BRIDGE

タグ eBay

買取モール運営のウリドキネット、「eBay.com」運営と業務提携——中古品の海外実勢価格を提供、買取店の査定時価格適正化を支援

SHARE:

買取モール「ウリドキ」を運営するウリドキネットと国際オンラインマーケットプレイス「eBay.com」を運営する日本法人イーベイ・ジャパン(eBay と略す)は26日、都内で記者会見を開き業務提携を締結したと発表した。ITを活用したリユース市場における C2B 事業を促進するウリドキネットと、B2C 事業を運営し日本から海外への販売の60%が中古品を占める eBay が手を組むことで相互補完を図る。…

左から:ウリドキネット 代表取締役 木暮康雄氏、イーベイ・ジャパン ビジネス開発部部長 岡田朋子氏
Image credit: Masaru Ikeda

買取モール「ウリドキ」を運営するウリドキネットと国際オンラインマーケットプレイス「eBay.com」を運営する日本法人イーベイ・ジャパン(eBay と略す)は26日、都内で記者会見を開き業務提携を締結したと発表した。ITを活用したリユース市場における C2B 事業を促進するウリドキネットと、B2C 事業を運営し日本から海外への販売の60%が中古品を占める eBay が手を組むことで相互補完を図る。今回の業務提携を通じて、ウリドキネットは eBay が持つ海外実勢価格を入手できるようになり、ウリドキに登録している買取店にその価格を参考にできるサービスを今日から開始する。

イーベイ・ジャパン ビジネス開発部部長 岡田朋子氏の説明によれば、古物商免許の制度や鑑定士による真贋判定など日本の中古市場は成熟しており、日本発の中古品は状態が良く偽物が少ないため、世界的に見ても評価が高いのだそうだ。eBay から販売される日本発の出品は、売上金額ベースで中古品が6割を占める。日本のセラーから出品された商品は海外にも販売されており、北米向け約57%、ヨーロッパ向け約18%、アジア向け約16%に上る。世界から求められる中古品は、主にハイブランド中古商材、世界に知られている日本メーカーの商材、オタクなど日本特有のカルチャー商材などだ。

買取店の画面に表示された「海外実勢価格」の事例を説明する木暮氏
Image credit: Masaru Ikeda

中古品によっては、国内に流通させるよりも海外に流通させた方が高額で取引される場合があるため、ウリドキに出店している約3,000店舗の買取店は、eBay から提供された商品毎の海外実勢価格を参考にして、売主に査定時の買取価格を提示できるようになる。海外流通の可能性が生まれることで、中古品の売主にとっても買取店にとっても、取引がより高額になる可能性も期待できる。

ウリドキネット 代表取締役 木暮康雄氏によれば、海外実勢価格の提供機能を買取店向けにスマートフォン、カメラ、高級腕時計、ブランドバッグの4つのカテゴリから着手し、将来には買取店が簡単な操作で eBay に出品できるような仕組みも構想しているとのことだった。

eBay.com とウリドキの連携内容について
Image credit: Masaru Ikeda

ウリドキネットは、ウリドキを2013年12月にローンチしており(当初は買取価格比較サイトとしてβ運用、2016年8月に買取モールにピボットし正式サービスに移行)、β運用の期間を含めると約5年半の歴史を持つ。買取会社各社との広範なネットワークを武器に、リアルタイム相場を反映した価格の鮮度や価格数(買取価格を提示できる商品バリエーションの多さ)に自信を見せる。直近では今年2月にはエルテス(東証:3967)、ディップ(東証:2379)、東急不動産ホールディングス(東証:3289)から約1億5,000万円を調達している。

----------[AD]----------

eBay、日本のECプラットフォーム「Qoo10.jp」を買収へ

SHARE:

eBay は、中国・香港・インドネシア・マレーシア・シンガポール・日本など多数のアジア市場で e コマースプラットフォーム「Qoo10」を運営するシンガポール法人 Giosis の日本部門を買収段階にあることを確認した。 Giosis は eBay とのジョイントベンチャーで、2010年に eBay が Giosis に出資をしている。Giosis 日本部門の買収の一環として、eBay は他市場の…

Qoo10.jp(Giosis)
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

eBay は、中国・香港・インドネシア・マレーシア・シンガポール・日本など多数のアジア市場で e コマースプラットフォーム「Qoo10」を運営するシンガポール法人 Giosis の日本部門を買収段階にあることを確認した

