24時間Fleets開始:Twitterが考える「音声ライブ」と「謝罪」機能(2/2)

SHARE:

Fleetsだけでない新たな機能

(前回からのつづき)Twitterはより話しかけやすくなる他の方法にも取り組んでいる。今年初め、TwitterはAppleのiOSユーザー向け音声Tweetを開始した。同社はそれがうまくいっていると主張している。

実は今、Twitterは音声の使用を拡大しようとしている。テスト中のコンセプトでは、オーディオダイレクトメッセージを送信することができる。同社によると多くのユーザーからリクエストがあると主張している機能なのだが、詳細はほとんど明らかにされていない。

TwitterのプロダクトデザイナーMaya Gold Patterson氏は、さらに意欲的な製品を開発中であることを明らかにしている。それがAudio Spacesだ。ここでユーザーは他のユーザーとライブチャットルームを作成することが可能になるという。

「ライブの『Audio Spaces』とは、ユーザーが一人の人やグループと直接コミュニケーションをとることができる場所をイメージしています。ここはが非常に親密で安全なものであり、この空間をホスト付きのディナーパーティーに例えています。パーティーで快適に過ごしたり、楽しい時間を過ごしたりするためには、その場にいる全員のことを知っている必要ありませんが、誰もが快適にテーブルに座ることができるはずです」(Maya Gold Patterson氏)。

Audio Spacesのリリース時期はまだ決まっていない。Patterson氏によるとTwitterはまず、プラットフォーム上で最も危険を感じている可能性の高いユーザーを対象にテストを開始するという。

「私たちが想像しているような方法で、人々がAudio Spacesのライブを最大限に活用できるようにするためには、安全性を確保する必要があります。そこで、私たちは少し変わった方法を試すことにしました。それはSpacesの最初の実験を、プラットフォーム上で被害を受けている人たち、つまり女性や社会的に疎外された背景を持つ人たちという、非常に少数のグループに向けて始めようとしています。私は黒人女性として、残念ながらオンラインやTwitter上で数え切れないほどの嫌がらせを経験してきました。だからこそ、これを正すことは私個人の問題なのです。そしてチームは、まずこのグループの人々からAudio Spacesについてのフィードバックを聞きたいと思っています」(Maya Gold Patterson氏)。

最後に、TwitterのシニアプロダクトマネージャーであるChristine Su氏は「プライベートな謝罪」を可能にするツールや機能を開発しようとしていることもほのめかしている。

「来年に向けて模索していることの一つは、感情的になって一時的にコントロールを失った時、『ちょっとまって、落ち着いて』と言ってくれる信頼できる人の存在についてです。私たちはプラットフォーム上でのプライベートなフィードバックや謝罪の方法を模索しています」(Christine Su氏)。

ではそれは一体どのようなものになるのだろうか。Su氏はこのように語っていた。

「通知のように見えるかもしれません。あるいはフォローしている人からのちょっとした肘打ちのように見えるかもしれません。楽しみにしていますし、方法論的にそのフォーマットと、それがツイッター上の人々にとってどのように機能するのかを模索してきました。全てはTwitter上でより多くの共感と思いやりを構築できるようにするための試みを少しだけ先出ししたものになります」(Christine Su氏)。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録