「Yo」とワン切りマーケティングのZipDialを比較してその未来を占う

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2014.7.7

Yo_-_It_s_that_simple_

<ピックアップ> Yo, meet your Indian cousin, ZipDial

IFTTTとの連携で一気に斜め上の未来が開けたYoですが、また新しい考察(というか、Yoでこんな長い記事をかけることに感心してます)がありました。インドの成長株、ZipDialとの比較です。

<参考記事> 100万ユーザー突破の一言通知アプリ「Yo」がIFTTTと連動しちゃってる

ZipDialは企業に発行した特別な電話番号に電話をかけてワン切りすると、そのSMSにクーポンなどの特典が届く不在着信を活用したマーケティングサービス。通信環境が悪く、プリペイドでの電話利用が主流のインドならではのサービスで、2010年の創業以来、現在300企業ブランド向けに4億コール(不在着信)を達成しているとのこと。

Brand_Objectives___ZipDial

記事ではこのZipDialとYoは似たようなコンセプトだと伝えているわけですね。確かに可能性として、企業にYoしたらなんか送られてくる、というマーケティングツールはどこかの誰かが考えそうです。LINEのもっともっとシンプルなパターンと考えればいいでしょうか。

後半ではアンドリーセン・ホロウィッツのパートナー、クリス・ディクソンの「次の大きな波というのはおもちゃみたいな話から始まる」という言葉を引用して、Yoの可能性に触れています。

なんでしょうか、この微かに漂う大物感とガラクタの紙一重感。エイプリルフールに生まれた冗談が本物になる、そういうストーリーもこのスタートアップならではかもしれません。

via Tech in Asia 【G翻訳】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------