THE BRIDGE

タグ Tripid

車の相乗りプラットフォームのTripidがモバイルアプリを新たにローンチ

SHARE:

相乗りプラットフォームのTripidが新しいバージョンを発表した。iOSとAndroid向けのネイティブアプリも続いてリリースされる。さらに、ユーザは内蔵型の決済システムを利用できる。 交通手段は、生活にとって不可欠なものの一つだ。都市部、あるいは離れた郊外のどちらに住んでいようと、信頼できる通勤手段を町中に持つことが必要不可欠になる。特に、目的地に心地よくおしゃれに到着したい場合には重要だ。マニ…

Tripid top

相乗りプラットフォームのTripidが新しいバージョンを発表した。iOSとAndroid向けのネイティブアプリも続いてリリースされる。さらに、ユーザは内蔵型の決済システムを利用できる。

交通手段は、生活にとって不可欠なものの一つだ。都市部、あるいは離れた郊外のどちらに住んでいようと、信頼できる通勤手段を町中に持つことが必要不可欠になる。特に、目的地に心地よくおしゃれに到着したい場合には重要だ。マニラでは、ひどい交通渋滞(多くの場合、特に悪天候)によって、20分のドライブが地獄の2時間に変わる。渋滞を緩和できると私が思う方法の一つが、相乗りだ。これがまさに、現地のスタートアップTripidが行っていることなのだ。

以前行ったインタビューにおいて、Tripidの共同設立者兼CEOのMichael Ngo氏は、既存のリソース、すなわち自家用車の利用率を上げていくことを基本的に目指していると語っている。

ドライバーが一人だけで街の通りを行き来しているのをよく目にする。これはつまり、十分に車が活用されていないということを意味する。一方、通勤者たちはMRTやバス、ジープニーで他の乗客と空席の取り合いを強いられている。タクシーを利用できる人は利用すればいいが、現実を見ると、毎日職場の行き来にタクシーを利用するのは高くついてしまう。

Tripid

Tripidでは自家用車を相乗り・共有できるよう、車の所有者と通勤者とのマッチングを試みている。ドライバーは同乗してくる利用者に席を提供し、利用者はガソリン代としてわずかな額を支払うが、その額はタクシー代を払うよりは確実に安い。もちろん個人の車に乗るので、信頼ができ定期的に同乗できる相乗り仲間をもし見つけることが本当にできれば、より安全で楽しい道中になるという付加価値が付いてくる。

Tripidは、初めウェブ用のアプリケーションとしてローンチされ、スマートフォンやタブレットユーザにはウェブ版をモバイル用に最適化して提供していた。同社はこの最新版をローンチし、今ではAndroidやiOS向けのモバイルアプリに力を入れたことで、ユーザは関単にルートの作成や、出先でも相乗り予約ができるようになった。

Tripid Wallet

リリース初期のTripidでは、ドライバーと乗客の間で直接支払いのやり取りがされていた。しかし今回の再ローンチ版では決済システムが内蔵され、ユーザはもっと簡単に支払いのやり取りができるようになった。ユーザはアカウントに100、300、500、1000フィリピンペソ(それぞれ2.28、6.85、11.42、22.84米ドル)単位でトップアップ(チャージ)できる。

トップアップ決済にはPayPal、G-Cash、Dragonpayが利用できる。共同設立者のNgo氏はe27に対し、モバイルクレジットベースのシステム開発にも取り組んでおり、このシステムによって携帯電話料金やプリペイドクレジットでの支払いが可能になる、と話した。

現在直接支払いが奨励されていない一方で、ドライバーは自分のTripid Walletから簡単にPayPalアカウントへ自分の収入を払い戻すことができる。Ngo氏は、より便利にトップアップや払い戻しができるよう、お財布機能をモバイルアプリに組み込んでいる最中だと語る。

ここへ来て、Kickstart Venturesが支援するスタートアップの、相乗り収入から小さな利益を得るというビジネスモデルが結実した。需要と供給を一致させることで、ドライバー・乗客間の最適な自家用車の共有レベルを導くことになる、と言えるだろう。これが今のところ、Tripidを私のお気に入りの地元スタートアップに入れている理由だ。特に実利的で、実用的で、環境に優しいからこそ、好きなのだ。

ウェブサイトiTunes App StoreGoogle PlayでTripidをチェックしてみてほしい。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

ネットしながらの通勤と、交通関連ソーシャルアプリの隆盛

SHARE:

【原文】 通勤アプリは運転や通勤など様々な状況で発生する負担を軽減してくれる。アプリユーザは気分良く、リラックスして通勤できるようになる。 死と税金は別として、交通とは人生と切っても切り離せないものである。少なくとも毎日通勤や会議のために車を運転したり交通機関を利用したりする数百万人の人々にとっては。おそらくこれが交通関連スタートアップが人気を博している理由のひとつだろう。以前、それぞれ異なるター…

【原文】

通勤アプリは運転や通勤など様々な状況で発生する負担を軽減してくれる。アプリユーザは気分良く、リラックスして通勤できるようになる。

死と税金は別として、交通とは人生と切っても切り離せないものである。少なくとも毎日通勤や会議のために車を運転したり交通機関を利用したりする数百万人の人々にとっては。おそらくこれが交通関連スタートアップが人気を博している理由のひとつだろう。以前、それぞれ異なるターゲットユーザを抱えるフィリピンのMRTtrackrTripidなどのスタートアップについて記事で取り上げた。

どういうアプリかというと、MRTtrackrは渋滞や待ち時間情報を配信し、Metro Manilaのライトレール乗り換えによる通勤状況の緩和を狙いとしている。一方、Tripidは相乗り通勤の推奨により二酸化炭素排出量を抑える素晴らしいアプリだ。ドライバーは乗り合い者を受け入れることでガソリン代を稼ぐことができる。

