THE BRIDGE

タグ Pinterest

米国以外で成長するPinterest、勢い増すD2Cパーソナライズ導線の鍵となるか

SHARE:

ピックアップ:Pinterest jumps after beating expectations ニュースサマリー:画像検索エンジンPinterestは1日、第2四半期の決算報告書を公開した。同資料によれば、Q2における同社売り上げは62%(YoY比)増で、月間アクティブユーザー数は30%(YoY比)増となった。第2四半期の間で300万人が増加したことになる。 米国の国内におけるMAUのYoY増…

Capture

ピックアップPinterest jumps after beating expectations

ニュースサマリー:画像検索エンジンPinterestは1日、第2四半期の決算報告書を公開した。同資料によれば、Q2における同社売り上げは62%(YoY比)増で、月間アクティブユーザー数は30%(YoY比)増となった。第2四半期の間で300万人が増加したことになる。

Capture

米国の国内におけるMAUのYoY増加率は13%で85万人増。これに対しグローバル市場では38%の伸び率で215万人増と、北米以外での利用者数増が同社の成長を牽引している。また、APRU(ユーザー当たりの平均利益)は米国にて2.80ドルを記録しているのに対し、グローバルでは0.11ドルと抑え気味の結果となった。ただ、YoY成長率で米国市場が41%、グローバル市場が123%と3倍ほどの開きがあることにも注目したい。

話題のポイント:日本での知名度は高くとも、インスタグラム的感覚で利用者がいるような雰囲気がない画像検索がPinterestです。一方、今回発表されたPinterestの公開資料を見ると、グローバル市場でのユーザー数成長率・平均利益率が順調に増加していることがわかります。

これは日本のように、プライベートでもビジネスでも利用される機会が少なかったかもしれない諸外国がPinterestの有用性に気が付き始めている(言い換えればPinterestがグローバル市場にアプローチしだしている)と言えるかもしれません。

Brand-Hub-01-wBkgrnd (1).jpg

特に注目したいのが世界規模でのコマースの伸びです。

同資料の「Q2 2019 Other Highlights」セクションでは、同社が考えるグローバルに市場が成長している要因に3つのポイントを次のように挙げていました。

  1. 広告のローカライゼーション(Internationalization of our ads business)
  2. 小規模ビジネスへの最適化 (Simplifying our ad systems for smaller businessese)
  3. 広告分析ツールの最適化(Improving advertisers’ ability to measure the effectiveness of their ad spend)

実際、6月30日に同社は新機能としてパーソナライズ化されたショッピング画面とカタログを表示させる機能を追加しています。これによってユーザーエクスペリエンスはもちろんのこと販売側にとっても、収益性の向上になるとしています。

また、新機能リリースと共に公開したブログによれば、Pinterest上に出品されたリテールブランドは2倍以上もの収益獲得(Pinterstに支払った広告費用から比べて)に成功している、と統計を発表しています。

近年ではD2C領域におけるアパレルを中心とした、オリジナリティー性を持つ商品の需要が増えてきています。例えばスーツケースの「Away」。彼らもパーソナライズ化された商品を求める若者向けにデザイン・マーケティング戦略を考えています。

<参考記事>

パーソナライズにおけるイメージでの広告導線は、デザイン性が個性的になればなるほど重要性が増してきます。テキストではどうやっても「見た目」の差別化は難しいからです。そういう視点からも、今後このプラットフォームがどのような成長を遂げるのか注目しています。

----------[AD]----------

Pinterest、画像検索機能「Lens」のベータ版をAndroid版とiOS版でローンチ

SHARE:

Pinterest は本日(2月8日)、サンフランシスコ本社でメディアイベントを開き、新機能「Lens」のベータ版を発表した。Lens では、携帯端末のカメラで撮影した写真から、その写真のテーマに関連したテーマやピンを検索することができる。今後数週間にわたり、Android 版と iOS 版が米国でローンチされる。 Pinterest が Lens を導入したのは昨年のことだが、これまでは誰でも利…

