BRIDGE

タグ Taobao Union(淘宝連盟)

Pinterestタイプの中国ショッピングサイトに進路変更を強いるTaobao(淘宝)の影響力とは

SHARE:

【原文】 2012年の初め、Jack Ma(馬雲)氏が社内ミーティングにおいてソーシャルショッピングサイトについてコメントした内容は周知のことである。その内容は、「Taobao(淘宝)は、少数のソーシャルショッピングサイトが小売業者の売り上げに決定的な影響を与えるほどには大きく成長してほしくない」というものだ。同氏は大木の鬱蒼とした森林よりも丈の低い草で覆われた大草原が見たいと望んでいるのである。…

【原文】

2012年の初め、Jack Ma(馬雲)氏が社内ミーティングにおいてソーシャルショッピングサイトについてコメントした内容は周知のことである。その内容は、「Taobao(淘宝)は、少数のソーシャルショッピングサイトが小売業者の売り上げに決定的な影響を与えるほどには大きく成長してほしくない」というものだ。同氏は大木の鬱蒼とした森林よりも丈の低い草で覆われた大草原が見たいと望んでいるのである。

2012年、ソーシャルショッピングサイトの売り上げはTaobao Union(淘宝連盟)が提携するサードパーティに分配した収益額のうちの21%を占める。その中でも、モバイルショッピングアプリがTaobao Unionのモバイルプログラムを通して5000万元(800万米ドル)の収益を上げており、収益総額の半分を占める。

Taobao のソーシャルショッピングサイトに対する反応として、同社は10月にソーシャルショッピングサイト向けのプラットフォームU Zhan(淘宝U駅)をローンチした。Taobaoと同様の仕組みになっており、ショッピング共有サブサイトを立ち上げることが可能になっている。要するに、これはTaobaoが自社で構築した草原というわけだ。単に管理下に置くというだけではなく、外部サイトに対する競合ともなるだろう。

Chinese Pinterests Have to Change Courses, Thanks to Taobao

Taobaoへの依存

以前、「大木」として有名なMeilishuo(美麗説)Mogujie(蘑菇街)2社はTaobaoの小売店の1ヶ月の取引額に相当する10億元以上の売り上げに貢献していた。同時に2社は利用と収益に関してTaobaoに大きく依存している。Taobao UnionプログラムのCPSベースの手数料がその主要な収入源でMeilishuoは6割から7割、Mogujieの場合は8割から9割を占めている

ブランド確立を狙うキャンペーンに多大な費用をかければ、大手のサイトといえども、新たな事業で大きな売り上げを得ることはできない。さらに悪いことに、Taobaoは手数料を考え出し、昨年ソーシャルショッピングサイトの一種の税金でもある手数料10%を取っていた。昨年9月の売り上げはMeilishuoが約600万元(96万8000米ドル)、Mogujieが約400万元(64万5000米ドル)に留まっている。

さらに悪いことに、昨年7月以来TaobaoはAPIの方針を調整している。現在サードパーティーサイトは更新された商品情報やユーザのコメントを知ることができない。

方向を転換して

Taobaoへの依存度を低くするため、これらのサイトはVancl(凡客誠品)のような独立したeコマース企業や他のTencent系プラットフォームとの提携を開始した。しかし、MogujieのCMOであるLi Yanzhu(李研珠)氏によると(中国語の情報)、Taobaoは新商品のソースがうまく機能しないように置き換えができないようにした。

Mogujieは以前は大きな収入源ではなかったディスプレイ広告を主要な収入源の1つにするためにメディアに参入しようとしている。Hersを含め、一握りのショッピングサイトがPinterest型のレイアウトからショッピング情報のためのコンテンツ中心のメディアに移行しようとしているのはMogujieに限ったことではない。

Meilishuoは別の方向へとシフトしており、CPSベースの手数料からCPCベースの広告料を取ることで同社の総収入の50%を占めるようになった(中国語レポート)。CPCとはCPSベースのTaobao Unionを避けて直接店舗に手数料を課すことも意味している。

Mogujie、Meilishuo共にブランド用化粧品無料サンプル提供などの他のサービスにもチャレンジしている。今のところ無料だが、遅かれ早かれ料金が請求されるようになるだろう。

MeilishuoやMogujieはTaobaoのU Zhanからサイトを立ち上げるべきだろうか?共同購入用プラットフォームTaobaoのJuhuasuan(淘宝衆画算)上にショップを構える独立した共同購入サービスのように。どのようなものにしろ、委託料ベースのオンラインビジネスは、eコマースがTaobaoの手中にあるような国では特に難しいビジネスのようだ。

【via Technode】 @technodechina

Taobao Union(淘宝連盟)が全てのオンライン広告会社にサービス提供へ

SHARE:

