THE BRIDGE

タグ Visualead

Alibaba(阿里巴巴)がイスラエルのQRコードスタートアップVisualeadと提携、偽造を防ぐ「新規格」を発表

SHARE:

Alibaba(阿里巴巴)はイスラエルに本拠を置くQRテクノロジー会社Visualeadと提携し、ドットレスビジュアルコードの新規格を梱包向けにリリースする。Visualeadは本日、偽造品を駆逐するのが狙いである、と述べた(編集部注:原文掲載5月18日)。 本発表は高級品メーカーのKeringグループがAlibabaを2度目の提訴に踏み切った3日後のこととなった。提訴の内容は、このeコマース大手…

Image Credit: Israeli-based Visualead following their win at GMIC Beijing 2013.
Image Credit: GMIC Beijing 2013で優勝後のイスラエルのVisualead

Alibaba(阿里巴巴)はイスラエルに本拠を置くQRテクノロジー会社Visualeadと提携し、ドットレスビジュアルコードの新規格を梱包向けにリリースする。Visualeadは本日、偽造品を駆逐するのが狙いである、と述べた(編集部注:原文掲載5月18日)。

本発表は高級品メーカーのKeringグループがAlibabaを2度目の提訴に踏み切った3日後のこととなった。提訴の内容は、このeコマース大手がAlibabaのプラットフォーム上での偽造品販売に対し十分な対策をとっていないとするものだ。Visualeadは現在Keringグループ子会社のYves Saint Laurent及びYSLのライセンスパートナーのL’Orealと中国で協業中である。

Visualeadが提携するブランドにはL’OrealやFerrero Rocherなどがあり、既に新しいコードをパッケージに付けて販売開始している。このパッケージは偽造品防止の取組みに注力するAlibabaの新しいBlue Starプラットフォームの一部である。

Visualeadのマーケティング部門VPのOded Israeli氏は「製品毎に固有のドットレスコードを付け、消費者はこのコードを見ればすぐに偽造品か否かがわかります」とTechnodeに述べた。

表面の約90%が画像や絵になるので見た目にもっと華やかです。大事なことは、セキュリティが強固で偽造は不可能ということです。

セキュアスキャナーテクノロジーを利用したO2Oサービスを念頭に、ドットレスコードはいずれAlibabaのプラットフォームのいくつかに採用される予定だ。既にTaoBao(淘宝)プラットフォームではセキュアスキャナーテクノロジーは統合済みである。また、Alibabaはブランド企業がスキャナーを持つユーザに、割り引きや会員制、ポイントプログラムなどで優待できるようにしている。

この新しい提携はAlibabaが自社プラットフォームで偽造品が販売されるのを防ぐために取り組んでいるプロジェクトの1つである。今年発表された中国政府の手厳しい調査報告において、Alibabaは自社のプラットフォーム上で展開されるグレーマーケットの商品、賄賂やその他の違法な活動に対してもっと積極的に対策を打つべきだと批判されていた。

Alibabaは最近のKeringによる告発内容を否定し、「Alibabaは偽造防止の取り組みに力を入れている。残念ながらKeringグループは建設的な協力よりも、無益な訴訟を選択した」と述べている。

KeringグループはAlibabaに対し昨年7月にも同様の訴訟を起こし、今後はAlibabaと協力して対策に取り組むとして、取り下げていた。

Visualeadは今年Alibabaと提携し、500万~1000万米ドルの投資を受けた。これはKaedan CapitalEntrée Capitalがリードした160万米ドルのシリーズAに続く資金調達となった。Visualeadは2013年の北京の Global Mobile Internet Conference(GMIC)で優勝した後、18ヶ月前に中国市場に参入した。

Alibabaが当社サイドについて下さったのは本当に幸運でした。ドットレスビジュアルコードの規格を中国内、後には世界に普及推進していくことができるのですから」とOded氏は述べている。Tencent(騰訊)とWechat(微信)が中国のQRコード大手だとしたら、Alibabaはドットレスコードの主力となりえるでしょう。

