THE BRIDGE

タグ VanityTrove

Zalora Singaporeが化粧品定期購入ビジネスに参入、売上は寄付へ

SHARE:

ビューティボックスという形の化粧品定期購入サービスが現在勢いを増しているなかで、ファッションeコマースのZaloraが面白いひねりを効かせて同業界に参入している。それは、チャリティーとして販売するというのだ。女性による団体YWCA Singaporeとパートナーシップを結び、Zaloraのビューティボックス(別名beauty fix box)の売上は、YWCAのユースセンターと若い女性向けの新しい…

zalora-beauty-fix-box-site-720x461

ビューティボックスという形の化粧品定期購入サービスが現在勢いを増しているなかで、ファッションeコマースのZaloraが面白いひねりを効かせて同業界に参入している。それは、チャリティーとして販売するというのだ。女性による団体YWCA Singaporeとパートナーシップを結び、Zaloraのビューティボックス(別名beauty fix box)の売上は、YWCAのユースセンターと若い女性向けの新しいホステルに送られることになる。このホステルは、人種や宗教に関わらず恵まれない女性のための避難所だ。

YWCAユースセンターは13~18歳の子供たちを対象としているのに対し、この女性向けホステルは18~25歳までの女性で自立を目指している人の面倒を見ることを目指している。同ホステルは11月までに改装される予定だ。Rocket Internet が運営するZalora Singaporeは、この取り組みは企業にとって初の社会責任(CSR)プログラムであるとしている。

zalora-beauty-fix-box-350x295

すべての(写真右)ビューティボックスは25シンガポールドルで販売され、Zalora Singaporeは1商品につきかかってくる商品以外のコストについて、配送料を含めて負担するという。これは、この取り組みが本当にコミュニティ全体のためのものであるというメッセージを伝えるためだ。

もしこの取り組みがうまくいけば、Zaloraは化粧品定期購入ビジネスに将来本格的に参入することになるだろう。そうなればVanityTroveやBellaBoxのようなローカルの化粧品定期購入スタートアップにとって大きな痛手となる。

情報アップデート:Zaloraによれば、同社全体としてはビューティボックス定期購入サービスを拡張する予定はないそうだ。Zalora Singaporeチームはもしこのプロジェクトが成功すれば、ビューティボックスの形で行わないかもしれないがCSRプログラム自体は続けるとしている。

もし、何か社会の役に立ちたい、もしくは様々な化粧品サンプルでいっぱいのビューティボックスを楽しみたいなら試してみるといいだろう。送料無料のクーポンコード「ZBFB」もお忘れなく。


[1]これはZaloraのシンガポール支店が行った初めてのCSRプログラムであって、Zalora全社でという意味ではない。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

化粧品定期購入eコマースはアジアの次のトレンド?

SHARE:

女性は最も貪欲で影響力のあるオンライングループだということはよく知られている。女性はインターネットを男性よりも利用し、オンラインショッピングも大好きだ。とりわけアジアではそれが顕著だ。アジアの全ての国において、女性ウェブユーザはオンラインを利用したファッション購入者の60%以上を占めているという。そう、女性のオンラインでの支出ではファッションが大半を占めているわけだ。 こうしたデータから分かるよう…

beauty-subscription-commerce

女性は最も貪欲で影響力のあるオンライングループだということはよく知られている。女性はインターネットを男性よりも利用し、オンラインショッピングも大好きだ。とりわけアジアではそれが顕著だ。アジアの全ての国において、女性ウェブユーザはオンラインを利用したファッション購入者の60%以上を占めているという。そう、女性のオンラインでの支出ではファッションが大半を占めているわけだ。

こうしたデータから分かるように、ファッション関連のeコマースが一般に広まっていることは何も不思議なことではない。もう1つの新たなニッチ分野である化粧品定期購入もこれから伸びそうな気配である。

現在、韓国でeコマース化粧品定期購入サイトが増えている。韓国では、100万人以上のユーザ数を誇るMemeboxが20億米ドルもの利益を上げ、タイへの進出も計画している。シンガポールのVanityTroveがベトナムのGlamyboxや台湾のGlossyboxを買収したニュースも挙がり、インドネシア国内では、LolaboxとBeautyTreatsなどが新たなライバルVanityTroveと競合している。さらに、中国のMyLuxBoxには1万人以上の有料契約者がいる。言い換えると、化粧品定期購入は女性たちをターゲットにして巨大な地域トレンドになりつつあるのだ。

これらスタートアップが獲得したユーザが数万であることから、このトレンドは人々に浸透し始めたばかりであるが、投資家や起業家は強固なトレンドになりつつあるオンライン化粧品定期購入ビジネスに強い関心を抱いているのは確かだ。Memeboxが公表した収益や同様のビジネスモデルが海外でも存在することから考えると、オンライン化粧品定期購入は既に生活の一部として定着していくだろう。

なぜうまくいくのか?

