タグ TORYUMON

F Ventures、学生向け起業啓蒙イベント「第3回TORYUMON ONLINE」を開催——賃貸物件の現・新入居者を繋ぐ「RoomPa」が優勝

SHARE:

福岡を拠点とするシード向けベンチャーキャピタルである F Ventures は19日、学生向け起業啓蒙イベント「TORYUMON」を開催した。オンライン開催としては3回目、オフラインイベントと合わせた通算では13回目の開催となる。イベント終盤に開かれたピッチコンペティションでは5社が登壇した。この5社は F Ventures が今年始めた、U25 起業家と起業家予備軍のコミュニティ「TORYUMO…

福岡を拠点とするシード向けベンチャーキャピタルである F Ventures は19日、学生向け起業啓蒙イベント「TORYUMON」を開催した。オンライン開催としては3回目、オフラインイベントと合わせた通算では13回目の開催となる。イベント終盤に開かれたピッチコンペティションでは5社が登壇した。この5社は F Ventures が今年始めた、U25 起業家と起業家予備軍のコミュニティ「TORYUMON ZERO」から輩出されたスタートアップだ。賃貸不動産の現入居者が物件を次の新しい入居者に紹介できる「RoomPa」が優勝した。

審査員を務めたのは、次の皆さん。

  • 堤達生氏(STRIVE 代表パートナー)
  • 一戸将未氏(ジェネシア・ベンチャーズ アソシエイト)
  • 安喜理紗氏(iSGS インベストメントワークス インベストメント・マネージャー)
  • 両角将太氏(F Ventures 代表パートナー)

【最優秀賞】RoomPa by Amufi

副賞:10万円

賃貸不動産を契約する場合、これまでの方法では、物件検索サイトで物件を探す → その物件を取り扱う客付け不動産会社(仲介会社)へ出向く → その物件を管理する元付け不動産会社(管理会社)へ行って内見・条件が折り合えば契約、というプロセスを経ることになる。世の中には内見ありきの物件探しが多数を占めるが、これは契約までに時間がかかり、コロナ禍においては物件探しもなるべく人との接触を少なくしたい、と考えるのが人情だ。

RoomPa(ルムパ)」は、賃貸不動産の現入居者と新入居者を直接つなぐプラットフォームだ。現入居者から部屋の様子を写真投稿され、潜在的新入居者は物件探しをスムーズに行える。契約は仲介会社・管理会社を経るが、検索・内見・検索までを同一プラットフォーム上で完結でき、市場にまだ出ていない物件情報が入手できるのが特徴。元入居者は新入居者の制約時に、家賃の25%を紹介インセンティブとして受け取れる。不動産オーナーにとっても、次の入居者が早く見つかる、家賃を下げなくていい、などのメリットがある。

【GMO ペパボ賞】【TORYUMON 賞】Univ! by ユニビー

副賞:GMO「SUZURI」優待券5万円分、博多西洋和菓子「博多通りもん」

コロナ禍においては、大学で講義はいうまでもなく、部活やサークル活動などさまざまなキャンパスライフがオンライン化を余儀なくされている。しかし、キャンパスライフのオンライン化に最適なアプリがまだ無いと考えたユニビーは、今年6月に大学専用 SNS「Univ!」をローンチした。ユニビー代表の植松風登氏が在籍する京都大学を皮切りに、ローンチから半年間で関西の大学を中心に105団体1,650人の大学生が利用しているという。

在学している大学や名前からユーザ検索機能、サークルや部活の情報を探せるコミュニティ検索機能などを提供。コミュニティのチャット機能に注力しており、LINE や Slack より使いやすい UI を目指す。学年やクラスなどを指定することで、自動的にクラスメートが同じトークルームに入るような体験も提供可能で、オフライン講義の擬似的環境も作り出すことができる。大学生むけの細かいターゲティングによる広告配信や、全学向け SNS 機能の提供などでマネタイズを目指す。