Pinterest-visual-search-Silbermann-NOvet-930x698
2017年2月8日に行われた Pinterest の Visual Discovery イベントで講演する同スタートアップ共同設立者兼 CEO Ben Silbermann 氏
Image Credit: Jordan Novet/VentureBeat

Pinterest は本日(2月8日)、サンフランシスコ本社でメディアイベントを開き、新機能「Lens」のベータ版を発表した。Lens では、携帯端末のカメラで撮影した写真から、その写真のテーマに関連したテーマやピンを検索することができる。今後数週間にわたり、Android 版と iOS 版が米国でローンチされる。

Pinterest が Lens を導入したのは昨年のことだが、これまでは誰でも利用できるわけではなかった。Pinterest が Lens を導入した当初、そのコンセプトは、カメラで撮影した被写体が何であるか特定することだった。しかし、そこからエンジニアらが修正を重ねた結果、正確にマッチしたものやそれに近いものだけではなく、ここが重要なポイントなのだが、特定のオブジェクトが含まれるより広いシーンも検索結果に反映されるようになった。このような検索結果にすることで、被写体となったモノが現れる環境に関する背景情報を提供することができる。

Pinterest-lens-demo.gif
Pinterest の Lens機能の一例
Image Credit: Pinterest

かつて Pinterest が「ピンする(pin)」という言葉を使って機能を言い表したように、今回、Pinterest の共同設立者で CPO の Evan Sharp 氏は「レンズする(lens)」という動詞を使うことについて語った。たとえば、彼が赤い靴を見てすごく気に入ったとする。すると、彼は「あの靴をレンズして、あれと似た靴を探そう」と言うのだ。

このタイプの画像検索は、Google が Android の Now on Tap 機能で提供しているものや、Samsung が主力商品 Galaxy S8で提供しているものよりも優れている。なぜなら、Pinterest が示す検索結果には多様性があり、それぞれの画像から複数の特徴を抽出するからだ。自身のコンテンツコレクションによって、Pinterest が実装したこの機能は、ショッピングサイトが提供するもの(つまり、非常に構造化された商品検索結果)と、Facebook や Twitter などのソーシャルネットワーク(つまり、構造化に欠けるユーザ生成コンテンツ)との中間のようなものになった。

CamFind のように、モバイル端末のカメラからクエリを受けて画像検索を行うサービスを提供している小さな企業もあるが、そうした企業には大企業がすでに持っているようなコンテンツが欠けている。

ユーザインタフェースの点で言えば、Google 画像検索と Microsoft の Bing 画像検索は両者とも、Pinterest アプリで以前から使われているタブスタイルのカテゴリ検索を採用している。Lens 検索を行った際にポップアップされるテーマは、ユーザが入力したテキストに基づいており、コンピュータが予測によって生成したものではない。

また、Pinterest は「Instant Ideas」機能も導入する予定だ。この機能では、それぞれのピンの右下に円を設け、そこをタップするとディスプレイがさらに多くのピンで満たされる。

さらに、Pinterest は被写体検出機能をベースにした新機能「Shop the Look」も昨年リリースしている。ピンされた写真の人が複数のファッションアイテムを着用している場合、丸い印をタップして、そのアイテムが写っている別のピンを探すことができる。それに加えて、「How to Wear It」という新しい機能もある。Sharp 氏の言葉を借りれば、「人々はこれまでと違う方法で商品をスタイリングできるようになる」という。Shop the Look は、Android、iOS、Web でも利用可能だ。Shop the Look の特徴は、ピン上のアイテムをタップすると、リッチピンだけでなくお買い物ピンも表示されることだ。これにより、Pinterest が得られる収益は徐々に増加していくことが見込まれる。

視覚的発見というテーマは Pinterest にとっては特に新しいものではない(実際には、スタートアップが提供するものとしては最大かつ最高レベルのものかもしれないのだが)。Pinterest は、保有している視覚情報を利用する方法をどんどん編み出している。そして現在ピンの数は1,000億以上になっている。

詳細は Sharp 氏のブログで読むことができる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Pinterest が位置情報ベースのヒットアプリHighlightの開発チームを買収

SHARE:

本記事はこちらの記事の抄訳になります。 Pinterest は、位置情報をベースにしたアプリ Highlightと写真共有アプリShortsを開発した企業である Math Camp のチームを買収したことを発表した。買収額については明かされていないが、共同創業者の Paul Davison氏と Ben Garrett氏、そしてMath Campの大半の社員がPinterestに加わり、エンジニアリ…

Image Credit: Pinterest
Image Credit: Pinterest

本記事はこちらの記事の抄訳になります。

Pinterest は、位置情報をベースにしたアプリ Highlightと写真共有アプリShortsを開発した企業である Math Camp のチームを買収したことを発表した。買収額については明かされていないが、共同創業者の Paul Davison氏と Ben Garrett氏、そしてMath Campの大半の社員がPinterestに加わり、エンジニアリング、プロダクト、デザインチームでモバイル上の発見に関わるプロダクトづくりに取り組む予定だ。

Pinterestの広報担当者によれば、Math Camp の技術は今回の買収対象に含まれておらず、それ自体は今後数週間以内に失効するとのこと。だが、Math Campは自社のライブラリやフレームワークの多くを開発者向けにオープンソース化する計画もある。

Math Campのことを聞いたことがない方も、Highlightのアプリは知っているかもしれない。数年前にSXSWで劇的なデビューをしたアプリだ。Fourswuare やGowallaのおかげで、位置情報ベースのサービスが今よりも人気があった頃のことだ。Highlightは、別のユーザーの近くにいるときにプッシュ通知を受け取ることができ、セレンディピティを生み出すことを意図している。

数年後、同社はユーザーが自分の撮影した写真をもとに人に出会うことができるアプリShortsを立ち上げた

Math Campのチームが重宝されるかもしれないのは、モバイル上の情報発見の分野かもしれない。Highlight上での行動、近くのストアやPinterestユーザーといった情報を活用して、コミュニティを築けるかもしれない。

もしくは、視覚的なアイデアを提供するPinterest上のスワイプ行動をより使い易いものにできる可能性もある。結局のところ、ユーザーがPinterest上で多くの時間を使うほど、多くのお金をユーザーから取れる機会も高まり、それはより多くの広告主や購入可能な Buyable Pinsを使用するブランドを惹きつけることになる。

また、Math Campのチームは、モバイル端末上のカメラでビジュアル検索をし、ビジュアル買い物カート上に商品を入れることをできるようにする予定であるというPinterestが最近発表した機能にもうまくマッチするかもしれない。

Math CampはこれまでSV Angel、Slow Venturesなどの投資家から550万ドルを調達している。

本件はPinterestにとって、ここ数ヶ月で三度目の人材を目的とした買収(Acqu-hire)になる。モバイルコマースアプリ Tote とキーボードアプリの Fleksyに続くものだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

月間アクティブユーザーが1億を超えたPinterest、その検索機能がスマートになっていく理由

SHARE:

数年前に初めて使った際には「オンライン版スクラップブックか」程度にしか思っていなかったプロダクト。だが今や、なんとなく素敵なものを眺めたいと思ったときに立ち上げてしまい、気づくと毎日結構な時間使っているアプリがある。Pinterest だ。 「Pinterest上で発見することとは、ユーザーが最初は自分が探しているものが分からなくても、自分が大好きなものを見つけられるようにすることなのです」同社の…

上:最新のビジュアル検索機能を試したときの画面 画像:スクリーンショット
上:最新のビジュアル検索機能を試したときの画面
画像:スクリーンショット

数年前に初めて使った際には「オンライン版スクラップブックか」程度にしか思っていなかったプロダクト。だが今や、なんとなく素敵なものを眺めたいと思ったときに立ち上げてしまい、気づくと毎日結構な時間使っているアプリがある。Pinterest だ。

「Pinterest上で発見することとは、ユーザーが最初は自分が探しているものが分からなくても、自分が大好きなものを見つけられるようにすることなのです」同社のエンジニアKevin Jing氏は、Pinterestにおける「Discovery」の意味についてこう述べる

