THE BRIDGE

タグ tgs2013

[東京ゲームショウ2013] アプリのダウンロード増の理由を教えてくれるマーケティング分析ツール「QuerySeeker」

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 先週の東京ゲームショウ(TGS)では、ゲーム以外のサービスも数多く展示されていた。ゲーム開発会社のためのソリューションを展示している企業もいて、中でも名古屋を拠点にマーケティング分析ソリューションを提供するスタートアップ QueryEye は興味深かった。 モバイルアプリ開発者にとっては、自分のアプリのダウンロードが…

queryeye_tgs2013-280x232※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

先週の東京ゲームショウ(TGS)では、ゲーム以外のサービスも数多く展示されていた。ゲーム開発会社のためのソリューションを展示している企業もいて、中でも名古屋を拠点にマーケティング分析ソリューションを提供するスタートアップ QueryEye は興味深かった。

モバイルアプリ開発者にとっては、自分のアプリのダウンロードが突然増えたとき、その理由を調べるのは難しいだろう。しかし、QueryEye の QuerySeeker は、収集した数値や分析に基づいて考察を与えてくれる。QuerySeeker は、人気ブログやアプリ紹介サイト等4,500万ページを継続的に巡回し、それにより、どのソーシャルメディアの投稿やオンライン記事がダウンロード増をもたらしたかを教えてくれるのだ。

QuerySeeker は最近アップグレードし、現在は統計をほぼリアルタイム、分単位で提供できるようになった。Apple AppStore、Google Play、KDDI au スマートパス、NTTドコモ dmenu、Amazon Kindle Store、iTunes iBook Store、Google Books 等のストアで販売されるアプリに対して利用が可能だ。単一分析パッケージは、初期費用を除き、月額14.8万円(約1,500ドル)から利用できる。

QueryEye は2010年、日本のテックメディアに考察の深いモバイル市場分析を寄稿している、水野政司氏によって設立された。

ユーザリテンションの分野では、このところ、planBCDGrowth PushFello、韓国の 5Rocks など、多くのソリューションプロバイダを見て来た。QuerySeeker が提供するものはユーザリテンションのツールではないが、アプリ開発会社がアプリをマーケティングし、ユーザに届ける上で、より効果的な方法を見出すのに役立つだろう。

----------[AD]----------

[東京ゲームショウ2013] イスラエルのスタートアップNordau Creativeが放つ、拡張現実感ゲーム「Kazooloo」

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 東京ゲームショウ(TGS)の取材では、主に日本のモバイルゲームメーカーの話を取り上げたが、海外からも多くのデベロッパやパブリッシャーが、興味深いゲーム作品を展示にしてやってきていた。 その中でも、私が最も興味深かったのはイスラエルのゲーム開発会社 Nordau Creative だ。同社は TGSで、Kazooloo…

tokyo-game-show-201316-620x413

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京ゲームショウ(TGS)の取材では、主に日本のモバイルゲームメーカーの話を取り上げたが、海外からも多くのデベロッパやパブリッシャーが、興味深いゲーム作品を展示にしてやってきていた。

その中でも、私が最も興味深かったのはイスラエルのゲーム開発会社 Nordau Creative だ。同社は TGSで、Kazooloo という AR(拡張現実感)のドラゴン・ファイティング・ゲームを紹介した。このモバイルゲームでは、床に置いた大きなボードを用い、その上からスマートフォンやタブレットをかざすと、渦が生じて怒ったドラゴンが現われる。

確かに、この種のARゲームは(一部の人にしか受け入れられない)ギミックなもののことがある。しかし、床に現れるドラゴンを攻撃する Kazooloo のゲームの周辺に居た観客を見ていると、それ以上の可能性があるように感じた。

このゲームを試すには、Apple App StoreGoogle Play からアプリをダウンロードし、Nordau 社のウェブサイトからボードを購入する必要がある。ボードは小さいもので14.99ドル、大きなもので49.99ドルだ。このゲームのデモを見たければ、以下のビデオをチェックしてほしい。

----------[AD]----------

[東京ゲームショウ2013] 苦難の1年を経て、変わらぬ活気を見せたGREE——グリー・インターナショナル副社長 荒木英士氏に聞く

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 2011年の東京ゲームショウ(TGS)は GREE の独壇場だった。ゲーム界に大きな足跡を残し、そして文字通り、会場のスペースの約1割を GREE が占有していた。このイベントでの動向は、現実に何を提供するかよりも、むしろ政治的な意味を持つこともあるが、かつて、GREE が見せつけた力のショーによって、ゲーム界はスマ…

tokyo-game-show-201317-620x413

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

2011年の東京ゲームショウ(TGS)は GREE の独壇場だった。ゲーム界に大きな足跡を残し、そして文字通り、会場のスペースの約1割を GREE が占有していた。このイベントでの動向は、現実に何を提供するかよりも、むしろ政治的な意味を持つこともあるが、かつて、GREE が見せつけた力のショーによって、ゲーム界はスマートフォンにシフトしたのだ。

