THE BRIDGE

タグ Superflex

昨年末にシリーズAラウンドで960万ドルを調達したSuperflex、ロンドンで世界的工業デザイナーYves Béhar氏による〝パワード衣服〟を初公開

SHARE:

Superflex は、SF のようなパワースーツの補助により、高齢者の起立や歩行を支援するパワードクロージングを公開した。 Superflex はこのアイデアから、兵士が重い荷物を運んだり、空中をジャンプしたりできる未来の軍事用甲冑を考え、身体が弱く階段を上ったり、椅子から立ち上がったりするのが難しい、高齢者や身体障害者の問題解決に適用した。 Yves Béhar 氏と、Fuseproject …

Superflex は、人が簡単に動作できるよう支援するスーツを開発
Image credit: Superflex

Superflex は、SF のようなパワースーツの補助により、高齢者の起立や歩行を支援するパワードクロージングを公開した。

Superflex はこのアイデアから、兵士が重い荷物を運んだり、空中をジャンプしたりできる未来の軍事用甲冑を考え、身体が弱く階段を上ったり、椅子から立ち上がったりするのが難しい、高齢者や身体障害者の問題解決に適用した。

Yves Béhar 氏と、Fuseproject に籍を置く彼の工業デザインチームは、ゲームコンソールの Ouya や(元MITメディアラボ所長 Nicholas Negroponte 氏による)One Laptop Per Child(OLPC)のデザインでも知られるが、今回 パワードクロージングのデザインで Superflex と協業し、高齢化社会におけるデザインイノベーションに特化した、ロンドンデザイン博物館の展覧会で、そのコンセプトフォームを公開した。

<関連記事>

椅子からの起立を支援してくれる Superflex のスーツ
Image credit: Superflex

Superflex の共同創業者で CEO の Rich Mahoney 氏は、発表の中で次のようにコメントしている。

Superflex の新しいパワードクロージングの技術によって、人々はより気力に満ちて、健康的に、満足のいく生活が送れるだろう。ロンドンデザイン博物館で、パワードクロージングのビジョンや Béhar 氏や Fuseproject との楽しみなコラボレーションを共有できたことを誇りに思う。

このパワードクロージングのプロトタイプは、2018年に商用化され発売される見込みだ。同社は1年前にシンクタンクの SRI International のロボティクスラボからスピンアウトし、日本のグローバル・ブレインがリードしたラウンドで960万ドルを調達している。

有名デザイナー Yves Béhar 氏がデザインした Superflex のスーツ
Image credit: Superflex

Superflex は今日、Béhar 氏が Superflex にオフィシャルアドバイザーとして加わることも発表した。Superflex のスーツのコンセプトは、ロンドンの New Old 展示会で、同社にとってパワードクロージングのビジョンの初の公開プレゼンテーションの中で披露された。そのビジョンとは、クロージングを着用した人が、日常活動に自信を持てるようにするというものだ。軽量で、インターネットに接続され、〝電動の筋肉〟として機能するこのスーツは、着用者の胴体、尻、足にウェルネス支援(健康創出)を提供するよう設計されており、起立や着席をするときなどに力を貸してくれる。

テキスタイルのスペシャリストやファッションデザイナーからなる社内チームは、このスーツフォームを1年間にわたり開発してきたが、最近になって、世界レベルのユーザビリティや工業デザインを提供する Béhar 氏と Fuseproject が参加した。Superflex はスーツをデザインし、Béhar 氏はスーツの見た目やユーザビリティの追求を担当した。

Superflex のスーツは、機能的かつ美しい
Image credit: Superflex

Béhar 氏は、発表の中で次のようにコメントしている。

高齢者に向けたデザインといえば、よくあるアプローチは、家庭における介護だろう。タスクの完了、福祉用具、移動を支援するツールなどだ。結果として、これらのものは、人々の生活を面白くないものにしてしまう。

しかし、もし技術によって、人が世界を動き回り、物理的にも社会的にも精神的にも、世界と関わり続けることを支援できるなら、どうだろう? この質問に対して、Superflex がパワードクロージングというコンセプトで答えを出そうとしている。身体能力を強化して力を与えることができれば、人々はアクティブに生活を続けることができる。そのようなビジョンを実現しようとするチームに参加でき、大変わくわくしている。

