BRIDGE

タグ Zalora

Zalora Singaporeが化粧品定期購入ビジネスに参入、売上は寄付へ

SHARE:

ビューティボックスという形の化粧品定期購入サービスが現在勢いを増しているなかで、ファッションeコマースのZaloraが面白いひねりを効かせて同業界に参入している。それは、チャリティーとして販売するというのだ。女性による団体YWCA Singaporeとパートナーシップを結び、Zaloraのビューティボックス(別名beauty fix box)の売上は、YWCAのユースセンターと若い女性向けの新しい…

zalora-beauty-fix-box-site-720x461

ビューティボックスという形の化粧品定期購入サービスが現在勢いを増しているなかで、ファッションeコマースのZaloraが面白いひねりを効かせて同業界に参入している。それは、チャリティーとして販売するというのだ。女性による団体YWCA Singaporeとパートナーシップを結び、Zaloraのビューティボックス(別名beauty fix box)の売上は、YWCAのユースセンターと若い女性向けの新しいホステルに送られることになる。このホステルは、人種や宗教に関わらず恵まれない女性のための避難所だ。

YWCAユースセンターは13~18歳の子供たちを対象としているのに対し、この女性向けホステルは18~25歳までの女性で自立を目指している人の面倒を見ることを目指している。同ホステルは11月までに改装される予定だ。Rocket Internet が運営するZalora Singaporeは、この取り組みは企業にとって初の社会責任(CSR)プログラムであるとしている。

zalora-beauty-fix-box-350x295

すべての(写真右)ビューティボックスは25シンガポールドルで販売され、Zalora Singaporeは1商品につきかかってくる商品以外のコストについて、配送料を含めて負担するという。これは、この取り組みが本当にコミュニティ全体のためのものであるというメッセージを伝えるためだ。

もしこの取り組みがうまくいけば、Zaloraは化粧品定期購入ビジネスに将来本格的に参入することになるだろう。そうなればVanityTroveやBellaBoxのようなローカルの化粧品定期購入スタートアップにとって大きな痛手となる。

情報アップデート:Zaloraによれば、同社全体としてはビューティボックス定期購入サービスを拡張する予定はないそうだ。Zalora Singaporeチームはもしこのプロジェクトが成功すれば、ビューティボックスの形で行わないかもしれないがCSRプログラム自体は続けるとしている。

もし、何か社会の役に立ちたい、もしくは様々な化粧品サンプルでいっぱいのビューティボックスを楽しみたいなら試してみるといいだろう。送料無料のクーポンコード「ZBFB」もお忘れなく。


[1]これはZaloraのシンガポール支店が行った初めてのCSRプログラムであって、Zalora全社でという意味ではない。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

フィリピンで人気の現地eコマースサイト10選

SHARE:

アジアのeコマースは、市場に参入する企業と消費者のあいだに旋風を巻き起こしている。それはフィリピンでも例外ではない。初期に参入した企業の中には依然好調なプレーヤーもいれば、新規参入者に遅れをとってしまったものもある。消費にとってはこれからますます選択の幅が広がることになるだろう。 また、巨大化するこの市場に参入しようとしているスタートアップがフィリピンにもたくさんある。そこで、最も人気が高いと思わ…

アジアのeコマースは、市場に参入する企業と消費者のあいだに旋風を巻き起こしている。それはフィリピンでも例外ではない。初期に参入した企業の中には依然好調なプレーヤーもいれば、新規参入者に遅れをとってしまったものもある。消費にとってはこれからますます選択の幅が広がることになるだろう。

また、巨大化するこの市場に参入しようとしているスタートアップがフィリピンにもたくさんある。そこで、最も人気が高いと思われるフィリピンのECサイトを以下に紹介しよう。

1. Sulit.com.ph

sulit.com_.ph

Sulit.com.phはフィリピンのeコマース分野に最も早く参入した1社で、設立は2006年9月だ。Sulitはクラシファイド広告サイトで、メンバーは売りたいものがあれば何でも(新品あるいは中古)掲載することができ、買い手は売り手と直に取引を進める。設立してほぼ7年となる現在でもeコマース分野で先頭に立っている。

2013年3月のビジター数は1370万人、ページビュー数は2億8900万回であった。Sulitは、同社サイトの持つフィリピン人消費者の吸引力を背景に、SulitCarsやSulitRealEstateを立ち上げニッチ市場へ果敢に参入した。また、先週には自動車広告サイトのPinoy Auto Traderの買収を発表している。

