BRIDGE

タグ transportation

車の相乗りプラットフォームのTripidがモバイルアプリを新たにローンチ

SHARE:

相乗りプラットフォームのTripidが新しいバージョンを発表した。iOSとAndroid向けのネイティブアプリも続いてリリースされる。さらに、ユーザは内蔵型の決済システムを利用できる。 交通手段は、生活にとって不可欠なものの一つだ。都市部、あるいは離れた郊外のどちらに住んでいようと、信頼できる通勤手段を町中に持つことが必要不可欠になる。特に、目的地に心地よくおしゃれに到着したい場合には重要だ。マニ…

Tripid top

相乗りプラットフォームのTripidが新しいバージョンを発表した。iOSとAndroid向けのネイティブアプリも続いてリリースされる。さらに、ユーザは内蔵型の決済システムを利用できる。

交通手段は、生活にとって不可欠なものの一つだ。都市部、あるいは離れた郊外のどちらに住んでいようと、信頼できる通勤手段を町中に持つことが必要不可欠になる。特に、目的地に心地よくおしゃれに到着したい場合には重要だ。マニラでは、ひどい交通渋滞(多くの場合、特に悪天候)によって、20分のドライブが地獄の2時間に変わる。渋滞を緩和できると私が思う方法の一つが、相乗りだ。これがまさに、現地のスタートアップTripidが行っていることなのだ。

以前行ったインタビューにおいて、Tripidの共同設立者兼CEOのMichael Ngo氏は、既存のリソース、すなわち自家用車の利用率を上げていくことを基本的に目指していると語っている。

ドライバーが一人だけで街の通りを行き来しているのをよく目にする。これはつまり、十分に車が活用されていないということを意味する。一方、通勤者たちはMRTやバス、ジープニーで他の乗客と空席の取り合いを強いられている。タクシーを利用できる人は利用すればいいが、現実を見ると、毎日職場の行き来にタクシーを利用するのは高くついてしまう。

Tripid

Tripidでは自家用車を相乗り・共有できるよう、車の所有者と通勤者とのマッチングを試みている。ドライバーは同乗してくる利用者に席を提供し、利用者はガソリン代としてわずかな額を支払うが、その額はタクシー代を払うよりは確実に安い。もちろん個人の車に乗るので、信頼ができ定期的に同乗できる相乗り仲間をもし見つけることが本当にできれば、より安全で楽しい道中になるという付加価値が付いてくる。

Tripidは、初めウェブ用のアプリケーションとしてローンチされ、スマートフォンやタブレットユーザにはウェブ版をモバイル用に最適化して提供していた。同社はこの最新版をローンチし、今ではAndroidやiOS向けのモバイルアプリに力を入れたことで、ユーザは関単にルートの作成や、出先でも相乗り予約ができるようになった。

Tripid Wallet

リリース初期のTripidでは、ドライバーと乗客の間で直接支払いのやり取りがされていた。しかし今回の再ローンチ版では決済システムが内蔵され、ユーザはもっと簡単に支払いのやり取りができるようになった。ユーザはアカウントに100、300、500、1000フィリピンペソ(それぞれ2.28、6.85、11.42、22.84米ドル)単位でトップアップ(チャージ)できる。

トップアップ決済にはPayPal、G-Cash、Dragonpayが利用できる。共同設立者のNgo氏はe27に対し、モバイルクレジットベースのシステム開発にも取り組んでおり、このシステムによって携帯電話料金やプリペイドクレジットでの支払いが可能になる、と話した。

現在直接支払いが奨励されていない一方で、ドライバーは自分のTripid Walletから簡単にPayPalアカウントへ自分の収入を払い戻すことができる。Ngo氏は、より便利にトップアップや払い戻しができるよう、お財布機能をモバイルアプリに組み込んでいる最中だと語る。

ここへ来て、Kickstart Venturesが支援するスタートアップの、相乗り収入から小さな利益を得るというビジネスモデルが結実した。需要と供給を一致させることで、ドライバー・乗客間の最適な自家用車の共有レベルを導くことになる、と言えるだろう。これが今のところ、Tripidを私のお気に入りの地元スタートアップに入れている理由だ。特に実利的で、実用的で、環境に優しいからこそ、好きなのだ。

ウェブサイトiTunes App StoreGoogle PlayでTripidをチェックしてみてほしい。

【via e27】 @E27sg

【原文】

フィリピンの通勤者・ドライバー必須のリアルタイム交通アプリ4選

SHARE:

フィリピンの交通事情は問題を多く抱えている。フィリピン当局は公共・民営の交通機関に対して何らかの規制を適用し、主要道路における渋滞の緩和に取り組んでいるところだ。 だがこの問題は解決に至っていない。そこで注目したいアプリの登場だ。これら4つのアプリは各交通機関の利用者や車のドライバーたちがマニラ首都圏の交通網を自由に移動できるよう一役買っている。 MMDA Traffic Navigtor The…

フィリピンの交通事情は問題を多く抱えている。フィリピン当局は公共・民営の交通機関に対して何らかの規制を適用し、主要道路における渋滞の緩和に取り組んでいるところだ。

だがこの問題は解決に至っていない。そこで注目したいアプリの登場だ。これら4つのアプリは各交通機関の利用者や車のドライバーたちがマニラ首都圏の交通網を自由に移動できるよう一役買っている。

MMDA Traffic Navigtor

MMDA Traffic Navigtor

The Metro Manila Development Authority(MMDA)は、首都の交通を管轄する政府機関だ。だから必要なときに交通状況を知らせるアプリを提供するのはもちろんのことだ。オンラインポータルニュースのInterAksyonと提携し、MMDA Traffic Navigatorを開発した。

2011年にローンチされた同アプリはAndroidおよびiOSで利用可能で、ユーザは首都圏の主要道路の交通状況にアクセスできる。システムビュー、ラインビューといった様々な表示があり、渋滞のレベルを軽度、中度、重度で示すインジケータも備えている。同アプリとは別に、交通状況をユーザが実況するMMDA Traffic Mirrorサイトも最近ローンチした。

Waze

Waze

Wazeは異なるアプローチで交通情報をお届けしている。クラウドソーシングを利用して情報を収集解析しているためこれはソーシャル交通アプリとしても知られている。休日の交通渋滞時にインドネシアでどのようにWazeが使用されたか以前記事で取り上げた。Wazeはフィリピンでもトラクションを獲得している。アプリ分析サイトDistimoによると、過去3ヶ月間のフィリピンで最もダウンロードされたアプリランキングにおいて同アプリが2位にランクインした。

Wazeはイスラエル拠点のスタートアップによって開発された。つい先日Mobile World Congress 2013で最高のモバイルアプリに選ばれた。これに伴い、Googleによりおよそ10億米ドルで買収された

TrafficDito

TrafficDito

TrafficDitoはiOSで利用可能なクラウドソーシング系のモバイルアプリであることからWazeと似ている。同アプリはフィリピン人開発者チームによって作られ、フィリピンの交通情報を提供することに特化している。私たちは以前、同アプリが2011年にiOS版をローンチした際どのようにして国内における交通渋滞に対処するのかを記事で取り上げた

他のアプリと同様、同アプリは地図上の道路に色を付けて、渋滞の状況を軽度、中度、重度の3段階で示している。この機能に加え、同アプリの開発者によると、フィリピン人はソーシャルメディアのサイトを通して渋滞状況を投稿することが多いという。

なので、アプリは利用者が渋滞状況を報告できる形式で作られ、「ストリーム」という共有の掲示板で情報を探し出せるようになっている。投稿されていく状況だけでなく、同アプリは情報源としてTwitterも利用しており、Twitterには3時間前までのフィリピンでの渋滞に関連するすべてのストリームが記載されている。

MRTtrackr

MRTtrackr

道路交通状況のガイドアプリ以外にMRTtrackrがある。2012年にローンチした電車の利用者を案内するAndroid向けアプリだ。フィリピンの首都にはMRT、LRT-1、そしてLRT-2の3本の路線がある。アプリはユーザに1番近い駅を案内し駅に到着すると知らせてくれる。また、次の電車が来るまでにかかる時間も教えてくれるのだ。

マニラの電車は日常的に大混雑している。シンガポールや香港よりも混雑度が高い。そこで同アプリは各停車駅の混雑状況のおおよその見当をつけてくれる。そのため同アプリはGoogle Global Android DevCamp ManilaのGlobe Choice Awardを2012年に受賞した。

もちろん、常に正確であるわけではないので複数のアプリからの情報を補い合うことで道路状況を大まかに把握することができる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

中国発バスアプリ「Pandabus(熊猫公交)」は、目的地に通じる可能ルートをすべて表示してくれる

SHARE:

私はバスより地下鉄が好きだ。座れる可能性が高いし、エアコンも壊れたりしない。そして乗車する際におばあさんにひじで小突かれることも少ないからだ。その上、バスを待つのはBeckettの芝居の中にいる気分になる。「何も起こらない。誰の行き来もない。最悪だ。」だが、Pandabus(熊猫公交)という見た目がクールなこの新たなアプリが、中国でバスに乗ることのわずらわしさを解消してくれる。 Pandabusア…