Béhar 氏の作品の多くは、サンフランシスコ近代美術館(SF MoMA)、パリのポンピドゥー・センター、シカゴ美術館など、世界中の博物館で常設展示されている。

Béhar 氏はデザイン、サステイナビリティ、テクノロジー、起業精神のテーマで頻繁に登壇・発言している。これまでに、Design Miami / 2015 の「Design Visionary Award」、ロンドンデザイン博物館の「今年のデザイン賞(Design of the Year)」、クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館の「National Design Award」、アメリカ・インダストリアル・デザイナー協会の「10年間のデザイン賞(Design of the Decade Award)」、国際デザインアワード協会の「今年のデザイン賞(Design of the Year)」、コンデナストの「今年のトラベラーデザイナー賞(Traveller Designer of the Year)」など、300以上の賞を受賞している。最近では、タイム誌が選ぶビジョナリーのトップ25人、Forbes が選ぶ世界で最も影響力のある工業デザイナーにも選ばれた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Superflex のスーツでは、デザインの中にワイヤーが編み込まれている
Image credit: Superflex

以下は、Superflex スーツのデザインについての、Béhar 氏の発表全文(英語原文のまま)。

When we talk about designing for an aging population, the standard approach has been to provide aid in the home– completing tasks, welfare modules, accommodating lack of mobility, which results in a life lived more statically. While these efforts to address ADLs – activities of daily living – are important, they fail to take on the greatest challenge: mobility outside the home. But what about if technology and design could help us continue to move about the world and engage with it physically, socially and emotionally? This is the question Superflex is answering with ‘Aura Powered Clothing’ being presented for the first time at the breakthrough ‘New Old’ exhibition at the London Design Museum.

Powered Clothing is the brainchild of Superflex – a start-up that was birthed in the Robotics Lab at SRI in Palo Alto. We partnered with the Superflex team on the design and application of their groundbreaking technology. The result is a wearable powered suit with function and details that showcase the technology within. The design emphasizes wearability, beauty and details, while integrating the complexities and ingenuity of the system.

Superflex のスーツを着用することで、高齢者や身体障害者が立っていやすくなる
Image credit: Superflex

Our goal in designing for the New Old exhibition at the Design Museum is to show what technology can do for an aging population right now.

The New Old exhibition is the perfect setting for presenting this new concept. Designing to solve for the lack of mobility due to muscle weakness, balance issues, and coordination problems that all too often makes the elder population a captive of their own homes is an important challenge. With motors, sensors, and artificial intelligence embedded into a lightweight and flexible fabric, Superflex’s Aura Powered Clothing provides support for the user’s torso, hips and legs. It reacts to the body’s natural movements, adding muscle power to naturally complement the user’s strength in getting up, sitting down or staying upright. In fact, Powered Clothing amplifies an individual’s ability to move freely in the world. Over time, the potential is to actually improve muscle strength, balance and coordination for the wearer. Movement begets progress. The suit, including its embedded hardware, will be insignificant in weight and deliver an exponential amount of strength.

While most robotic technology and AI bring up dystopian notions, we have specifically designed the Aura Powered Suit to be easily adoptable and promote daily use for the elderly.

Using biomimicry, the suit configuration is anatomically aligned with the natural muscular composition of its wearer. With maximum comfort in mind, the hard technology components such as motors, batteries and control boards are designed into hexagonal low-profile pods. These pods are attached to fabric origami fold-ins that allow movement in 3 dimensions, permitting the hardware to expand, contract and move with the wearer. This enables a modular and scalable system that adapts to different user muscular needs and heights. The hardware pods are removable to make the garment cleanable.

While the technology inside of the pods is complex, the actual fabric itself is designed with beautiful intricacies to enhance its functionality. For the suit to deliver its assisted movement, it has to grip the body while being comfortable. Within the soft, engineered fabric, there is a V-shaped band that holds tightly around certain points on the body in order to maximize ergonomics and lumbar support. While the concept on display highlights this band as well as the mechanics connecting each of the main muscle points, the final suit will be designed with all these elements integrated – an elegant, minimal looking undergarment that hides its technology and intelligence within.

Fuseproject and Superflex are continuing to develop this concept: ensuring it is seamless for older adults to use, easy to clean and put on, and accessible in price. The design and style framework we are building stands apart from the typical aesthetic for the aging market marked by a clinical and “sickroom aesthetic”. Instead of the design and aesthetic framework of products for the aging market that is stigmatizing and reinforces increased marginalization, the materials and design details of the Superflex design are about comfort, performance and style.

Powered Clothing has the clear ability to expand and extend our human potential, providing strength and confidence to participate fully and richly in the world.

Expanding the social lives of an aging population – extending the window during which they can remain independent, active, and connected – is what Superflex and Fuseproject are enabling in the immediate future. We believe that we are on the cusp of liberating a generation from a fate that consigned its predecessors to a life of diminishing expectations. Superflex is innovating a new category of Powered Clothing – smart yet friendly – and invisible – connected wearables that represent, in our view, the future of movement, with profound physical and emotional benefits.

