ゲーム攻略動画サービスのKamcordがセガと共にゲームコンペティションを開催

SHARE:

Kamcord

<ピックアップ>Kamcord gameplay recording platform gets into mobile gaming competitions starting w/ SEGA

ゲーム攻略動画を共有できるサービスのKamcordが、大手ゲームメーカーのセガと手を組み、ゲームコンペティションが開催されている模様です。

Kamcordはサンフランシスコに本社を構え、2012年に創業しているスタートアップです。計4ラウンドの資金調達をしており、合計980万ドルの資金調達に成功しています。ディベロッパーはKamcordが提供しているSDKを利用すれば、ゲーム中に録画ボタンを配置することができるようになります。

今回はこの機能を使ってセガが提供しているCrazy Taxi City Rushのコンペティションを開催、ユーザーはこのゲーム動画をシェアすることでアプリ内でのアイテム獲得やリアルでの賞与授与の機会が与えられるようです。コンペは最初の開催となりますがゲーム動画のシェア数増加以外に、今後このようなゲームコンペティションというビジネスを根付かせるという目的も伺えると記事は伝えています。

ゲーム市場は今年度で遂に1000億ドルを超えると試算されており、来年度には1100億ドルと予測されている成長産業と言えるでしょう。とりわけモバイルゲーム分野は年に40億ドルずつ成長しています。また、ゲーム機市場も50億ドル以上の規模で拡大しています。

前述の通り、モバイルに関してはSDKを利用することで録画ボタンを配置できますが、それと同様にPlayStation4などのゲーム機を利用したオンラインゲームなどに関しても、ゲーム中に録画ボタンを配置できるようにサービスが普及できるかが、今後期待される点でしょう。実際、PlatyStation4はシェア機能やSNS連携機能を備えたゲームタイトルを揃えているので、これら機能と同時にサービスを展開できるかが鍵となるでしょう。

これからTwitchなどの同業サービスがこのようなゲームコンペティションの分野に参入してくることは十分に有り得ますし、将来的には、Kamcordがセガ以外の大手ゲーム会社とタイアップすることが期待できます。いずれにしても、ゲームコンペティションはこれから注目される分野となるでしょう。