以下はファイナリストに残りつつも、入賞とならなかったチーム。

obousan by 葛上海翔氏

江戸時代から寺と消費者をつなぐ檀家制度が存在するが、消費者が住んでいる地域に根ざしたコミュニティを元にしたこの制度は、地方の村から都市へと人が移動するにつれ崩壊しつつある。約3割の寺の収入は年間300万円以下、そして約半数の寺は住職のいない「無住寺院」となっているのが現状だ。檀家が少なくなることでデメリットがあるのは寺だけではない。檀家である消費者にとっても、生活拠点を移すことなどを契機に、寺の檀家を離れる際に支払う離檀料が高額になってしまう。

obousan は寺から檀家制度を廃止し、代わりに、一家の墓を移動する際の遺骨の移動市場のプラットフォームを構築することで、寺の資金獲得を支援する。葛上氏によれば、檀家制度をやめたことで、檀家は寺と関係構築をするためにお布施をする機会が増え、結果的に収入が4倍になった寺もあるいう。年間11億件に及ぶとされる遺骨の移動市場について、葛上氏は3,300億円の SOM(獲得可能な市場規模)があると見積もる。obousan では現在、僧侶50人に協力してもらい、サービスの開発を進めている。

zeehaa by showcase

showcase は、1日5分間の自宅でのフィットネス体験を支援するアプリ「zeeha」を開発、iOSAndroid 向けに提供している。2014年の設立から5年後の2019年にユニコーン入りした中国のフィットネスアプリ「Keep」をベンチマーク。フィットネス動画をフリーミアムで提供し、将来は、プロテイン販売、オフラインジムとの提携による通い放題サービス、ヨガマットのサブスクレンタルサービスなどで、フィットネスにおける第一想起を狙った経済圏確率を目指す。

高品質なフィットネス内容を指導・動画配信できるインストラクター20名ほどを獲得しており、彼らのファンのほか、フィットネスの強度別、世代別などで、適切なフィットネス内容をユーザにレコメンドする機能を付加し、既存の YouTube や他のフィットネスアプリとの差別化を図る。代表の二村祐介氏は、日本ではどの事業者がどのレベルのコンテンツを提供しているか認知されていないため、料理レシピ動画サイトなどと同様、当初はフリーミアムでユーザがサービスを容易に覗ける環境を作ることが重要だと強調した。

<関連記事>

スタディチェーン by スタディチェーン

日本の受験市場は9,800億円規模で、毎年90万人の受験生が塾などに通っている。しかし、スタディチェーン代表の竹本明弘氏の説明によると、その約3分の2に相当する62万人の受験生が、塾だけではモチベーションを維持できない、と回答しているという。この課題を解決するために、大手塾では、武田塾がコーチング(勉強そのものを教えるのではなく、勉強の仕方を教える)で、また、東進ハイスクールなどは同じ志望校を目指す受験生同士のコミュニティ形成で成果をあげている。

スタディチェーン」は、こういったコーチングと受験生コミュニティの両方を取り入れたオンライン塾だ。毎日勉強した内容をチャットで報告してもらう進捗管理でコーチがフィードバック、また、受験生が自分が立てた目標に対して、努力や実力を見える化できるダッシュボードを提供する。コミュニティではその人の勉強記録を投稿し、同じ志望校を目指す受験生同士が「いいね」することができ、月に2回は Zoom でのディスカッション機会を設定。9割以上の人が偏差値5〜10以上アップに結びついたという。

F Ventures、6回目となる学生向け起業啓蒙イベント「TORYUMON」を福岡で開催——男性向け化粧品D2C「MENK」が優勝

SHARE:

福岡を拠点とするシード向けベンチャーキャピタルである F Ventures は1日、福岡市内で6回目となる学生向け起業啓蒙イベント「TORYUMON」を開催した。イベント終盤に開かれたピッチコンペティションでは9社が登壇、男性向け化粧品D2C「MENK」が優勝した。 審査員を務めたのは、次の皆さん。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベン…

福岡を拠点とするシード向けベンチャーキャピタルである F Ventures は1日、福岡市内で6回目となる学生向け起業啓蒙イベント「TORYUMON」を開催した。イベント終盤に開かれたピッチコンペティションでは9社が登壇、男性向け化粧品D2C「MENK」が優勝した。