過去記事を調査した結果、GoMyWayTaxiMongerSplit-it!App-a-cabシンガポールLTAの独自のモバイルアプリまで、それぞれの地域で成功したスタートアップや有望な交通関連スタートアップが多く見受けられた。毎日の通勤には何かが必要で、企業のデベロッパーたちはドライバーや通勤者の苦痛を和らげる方法を模索している。

最近のFast Company Co.Existの記事では、ネットにつながった状態で通勤することがどれだけストレスレベルを下げるかというNew Cities Foundationの研究に触れている。カリフォルニアで行われた研究では、クラウドソースの交通・ナビゲーションアプリWazeのユーザ10万人を対象に調査が行われた。

New Citiesの結果によると、アプリによって会員同志に一種のコミュニティ感が生まれたと言う。「chit chat(おしゃべり)」機能による会話の心情分析では、その大部分が肯定的なコメントだったことを示していた。

ドライバーと通勤者の違いはある。ドライバーはひとりで運転している寂しさを紛らわせることができるので、アプリによるつながりを好む傾向にある。一方、公共交通機関を利用する通勤者は電車、バスなどの交通機関内でコミュニティ感覚を大事にする傾向があり、ひとりで運転する人に比べて他の通勤者と関わろうとはしない。

調査はさらなる研究の必要性、モバイルアプリによる燃料と時間の節約、特に通勤時間の短縮と排出量の減少が環境にもたらす影響を説いている。

私がWazeアプリを初めて見つけたのは、iPhoneをiOS6にアップデートした時だった。新しいApple Mapsが大いに期待外れだったので、場所や行き方を検索するより良い方法を探さねばならなかった。

GoogleがiPhone用のGoogle Mapsアプリをリリースした今でもユーザのモバイルデバイスからの交通状況レポートによって行き方を計算、再計算してくれるWazeの密着性の方が気に入っている。

他のユーザが提供する交通情報も非常に便利だ。渋滞につかまっても、チャットでストレスが軽減する。(もちろんチャット機能を利用する人は乗客であるか、渋滞で車を停めている人で、車を走行中の人ではない。)

これはアプリデベロッパーやスタートアップ創設者にとって朗報である。交通渋滞を緩和するアプリを作るか、通勤を楽しくするアプリを開発すること。通勤者のストレスを緩和するだけでなく、化石燃料消費量を抑えて世界に貢献できるのだから。

【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------

[Startup Asia Jakarta 2012]東南アジアにおける交通渋滞の解決を目指す「Tripid」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 TripidのCEO、Michael Ngo Dee氏は、Startup Arenaのステージで、東南アジアに「固有の問題」である渋滞について話した。ジャカルタの渋滞は確かにひどい状態にある。Tripidはまだプライベートβ版だが、通勤者やドライバーをウェブや携帯電話でマッチングさせるという「安全な、コミュニティ主導の相乗りプラットフォーム」をつくることで、…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

TripidのCEO、Michael Ngo Dee氏は、Startup Arenaのステージで、東南アジアに「固有の問題」である渋滞について話した。ジャカルタの渋滞は確かにひどい状態にある。Tripidはまだプライベートβ版だが、通勤者やドライバーをウェブや携帯電話でマッチングさせるという「安全な、コミュニティ主導の相乗りプラットフォーム」をつくることで、この問題の解決に一役買おうとしている。

短いデモの最中に、「Sam」と「Mike」が登場した。Samは車の所有者で同乗者を、Mikeは信用できる安全な相乗り相手を探していた。Samは自分のブラウザを利用してTripid にサインインし、時間、費用、空席情報などとともに新しい走行ルートを追加入力できる。Mikeは自分の携帯電話を使って走行ルートを検索し、Samの走行ルートをチェックして予約することが可能だ。どちらのユーザも自分の信用度がサービス上で評価されている。走行終了後、「終了」ボタンを押すとSamの口座に入金があり、その後お互いを評価し合う。ソーシャルメディア上で閲覧可能な「走行チケット」なるものも発行される。

マニラ単体でみても、その交通市場は大きく規模にして1,500万米ドルもある。Tripidはこの市場のほんの少しだけを担い、様々な要素で人々が集えるようにしたいと考えている。例えば、レディーガガのファンがお互いを探し合い、一緒に乗車なんてことも考えられる。大きなチームを抱えるTripidは、現実的な問題の解決を目指す。マニラとインドネシア間では、両箇所の人間が交通渋滞で立ち往生し、生産性で推定60億米ドルの損失があるという。

審査員が懸念した問題点の一つに安全面がある。このようなビジネスでは、不祥事が一つでも起これば致命傷となる。また、利用者にとっては直接現金で支払う方が楽であるため、Tripidの支払いシステムを避ける可能性がある。つまり、Tripidの取り分をピンはねすることが考えられる。

安全面は、Tripidが最も心配している点だと答えた。コミュニティに助けが求められるように、いわゆる「非常ボタン」をアプリに搭載しているが、これで乗降者や運転手を危害や誘拐からどう守るかは不明だ。他の審査員は競合についても懸念を示したが、Tripidは同社のサービスが一番乗りでコミュニティを築きつつあると強調した。

6月8日と9日の2日間にわたって開催される私たちのスタートアップイベントStartup Asia Jakarta 2012の詳細はこちらで報告するので、引き続きチェックしてほしい。Twitterの@startupasia、我々のFacebookページ、もしくはGoogle+RSSでフォローが可能だ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------