Pandabus-app-for-buses-in-China-01

私はバスより地下鉄が好きだ。座れる可能性が高いし、エアコンも壊れたりしない。そして乗車する際におばあさんにひじで小突かれることも少ないからだ。その上、バスを待つのはBeckettの芝居の中にいる気分になる。「何も起こらない。誰の行き来もない。最悪だ。」だが、Pandabus(熊猫公交)という見た目がクールなこの新たなアプリが、中国でバスに乗ることのわずらわしさを解消してくれる。

Pandabusアプリは、中国語もしくは英語で利用可能で(ただし地名とバス停は中国語表示となる)、携帯のGPSを利用して現在位置を特定しそのエリア内のバスをすべて探し出してくれる。バスの運行頻度も表示してくれるが、残念なことにリアルタイムでバスの位置を追うことはできないので、どのくらいバスを待てばいいのか目安を持っておいた方がよい。

iOS版で先行デビューしたPandabusは今週Android版をローンチした。地図を最大限に利用し、近隣のバス停を見つけてくれる。アプリ上の地図を使用して目的地にピンを立てることができ、Pandabusではそのエリアに通じる可能ルートをすべて表示してくれる。非常に素晴らしいので実際にバスに乗って試してみたいと思うほどだ。

ライバルのスタートアップ8684が示しているように、国の公共交通機関のアプリは金のなる木だ。ただし最終的にマネタイズする大きなプランがあればの話だが。Pandabusは今のところ何もない(広告でさえも)ので、どこかにこのようなクールなアプリを構築するだけのビジネスモデルが見つかればと思う。

PandabusアプリはiOS版もAndroid版も無料で入手できる。(もしくはAndroid版「.apk」ファイルはこちらから入手可能だ。)

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

Googleが開発中の自動運転車両は中国の交通事情に最適

SHARE:

【原文】 カッコイイもののファンなら当然しているように、私もGoogleの自動運転車の動向を細かくフォローしている。昨日、Forbes紙に掲載されていた、将来この車が流通するかについての記事を見つけた。記事を書いたChunka Muiは、その中で良い点を突いている:アメリカで広くこの車が法律的にそして物流的に広まることは難しいかもしれないが、ドライバー不要のこの車は中国においては最適だろう。 それ…

【原文】

china-google-car

カッコイイもののファンなら当然しているように、私もGoogleの自動運転車の動向を細かくフォローしている。昨日、Forbes紙に掲載されていた、将来この車が流通するかについての記事を見つけた。記事を書いたChunka Muiは、その中で良い点を突いている:アメリカで広くこの車が法律的にそして物流的に広まることは難しいかもしれないが、ドライバー不要のこの車は中国においては最適だろう。

それはなぜか?Muiはいくつか重要な点を指摘した。

  • ・中国ではアメリカより、事故や交通麻痺が高い確率で起きる。Googleの車はこれを飛躍的に改善することができるだろう。
  • ・政府は細かい道路を作ったり、信号や標識の取り付けたりするのに必要な費用を削減することができる。
  • ・中国はこのようなテクノロジーを戦略上、経済的に価値のあるものであると位置づけ、それらへの投資に興味を持っている。

これらの指摘は的を射ていて、個人的にはGoogleの自動運転車が中国、そして他のアジアの国にとって最適である理由は他にもいくつかあると考えている。

交通渋滞の緩和が期待できる

中国の多くの都市では、交通渋滞が非常に大きな問題であり、東南アジアの国々にも同様のことが言える。(私たちは昨年、ジャカルタで重い交通渋滞を経験した。)自動運転車があれば交通渋滞が完全になくなるということではないが、全ての車がコンピューターで制御されているのなら、それらは可能な限り交通渋滞を回避するし、効率的にルートを選択するであろうから、交通渋滞を緩和できることが期待できる。

ドライバー不要の車は交通渋滞からくるドライバーへのストレスを軽減することもできるだろう。車自体が交通渋滞を回避している間、ドライバーは運転に集中せず、ラップトップで仕事をしたり、テレビを見たりすることもできる。

ドライバーの教育も今後は問題にならない

中国で交通の問題が多いのは、多くのドライバーの運転経験が浅く、運転に対する養育水準が低いことが考えられる。あまりに多くの人が運転したいと思っているがために、多くのドライバー教育の課程は短い。

また、実践の課程では、実際に彼らが車を走らせる時に出くわさないような、行き止まりの道で徐行するだけの講習だったりする。自動運転の車はこのような問題を一気に解決する。ドライバーの教育そのものが必要なくなるのだから。

自動運転のタクシー?