明らかに、これはオンラインにおける女性コミュニティの結束が強いことを示している。だが、言ってしまえば定期購入というビジネスモデル自体の強さの表れでもある。ユーザは月々または年間を通じて化粧品に驚くほどお金をかけている。スタートアップは化粧品やスキンケア商品を提供するブランドからいくらかの前払い報酬を受け取っている。

つまり商品発見という価値を生み出しており、その価値を提供している間は、顧客のためにコストを削減することが可能というわけだ。このビジネスモデルはアジア圏以外のeコマース市場でも同様に受け入れられるだろうか?おもちゃや菓子類において、そのヒントを既に垣間見ることができる。現在、ありふれたeコマースはユーザにとって非常につまらないものとなってきており、差別化が可能という点で、ユニークなeコマースこそまさに求められているのだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールの化粧品定期購入サービスVanityTroveがGlamyboxを買収してベトナムに進出

SHARE:

シンガポールの化粧品定期購入サービスVanityTroveがGlamyboxというベトナムの同業会社を買収した。これによりVanityTroveは3億7200万米ドルというベトナム美容市場進出への足がかりを得る。買収条件は開示されていない。 資金調達の真っ只中であった2012年8月、同社の登録者数は約5000人、発送は1万5000回を超えた。合同チームは美容ブランドの需要に対応するために昨年は3人…

glamybox-590

シンガポールの化粧品定期購入サービスVanityTroveGlamyboxというベトナムの同業会社を買収した。これによりVanityTroveは3億7200万米ドルというベトナム美容市場進出への足がかりを得る。買収条件は開示されていない。

資金調達の真っ只中であった2012年8月、同社の登録者数は約5000人、発送は1万5000回を超えた。合同チームは美容ブランドの需要に対応するために昨年は3人だったスタッフを2013年1月に13人に増やした。同スタートアップの40人の従業員は5か国で働いている。そのうち登録者数上位3位は台湾、シンガポール、タイだ。

同社は今年に入って急速に成長しているが、これと並んでアジアでは化粧品定期購入型サービスの数が増え、Rocket InternetのGlossyboxは撤退した。現在、Samwer Brothersの手がけるスタートアップは日本、韓国、中国のアジア3大化粧品市場に注目している。

2月にVanityTroveは台湾のGlossyboxを買収し、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアの既存市場を拡大した。インドネシアにおける競争は同国生まれのBeautyTreatsと参入してきたLolaboxとの間で激化している。

化粧品定期購入型サービスのコンセプトはニューヨーク発のBirchBoxというスタートアップから生まれた。それ以降、ヨーロッパからアジアへと世界中に急速に広がっていった。 最新の情報によると、Birchboxの登録者数およそ10万人に対し、Glossyboxは20万人となっている。

【via SGE.io】 @SGEio

【原文】

----------[AD]----------

デザインに特化したeコマースサイトJooixがBeacon New Venturesから50万米ドルを獲得

SHARE:

最近、プロダクトを選りすぐって販売するeコマースサイトが現れ始めている。これらのサイトは「デザイン志向型」や「テイストの良い」プロダクトを提供している。つまり、これらのサービスは価格や量ではなく、取扱商品のセレクションの質で差別化を図っている。 シンガポールには、CuriousCatchとHipVanがあり、両サービスともに独立系デザイナーの作るプロダクトを販売して「クール」な要素を強調している。…

jooix

最近、プロダクトを選りすぐって販売するeコマースサイトが現れ始めている。これらのサイトは「デザイン志向型」や「テイストの良い」プロダクトを提供している。つまり、これらのサービスは価格や量ではなく、取扱商品のセレクションの質で差別化を図っている。

シンガポールには、CuriousCatchとHipVanがあり、両サービスともに独立系デザイナーの作るプロダクトを販売して「クール」な要素を強調している。また、VanityTroveとBellaboxなどの美容品定期購入サービスを展開するスタートアップも、自社が選りすぐったプロダクトをそれぞれの顧客に販売している。

今やそのグループにはJooixも加わっている。ブランディング&コミュニケーションの元エグゼキュティブAngeline Seow女史によって2011年の後半にローンチされたJooixは、主にライフスタイルのプロダクトやギフトを販売している。

同サービスが活気づいたのは、50万米ドルの資金をオーストラリアのプライベートエクイティ企業Beacon New Ventures(2012年創業)から獲得した時で、つい最近シンガポールにサービスを拡大した。資金獲得が決まったのは5週間におよぶ交渉の末のことだった。

Beacon New Venturesは、同社のクライアントが市場のギャップを見出し、市場参入戦略を構築する支援をしている。クライアントに投資することもある。Beacon New Venturesの共同設立者John Neal氏によると、Jooixはマーケティングにお金を費やしていないにもかかわらず、健全な利益を上げ、四半期ごとには多額の収益を上げているという。

Beacon New Venturesは、マーケティングキャンペーンでJooixを支援していく。そのキャンペーンにはポップアップストアの開店やデジタルマーケティングなどが含まれている。同スタートアップは、国境を越えてサービスを展開し、マレーシア、インドネシア、タイで顧客を獲得することを目指している。

アジアのeコマース企業は最近、Rocket Internetが運営するZaloraやLazadaなどの大手サービスからのプレッシャーを受けている。Zaloraは2600万米ドルの資金調達と年間換算の収益が米ドルで7桁台になることを発表したばかりだ。

eコマース市場は1つ以上の大手サービスが事業展開してもいいほど大きいので、これら小規模の競合サービスが成長する可能性に影響が及ぶこともあるかもしれない。アジアのスタートアップに出資するオプションについてさらに知りたい人はVentureDexにアクセスを。

【via SGE.io】 @SGEio

【原文】

----------[AD]----------