Giosis は eBay とのジョイントベンチャーで、2010年に eBay が Giosis に出資をしている。Giosis 日本部門の買収の一環として、eBay は他市場の Giosis 事業の株式を手放すことになるだろうと説明している。両社とも今回の買収金額について正式には確認していないものの、Bloomberg は今週初め、目前の買収が約7億米ドルで行われると伝えた。買収は2018年上半期に完了する見込みだ。

eBay によるアジア市場進出は初めての試みではなく、これまでには、2009年に韓国のオンラインオークションサイト Gmarket を10億米ドル以上で買収したほか、昨年にはインドのオンライン小売大手 Flipkart が eBay から5億米ドルの出資を受け、eBay は Flipkart にインド事業を売却した。

アジア市場でオーガニックに成長することは、アメリカの e コマース企業にとっては険しい道のりかもしれない。そこで、eBay は買収を通じてアジアの成長を目指し続けているわけだ。Qoo10.jp は現在約200万人のユーザのみとされるが、一方、同業の楽天はオンラインモールなど多岐にわたるサービスを運営しており、それら全体では9,000万人の登録ユーザがいるとされる。

eBay の社長で CEO の David Wenig 氏は、次のように語っている。

Giosis 日本事業の買収は、世界最大の eコマース市場の一つである日本において、eBay の足跡を大幅に拡大するでしょう。

Qoo10.jp の強みを活用することで、我々は日本の消費者に対して、より多くの世界中からの在庫を提供できるようになります。Qoo10.jp を通じて、我々は、新たな人々を迎え増加を続けるユーザにサービスが提供できるようになり、強力な e コマースの可能性と高いモバイル普及率を誇るダイナミックで未踏の市場において、我々のプレゼンスを広げることができるでしょう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

eBayがイスラエルの予測分析スタートアップ SalesPredict を買収、機械学習技術の向上を目指す

SHARE:

eBayは、予測分析スタートアップの SalesPredictを買収する予定であることを発表した。「人工知能、機械学習、データサイエンスの取り組み」を改善するための動きだ。 買収額などの詳細は明かされていないものの、SalesPredictの不特定数の社員がeBayのチームに加わり、イスラエルのネタニヤの開発センターから仕事をするという。 eBayに加わる同社社員には、SalesPredictのC…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Mike Knell“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

eBayは、予測分析スタートアップの SalesPredict買収する予定であることを発表した。「人工知能、機械学習、データサイエンスの取り組み」を改善するための動きだ。

買収額などの詳細は明かされていないものの、SalesPredictの不特定数の社員がeBayのチームに加わり、イスラエルのネタニヤの開発センターから仕事をするという。

eBayに加わる同社社員には、SalesPredictのCEOのYaron Zakai-Or氏(技術面のプロダクトマネジメントのディレクターを務める予定)とCTOでイスラエルのeBayのチーフサイエンティストとデータサイエンス部のディレクターに指名されたKira Radinsky氏も含まれる。

2012年に創業したSalesPredictは、分析を通して事業の収益を伸ばす手伝いをすることに特化している。理想的な将来見込みを特定して、顧客のコンバージョンを改善するための分析だ。

eBayは、今回の決定は、オンラインのマーケットプレイスで何かを買いたいと考えている人々にしっかりリーチするための方法を、より洗練された方法で理解できるようになるための同社の取り組みを表していると述べている。5月にはAIスタートアップのExpertMakerを買収したが、同様の動きだ。

公式発表において、Zakai-Or氏はeBayの一部になることについて「eBayの販売者が製品の価値についてより詳細な情報を得られるようにし、最終的に顧客の売り上げのコンバージョンが上がることを目指します」と説明する。

eBayはより体系化されたデータの取り組みを推し進めている。この取り組みには、データを収集し、分析し、データの価値を上げること、そしてプロダクトエクスペリエンスをつくることが関わることが気付かされる。SalesPredictの買収は、この戦略的な取り組みの後者の部分に関わるものだろう。

SalesPredictはこれまで510万ドルを調達しており、Yandex、RSL Venture Partners、KGC Capital、Pitango Venture Capitalなどが投資家として参加している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

eBay、世界最大の美術品オークションハウスのサザビーズのページを開設し、4月1日ライブストリーミングを行う

SHARE:

<ピックアップ>eBay Launches Sotheby’s Live Auction Page Ahead of April 1 Debut | Re/code インターネット販売やオークションの先駆けのeBayが、面白い取り組みをスタートさせるようです。世界最古の国際競売会社で、ネット上でオークションを開催した美術品オークションハウスのサザビーズが、今年の4月1日にオークションに…

SothebyLiveAuctionsEvents   eBay

<ピックアップ>eBay Launches Sotheby’s Live Auction Page Ahead of April 1 Debut | Re/code

