F/La FrenchTech

訪問時に応対してくれた、Station F のコミュニケーションディレクター Rachel Vanier 氏の説明によれば、3つの建造物が連結された Station F の奥行き長さは、ちょうどエッフェル塔を横に倒したのと同じ程度ということだった(ちなみに、エッフェル塔は高さ300メートル)。最寄り駅はパリ市営地下鉄の Bibliothèque で、フランス国立図書館からも程近い。筆者が訪問したときに周辺を散策してみたところ、スマートフォンで École と SSID 名のついた WiFi をそこらじゅうで拾えたので、どうやら文教エリアのど真ん中のようだ。

<関連記事>

Xavier Niel 氏(パリの 42 で、2017年6月16日撮影)
Image credit: Masaru Ikeda

Station F には、Facebook や Microsoft など有名テック企業のアクセラレーション部門が入居し、合計26のアクセラレーションプログラムが展開される予定だ。特に Facebook は、Facebook の人工知能研究部門である FAIR(Facebook AI Research)がパリに拠点を置いてこともあり、この分野のスタートアップへの支援に注力することが期待される。施設内には24時間365日利用可能なレストランやシャワールームが用意されているほか、来年には Station F から10分ほどのエリアに600人が生活できる居住棟が3つオープンする予定で、文字通り「スタートアップの街」ができあがることになる。

Station F から程近いところに用意される居住棟(完成予想図)
Image credit: Station F/La FrenchTech
----------[AD]----------

Facebookがパリの「Station F」に、データドリブンスタートアップのためのインキュベータを開設

SHARE:

FacebookのCOO、シェリル・サンドバーグ氏は本日、同社がパリに新しく開設される大型スタートアップキャンパス Station Fの創業パートナーとなることを発表した(編集部注:原文掲載は1月17日)。 Facebookは「Startup Garage」を開設し、その場所を10ー15のデータドリブンのスタートアップのインキュベータにする予定だ。このミッションは、人工知能研究グループの拠点をパリ…

上:パリのStation Fで発表するFacebookのシェリル・サンドバーグ氏、一番右は起業家のXavier Niel氏

FacebookのCOO、シェリル・サンドバーグ氏は本日、同社がパリに新しく開設される大型スタートアップキャンパス Station Fの創業パートナーとなることを発表した(編集部注:原文掲載は1月17日)。

Facebookは「Startup Garage」を開設し、その場所を10ー15のデータドリブンのスタートアップのインキュベータにする予定だ。このミッションは、人工知能研究グループの拠点をパリに作るという同社のミッションとも合致する。

Station Fでのプレスカンファレンスで、サンドバーグ氏は次のようにコメントした。

「パリはこれまで常に、人々が集まって新生面を切り拓いてきた場所です。パリのテックシーンには勢いがあります。起業家は世界中で経済成長の原動力となっています。Facebookは、起業家たちを支援することをもっとも大切にしています。」

今回の提携はStation Fにとって、また一つ大きな弾みになる。2億6500万ドルをかけたスタートアップキャンパスは4月にオープン予定であるが、すでに多くのベンチャーキャピタルやハッカースペース、インキュベーターを惹きつけている。このキャンパスはHalle Freyssine駅内に設置される。フランス人のテレコム業界の起業家であるXavier Neal氏がほぼ単独で資金を出して進められた二年間にわたる改装がもうすぐ終了する。

改装された歴史ある駅内は、3つのセクションに分かれている。スタートアップ向けに3000のデスクが設置されたスペース、カンファレンスと会議用のイベントスペース、24時間営業の4つのレストランと一つのバーなどが入った誰でも入れるリテールゾーンの3つだ。

FacebookのStartup Garageは、プレスリリースで「今後数年にわたって、数百万ユーロが投資される」と説明されている。サンドバーグ氏によれば、選出された10-15のスタートアップ向けに80のデスクが設置されるという。入居スタートアップはStation Fで半年を過ごすことになる。

このプログラムに参加するメリットは、一対一のオフィスアワーやFacebookの社員とプライバシー、デザイン、ユーザーエクスペリエンス、マーケティングといったテーマごとに精通した専門家による毎週のワークショップを受けられることだ。

初回バッチのスタートアップの応募受付をすでに開始したという。応募はStartup Garage Facebookのページから受付ている。

(本記事は抄訳です。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------