Visualeadの新技術は以前のQRやビジュアルQRテクノロジーを超えていて、コードが普通の絵や画像と見分けがつかない。中国でQRコードは非常に普及しており、ソーシャルメッセージプラットフォームやインアプリeコマースで利用されている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)がイスラエルのQRコード作成スタートアップVisualeadへ出資

SHARE:

Alibaba(阿里巴巴)はクールなQRコードをユーザが作成できるサービスを提供するイスラエルのスタートアップVisualead(視覚碼)に対し、シリーズBラウンドの出資を行うと発表した。Alibabaによる出資の規模は明らかにされていないが、CrunchBaseによれば、Visualeadが以前調達した金額は240万米ドルだったという。 <関連記事> GMIC Day1: グロースステージで披露…

visualead-720x405

Alibaba(阿里巴巴)はクールなQRコードをユーザが作成できるサービスを提供するイスラエルのスタートアップVisualead(視覚碼)に対し、シリーズBラウンドの出資を行うと発表した。Alibabaによる出資の規模は明らかにされていないが、CrunchBaseによれば、Visualeadが以前調達した金額は240万米ドルだったという。

<関連記事>

Visualead のサービスを使うと従来の白黒のものでなく、背景に馴染みやすいQRコードを作成することができる。同社のウェブサービスを利用してユーザが画像をアップロードし、URLを入力することでその画像に組み込まれた形でQRコードが生成される。作成するQRコードの数に応じて複数の料金プランから選択することができる。

Visualead の中国参入は今回が初めてではない。2014年5月には、同社は中国のFacebookとも言われ一時ブームとなったRenren(人人)とも提携しており、また上海に事務所を構え数名の中国人スタッフが在籍している。さらに同社ウェブサイトには会社ロゴが英語と中国語で表示されていることからみても、ターゲットとしているマーケットがどこなのか一目瞭然だろう。

Visualead のリリースによれば、Alibabaは同社が提供するTaobao(淘宝)やTmall(天猫)の出店者のマーケティング戦略にVisualeadを組み込めるようサポートするという。この中国のeコマース最大手であるAlibabaでは、荷物の追跡やマーケティング活動などあらゆる目的のために事業者がQRコードを生成できるMashangtao(碼上淘) という独自のQRコード事業も行っている。

AlibabaグループのMashangtao技術サービス部長 Zhang Kuo(張闊)氏は声明で次のように述べた。

Visualeadの主要サービスであるビジュアルQRコードの技術は、私たちのモバイルマーケティング戦略に貢献するとともに、私たちが中国においてO2Oブームを活用する力を高めてくれるでしょう。

Alibaba はこれまで2年間にわたり、多くの海外スタートアップに出資をしてきた。出資したいくつかの案件には、一般の人たちが気付くような成果が全く出ていないものがある。他の案件はもっと規模の大きなコラボレーションのようだ。AlibabaがQuixeyに出資すると、Mountain View に拠点を置く同スタートアップの初期のアプリ内検索技術は、Alibabaのモバイル用OS、Yun OS(阿里雲OS)に搭載された。AlibabaはQuixeyが上手く製品の調整ができるよう、実際には、傘下のUCWebやYouku(優酷)など多くの企業のテストベッドを大量に提供している。

この出資はまだ発表されたばかりだが、この時点で同様の道をたどりそうだ。中国のインターネット大手は、モバイル機器を利用したマーケティングや決済行動を店頭でショッピングする行動につなげるO2O技術に対し、積極的に出資している。Alibabaは中国ではeコマースやオンライン決済分野で主導的な役割を果たしている。Alibabaの最近の発表によると、同社のサードパーティーが運営する決済サービスAlipayの取引の54%はモバイル機器を利用したものだった。同社はAlipayのモバイルアプリAlipay Wallet(支付宝銭包)を利用しての店頭決済を促進するため、定期的にインセンティブを提供している。