インターネット販売やオークションの先駆けのeBayが、面白い取り組みをスタートさせるようです。世界最古の国際競売会社で、ネット上でオークションを開催した美術品オークションハウスのサザビーズが、今年の4月1日にオークションに、eBay上でネットオークションができる取り組みをスタートするようです。すでに、eBay上のページは存在していて、出品予定のものも一部公開されています。

しかも、ライブアクションができるということで、ネットを通じてサザビーズのオークションを閲覧し、その場でオークションに参加して美術品の競売に参加できるというもの。ネットオークションだけでなく、ライブストリーミング配信を通じてリアルタイムに競売に参加し、かつ、高額な美術品を落札できるというもの。NYの現地に行かなければ落札できなかったかつては美術品のオークションは閉じられた一部の人たちだけのもの、というイメージから、次第にデジタル化などによってオープンになっているのかもしれません。

日本でも、リアルタイムのオークション参加というものが、いずれ出てくるかもしれませんね。

via The Verge

----------[AD]----------

【追記あり】チケットストリートが米eBayほかから3億円の資金調達

SHARE:

8月8日追記:チケットストリート代表取締役会長の西山圭氏からコメントが届いたので追記する。 元々StubHubのモデルは創業当時から意識していましたが、「これは提携できる可能性がある」と感じたのは、「大手チケット売買サイト「StubHub」、日本進出を計画中」という記事がきっかけでした。また、グリーベンチャーズの国際的な知見・経験と終始一貫した投資スタンスも日米での同時出資というスタートアップでは…

チケットストリート|簡単・安心のチケット売買

8月8日追記:チケットストリート代表取締役会長の西山圭氏からコメントが届いたので追記する。

元々StubHubのモデルは創業当時から意識していましたが、「これは提携できる可能性がある」と感じたのは、「大手チケット売買サイト「StubHub」、日本進出を計画中」という記事がきっかけでした。また、グリーベンチャーズの国際的な知見・経験と終始一貫した投資スタンスも日米での同時出資というスタートアップでは前例のないファイナンスにあっては、欠かせないポイントでした。

チケット二次流通という市場自体が日本では未開拓で、米国ではこの10年間で急速に発展し現在では一次市場の30-35%の規模がありますが、日本では6%程度です。「ネットダフ屋」などのネガティブなイメージを脱し、健全な二次流通の市場を日本で拡げていくチャンスだと考えています。

チケットの二次流通を取り扱うチケットストリートは8月6日、米マーケットプレース大手のeBayおよびグリーベンチャーズから資金調達を実施した。日経が報じたもので、調達金額は3億円。

eBayはやはりチケットの二次流通大手、StubHubを子会社に持っており、報道ではチケットストリートとの業務提携も実施、秋を目処に米国の大リーグやプロバスケットなどのチケットを日本国内から購入できるようにする、としている。

チケットストリートは元々個人のエンジニアが始めた小さなサービスを2011年8月に法人化。2012年にインキュベイトファンド、2013年3月には三菱UFJキャピタルとみずほキャピタルに第三者割当増資を実施し、7500万円を調達している。また、今年に入ってからはオンラインマーケットプレース各社との提携を進めており、モバオク、ヤフオク!、じげんの運営する「チケットチェキットex」などとの二次流通チケット商品のデータ連携を実施していた。

以前の取材で国内のチケット販売市場規模を概算したことがあったが、大きくスポーツ、演劇、音楽、イベントの入場料収入がその対象にあたり、それぞれ分散している売上規模を合算すると国内だけで約5000億円規模(※)という数字がみえていた。今回の出資、業務提携でこのアッパーサイドがさらに上がることになる。

<参考記事> 国内スタートアップが仕掛けるチケットビジネスの変革

本件についてチケットストリート側からのコメントが取れたら追記したい。

----------[AD]----------

フラッシュセールの「LivingSocial」CEOにeBayのGMであるGautam Thaker氏が就任

SHARE:

<Pick Up> LivingSocial nabs Gautam Thakar from eBay as new CEO フラッシュセール サービスの「LivingSocial」の名前を聞いたことが久々すぎる感じだけれど、トップが交代した模様。eBayのゼネラルマネージャーだったGautam Thaker氏を新たにCEOに迎えたそう。 一世を風靡したフラッシュセールの勢いには201…

LivingSocial-Logo

<Pick Up> LivingSocial nabs Gautam Thakar from eBay as new CEO

フラッシュセール サービスの「LivingSocial」の名前を聞いたことが久々すぎる感じだけれど、トップが交代した模様。eBayのゼネラルマネージャーだったGautam Thaker氏を新たにCEOに迎えたそう。