審査員を務めたのは、次の皆さん。

  • 海老根智仁氏(オプト創業者)
  • 山本敏行氏(チャットワーク創業者)
  • 本荘修二氏(本荘事務所代表)
  • 渡辺麗斗氏(ドーガン・ベータ ディレクター兼パートナー)
  • 両角将太氏(F Ventures 代表)
  • 北尾崇氏(サイバーエージェント・キャピタル  ヴァイスプレジデント)

以下、入賞チームを中心に紹介する。

【最優秀賞】MENK

20代男性の中でメイクを経験したことのある人の割合は7%。メンズメイクの需要は意外と多い。しかし、そのほとんどの男性は女性用化粧品を使っており、もし男性用化粧品があれば購入したいという人がほとんどだ。MENK では分散型メディアを使って、メンズメイクに関心のあるユーザを集めており、彼らに対して、男性用化粧品の D2C 事業を計画している。

メンズメイクに関わる情報は少なく、また、身近な人や女性にも相談しにくいテーマであるため、MENK では潜在的ユーザ層にメイクノウハウを積極的に提供することで、分散型メディアのグロースを図る。一定のフォロワーが集まった時点で、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーを独自開発し直接販売する考え。単価2,000円で原価率30%を想定。将来はデータを用いた横展開や実店舗販売も目指す。

【F Ventures 賞】CollEco

CollEco は、ゴミを拾い正しく分別することでリワードが得られるサービス。ユーザはゴミを拾い、専用アプリからスマートフォンのカメラを使ってゴミを認証。その後、コレクタと呼ばれる IoT ゴミ箱に捨てると、CollEcoin というコインが得られる。CollEcoin は、企業や飲食店が提供するクーポンと交換することができ、ユーザはさまざままサービスを受けられるというものだ。

コレクターを月額1万円でサブスクリプションで提供することでマネタイズ。クーポンは、企業や飲食店から提供してもらう(有償か無償かは不明)。コレクターを全国5万カ所に導入することで、年間60億円の収入が得られるとしている。コレクターの設置者は、社会還元を意識する企業や自治体を想定しているようだ。ゴミ拾い特化 NPO の green bird が顧客獲得や全国展開を支援する。

【ロリポップ! マネージクラウド賞】Livey

人・時間・場所といった都合が合わなくなることで、習い事が続けられなくなる状況を、Livey は解決してくれる。当面は特に音楽の習い事に特化するようだ。スキルを持った人(音楽の先生)とレッスンを受けたい人(生徒)がユーザ登録、双方をマッチングすることで、生徒は、好きな先生、好きな場所、好きな時間にレッスンを受けられるようになる。

Livery では、先生と生徒が相互に評価することで、アーティストを発掘できる環境を作り出したいとしている。また、集まるデータを活用し、先生が入れるスクール(シェアスクールと呼んでいる)、どのような先生がどのような生徒に合うのかという分析に基づいた人材紹介サービス、スペースシェアリングサービスと連携した、自宅や教室以外の場所での音楽レッスン提供などを視野に入れる。

【PR TIMES 賞】TRIPIA

TRIPIA は、観光地のアクティビティを提供する事業者が、LINE で直接旅行者の質問や相談を受け付け、そのまま予約が可能なサービス。

旅行者にとっては、情報過多の状況下において、簡単に旅の相談に乗ってもらえる利便性があり、また、アクティビティ提供事業者にとっては、これまでの掲載型情報サイトで旅行者からの予約が入るのを待つことしかできなかったが、TRIPIA では、旅行者からの問い合わせに対し、事業者から旅行者にアプローチし、約2分間のやりとりで予約に結びつけることができる。

予約決済が入った際に TRIPIA が仲介手数料を徴収する形でマネタイズ。これまでに200人以上のユーザが登録していて、相談から予約に至るコンバージョンレートは35%を達成。現在は沖縄の一部エリアに限定してサービスを提供しており、約30社の事業者が200プランを掲載している。将来はアプリを開発し、旅行者起点の相談だけでなく、事業者起点の提案も行えるようにする考え。