しかし、Alibabaは中国のeコマース分野で優位に立ちながらも、手強いTencent(騰訊)、Baidu(百度)やWanda(万達)などの脅威に直面している。前者のインターネット大手2社は、小売店舗とオンラインショップを1つにすることに拘った合弁事業を不動産系コングロマリットと立ち上げている。3社がどのように事業を行うか詳細はまだ不明だが、Tencentのソーシャルネットワークでの優位性やeコマースに対する熱い思いは、AlibabaのAlipay Walletに対する熱い思いとも重なりそうだ。AlibabaはVisualeadのような企業に出資することでベンダーとのつながりを維持することができ、またそれが顧客離れを食い止めることにもつながっている。

ちなみに、AlibabaによるVisualeadとの取引は、同社にとってはイスラエル企業に対する初めての資本参加となる(参考までに、QuixeyやTangoの設立者はイスラエルとつながりをもっている)。しかし中国の出資者たちは、現在、周りに同調してイスラエルに対して強気にふるまっているだけである。Wall Street Journal9月号の記事によると、Lenovo(連想)、Ping An Ventures(平安創新)およびYongjin group(涌金集団)はそれぞれイスラエル企業に限定してベンチャーファンドを設立した。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

QRコードのデザインサービスを提供するイスラエルの「Visualead」がシリーズA資金調達で160万米ドルを獲得

SHARE:

QRコードとモバイルページのデザインを手掛けるイスラエルのプラットフォームVisualeadは、Kaedan CapitalとEntrée Capitalが主導するシリーズA資金調達で、インターネットやデジタルメディアのベンチャーキャピタリストらから160万米ドルを調達したことを発表した。 獲得した資金は、同社の「DIY」プラットフォームを広く普及させるために使用される。さらに資金は、ホワイトラベ…

Visualead

QRコードとモバイルページのデザインを手掛けるイスラエルのプラットフォームVisualeadは、Kaedan CapitalEntrée Capitalが主導するシリーズA資金調達で、インターネットやデジタルメディアのベンチャーキャピタリストらから160万米ドルを調達したことを発表した。

獲得した資金は、同社の「DIY」プラットフォームを広く普及させるために使用される。さらに資金は、ホワイトラベルソリューションを増やし、また世界各国でIP戦略を進めるためにも利用される予定だ。

Visualead

Visualeadは企業が顧客を引き付けたり、顧客と交流したりできるよう支援することを目的として2012年に設立された。同社は、標準的なQRコードの見た目の約70%を目立たなくする技術を用いて、見た目の悪いQRコードを違和感ないようにすることを目指している。

Visualeadはこの専有技術を使って潜在的な顧客を引き付け、最適なモバイル体験ができるように、どんな企業でも簡単な手順ですぐにQRコードをデザインや広告と一体化させることのできるプラットフォームを開発した。(動画はこちら

Visualeadのプラットフォームは現在、世界中の中小企業20万社によって、オフラインでの販促用に使用されている。1ヶ月3万以上のビジュアルQRコードやモバイルページキャンペーンが生成されている。Visualeadの設立者兼CEOのNevo Alva氏は、同プラットフォームによってキャンペーンの投資収益率を最大400%まで高めることができるとしている。

ヨーロッパ・アメリカ市場からスタートしたVisualeadは、スマートフォンの使用率やQRコードスキャンが急激に増加していることから、アジア市場への舵きりをはかった。対象としているアジア市場には、中国、シンガポール、日本、韓国が含まれている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

イスラエルがスタートアップ大国である理由

SHARE:

Uriel Peled氏は、特許出願中のテクノロジーを活用してQRコードをビジュアルQRコードに変換する、イスラエルのスタートアップVisualead社の共同設立者だ。 奇跡だという人もいれば、文化の謎だという人もいるだろう。だが、イスラエルで生まれたハイテック系のスタートアップの数に関する統計には度肝を抜かれる。人口はおよそ760万人ほどの、この小さな国には約4800社のスタートアップ企業があり…