2. Ayos Dito

ayosdito.ph_-720x345

2009年3月にローンチされたAyosDitoもまたクラシファイド広告サイトで、Sulitの最大の競合サービスだ。同様に、AyosDitoも買い手と売り手が商品を見つけて売買するためのプラットフォームである。AyosDitoは出版社のSingapore Press Holdingsとヨーロッパのオンラインクラシファイド広告会社Schibstedのジョイントベンチャーだ。Schibstedのアジアの姉妹サイトにはMudah.myとChotot.vnがある。

3. Lazada Philippines

Lazada

Rocket Internetが支援するLazadaは、2012年3月にフィリピンでローンチされた。総額1億米ドルを調達している。Lazadaの取り扱い商品は家電製品からガジェット、家庭・生活用品、衣類、アクセサリー類と多岐にわたっている。Lazada PhilippinesのFacebookページでは110万回の「いいね!」を達成している。また先月、Android版のモバイルアプリをリリースした。

4. Cebu Pacific

Cebu-Pacific-Air

フィリピンの航空会社Cebu Pacificは1988年にローンチされた。しかし本当に軌道に乗ったのは後の2005年に格安航空会社のビジネスモデルを採用してからだ。つまり、eチケットを割引価格で購入できるということだ。ただし、クレジットカードによるオンライン購入限定だ。

初めは国内便だけであったが、この戦略が軌道に乗ると割引価格での国際線の運行も開始した。Cebu Pacificはいち早く立ち上げられたフィリピン発eコマースプラットフォームの1つで、プロモーションや割引料金を提供することにより消費者に支持され続けている。

5. eBay Philippines

ebay

アメリカ発のeBayは2007年にフィリピンでのサービスをローンチしたが、その強さは依然衰えていない。Alexaのランキングによるとebay.phはフィリピンで訪問者数が74番目に多いサイトだ。またeBay Philippinesは2011年にKuponanを立ち上げ、日替わりクーポン購入分野へ参入した。

しかし、KuponanはいまだeBay.ph内のサービスに留まっている。そして最近eBayは、ユーザが世界中の売り手にさらに容易にアクセスできるようにするためフィリピン、マレーシア、シンガポールのサイトに新しいインターフェース導入した。

6. Zalora Philippines

zalora

Rocket Internetが支援するもう1つのeコマースサイトZaloraは2012年5月にローンチされた。同サイトが提供するファッションを中心とする商品には衣料品、靴、バッグなどがある。アジア8か国でサービスを展開するこのeコマーススタートアップは、今年行った直近の資金調達でドイツのTengelmann Venturesより総額2600万米ドルを獲得した。またZaloraは2014年にIPOを行う計画を発表した。

7. TipidPC

tipidpc

TipidPCはコンピューター、ラップトップ、その他関連部品に特化したクラシファイド広告プラットフォームだ。同サイトで販売されている商品は新品のPCやガジェットに限定されておらず、中古品やさらには不良品も掲載されている。買い手のほとんどはいわゆるPC愛好家(とくに予算があまりない)で、故障したコンピューターの修理ができるような人たちだ。

8. TipidCP

tipidpc

TipidCPは、TipidPC(上記)のパートナーサイトでこれもまたクラシファイド広告プラットフォームだ。しかし、同サイトはフィーチャーフォンやスマートフォンに特化している。掲載されている携帯電話は新品、中古両方だ。同サイトの典型的な広告主は、新品の携帯電話を割引価格で販売している小規模企業か、現在持っている携帯電話を売りたいあるいはサイトに掲載されている別の携帯電話と交換したい消費者だ。

9. HalloHalloMall

hallohallomall

HalloHalloMallは2012年4月にローンチされた。このプラットフォームでは、売り手が掲載する商品を買い手が決済ゲートウェイ経由で直接購入することができる。購入者にはHallo Halloポイントと呼ばれるボーナスポイントが与えられる。ポイントは他の商品の購入に使用できる。現在すでに5000以上のショップが登録されており、サイトに掲載されている広告数は20万件を超えている。

10. AliExpress

AliExpress

中国のeコマースサイトAliExpressはAlibaba Group会社の一部であるが、フィリピンでも勢いに乗っている。Alexaによるランキングでは、AliExpressはフィリピンのアクセス数ランキングの上位500にランクインされている。