一世を風靡したフラッシュセールの勢いには2012年にはかげりが見え、同年末にLivingSocialは従業員10%をカットしてる。2013年10月時点の評価額は、4840万ドルに留まった。

勢いがあるサービスのCEOに就任するプレッシャーもあるだろうけれど、後退気味のサービスのそれのほうがよっぽどプレッシャーが大きそう。どう立て直すのか。お手並み拝見。

via. VentureBeat 【Google翻訳

----------[AD]----------

フィリピンで人気の現地eコマースサイト10選

SHARE:

アジアのeコマースは、市場に参入する企業と消費者のあいだに旋風を巻き起こしている。それはフィリピンでも例外ではない。初期に参入した企業の中には依然好調なプレーヤーもいれば、新規参入者に遅れをとってしまったものもある。消費にとってはこれからますます選択の幅が広がることになるだろう。 また、巨大化するこの市場に参入しようとしているスタートアップがフィリピンにもたくさんある。そこで、最も人気が高いと思わ…

アジアのeコマースは、市場に参入する企業と消費者のあいだに旋風を巻き起こしている。それはフィリピンでも例外ではない。初期に参入した企業の中には依然好調なプレーヤーもいれば、新規参入者に遅れをとってしまったものもある。消費にとってはこれからますます選択の幅が広がることになるだろう。

また、巨大化するこの市場に参入しようとしているスタートアップがフィリピンにもたくさんある。そこで、最も人気が高いと思われるフィリピンのECサイトを以下に紹介しよう。

1. Sulit.com.ph

sulit.com_.ph

Sulit.com.phはフィリピンのeコマース分野に最も早く参入した1社で、設立は2006年9月だ。Sulitはクラシファイド広告サイトで、メンバーは売りたいものがあれば何でも(新品あるいは中古)掲載することができ、買い手は売り手と直に取引を進める。設立してほぼ7年となる現在でもeコマース分野で先頭に立っている。

2013年3月のビジター数は1370万人、ページビュー数は2億8900万回であった。Sulitは、同社サイトの持つフィリピン人消費者の吸引力を背景に、SulitCarsやSulitRealEstateを立ち上げニッチ市場へ果敢に参入した。また、先週には自動車広告サイトのPinoy Auto Traderの買収を発表している。

2. Ayos Dito

ayosdito.ph_-720x345

2009年3月にローンチされたAyosDitoもまたクラシファイド広告サイトで、Sulitの最大の競合サービスだ。同様に、AyosDitoも買い手と売り手が商品を見つけて売買するためのプラットフォームである。AyosDitoは出版社のSingapore Press Holdingsとヨーロッパのオンラインクラシファイド広告会社Schibstedのジョイントベンチャーだ。Schibstedのアジアの姉妹サイトにはMudah.myとChotot.vnがある。

3. Lazada Philippines

Lazada

Rocket Internetが支援するLazadaは、2012年3月にフィリピンでローンチされた。総額1億米ドルを調達している。Lazadaの取り扱い商品は家電製品からガジェット、家庭・生活用品、衣類、アクセサリー類と多岐にわたっている。Lazada PhilippinesのFacebookページでは110万回の「いいね!」を達成している。また先月、Android版のモバイルアプリをリリースした。

4. Cebu Pacific

Cebu-Pacific-Air

フィリピンの航空会社Cebu Pacificは1988年にローンチされた。しかし本当に軌道に乗ったのは後の2005年に格安航空会社のビジネスモデルを採用してからだ。つまり、eチケットを割引価格で購入できるということだ。ただし、クレジットカードによるオンライン購入限定だ。

初めは国内便だけであったが、この戦略が軌道に乗ると割引価格での国際線の運行も開始した。Cebu Pacificはいち早く立ち上げられたフィリピン発eコマースプラットフォームの1つで、プロモーションや割引料金を提供することにより消費者に支持され続けている。

5. eBay Philippines

ebay

アメリカ発のeBayは2007年にフィリピンでのサービスをローンチしたが、その強さは依然衰えていない。Alexaのランキングによるとebay.phはフィリピンで訪問者数が74番目に多いサイトだ。またeBay Philippinesは2011年にKuponanを立ち上げ、日替わりクーポン購入分野へ参入した。

しかし、KuponanはいまだeBay.ph内のサービスに留まっている。そして最近eBayは、ユーザが世界中の売り手にさらに容易にアクセスできるようにするためフィリピン、マレーシア、シンガポールのサイトに新しいインターフェース導入した。