【原文】 Alibaba Group(阿里巴巴集団)の広告サービスであるTaobao Union(淘宝連盟)は本日、毎年開催されるイベントで、顧客ベースをeコマース販売業者限定から全てのオンライン広告会社へと拡大すると発表した。また、Taobaoは3つの広告サービス名を組み合わせたブランド名Alimama(阿里媽媽)を再度採用することとなった。 2007年にリリースされたAlimamaはもともとW…

【原文】

alimama

Alibaba Group(阿里巴巴集団)の広告サービスであるTaobao Union(淘宝連盟)は本日、毎年開催されるイベントで、顧客ベースをeコマース販売業者限定から全てのオンライン広告会社へと拡大すると発表した。また、Taobaoは3つの広告サービス名を組み合わせたブランド名Alimama(阿里媽媽)を再度採用することとなった。

2007年にリリースされたAlimamaはもともとWeb全体の広告会社向けのサービスであったが、Taobaoに吸収され、Taobao業者向けのサービス用に名称をTaobao Unionに変更していた。

名称変更したAlimamaには2010年にローンチしたリアルタイムディスプレイ広告プラットフォームのTanx、アプリをターゲットとしたモバイル広告ネットワークのTaobao Mobile Union(淘寶無線連盟)、サイト内検索マーケティングとディスプレイ広告サービス、クロスウェブ取引ベースのコンテクスト広告プログラム、そして第三者eコマースプラットフォームの小売業者向け広告サービス等を行うTaobao Unionが含まれる。

Taobao Union

Taobao Unionは50万社以上のパブリッシャーと提携し、オンライン小売業者の顧客は数百万に及ぶ。3億点の商品を取り扱っており、デイリーで合計45億回ページが閲覧されている。第三者リサーチ機関iResearch(艾瑞諮詢)によると、Baidu Union(百度連盟)のようなパブリッシャー・ベースの広告ネットワークでAlimamaは39.6%のシェアを占めている。

Alibabaの発表によれば、2012年、Taobao Unionは提携先に100%増となる30億元(4億8000万米ドル)の利益をもたらし、モバイル提携先と1億元(1600万米ドル)を分配している。

Mogujie(蘑菇街)やMeilishuo(美麗説)等のソーシャルショッピングサイトは収益の21%を占め、個々のウェブサイトが合わせて31%、オンラインビデオサイトが12%、残りはポータルサイト、バーティカルサイトや第三者代理店によるものであった。

Mobile Union

Taobao Mobile UnionのトップChong Shan(重山)氏によれば、TaobaoはMobile Unionの公式発表前からモバイル業界と提携していた。多くのモバイルブラウザ、第三者アプリマーケット、アプリ開発業者や携帯電話メーカーなどと提携している(中国語記事)。

MeilishuoやMogujieなどの50以上のモバイルショッピングアプリが最も相性が良い。これらは合計収益の半分を占め、2012年モバイル部門で5000万元(800万米ドル)を売り上げた。2012年のTaobaoモバイルアプリ取引高は500億元(80億米ドル)に達すると見られており、ユーザ数は1億5000万人を数える。

Tanx―Taobaoアドネットワークエクスチェンジ

2011年にローンチしたTanxは現在Alimamaプラットフォーム全体のトラフィックの50%を占めている。TanxのトップDing Shan(丁山)氏によれば、来年にはこの数字は80%に達する見込みだ(中国語記事より)。

2011年、Taobao Unionは全ての第三者B2C小売業者向けに広告サービスの提供を開始した。Coo8(庫巴)、Yihaodian(1号店)、Vancl(凡客誠品)といったeコマースプレイヤー達が取引ベースのプログラムに登録した。Alibaba GroupにはTaobao販売業者と第三者B2C小売業者にのみ広告オプションを提供するショッピング検索サービスであるEtaoもある。

これらの広告サービスにより、Taobaoの2011年の収益は80億元に上ったとされている。これはBaidu(百度)の半分以上に相当する。Baiduが検索部門で70%の市場シェアを持ち、中国のオンライン広告市場で圧倒的な支配力を持っていることを考えれば、これは大きな数字だ。Taobaoは今年Baiduの広告収入を上回ると予測されている。

全ての広告主にサービスを提供することにより、Alimamaは一般的な検索マーケティングサービスと言うよりも、Googleの広告プラットフォームとなるであろう。TaobaoはBaiduがエコシステム内の商品コンテンツインデックス化を阻んでいるので、Etao(一淘)はeコマース上の検索エンジンとして優位に立つ可能性がある。Alibabaが一般的な検索エンジンを開発したがるだろうか?何もかもが可能だ。

しかし、少なくともeコマース部門ではAlibabaの広告プラットフォームが大きな力を持つように見えるが、中国人eコマース業界人によると、360Buy(京東商城)が黙っていないだろうという。360Buyは来年自社プラットフォームで第三者小売業者向け広告プラットフォームをリリースすると発表した。同社はTaobaoの好調な収益の理由がサイト内サーチマーケティングと広告ディスプレイであるとわかっているようだ。

【via Technode】 @technodechina