Pinterestのレコメンデーション、検索機能は、確かに2、3年前に比べると凄まじい進化を遂げている。その結果、着実にユーザーも増えているようで、今年9月には月間のアクティブユーザは1億人を突破した。数ヶ月前の調査によれば、Pinterest の閲覧がきっかけで商品の購入したことがあるユーザーは32パーセントもおり、広告・ECプラットフォームとしての潜在力も高い。

そんなPinterestの躍進は突然始まったことではなく、数年かけて戦略的に打ってきた布石の結果でもある。数々の布石のうちの一つが、2014年はじめにコンピュータビジョンツールを開発するスタートアップVisualGraphの買収だ。GoogleでコンピュータビジョンのチームにいたKevin Jing氏が7年勤めたGoogleを去って、立ち上げたのがVisualGraph。Pinterestによる買収によって、Jing氏もまた同社に加わることになる。

Facebook、Google、Microsoft…コンピュータビジョン、ディープラーニングの開発者は米西海岸のテック企業のどこもが高待遇を掲げて引きつけることに必死だが、Pinterestが2014年はじめの段階でVisualGraphを買収できたことは、その後の事業において非常に大きな意味をもつだろう。

Jing氏の参加するPinterestの Visual Discoveryチームは、Pintrestの持つ膨大なデータに付されたデータを元にディープラーニングを取り入れることで、個々のユーザーが求めている情報を推測して、レコメンデーションする。

「私たちの持っているデータはすばらしいものです。(中略)コンピュータビジョンの研究者であれば、どのようなデータよりも、このデータセットに興奮するでしょう」とJing氏は、VentureBeatに対してかつてコメントしている

Pinterest は、カリフォルニア州立大学バークレー校のBerkeley Vision and Learning Centerとも提携し、ディレクターのTrevor Darrell教授は同社のアドバイザーも務める。最新の学術研究を取り入れながら、Pinterestはユーザーにとって便利な機能を打ち出してきた。

今年5月には、ユーザーが表示するピンに対して関係性の高い他のピンを表示する「関連するピン(Related Pins)」機能がディープラーニングを取り入れたシステムによって改良された。その後のユーザーの「関連するピン」へのエンゲージメントは、今年5月以来50パーセントも伸びている

さらに先月には、新たにビジュアル検索機能も追加された。ピンされた画像上で、検索範囲を選択でき、その選択されたモノに類似したモノが示されるという機能だ。

500億以上のピンが存在する中で(その数は日々増え続けている)、1億以上の月間ユーザー一人ひとりに対して満足のいくエクスペリエンスを提供するという大きな挑戦は今後も続いていくようだ。

----------[AD]----------

Pinterest、集まった70億以上ものピンに紐付いた位置情報を活用したサービスを展開すると発表

SHARE:

<ピックアップ>7 billion Pins with places (and counting!) | Pinterest Blog おもに画像共有サイトとして使われているPinterestですが、実は2013年11月頃から位置情報のサービスも機能として追加していて、自分のお気に入りのスポットやレストラン、カフェなどをまとめておくことができます。 旅行者にとってみたら、ウェブ上で探し…

place-pins-blog-us

<ピックアップ>7 billion Pins with places (and counting!) | Pinterest Blog
おもに画像共有サイトとして使われているPinterestですが、実は2013年11月頃から位置情報のサービスも機能として追加していて、自分のお気に入りのスポットやレストラン、カフェなどをまとめておくことができます。

旅行者にとってみたら、ウェブ上で探した情報をPinterest上にピンするだけで、紐づいた位置情報から自動的にマップを生成することができ、実際に現地に行ったときにも場所を把握しやすくなるなど、かなり便利に使うことができます。

そんな位置情報に紐付いた情報はすでに70億ピン以上。そんな70億ものピンにひもづく位置情報をもとにさまざまサービスや機能を拡充させると発表。例えばマップにピンした情報を一覧で見やすくし、さらにボードに情報を集約して情報をまとめてくれる機能などを追加しています。

また、70億以上ものピンの情報をもとに、世界のユーザがピンした場所をランキング形式で見せたりと、集まった膨大な情報をさらに集約したり、集まったデータをもとにしたビジネス展開やプロモーション展開を図っていくようです。