【タイミー 賞】Global Fans

スポーツ観戦においては、プレーヤーの奮闘によりファンやサポーターは熱狂することができ、また、ファンやサポーターの応援により、プレーヤーは本領を発揮することができる。しかし、これが実現するのは両者が同じ場所にいる場合のみだ。ファンやサポーターが自宅観戦している場合、その場の熱狂をプレーヤーに伝えることはできないし、ゲームが当該チームのアウェイで開催されている場合、ファンやサポーターが少なくなるので応援の声は伝わりづらい。

Global Fans は、アプリを使うことでこの問題を解決しようというものだ。スマートフォンを振ることで、その熱狂をポイントいう形で伝えることができる。ファンの応援ポイントの合計はチーム対抗で競い合うことができる。ビジネスモデルについては検討中。

【FFG 賞】SHARESTORE

SHARESTORE は、企業間で学びを売買できるプラットフォーム。企業において新しいプロジェクトを始める際、それに関する必要なノウハウが社内に存在しないことは少なくない。この場合、企業は外部コンサルタントを雇う、社員が外部セミナーに参加する、ノウハウを持った人を社員採用する、なんとか今あるリソースで解決する、などの方法が考えられる。

外部コンサルタントの起用は高価であり、外部セミナーに社員が参加しても社内展開にコストがかかり、人材難の折にノウハウを持った人を社員採用するのは現実的ではなく、また、今あるリソースでの解決を試みると社員が疲弊し多大な時間を要する。そこでノウハウを持った企業から、そのノウハウを購入できるようにしたのが SHARESTORE だ。

競合サービスとなり得るスポットコンサルは、コンサルティングを担うのが個人であるため、金銭以外のインセンティブが働きにくい。一方、SHARESTORE では、ノウハウを提供するのが企業であるため、提供側は金銭的な見返り以外に、将来の見込客にできるかもしれない、などの付随的なインセンティブが働きやすい。SHARESTORE はノウハウ売買の成立時に、取引価格の25%を手数料として徴収する。

【西部ガス SG インキュベート賞】CLITCH

CLITCH は、ゲームプレーヤーが自分に合ったコミュニティを探せるプラットフォーム。コミュニティのメンバーのゲームプレイ時の動画を掲載することで、コミュニティの雰囲気を伝わりやすくし、ユーザは自分に合ったコミュニティを直感的に探すことができ、そこから参加申請を行うことができる。

インディゲームのデベロッパに API を提供し、CLITCH がインディゲームのプレーヤーのコミュニティ機能を提供することで、ユーザが集めたい考え。インディゲームのデベロッパにとっては、コミュニティの醸成が自社ゲームのユーザ増加・認知度向上に寄与することから、デベロッパと CLITCH の両方にとって win-win となる。

前回の TORYUMON 第5回の際には、Clipline というサービスで登壇していた。

以下はファイナリストに残りつつも、入賞とならなかったチーム。

  • Effidea by PlusUltra…飲食店では少しの工夫で作業効率を著しく上げられることがある。Effidea は、そのような工夫を店舗全体で共有することを狙ったプラットフォーム。マーケットプレイスでは、そのような工夫を出品し他店舗に購入してもらうこともできる。店舗内で工夫を共有できる目安箱機能は無料、マーケットプレイスでの工夫の売買機能は定額制の月1,000円で提供予定。
  • SHOQ…SHOQ は、ユーザのファッションスタイルに基づいた、店舗とのマッチングおよび O2O プラットフォーム。ユーザが選んだ自らのスタイルについての設定と、ファッション店舗の Web サイト上の記載内容を独自アルゴリズムで解析・マッチングし、ユーザのスタイルにあった店舗に誘導を図る。ボストンから開始され、現在、福岡でサービスを展開中。

F Ventures、5回目となる学生向け起業啓蒙イベント「TORYUMON」を福岡で開催——運転代行サービス最適化の「代行POOL」が優勝

SHARE:

福岡を拠点とするシード向けベンチャーキャピタルである F Ventures は16日、福岡市内で5回目となる学生向け起業啓蒙イベント「TORYUMON」を開催した。イベント終盤に開かれたピッチコンペティションでは8社が登壇、運転代行サービスを最適化する仕組みを提案した「代行 POOL」が優勝した。 以下、入賞チームを中心に紹介する。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーン…

福岡を拠点とするシード向けベンチャーキャピタルである F Ventures は16日、福岡市内で5回目となる学生向け起業啓蒙イベント「TORYUMON」を開催した。イベント終盤に開かれたピッチコンペティションでは8社が登壇、運転代行サービスを最適化する仕組みを提案した「代行 POOL」が優勝した。

以下、入賞チームを中心に紹介する。

【最優秀賞】【Monex Ventures 賞】代行 POOL

<副賞>

  • 東京のスタートアップイベントに参加できる権

運転代行事業者は、日本でも最も多いのが沖縄県、二番目に多いのが福岡県だ。運転代行では、お客の車の後ろを事業者の車が追走し、最低2人1組で行動するのが一般的な方法。代行 POOL では、1台の車が複数の運転代行運転手を送迎することで運用を効率化する。独自アルゴリズムにより、最も効率的なルートで運転手のアサイン、運転完了後のピックアップを実現。沖縄で実証実験を行い、待ち時間が1時間から10分に短縮できるメドがついているとのこと。

日本では配車アプリが禁止されており、それに代わるラストマイルアクセスのモビリティサービスの開発がにぎやかになりつつある。先ごろ Plug and Play Japan から輩出されたタクシーの相乗りの「nearMe.」や、Okinawa Startup Program から輩出された Alpaca.Lab の「運転代行プラットフォーム」などが記憶に新しい。

<19日16時追記> 「代行 POOL 」創業者の川西発之氏コメント

正しくは沖縄での実証実験は行っておりません。「待ち時間が1時間から10分に短縮」したのを確認したのは、あくまでコンピュータシミュレーション上での結果です。

【PR TIMES 賞】【ロリポップ賞】Locarip by Kation

<副賞>

  • ロリポップ! マネージドクラウド 1年間どれだけ使ってもいいよ!権
  • PR TIMES 半年間利用権

地域を訪れた人に、再びその地を訪れたくなる体験を届けることにフォーカスした「Locarip」。地域住民が旅行者に提供できるスキルを可視化、旅行者と住民をマッチングし、旅行者は住民に料金を払ってサービス提供してもらうことができる。土地の観光スポットではなく、そこに住む人にスポットライトを当てている点が興味深い。また、高齢化が進む地方を活性化させるメリットもある。

昨年6月にローンチし、広島県の江田島市と熊本県の菊池川流域でサービスを展開。すでに全国の8市町村から Locarip を導入したいとの引き合いが来ており、2023年には全国展開を目指す。

【F Ventures 賞】Traspy

<副賞>

  • 焼肉連れて行く権

Traspy は、旅程を検討し決めるのが面倒、という人のために、すでに旅したことがある人のプランを共有できるプラットフォーム。旅程の購入者と販売者をマッチングする。販売者にとっては、自身の体験をマネタイズでき、また、思い出を日記として残せるメリットがある。

【Alibaba Cloud 賞】【SYG賞】【FFG賞】Yobimori by nanoFreaks

<副賞>

  • Alibaba Cloud クレジット50万円分
  • SYG オフィスの1年間利用権
  • FFG ダイアゴナル福岡使用権

Yobimori は、漁師が転落した際に通知する IoT デバイスだ。漁師は常に生死の危険と隣り合わせの環境にある仕事だ。特に問題なのは、海中転落時にそれを周りに気づいてもらえない点。その結果、捜索にあたる海上保安庁に速やかに連絡が来ない、また、捜索に協力してくれる仲間の船も漁の休業を余儀なくされるなどの課題がある。