つい最近AliExpressは小規模事業者がまとめ買いしたり、個人客が単品購入するための世界的eコマースプラットフォームとなるべくそのプラットフォームの再構築を実施した。現在、フィリピンで買い物した商品は中国の出店者から買い物客の住所へ直接配送される。

このリストが決定的あるいは科学的なものというわけではないが、役立つリソースになれば幸いだ。読者の皆さんがどのショッピングサイトがお気に入りか、その理由も含めてコメント欄で知らせてほしい。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

東南アジアのファッションコマースZaloraがセブンイレブンと提携し、現地の物流事情に対応

SHARE:

オンラインでファッション商品の販売を行うZaloraの事業の大部分をは、物流が担っている。だからこそ、物流をしっかりと整備することが特に重要だ。 残念ながら東南アジアでの物流サービスには、シンガポールを含めいまだバラつきがある。そのため多くのeコマース企業が商品を提供する手段として代金収納サービスに頼っている。 Zaloraはシンガポールでセブンイレブンの19店舗と提携し、フィリピンやインドネシア…

zalora-logoオンラインでファッション商品の販売を行うZaloraの事業の大部分をは、物流が担っている。だからこそ、物流をしっかりと整備することが特に重要だ。

残念ながら東南アジアでの物流サービスには、シンガポールを含めいまだバラつきがある。そのため多くのeコマース企業が商品を提供する手段として代金収納サービスに頼っている。

Zaloraはシンガポールでセブンイレブンの19店舗と提携し、フィリピンやインドネシアでは一般的になっている代金収納サービスの試験実施を開始した。同社が自社のマーケットでこうした試みを行ったのは初めてのことだ。

仕組みはこうだ。顧客は「代金収納(cash-on-collection)」か、あるいはオンライン決済を選択し、商品を自宅へ配達してもらうことができる。「代金収納」を選択した場合は次に希望のセブンイレブンの店舗を選ぶことができる。最終的に注文品が受け取れるようになると顧客にSMSが送られる。

Zaloraの広報担当者によると、この新しい取り組みは勤務時間が不規則だったり予期せぬ事情が発生するためスケジュールを予測するのか難しい働く人たちに理想的だという。またZaloraは顧客体験の全体を管理・把握するために自社の配送部門を設立する作業を進めていることころだ。

これは必要不可欠だと考えられている。多くの物流企業がシンガポールにありながらも、そのほとんどは大量の品物をさばくことに難を感じている。またこうした企業には、買い物客へのフレンドリーなサービスや正確性、信頼性、柔軟性を提供するという「顧客主導」の考え方もない。今のところZaloraシンガポールは、こうした点を全て一貫して実現できる企業を見極めることが困難だと感じているようだ。

このためZaloraは1億米ドルの資金調達を行ったところだ。この資金により同社はより柔軟な形で事業の強化を図ることができる。事業を十分な能力がないパートナーへアウトソースしたためにZaloraが打撃を受ける可能性もある。顧客はアウトソースした企業ではなくZaloraを非難する可能性が高いからだ。

サービスを提供する側の業者がZaloraの大量の商品に対応できない場合、自社内にその機能を構築することによって、少なくとも自社の運命を自社で決定付けるという選択肢を持つことができるだろう。

【via SGE.io】 @SGEio

【原文】

----------[AD]----------

eコマースプラットフォームZaloraが、シンガポールで1790万人の月間訪問者数を記録[インフォグラフィック]

SHARE:

Rocket Internetが支援する、シンガポールのeコマースプラットフォームZaloraが100万件の注文を記録したことを発表した。 アップデート:この掲載記事は数字の正確さを反映して情報更新をしている。 Zaloraはほとんどの人が知っているブランドだ。3月初め、私たちはZaloraのウェブサイトには1日に50万人以上がアクセスしていることを伝えたが、Zaloraが先ほど同社の注文件数が1…

zaloraRocket Internetが支援する、シンガポールのeコマースプラットフォームZaloraが100万件の注文を記録したことを発表した

アップデート:この掲載記事は数字の正確さを反映して情報更新をしている。

Zaloraはほとんどの人が知っているブランドだ。3月初め、私たちはZaloraのウェブサイトには1日に50万人以上がアクセスしていることを伝えたが、Zaloraが先ほど同社の注文件数が100万件を突破したと連絡してきた。