画像のみならず、位置情報とひも付けながら世界のさまざま情報を集約させようとしているPinterest。画像収集だけではない色んな使い方がますますできてきそうです。

via Pinterest blog

----------[AD]----------

Pinterestが月間アクティブユーザー1億人を突破したと報告

SHARE:

<ピックアップ>Pinterest now has 100 million monthly users 定量的な数字を追いかけているなかで、Pinterestが月間のアクティブユーザが1億人を突破したと報告しています。 日本でもPinterestは展開するなど、グローバルの展開に力をいれています。最近では、iPhoneアプリなどで「Buyable Pins」を展開し、ユーザが購入ボタン…

Image by Jason Howie on Flickr
Image by Jason Howie on Flickr

<ピックアップ>Pinterest now has 100 million monthly users

定量的な数字を追いかけているなかで、Pinterestが月間のアクティブユーザが1億人を突破したと報告しています。

日本でもPinterestは展開するなど、グローバルの展開に力をいれています。最近では、iPhoneアプリなどで「Buyable Pins」を展開し、ユーザが購入ボタンを設置することで、Pinterestから直接製品を購入できるような仕組みも導入しています。

従来のスクラップブック的機能なら、次第にクリエイティブな情報や製品が集まるプラットフォームとしての側面を強めています。

Pinterest以外のSNSでは、TwitterやInsagramが月間アクティブユーザが3億人を超え、Snapchatは月間アクティブユーザが1億人を超えているという数字が出されています。

Pinterestも、いかにして月間アクティブユーザを増加させるかに力を入れていきながら、TwitterやInstagramと並ぶようなサービスへの成長を目論んでいるようです。

via The Verge

----------[AD]----------

Pinterestがデータ処理のためのオープンソース・ソフトウェア「Terrapin」を公開

SHARE:

Pinterest open-sources Terrapin, a tool for serving data from Hadoop Pinterestが「@Scale Conference 2015」内で「Terrapin」というオープンソース・ソフトウェアを発表しました。「Terrapin」は、Hadoopによって生まれる膨大なデータを処理するためのシステム。 「Terrapin」は、gi…

Some rights reserved by mkhmarketing
Some rights reserved by mkhmarketing

<ピックアップ>Pinterest open-sources Terrapin, a tool for serving data from Hadoop

Pinterestが「@Scale Conference 2015」内で「Terrapin」というオープンソース・ソフトウェアを発表しました。「Terrapin」は、Hadoopによって生まれる膨大なデータを処理するためのシステム。

「Terrapin」は、github上で公開されています。「Terrapin」に関する詳細は、Pinterest開発者のVarun Sharma氏のブログポストからどうぞ。

via VentureBeat

----------[AD]----------

Pinterest、IFTTTやPolyvoreと連携し、気に入ったアイテムや画像、ファッションをすぐにPinできる環境に

SHARE:

<ピックアップ>Pinterest announces new integrations with IFTTT and Polyvore これは面白い連携なのではないでしょうか。Pinterestが、IFTTTとファッションコーディネートサービスのPolyvoreと連携したようです。 例えば、IFTTTと連携したことによって、Etsyで気に入ったアイテムをお気に入りに入れるだけで、自動…

Pinterest-ifttt

<ピックアップ>Pinterest announces new integrations with IFTTT and Polyvore

これは面白い連携なのではないでしょうか。Pinterestが、IFTTTとファッションコーディネートサービスのPolyvoreと連携したようです。

例えば、IFTTTと連携したことによって、Etsyで気に入ったアイテムをお気に入りに入れるだけで、自動でPinできたり、InstagramでLikeした画像が自動でPinできたりなど、さまざまなレシピがPinterestによって公式に作成されています。

IFTTT Recipe: Automatically Pin your favorite items on Etsy connects etsy to pinterestIFTTT Recipe: Pin your Instagrams to a board connects instagram to pinterest

IFTTT Recipe: Automatically Pin items for sale in your Etsy store connects etsy to pinterestIFTTT Recipe: Share Pins from a specific board to your Tumblr blog connects pinterest to tumblr

ファッションコーディネートのPolyvoreでは、Polyvore内で気にいったアイテムにすぐにPinすることができ、Pinterest内でファッションページを作ることができるとのこと。