漁師が海中に転落すると、着衣(ライフベスト)に貼り付けられた IoT デバイスが外れ、海面に浮いた状態で警報を発する。携帯電話の 3G 電波を経由して、海上保安庁、漁協、船の他の乗組員などに位置情報と共に連絡が届く仕組み。沖合では電波が届かないが、少なくとも近海であれば 3G 電波が届くため、海中転落事故の救護措置を大幅に改善できるとしている。

以下はファイナリストに残りつつも、入賞とならなかったチーム。

  • Clipline…ゲームとゲームコミュニティをつなぐプラットフォーム。コミュニティのプレイ時の動画を掲載することで、コミュニティの雰囲気を伝わりやすくする。
  • Gamies…ゲームのプレーヤー同士をマッチングする Tinder。プレーヤー同士がのレベルが違っていたり、興味がズレていたりする課題を防止する。
  • Qrea…過敏性腸症候群に悩む人は公共の場で突然の便意に襲われ、トイレ探しに困ることが多い。Qrea は会員制モデルにより、公共の場にスマートロックで入室できる有料トイレのネットワークを作る。
  • Hueman…Facebook や Twitter を使う人が減っていると言われる若い学生らのための SNS。コミュニティ情報に特化、仲間づくり、社会貢献などに重点を置く。
  • Let’s Drink…簡単に飲み会の場所、人集めなどができるプラットフォーム。幹事の煩わしさが無いこと、また、特定のテーマに集まる人の飲み会を企画できるため、人材分野でのマネタイズも期待できるとしている。

福岡の起業支援団体TORYUMON、九州の大学生向けインキュベーションプログラム「TORYUMON STARTUP GATE」をローンチ

SHARE:

福岡を拠点とするスタートアップ向けファンド F Ventures のメンバーらをコアに、学生で構成される起業支援団体の TORYUMON 学生運営委員会は22日、九州の大学生向けインキュベーションプログラム「TORYUMON STARTUP GATE(略称:TSG)」をローンチすると発表した。 このプログラムは知識や経験が乏しいながらも起業の意思がある九州の大学生を対象に、アイディエーション、ユー…

福岡を拠点とするスタートアップ向けファンド F Ventures のメンバーらをコアに、学生で構成される起業支援団体の TORYUMON 学生運営委員会は22日、九州の大学生向けインキュベーションプログラム「TORYUMON STARTUP GATE(略称:TSG)」をローンチすると発表した。

このプログラムは知識や経験が乏しいながらも起業の意思がある九州の大学生を対象に、アイディエーション、ユーザバリデーション、プロトタイピング、ピッチ改善、資金調達など、起業やスタートアップ運営に必要な一連のプロセスを特別講座を通じてメンタリングするものだ。メンタリングには、Progate のプログラミング学習サービス「Progate」、グッドパッチのプロトタイピングツール「Prott」などが導入され、参加者は無償で利用することができる。

プログラムの初回は、2017年12月16日から3月17日までの3ヶ月間にわたり、福岡市天神地区で展開される予定。メンターには、五嶋一人氏(iSGS インベストメントワークス 代表パートナー)、田所雅之氏(Startup Science 著者)、栗島祐介氏(プロトスター CCO)、明石信之氏(フリークアウト・ホールディングス Lab管掌執行役員)、木村忠昭氏(アドライト 代表取締役)、春山慶彦氏(ヤマップ 代表取締役)、宮田昇始氏(SmartHR 代表取締役社長)、加藤將倫氏(Progate 代表取締役)、仲川英歩氏(Payme Biz Dev)らが名を連ねる。

TSG の運営主体は F Ventures ではなく TORYUMON 学生運営委員会であるが、F Ventures は今年4月に、起業家・投資家の予備軍を輩出するプログラム「スタートアップ投資部」をローンチしている。TORYUMON 学生運営委員会にはスタートアップ投資部のメンバーも在籍しているが、F Ventures は TSG の運営に直接関与せず、あくまで学生メンバーによる自主的な運営に委ねる方針のようだ。

第1回となる TSG への応募は本日から受付が開始され、締切は12月6日(水) 23:59まで。今回はインターネット関連サービス・アプリ、IoT 関連のサービスを検討中の個人やチームを対象としており、面談での審査を経て最終的に10組程度が選考される。