〝筋肉強化〟により動作しやすくしてくれる Superflex
Image credit: Superflex
----------[AD]----------

パワードクロージング開発のSuperflex、グローバル・ブレインをリードインベスターにシリーズAラウンドで960万ドルを調達

SHARE:

世界最大の研究機関の一つ SRI International のスピンアウト・スタートアップで、サンフランシスコを拠点にパワードクロージングを開発する Superflex は21日、シリーズAラウンドで960万ドルを調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターはグローバル・ブレインが務め、Horizons Ventures、Root Ventures および Sinovation …

superflex-intelligent-wearable-strength
Superflex の「intelligent wearable strength」
Image credit: Superflex

世界最大の研究機関の一つ SRI International のスピンアウト・スタートアップで、サンフランシスコを拠点にパワードクロージングを開発する Superflex は21日、シリーズAラウンドで960万ドルを調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターはグローバル・ブレインが務め、Horizons Ventures、Root Ventures および Sinovation Ventures が参加した。今月9日、グローバル・ブレインが東京で開催した Global Brain Alliance Forum に Superflex の CEO Rich Mahoney 氏が登壇し、グローバル・ブレインから出資を受けたことを明らかにしていたが、グローバル・ブレインがリードインベスターであること、調達金額、他にこのラウンドに参加した投資家の名前については明らかになっていなかった。

同社は2015年11月にローンチしたスタートアップで、Mahoney 氏は Redwood Robotics の取締役として7年間従事した人物(Redwood Robotics は2013年、Google X が買収している)。Superflex はもともと、アメリカ防高等研究計画局(DARPA)の Warrior Web で、兵士の運動パフォーマンスを向上を目的に開発されていた技術をベースとしている。Superflex では、その役割を民間利用にまで拡大し、筋力の低下した老人の日常生活や、職場での生産性改善に役立つパワードクロージングを開発している。

Superflex は開発中のパワードクロージングについてコンセプトイメージを発表しているが、そのプロトタイプやモックアップはまだ日の目を見ていない。CEO の Rich Mohoney 氏が THE BRIDGE に語ったところでは、来年 (2017年1月)にロンドンで開催される、ロボティクス関連のカンファレンスで初披露されることになるとのことだ。今回、リードインベスターにグローバル・ブレインを迎えたことで、Superflex では、日本国内でのオフィス開設、日本市場向けジェネラルマネージャーの雇用、販売チャンネルの開発を開始するとしている。

----------[AD]----------

パワードクロージング開発のSuperflex、グローバル・ブレインからシリーズAラウンドで資金調達——来年にも日本国内でのビジネス展開を開始へ

SHARE:

本稿は、12月9日にグローバル・ブレインが東京で開催している、Global Brain Alliance Forum 2016 の取材の一部である。 世界最大の研究機関の一つ SRI International からスピンアウトしたスタートアップで、パワードクロージングを開発する Superflex の CEO Rich Mahoney 氏は9日、都内で開催されている Global Brain A…

superflex_featuredimage

本稿は、12月9日にグローバル・ブレインが東京で開催している、Global Brain Alliance Forum 2016 の取材の一部である。

世界最大の研究機関の一つ SRI International からスピンアウトしたスタートアップで、パワードクロージングを開発する Superflex の CEO Rich Mahoney 氏は9日、都内で開催されている Global Brain Alliance Forum (GBAF) で講演し、グローバル・ブレインからシリーズAラウンドで資金調達したことを発表した。

同社は2015年11月にローンチしたスタートアップで、Mahoney 氏は Redwood Robotics の取締役として7年間従事した人物(Redwood Robotics は2013年、Google X が買収している)。Superflex はもともと、アメリカ防高等研究計画局(DARPA)の Warrior Web で、兵士の運動パフォーマンスを向上を目的に開発されていた技術をベースとしている。Superflex では、その役割を民間利用にまで拡大し、筋力の低下した老人の日常生活や、職場での生産性改善に役立つパワードクロージングを開発している。

gbaf-superflex-powered-clothing

このパワードクロージングという言葉は Mahoney 氏が使っていた言葉だが、サイバーダインなどが開発するロボットスーツとは一線を画し、ファッション性や軽量性を追求している点が既存メーカーのプロダクトとは異なる点としている。価格的にも一般消費者の手の届くプライスレンジを目指すとのことだ。

商品仕様の詳細開示やプロトタイプの披露については「来年になるだろう(Mahoney 氏)」とのことだが、今回のグローバル・ブレインから調達を受けて、日本国内でのオフィス開設、日本市場向けジェネラルマネージャーの雇用、販売チャンネルの開発を開始するとしている。今回のシリーズAラウンドについて、調達金額や他に参加した投資家など詳細については開示されていない。

gbaf-superflex-rich-mahoney
Superflex の CEO Rich Mahoney 氏
----------[AD]----------