これについては、Googleがまだ達成していないことだが、自動運転のタクシーを配置することも可能であるように思う。乗客はスマートフォンのアプリで一番近くにいるタクシーに信号を出し、迎えに来てもらう。そして、NFCやその他の位置情報テクノロジーを使用し、タクシーに乗り込む乗客が本当にスマートフォンのユーザーであるかを確認する。

これにより、ドライバーの偏見や運賃交渉の問題もなくなる。更に、ラッシュ時に起こる、どちらが先にタクシーを呼び止めたかといった乗客同士の小競り合いを防ぐことができる。効率性をあげるには、タクシーは乗客の目的地を事前にスキャンし、同じエリアに向かう乗客を複数人(割引価格で)乗せることもできるだろう。

もちろん、これらが実現しない理由もいくつかある。最大の点は、膨大な費用がかかることだ。中国政府は高速鉄道システムなどのハイテクなインフラ設備のプロジェクトへ多額の資金を投入することに前向きだが大規模な崩壊死亡事故を起こした手前、中国は自動運転車のシステムを導入する際にはいかなる手抜きもないようにしなければならない。

しかし、それにしてもこれは良いアイディアであると思うし、中国はGoogleのプロジェクトを注意深く検討すべきであると思う。数年先、このテクノロジーがもう少し安価になり、成熟すれば、政府はテストエリアとして小さい町で自動運転車を導入し、より広い範囲で実現可能か検討してみると良いかもしれない。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

シンガポールのドライバー向けアプリ「Summon Auntie」、新デザインでメッセージ機能も追加

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Replaid Pte Ltdの発表によれば、Summon Auntieのバージョン5は渋滞状況を確認できるようにするために、NotePlateと新しいGoogleマップを機能に追加した。 シンガポールのドライバーのほとんどが知っているアプリといえば、それは間違いなくSummon Auntieだ。このアプリは一体何だろうか?Replaid Pte Ltdによ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Replaid Pte Ltdの発表によれば、Summon Auntieのバージョン5は渋滞状況を確認できるようにするために、NotePlateと新しいGoogleマップを機能に追加した。

シンガポールのドライバーのほとんどが知っているアプリといえば、それは間違いなくSummon Auntieだ。このアプリは一体何だろうか?Replaid Pte Ltdによって開発されたアプリSummon Auntieは、ドライバーによるドライバーのためのコミュニティ型アプリである。

これは、パーキングチケットが有効かどうか、ドライバーや同乗者向けにリマインドするためのツールとして開発された。出先でユーザの車の近くにパーキングメーターの見回りが来ると、Summon Auntieは通知を送ってくる。おかげでユーザは自分のパーキングチケットがまだ有効かどうかを再確認し、厄介で高くつく役所からの呼び出しを避けることができるのだ。

Summon Auntieは昨年8月のシンガポール独立記念日のギフトとして全シンガポール人向けにリリースされ、この人気アプリを開発したReplaidはバージョン5をリリースした。デザインも一新されたが、今回のアップグレードの目玉はNotePlateとの連携だ。NotePlateもReplaidによって開発されたアプリで、車のナンバーを使ってどんなドライバーとも連絡を取ることができる。このメッセージアプリはシンガポール以外の20ヶ国でも使用可能だ。

NotePlateがSummon Auntieに組み込まれたことによって、何ができるようになったのだろうか? 道行く車に例えばタイヤがパンクしている、テールライトが壊れている等何か気づいたことがあるとすると、Summon Auntieアプリ内のNotePlateを通して、その車のナンバー宛てにメッセージを送ることができる。

「NotePlateはSummon Auntieに関連するアプリなので、特にシンガポールのドライバー向けに、これらのアプリが連携するようにしました。」とReplaidのSanjayは語った。

新たなデザインとNotePlateとの連携に加え、Summon Auntieの新バージョンは「My Traffic」機能も備えている。これはGoogleマップを使用し、渋滞状況を示すものだ。こうして新たな機能を備えたSummon Auntieは、間違いなくシンガポールでのドライブを一層楽しいものにし、ドライバーが役所からの高くつく呼び出しを受けることもなくなっていくだろう。

Replaid Pte. Ltd.について

ReplaidはiOSやAndroid向けプラットフォームのモバイルアプリケーションのデザインを手がけるスタートアップ。2010年12月に設立され、常に挑戦していく情熱と創造性を備えている。Spring Singapore の Yes!Startup Fundからの資金提供を受けている。

iOS、Android、iPad、その他各種ウェブサイト用の様々なアプリケーションをデザインしてきたReplaidは、素晴らしい品揃えを顧客に提供している。Replaidのプロジェクトは現実にある世界の様々な問題から生まれたものだ。

 

 

【via e27】 @E27sg