Uriel Peled氏は、特許出願中のテクノロジーを活用してQRコードをビジュアルQRコードに変換する、イスラエルのスタートアップVisualead社の共同設立者だ。

the-israeli-entrepreneur

奇跡だという人もいれば、文化の謎だという人もいるだろう。だが、イスラエルで生まれたハイテック系のスタートアップの数に関する統計には度肝を抜かれる。人口はおよそ760万人ほどの、この小さな国には約4800社のスタートアップ企業があり、国民1人あたりのベンチャー投資額は世界のどの国よりもはるかに高い。イスラエルは「スタートアップ大国」とも呼ばれ、同国の国民1人あたりのベンチャー投資額は170ドルで、アメリカの70ドルを勝っている。65年前に建国された国にしては悪くない。

イスラエルで生まれた著名なスタートアップを見てみると、最近Googleに買収された地図アプリ「Waze」、車の運転中に前の車に近づきすぎると警告をしてくれるモバイルアプリ「iOnRoad」、そして、国際的な注目を浴びているコミュニティーツールバーの「Conduit」などがある。

イノベーションが最も集中している拠点の1つを育てる同国には大手企業もある —— ナスダックの上場企業である製薬会社Teva(時価総額は430億ドル)や、大勢の頭脳集団によって設立され、時価総額が今では110億ドルにもなっているCheck Pointなどがそうだ。

そこで、イスラエルがどんな要素によって起業に伴うクリエイティビティ、イノベーション、冒険心を育む拠点になっているのかを見てみよう。

徴兵制度:イスラエルでは、ほとんどの市民が大学に進学する前に軍隊に参加する。軍隊においては、若い年齢でテクノロジーの専門家になれることが一般的だ。テクノロジーが戦闘時や軍の通信の重要な要素だからだ。

そして、軍隊内では、起業精神やリーダーシップを奨励する環境と文化もある。軍隊を離れた後には、若い兵士の多くが会社を設立し、テクノロジーを活用したソリューションを通じて世界の問題を解決したいと思っている。あとは、どんな問題を解決するかを考えるだけだ。

大学:イスラエルには政府の奨励だけでなく、ハイファにあるテクニオン–イスラエル工科大学など、テクノロジーを専門にした世界的に優秀な大学もある。大学はある意味において、同じ志を持ち、将来的に一緒にビジネスができるかもしれない仲間と知り合える出会いの場だ。

政府資源:イスラエル政府は若い起業家に思いきってスタートアップを始めてもらおうとアーリーステージの投資を提供している。さらに、企業を投資家に紹介したり、若い企業を支援する提携やプログラムを創出して、若い起業家を支援するために多くのことを実施している。

メンター:イノベーターの最初の世代は今は引退しているが、彼らは次世代のリーダー達に金銭的なサポートとメンターシップを提供している。引退したビジネスリーダー達は、ハイテックスタートアップへの投資家になると同時に、どのようにしてビジネスモデルを構築し、うまく市場に送り込むかについての戦略的な助言を提供している。

イスラエルのスタートアップ企業の強みであり弱みであることの1つは、スタートアップを立ち上げたものの、早い段階で売却して大金を手に入れ、企業を大企業になるまで成長させることがほとんどないということだ。誰だって自分が社長でありたいのは分かるが、経済を大きく成長させるには雇用も必要だ。

イスラエルから画期的なテクノロジーが生まれているもう1つの理由は、同国最初の移住者が手にした資源がわずかだったので、主に砂漠だった土地を開拓しなければならなかったことだろう。だから、農業であれ、テクノロジーあるいはビジネスであれ、イスラエルは開拓心と起業家精神に溢れる国なのだ。

Powered by Mapped In Israel

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------