さらに、同社は興味深い統計を示すインフォグラフィックもリリースした。

  • 1. 現在の取扱商品数:化粧品6,218、ドレス8,687、パンプス6,930、男物シャツ7,714、腕時計417、スニーカー2,738
  • 2. Zaloraはシンガポール全域に、サッカー場が5つ入る広さの20,023平米の倉庫を保有
  • 3. 毎週Zaloraには23,375の新製品がアップロードされる
  • 4. Zaloraは今まで16,853の町へ注文された品を発送した
  • 5. Zaloraのウェブサイトには毎月1790万人の訪問者が訪れる

zalora

驚くべきトラクションを持つZaloraが、今では同地区におけるeコマース企業のトップブランドであることには間違いない。もちろん、このトラクションはドイツの小売大手Tengelmann Groupが最近注入した2000万ユーロ(2600万米ドル)の投資によって刺激されたものだ。

Zalora Taiwanの勢いが弱まり、シンガポールへ事業を移したが(おそらく台湾でのトラクションが良くなかったことが原因)、同社は今もアジア全体で良好なトラクションと関心を得ている。

6月4日から5日に開催されるアジア最大のテクノロジーカンファレンスの一つ、Echelon 2013でのeコマースに関するパネルでは、地域を取り巻く状況について議論される予定だ。スケジュールはこちらからチェックできる。

Echelon 2013に参加するスピーカー、スタートアップ、投資家についてのさらなる情報はこのサイトをアクセスしてほしい。10%割引でチケットを購入したければここをクリックしよう。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

ファッションコマース「Zalora」のiOSアプリが東南アジアでローンチ——5か国のアプリランキングで1位を記録

SHARE:

買い物が大好きな人とZaloraのファンにとって、さらに財布の紐が緩んでしまうようなニュースを紹介しよう。Zaloraが先日iOSアプリを正式にローンチし、今や外出中でも服や靴をオンラインで購入できるようになった。 Zaloraは現在、500以上のブランド商品1万5000アイテムをこの新しいiOSアプリに掲載している。ユーザはZaloraが提供する新アイテムやタイムセールに関するプッシュ通知を受け…

Zalora-App

買い物が大好きな人とZaloraのファンにとって、さらに財布の紐が緩んでしまうようなニュースを紹介しよう。Zaloraが先日iOSアプリを正式にローンチし、今や外出中でも服や靴をオンラインで購入できるようになった。

Zaloraは現在、500以上のブランド商品1万5000アイテムをこの新しいiOSアプリに掲載している。ユーザはZaloraが提供する新アイテムやタイムセールに関するプッシュ通知を受け取ることができ、支払いもクレジットカード、PayPal、代引きなどの複数の決済方法から選択できる。ユーザインターフェースは見た目も良く、iPhone 5向けに最適化もされている。

残念ながら、同アプリのAndroid版は、東南アジアにおけるAndroidユーザの増加にも関わらず、まだローンチされていない。 Zaloraによると、最初にiOSアプリを手掛けた理由は、同サービスをモバイル経由で利用する人の大半がiOSユーザだからだという。モバイルトラフィックが最も高い東南アジアにおいて、ZaloraのiOSユーザはAndroidユーザの2倍にも上る。

だが、もちろんZaloraは現在、ドイツのオフィスにAndroid版アプリを開発するよう提案をしている。BlackberryやWindowsなどのその他のプラットフォームは提案段階にも至っていない。

iOS版アプリのローンチを記念して、この新しいZaloraアプリで買い物をする人はアプリ内のクーポン券を使って20%のディスカウントを受けることができる。Zaloraによると、同アプリはリリース後、シンガポール、マレーシア、香港、インドネシア、ベトナムの5か国において、ライフスタイルアプリのランキングで第1位になっていた。

電車やバスの待ち時間にショッピングをしたい人は、ぜひこのアプリ(ダウンロードはこちら)を試してみて。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

ファッションコマースのZaloraが2000万ユーロの資金を調達、シンガポールでソフトウェア開発センターも建設開始

SHARE:

Rocket Internetが手がけるファッションアイテム販売サイトのZaloraが、ヨーロッパ大手小売業者のTengelmannから2000万ユーロという多額の資金を獲得したことを発表した。さらに同社は、同地域のソフトウェア開発センターをシンガポールに建設し始めたことも合わせて発表。 Tengelemann Groupは以前にも、Rocket Internetのベンチャー2社、つまり東南アジア…

zalora

Rocket Internetが手がけるファッションアイテム販売サイトのZaloraが、ヨーロッパ大手小売業者のTengelmannから2000万ユーロという多額の資金を獲得したことを発表した。さらに同社は、同地域のソフトウェア開発センターをシンガポールに建設し始めたことも合わせて発表。

Tengelemann Groupは以前にも、Rocket Internetのベンチャー2社、つまり東南アジアのLazadaと、ラテンアメリカで展開されているAmazonのクローンサービスLinioに投資しており、今年の1月と2月に各社へ最大2000万米ドルを注入した。

これによって、Tenglemann GroupはRocket Internetにとって実績の多い投資パートナーとなり、Rocket Internetの主要な投資家としてJP Morganに加わった。さらにZaloraは、Investment AB KinnevikやSummit Partnersらからも資金を調達したことを発表している(調達額は非公開)。

Tenglemann VenturesのCEO、Christian Vinter氏は、

「Zaloraチームの事業に参画することを非常に嬉しく思います。私たちが小売業界に持っている強みとアジアのeコマース市場に莫大な可能性があることを考えると、今回の取り組みはシナジー効果をもたらす前途有望な提携であると確信しています。」

と語った。

Zaloraの東南アジアのリージョナルマネージングディレクターMichele Ferrario氏は、

「Tenglemann社が小売業界と特にeコマース業界に持つ長く優れた経験は、当社がファッションと美容のeコマース小売サイトのリーダーとしてポジションを固める上で、Zaloraにとって非常に役立つものとなるでしょう。」

と述べた。

Zaloraがシンガポールにソフトウェア開発センターを築くと決めた理由は、同国は人材豊富で、質の高いコンピューターサイエンス部門を持つ一流大学があり、全国に多くの科学技術専門学校があるからだそうだ。

【via DailySocial】 @DailySocial

【原文】

----------[AD]----------

ファッションeコマースのZalora Indonesia、1日1,000件の売上増を目指してモバイルを活用

SHARE:

【原文】 ファッションeコマースサイトZalora Indonesiaは、2月24日にサービスローンチ1周年を記念して、顧客に販売キャンペーンを開催した。Rocket Internetのポートフォリオ企業である同社は、この記念日を利用していくつかのデータを公開し、新たなウェブインターフェースやモバイルアプリなど、同社の今後のサービス展開について説明をした。 この1年、Zalora Indonesi…

【原文】

zalora

ファッションeコマースサイトZalora Indonesiaは、2月24日にサービスローンチ1周年を記念して、顧客に販売キャンペーンを開催した。Rocket Internetのポートフォリオ企業である同社は、この記念日を利用していくつかのデータを公開し、新たなウェブインターフェースやモバイルアプリなど、同社の今後のサービス展開について説明をした。

この1年、Zalora Indonesiaは同ウェブサイトへのトラフィックを獲得するために多額の資金を費やした。発表によると、現在、同サービスには1日に平均15万人のユーザがアクセスし、毎日およそ1000~1500件の販売実績を上げているという。同サイトは今や、500種類のブランドを扱い、2万7000点以上の衣類およびファッションアイテムを提供している。これらすべての数字を達成するために働いているスタッフの数はおよそ200人だ。

2月の日曜日に行われた販売セールについて、同社はすべてのアイテムを2割引するという時間限定のミッドナイトセール(日曜日:午前12時から午前1時、月曜:午後11時から午前12時)を約束していた。その他には、最低購入額の設定がないキャッシュバック企画や、顧客への特典プログラムも提供し始める予定だ。

また、新たなウェブインターフェースを3月にローンチし、iPhone、Android、Blackberry用のモバイルアプリを4~5月の間にリリースする予定だ。さらに、即日配達サービスも100都市に拡大する計画をしている。

どうやら、モバイルコマース業界に目を向け始めるeコマース企業がますます増えているようだ。ちょうど今週、LojaiとTokoBagusの2社がモバイルショッピング用にAndroid版アプリをローンチしている。東南アジア全域のすべてのZaloraネットワークも2月にモバイルサイトを開始した。

Zalora Philippinesも2月に、ローンチ1周年を記念して販売イベントを実施した。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------