そして2013年、GREE はモバイルアプリの会社として甦る必要があった。中国やイギリスのオフィスを閉鎖し、アメリカやカナダのプラットフォーム部門を縮小し、働いていたスタッフは日本に戻された。今年のTGSで最大の出展者はソニーやマイクロソフトで、彼らは新しいモバイルのコンソールマシンにスポットライトを当てていた。新しい役者はガンホー・オンライン・エンターテイメントで、2年前の GREE を彷彿させるようにパズル&ドラゴンズを紹介していた。

しかし、GREE は、この3年間イベントで使ったのと同じ大きなブースで、TGSで全力でアピールしていた。この1年間は GREE にとって大変だったのに、どうして、そんなに大きなディスプレイ・ブースが必要だったのだろう。一度こんな大きなブースを作ったら、使い続けるしかないのか。確かに、eBay や Craigslist で売りに出すのは難しいだろう。グリー・インターナショナル副社長・荒木英士氏に、どうして GREE が TGS で、そんなにも大きなブースで出展し続けるのか質問してみた。

我々にとって、TGS は我々のプレーヤーと対話できる重要な機会です。モバイルインターネット業界では、プレーヤーがどのようにゲームを楽しんでいるか、彼らと話をするのが難しいのです。我々のブースでは、それぞれのゲームタイトルの横に、それを作ったゲーム・プロデューサーが立ってプレーヤーと話をしています。

gree-eiji-araki-280x256
グリー・インターナショナル
副社長・荒木英士氏

ブースに立っているスタッフはアルバイト人員だと思っていたので、彼の言った話を聞いて驚いた。TGS では他の多くの企業と同様、GREE は多くのコンパニオンモデルを配置しているが、ゲーム・プロデューサーがブースに立ちユーザと会話する姿勢は、極めて興味深い。

荒木氏によれば、GREE のブースでは新作ではなく、従来作にフォーカスしている。以前と比べ、今年のGREEブースでの違っていた点と言えば、2012年10月に138億円で GREE が買収した、日本のゲーム開発会社ポケラボの特別コーナーが設けられていたことだ。買収から約1年を経た今、ポケラボは GREE と組織が分かれているものの、共同でゲーム開発に当たる両社の社員の混成チームも存在するそうだ。しかし、ポケラボにやりたいことをやらせるのが GREE のこれからの考えだ。GREE もまた、その力を集中すべき所にビジネスを特化させつつある。

開発スタジオを縮小したのにも、そのような背景があります。これらの開発スタジオは依然調子がよく、得意とする分野に特化しています。したがって、アメリカのスタジオではアメリカ市場向けのゲームを多く開発し、日本では日本市場向けのゲームを開発しています。現在は、日本で海外向けのゲームを開発したり、アメリカで日本向けのゲームを開発したりはしていません。それぞれのスタジオは、得意なこと、すなわち、よく知っている市場に特化するのがよいと考えています。

この考えは、2012年に GREE が買収したサンフランシスコの Funzio でも実践されている。荒木氏は、アメリカの開発スタジオは安定しないどころか、むしろ成長を続けていると説明してくれた。Funzio が開発した Knights & Dragons はアメリカ市場で好調で、ゲーム上で継続的に開かれるイベントが功を奏し、アメリカのiOSチャートで高順位にランクされている。Funzio が開発した Crime City もまた、多くの市場で好成績を見せている。

tokyo-game-show-201302-620x375

しかしながら、荒木氏によれば、アメリカ市場向けのカードバトル・ゲームは開発を中止するらしい。この分野はあまり市場が大きくなく、既に飽和状態にあるからだそうだ。もちろん、日本ではカードバトル・ゲームは勢いのある分野なので、日本市場向けには開発を続けるということだ。[1]

今年の GREE のフォーカスは、ゲーム用語を使って荒木氏は「命中率を上げることだ」と述べた。GREE は、兼ねてから我々が期待しているような、大ヒットを生み出すにはまだ至っていない。現在は、日本でも海外でも多くの競争を強いられているわけで、世界のモバイル・ゲーマーの注意を引くために、GREE にはさらなる重大な挑戦が求められるだろう。


