BRIDGE

タグ HipVan

シンガポールのデザイン特化のeコマース「Hipvan」が資金調達し、マレーシアに進出

SHARE:

内部情報によると、シンガポールを拠点とするデザイン志向型のeコマースサイト「Hipvan」が最近、エンジェルラウンドの資金調達を完了したようだ。 さらに、資金を手にしたHipvanは、マレーシアのドメインを獲得してマレーシア市場に正式参入し、マレーシアの「DSYR」とシンガポールの「Kwerkee」と直接対決することも分かった。 Hipvanの共同設立者Danny Tan氏は、同社がエンジェルラウ…

Hipvan

内部情報によると、シンガポールを拠点とするデザイン志向型のeコマースサイト「Hipvan」が最近、エンジェルラウンドの資金調達を完了したようだ。

さらに、資金を手にしたHipvanは、マレーシアのドメインを獲得してマレーシア市場に正式参入し、マレーシアの「DSYR」とシンガポールの「Kwerkee」と直接対決することも分かった。

Hipvanの共同設立者Danny Tan氏は、同社がエンジェルラウンドを完了したばかりであることは認めたものの、資金の調達額や投資家の名前については明らかにしなかった。また、同氏は同社の売上額についてのコメントも避けたが、注文件数は毎月倍増していると述べた。

現在、Hipvanには5人の正社員がいる。そして、シンガポールの拠点から最も近いという理由からマレーシアにサービスを拡大した。だが、Hipvanがサービスを拡大するのはマレーシアだけではないようだ。同サービスは2015年までに8~10か国に進出する予定のようだ。

関連情報としては、アメリカのデザイン志向型eコマースサイト「Fab」が最近、中国とおそらく日本に進出するために、1億5000万米ドルの資金を調達している。Fabは東南アジア市場への関心をまだ示していないが、同サービスが近い将来この地域に進出する計画をしていると知っても驚くことではないだろう。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

デザインに特化したeコマースサイトJooixがBeacon New Venturesから50万米ドルを獲得

SHARE:

最近、プロダクトを選りすぐって販売するeコマースサイトが現れ始めている。これらのサイトは「デザイン志向型」や「テイストの良い」プロダクトを提供している。つまり、これらのサービスは価格や量ではなく、取扱商品のセレクションの質で差別化を図っている。 シンガポールには、CuriousCatchとHipVanがあり、両サービスともに独立系デザイナーの作るプロダクトを販売して「クール」な要素を強調している。…

jooix

最近、プロダクトを選りすぐって販売するeコマースサイトが現れ始めている。これらのサイトは「デザイン志向型」や「テイストの良い」プロダクトを提供している。つまり、これらのサービスは価格や量ではなく、取扱商品のセレクションの質で差別化を図っている。

シンガポールには、CuriousCatchとHipVanがあり、両サービスともに独立系デザイナーの作るプロダクトを販売して「クール」な要素を強調している。また、VanityTroveとBellaboxなどの美容品定期購入サービスを展開するスタートアップも、自社が選りすぐったプロダクトをそれぞれの顧客に販売している。

今やそのグループにはJooixも加わっている。ブランディング&コミュニケーションの元エグゼキュティブAngeline Seow女史によって2011年の後半にローンチされたJooixは、主にライフスタイルのプロダクトやギフトを販売している。

同サービスが活気づいたのは、50万米ドルの資金をオーストラリアのプライベートエクイティ企業Beacon New Ventures(2012年創業)から獲得した時で、つい最近シンガポールにサービスを拡大した。資金獲得が決まったのは5週間におよぶ交渉の末のことだった。

Beacon New Venturesは、同社のクライアントが市場のギャップを見出し、市場参入戦略を構築する支援をしている。クライアントに投資することもある。Beacon New Venturesの共同設立者John Neal氏によると、Jooixはマーケティングにお金を費やしていないにもかかわらず、健全な利益を上げ、四半期ごとには多額の収益を上げているという。

Beacon New Venturesは、マーケティングキャンペーンでJooixを支援していく。そのキャンペーンにはポップアップストアの開店やデジタルマーケティングなどが含まれている。同スタートアップは、国境を越えてサービスを展開し、マレーシア、インドネシア、タイで顧客を獲得することを目指している。

アジアのeコマース企業は最近、Rocket Internetが運営するZaloraやLazadaなどの大手サービスからのプレッシャーを受けている。Zaloraは2600万米ドルの資金調達と年間換算の収益が米ドルで7桁台になることを発表したばかりだ。

eコマース市場は1つ以上の大手サービスが事業展開してもいいほど大きいので、これら小規模の競合サービスが成長する可能性に影響が及ぶこともあるかもしれない。アジアのスタートアップに出資するオプションについてさらに知りたい人はVentureDexにアクセスを。

【via SGE.io】 @SGEio

【原文】

デザインに特化したオンラインマーケットプレイスHipVanの共同設立者が語る事業と設立ストーリー

SHARE:

【原文】 先日、シリアルアントレプレナーのDanny Tan氏が、シンガポールと東南アジア市場をターゲットにデザインプロダクトを販売するオンラインストアHipVanをローンチすることを記事にした。 そして、Tan氏からのさらなる情報提供で、同スタートアップに、Kevin Vo氏以外にも、2人の共同設立者が加わったことが分かった。1人は、Rocket Internet SEAで働いていたShobhi…

【原文】

hipvan

先日、シリアルアントレプレナーのDanny Tan氏が、シンガポールと東南アジア市場をターゲットにデザインプロダクトを販売するオンラインストアHipVanをローンチすることを記事にした。

そして、Tan氏からのさらなる情報提供で、同スタートアップに、Kevin Vo氏以外にも、2人の共同設立者が加わったことが分かった。1人は、Rocket Internet SEAで働いていたShobhit Datta氏で、顧客の獲得とマーケティングを担当する。もう1人は、SMUを卒業しHome24での職歴を持つDeborah Wee氏で、企業との提携および商品企画を担っていく。

この新たな2人の共同設立者に加え、HipVan.comはBravo CompanyのEdwin Tan氏をクリエイティブディレクターとして任命した。近日に迫ったローンチを祝うため、同サービスは今、新規の招待ユーザに15シンガポールドルの割引券を提供している。この新しい企業を運営するチームに私たちが行ったインタビューの内容を以下に紹介しよう。

HipVanが提供する商品とは?

HipVanは、デザインを重視したオンラインマーケットプレイスで、デザインプロダクトを販売する。同サービスの目標は、シンガポールおよび世界中の一流ブランドそして独立系のデザイナーと協業し、良くデザインされたプロダクトをシンガポールと東南アジアの消費者に提供することだ。

Tan氏によると、デザインプロダクトとは、見た目が素晴らしいだけでなく、日々の生活を向上するために上手く機能するプロダクトとのことだ。これは一般的な説明だが、つまり、HipVanは家具からアート、ファッションアイテム、アクセサリー、食品まで、何でも紹介することができる。

「要するに、私たちの目標は、ストーリーのあるプロダクトを紹介することです。」

sneak

サービスのアイデアはどこから?

Tan氏は、同チームがこの業界に足を踏み入れた理由とそのアイデアがどこからきたのかも語ってくれた。

「シンガポールでは、ほとんどの人が同じようなアパートに住み、室内に必要なものを量産品を扱う家具屋から購入しています。私たちが着る衣類や使うものに対しても同じことです。人とは違うものを持つということに関して、私たちはあまりクリエイティブではないという認識があります。

本当のところは、シンガポールでユニークなデザインのプロダクトを手に入れようと思っても、なかなか見つからないということなのです。ですが、そういう商品がないというわけではありません。私たちは、本当に興味深くてユニークなプロダクトを販売している多くのブランドや独立系のデザイナーをシンガポールで発見しました。

そこで、私たちはこの地域の消費者にそれらのプロダクトを紹介し、彼らが購入しやすくするためのHipVan.comを始めようと決めたのです。」

名前の由来は?

