公共交通機関の案内アプリ「Moovit」が移動手段としてシェアサイクルに対応

SHARE:

moovit_logo_on-white

<ピックアップ>Moovit adds bike hire in over 200 cities to its public transit app for iOS and Android

公共交通機関の乗換案内アプリ「Moovit」が、新たな機能として200以上の都市で「シェアサイクル」に対応しました。同アプリは、iOS、Android、Windows Phoneで提供されていますが、シェアサイクルに対応したのはiOSとAndroidのみ。

対応するのは、ロンドンの「Santander Cycles」、オーストラリア・ブリスベンの「CityCycle」、カナダ・モントリオールの「Bixi」といったシェアサイクルサービスたち。同機能が提供されるのは、北米、カナダ、イギリスと、主なヨーロッパの国口に加えて、オーストラリア。


moovit_ios_en_sf_enroute moovit_ios_en_sf_omnisearch_4

シェアサイクルを利用したいと考えても、なかなか他の交通機関との連携が難しい状態でした。案内アプリにこうした機能が追加されることで、今後シェアサイクルサービスの利用者も増えていきそうですね。

via The Next Web

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録