  1. この点について少し詳述したい。GREE の NFL Elite カードバトル・ゲーム(私は大ファンで、以前、レビューを書いたことがある)は好調だ。そして最近、2013年の NFL シーズンが始まった。以前の NFL Shuffle の名前から改称して9月3日にリリースされ、アメリカの iOS マーケットでは10位以内か、その付近にランク入りしている。もう一つのスポーツ・カートバトル・ゲームである MLB Full Deck は残念ながら、「ほとんど開発を中止している」とのことだ。 ↩
----------[AD]----------

[東京ゲームショウ2013] 世界累計50万DLを超えたAncient Surferの開発元、サマータイムスタジオに聞く(ビデオ)

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 今月初め、沖縄のインディーアプリ開発会社サマータイムスタジオが作った Ancient Surfer というアプリを紹介した。今日(原文掲載日:9月19日)スタートした、東京ゲームショウ2013のインディ開発会社のセクションに、彼らを見つけても驚かなくてもよかったのだろう。 しかし、私は驚いた。沖縄出身の会社のことを取…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

今月初め、沖縄のインディーアプリ開発会社サマータイムスタジオが作った Ancient Surfer というアプリを紹介した。今日(原文掲載日:9月19日)スタートした、東京ゲームショウ2013のインディ開発会社のセクションに、彼らを見つけても驚かなくてもよかったのだろう。

しかし、私は驚いた。沖縄出身の会社のことを取り上げる機会は稀だし、Ancient Surfer の調子がいいというのは特に興味深い。

同社社長の弘津健康(ひろつ・たけやす)氏によれば、Ancient Surfer は世界累計のダウンロード数が50万件を超えているとのことだ。現時点でアプリランキングを見てみると、同アプリは iOS の11カ国のスポーツ・カテゴリでトップにランクされている。その多くはアジア諸国だ。

サマータイムスタジオは2011年に設立され、受託開発に加え、これまでに自社ブランドのアプリを8つリリースしている。これからの数日、同社は東京ゲームショウ会場の静かなインディーゲームコーナーにブースを出展しているので、見逃さないようにお勧めしたい。

もし Ancient Surfer を試したことがなければ、以下のビデオをチェックしてほしい。AppStoreGoogle Play から、無料でアプリをダウンロードできる。

本稿の執筆には、同僚の三橋ゆか里が協力した。彼女は前出のものを始め、今日多くの楽しいインタビューをしてくれた。

----------[AD]----------

[東京ゲームショウ2013] 恋愛シミュレーションの世界を体感できるボルテージのブース(ビデオ)

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 今日(原文掲載日:9月19日)は、東京ゲームショウ2013 のオープニングだ。今回のイベントに際し、SD Japan では特にモバイルアプリ開発会社に焦点を当てたい。ここ日本では恋愛シミュレーション・ゲームが人気なので、このジャンルの開発会社に特化したブース・セクションがあっても、驚くには値しない。SD Japan …

IMG_1549-620x387
会場にはコンパニオン・ガールがあふれる中、ボルテージのブースにはイケメン。

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

今日(原文掲載日:9月19日)は、東京ゲームショウ2013 のオープニングだ。今回のイベントに際し、SD Japan では特にモバイルアプリ開発会社に焦点を当てたい。ここ日本では恋愛シミュレーション・ゲームが人気なので、このジャンルの開発会社に特化したブース・セクションがあっても、驚くには値しない。SD Japan では、5月にこの種のゲームの一つ「社内恋愛2人のヒミツ(英語名:Office Secrets)」を取り上げた。東京ゲームショウでは、このアプリを作ったボルテージが面白いブースを出展していた。

ボルテージはこれまでに計50本以上のアプリをリリースしており、すべて恋愛シミュレーション・ゲームだ。ブースでは入場者が「社内恋愛2人のヒミツ」を試すことができ、結婚式のイメージを背景にリアルなイケメン男子と写真撮影ができる。ファンは、ゲームのファンタジーをリアルに体感できるわけだ。

50本以上のアプリをリリースしているとは、すごいことだ。しかもそのすべてが、恋愛シミュレーション関連とは。案内してくれた Mayuko Sugihara 氏と Emiri Okawa 氏によれば、数ある同社のモバイルアプリの中でも、最も人気があるのは「誓いのキスは突然に」で、このアプリでは、女性ユーザがイケメン男子との結婚で主役を演じることができる。

「誓いのキスは突然に」は19歳から44歳の幅広い層の女性に楽しまれており、最もアクティブなのは30歳代の女性だ。ストーリー展開によって、恋愛が進展し面白さを増すため、ユーザの継続利用率は高い。

ボルテージは月に最低一本の割合でアプリのリリースを計画しており、男性が楽しめる恋愛シミュレーションゲームもリリースする予定だ。

以下は、ボルテージの Emiri Okawa 氏のインタビューだ。


----------[AD]----------