Tan氏はさらに、e27にサービス名の由来とブランディングについて語ってくれた。

「『Hip』は70年代の『ヒッピー』や90年代の『ヒップスター』などという象徴的な世代を表した言葉の語源です。どの世代に属していようと、『hip』という言葉は私たちにとって、『ユニークでクリエイティブ、そして楽しい』ということを表しています。

私たちのプロダクトがそれを実証できることを目指すライフスタイルなのです。そして『van』という言葉を使ったのは、私たちが一緒に働くブランドや独立系のデザイナーのためのドライバーであるということを示す言葉が欲しかったからです。

私たちが目指しているのは、彼らに成功してもらうことで、私たちも成功するということなのです。ですから、この2つの言葉を合わせた『HipVan』は、ユニークなデザインプロダクトと私たちのチームおよび会社のコラボ的な特質を絶え間なく追求するということを示しています。」

HipVanのローンチが楽しみになってきた。HipVanチームは今、販売開始に向けて最終段階に入っている。顧客のサインアップは日増しに増えている。同プラットフォームのローンチは遅れるというよりも早くなるだろう。近日のローンチを祝って、HipVanは今、同サービスの新規招待ユーザに15シンガポールドルの割引券を配布している。さあ、HipVanにアクセスしてサインアップしよう。

【via e27】 @E27sg

Found元CEOのDanny Tan氏が、デザインに特化した新たなeコマーススタートアップHipVanを発表

SHARE:

【原文】 シリアルアントレプレナーのDanny Tan氏がテック業界の注目を最初に集めたのは、友達同士で集まりやパーティーを計画することのできるモバイルアプリ、Foundだった。同チームは2010年に行われた最初のEchelonスタートアップピッチのコンペで優勝し、500 StartupsのDave McClure氏から称讃され、Neoteny LabsやEast Ventures、その他のエンジ…

【原文】

hipvan-590

シリアルアントレプレナーのDanny Tan氏がテック業界の注目を最初に集めたのは、友達同士で集まりやパーティーを計画することのできるモバイルアプリ、Foundだった。同チームは2010年に行われた最初のEchelonスタートアップピッチのコンペで優勝し、500 StartupsのDave McClure氏から称讃され、Neoteny LabsやEast Ventures、その他のエンジェル投資家(名前は非公開)から50万米ドルの出資を受けた。

だが、その後、Foundに関する話はあまり聞いていない。Tan氏自身は冒険をして、Rocket Internetに入社し東南アジア地区のシニアプロダクトマネージャーを務めたり、シンガポールのスタートアップVikiでプロダクトディレクターとしても働いた。

そして、Tan氏は起業というゲームに正式に復帰し、同氏の新しいeコマーススタートアップHipVanを発表した。HipVanでは、家具、生活雑貨、食品、ファッション関連のデザイン商品を家庭やオフィス向けに販売していく。扱う商品は同社が選別し、小売価格から最高70%の割り引き価格で販売する。

同スタートアップは、3月中旬もしくは4月初旬にシンガポールでローンチされる。そして、Zalora Singaporeでソフトウェア開発のトップを務めていたKevin Vo氏もHipVanチームに参加している。Tan氏のRocket Internetでの経験が有効に活用されることは明らかだ。

デザインに特化したオンラインマーケットプレイスということは、同スタートアップは、eBayやAmazonのように全般的な商品を販売するのではなく、デザインの良い商品を彼らが独自に選ぶということだが、こういうビジネスアプローチはアジアでトレンドになりつつある。

ニューヨークのテック業界で名の知れたスタートアップに成長したオンラインストアFabに刺激されて、アジアのスタートアップはインディーデザイナーによって制作された商品にFabと同レベルの需要を生み出すことを目指している。

台湾にはPinkoiという企業があって、同社のサービスは一定の評価とトラクションを獲得している。そして、シンガポールには、Reebonzが運営するKwerkeeCuriousCatchがあり、両サービスはタイムサービスでファッションアイテムやガジェットのアクセサリ、家庭用品を販売している。

追記:Rocket Internetの元社員で同社退社後に独自の事業を始めたのはTan氏とVo氏だけではない。DailySocialは以前に、Food Pandaの元社員が設立した定期購入サービスを提供するスタートアップLolaboxについても紹介している。

【via SGE.io】 @SGEio