中国のゲーム会社が9300万ドルでゲイのデーティングアプリ「Grindr」の株を60%取得

Junya Mori by Junya Mori on 2016.1.12

Grindr

<ピックアップ>Chinese Gaming Firm Buys 60% Of Gay Dating App Grindr For $93M

ゲイ向けのデーティングアプリ「Grindr」の株60%を、中国のゲーム会社Beijing Kunlun Techが9300万ドルで取得しました。

The NewYork Timesによれば、Grindrは、200万人のデイリーユーザがおり、なんと54分もの平均滞在時間を誇っています。この高いエンゲージメントにより、同サービスは2014年には3200万ドルの収益をあげています。

Grindrの創業者にしてCEOであるJoel Simkhai氏は、同社のブログポストにおいて、「業務は変わらず行います。これまで以上のリソースを費やして素晴らしいプロダクトをお届けします」とコメントしています。

via TechCrunch

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。2012年に「Startup Dating」に参画し、『THE BRIDGE』では編集記者として日本のスタートアップシーンを中心に取材。スタートアップの変革を生み出す力、テクノロジーの可能性を伝えている。 BlogTwitterFacebookGoogle+

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース