韓国のハイブランドECモール「トレンビ」、日本で公式ストアをオープン

SHARE:

<ピックアップ > 트렌비, 아시아 명품 시장 규모 2위 일본에 첫 발

韓国のハイブランドショッピングプラットフォーム「トレンビ(트렌비)」が、日本の Web サイトを27日に正式オープンし海外進出に本格的に乗り出した。トレンビでは、独自開発の検索エンジン「トレンボット(트렌봇)」が全世界から該当商品の最安値を見つけ、その場で決済することで世界各地から商品をデリバリしてくれるプラットフォームだ。2017年2月のサービスローンちから4年で、MAU は450万人、月間取扱高は約20億円に達している。

今年5月、ユーロモニターが発表した調査によると、日本は、アジア太平洋地域で二番目に大きなハイブランド消費市場で、特に新型コロナウイルス感染拡大以降、デジタル領域での商品購買の成長見通しが明るいと見られている。トレンビでは今回の日本進出を契機に海外事業を開始し、グローバルブランドショッピングプラットフォームとしての地位を確立する計画だ。現状、日本のハイブランド品取引の多くはオンラインでは C2C で行われており、トレンビではここに事業機会があるとみている。

トレンビでは、日本においても韓国でのサービスと同様に、製品の調達から検収、配達までを自社で行い、正式販売店購入の領収書と製品検査を証明する写真を添付する。トレンビは現在、現在、韓国、イギリス、アメリカ、ドイツ、イタリア、フランス、日本に海外支社を持っており、韓国、イギリス、アメリカ、イタリアで物流センターを運営している。全世界の主要ブランドショッピング拠点に海外支社と物流センターを設立し、現地製品の調達能力と価格競争力を一層強化した。

トレンビは昨年9月、日本のハイブランド EC モール「BUYMA」上に公式ストアを開設し、日本事業に着手した。トレンビ直轄の公式ストアが開設された今、本稿執筆段階でも BUYMA 上の公式ストアは運営されており、両ストアの棲み分けが今後どのように行われていくかについては定かではない。トレンビの現在の従業員数は、韓国とヨーロッパを中心に約180人。韓国の IMM Investment、Murex Partners(뮤렉스 파트너스)、韓国投資パートナーズ(한국투자파트너스)などから累計約40億円を調達している。

via Platum(플래텀)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録