よりPinしやすく、より普段使いがしやすい環境づくりに取り組んでいるPinterest。個人的には、IFTTTとの連携によってかなり便利になったのでは、と思います。

via TNW

----------[AD]----------

「共感が重視されるチームカルチャーが独特」ーー元アップルとFacebookのエンジニアが語るPinterestの働きやすさ

SHARE:

<ピックアップ> A former Facebook and Apple engineer explains why his new job at Pinterest has the most collaborative work environment he’s ever seen 激しい人材獲得競争が繰り広げられるシリコンバレー。スタートアップはもちろん、大手テック企業…

iPad_homefeed
<ピックアップ> A former Facebook and Apple engineer explains why his new job at Pinterest has the most collaborative work environment he’s ever seen

激しい人材獲得競争が繰り広げられるシリコンバレー。スタートアップはもちろん、大手テック企業でさえも、給与面や福利厚生など様々な「メリット」を付けなければ優秀な人材が確保できない時代になっています。

そんな中、アップル、Facebookという人気企業を経て最近Pinterestに加わったエンジニアのScott Goodson氏が語る、職場としてのPinterestの良さはとても興味深い内容です。Goodson氏によれば、Pinterestの良さはその「チームカルチャー」にあるとのこと。

ちなみに、Goodson氏はPinterest以前はFacebookに3年間在籍し、Paperという新アプリの開発やInstagramのエンジニアリングマネジャーを務めていました。それ以前はアップルに4年間在籍。iPhoneの開発に加わった最初の10名のエンジニアの一人で、iPhoneユーザーであれば誰しも一度は使ったことがあるであろう電卓と株式情報のアプリを開発しました

そんなGoodson氏は、PinterestのチームカルチャーについてBusiness Insider誌に次のように語っています。

Pinterestはこれまでの会社のカルチャーとは大きく違うと感じました。もっとも特徴的なことの一つが、Pinterestは異なる専門分野をまたがった仕事に価値を置いている点です。共感という考え方がここでは深く理解されています。他の会社ではより競争が激しかったり、時には無情な考え方がされることもありました。ですので、Pinterestで見られるような互いが協力する姿勢は本当に新鮮でした。

過去においては、デザイナーとエンジニア間の「共感」が欠けていた結果、両者の壁が厚くなっていたこともあると振り返るGoodson氏。だからこそ、Pinterestにおけるプロジェクトの初期段階でのデザイナーとエンジニアの協同作業の価値をとりわけ実感しているのでしょう。

卓球コーナーやスタンディングデスク、食堂、無料ドリンクといった物理的要素よりも、もしかしたらこうした「チームカルチャー」こそが現場のデザイナーやエンジニアのやる気を左右するもっとも重要な要素なのかもしれません。

via Business Insider

----------[AD]----------

元Apple、FacebookのScott Goodson氏がPinterestのエクスペリエンスチームのリーダーに

SHARE:

Pinterest Hires Former Facebooker Scott Goodson As Head Of Core Experience | TechCrunch Apple、Facebookを経験してきたScott Goodson氏がPinterestの、エクスペリエンスチームのリーダーとして雇われました。Goodson氏はFacebookでは、「Paper」の開発を担当した人物。同…

Photo by Scott
Photo by Scott Goodson

<ピックアップ>Pinterest Hires Former Facebooker Scott Goodson As Head Of Core Experience | TechCrunch

Apple、Facebookを経験してきたScott Goodson氏がPinterestの、エクスペリエンスチームのリーダーとして雇われました。Goodson氏はFacebookでは、「Paper」の開発を担当した人物。同氏はPinterestでデバイスを横断してアプリのパフォーマンス改善に取り組むそうです。

Pinterestは今年に入って、「メッセージ機能」を世界同時リリースしたり、「購入ボタン」を追加したり、モバイルに特化したブログサービスを開発していたスタートアップを買収したり、と様々な動きを見せています。

Apple、Facebookを経てきた人材が入ってサービスがどのようになっていくのか、気になりますね。

via TechCrunch

----------[AD]----------