6. Zalora Philippines

zalora

Rocket Internetが支援するもう1つのeコマースサイトZaloraは2012年5月にローンチされた。同サイトが提供するファッションを中心とする商品には衣料品、靴、バッグなどがある。アジア8か国でサービスを展開するこのeコマーススタートアップは、今年行った直近の資金調達でドイツのTengelmann Venturesより総額2600万米ドルを獲得した。またZaloraは2014年にIPOを行う計画を発表した。

7. TipidPC

tipidpc

TipidPCはコンピューター、ラップトップ、その他関連部品に特化したクラシファイド広告プラットフォームだ。同サイトで販売されている商品は新品のPCやガジェットに限定されておらず、中古品やさらには不良品も掲載されている。買い手のほとんどはいわゆるPC愛好家(とくに予算があまりない)で、故障したコンピューターの修理ができるような人たちだ。

8. TipidCP

tipidpc

TipidCPは、TipidPC(上記)のパートナーサイトでこれもまたクラシファイド広告プラットフォームだ。しかし、同サイトはフィーチャーフォンやスマートフォンに特化している。掲載されている携帯電話は新品、中古両方だ。同サイトの典型的な広告主は、新品の携帯電話を割引価格で販売している小規模企業か、現在持っている携帯電話を売りたいあるいはサイトに掲載されている別の携帯電話と交換したい消費者だ。

9. HalloHalloMall

hallohallomall

HalloHalloMallは2012年4月にローンチされた。このプラットフォームでは、売り手が掲載する商品を買い手が決済ゲートウェイ経由で直接購入することができる。購入者にはHallo Halloポイントと呼ばれるボーナスポイントが与えられる。ポイントは他の商品の購入に使用できる。現在すでに5000以上のショップが登録されており、サイトに掲載されている広告数は20万件を超えている。

10. AliExpress

AliExpress

中国のeコマースサイトAliExpressはAlibaba Group会社の一部であるが、フィリピンでも勢いに乗っている。Alexaによるランキングでは、AliExpressはフィリピンのアクセス数ランキングの上位500にランクインされている。

つい最近AliExpressは小規模事業者がまとめ買いしたり、個人客が単品購入するための世界的eコマースプラットフォームとなるべくそのプラットフォームの再構築を実施した。現在、フィリピンで買い物した商品は中国の出店者から買い物客の住所へ直接配送される。

このリストが決定的あるいは科学的なものというわけではないが、役立つリソースになれば幸いだ。読者の皆さんがどのショッピングサイトがお気に入りか、その理由も含めてコメント欄で知らせてほしい。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

中国で華々しい再スタートを切った「eBay」、ラグジュアリーな衣服の取扱いが中心

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 予想通り、アメリカのオークションサイトeBay(NASDAQ:EBAY)が、控えめかつスタイリッシュになって中国市場に戻ってきた。先日、「eBay Style」と名付けられたジョイントベンチャーのeコマースebay.xiu.com上にローンチした。同サイトは中程度から最高級の洋服、ハンドバッグ、アクセサリーを中心に扱う。 サイトはBanana Republi…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

ebay-Style-China

予想通り、アメリカのオークションサイトeBay(NASDAQ:EBAY)が、控えめかつスタイリッシュになって中国市場に戻ってきた。先日、「eBay Style」と名付けられたジョイントベンチャーのeコマースebay.xiu.com上にローンチした。同サイトは中程度から最高級の洋服、ハンドバッグ、アクセサリーを中心に扱う。

サイトはBanana RepublicやCliniqueのようなブランドからGuessやCoachなどの高級ブランドに至るまでを取り扱う。サイト上にはすでに5000のブランドが掲載されており、eBay Styleは同社アメリカのウェブサイトFashionVaultに似た感じがする。

中国市場で新しい試みを実行するため、eBayは地元で実績のあるB2Cのeテイラーであり高級ブランド服を扱っているXiu.com(走秀)と提携した。中国のショッピング好きのために、写真下がそのウェブページだ。

eBay-Style-China-store

多くの点において、eBay Styleが中国の高級品eコマース部門に参入したのはかなり遅いと言える。中国市場ではイギリスのeテイラーNet-A-Porterから360TopやXiuのような主要ポータルサイトが運営している高級ブランドを扱う店舗まで、非常に多くのライバル企業に直面しなくてはならない。

同社によると商品はeBayのトップ業者から仕入れているので、中国トップeコマースサイトの普通のB2Cモデルとは一線を画すという。モバイルからでも確実に利用可能にするため、eBay Styleは自社のiPadアプリをローンチした。アプリはこちらから入手可能だ。

eBay独自のオークションサイトは2004年に中国市場へ参入した直後、挫折した。結局、当地の新顔で、ユーザがバーチャルストアを開くことができたTaobaoとの競争に敗れることになった。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------