THE BRIDGE

タグ Dentsu Ventures

人体微生物叢検査サービスのuBiome、シリーズCラウンドでYコンビネータや電通ベンチャーズらから8,300万米ドルを調達——創薬事業に進出へ

SHARE:

<ピックアップ> uBiome is jumping into therapeutics with a healthy $83 million in Series C financing 人体微生物叢の検査サービスを提供する uBiome は9月に実施したシリーズ C ラウンドで、総額8,300万米ドルを調達した。OS Fund がリードインベスターを務め、8VC、Y Combinator、電通ベ…

ubiome_featuredimage
Image credit: uBiome

<ピックアップ> uBiome is jumping into therapeutics with a healthy $83 million in Series C financing

人体微生物叢の検査サービスを提供する uBiome は9月に実施したシリーズ C ラウンドで、総額8,300万米ドルを調達した。OS Fund がリードインベスターを務め、8VC、Y Combinator、電通ベンチャーズ、DNA Capital、Konstantin von Unger 氏が参加した。2012年の創業時からこれまでの調達総額は約1億1,000万米ドルに上る。

サンフランシスコを拠点とする uBiome は、全米で B 向け(医療機関)および C 向け(一般消費者向け)に人体微生物叢の検査サービスを展開。サンプル数で世界最大(25万種類)となる人体微生物叢ライブラリを保有している。

今回の資金調達を受けて、同社ではライブラリを使用した創薬領域への進出を計画しており、治療薬研究チームはサンフランシスコからマサチューセッツ州ケンブリッジの新本社に移転予定。また、Novartis の元 CEO Joseph Jimenez氏が同社の取締役に就任する。

今回出資参加した電通ベンチャーズはプレスリリースで、uBiome とさまざまな企業を結びつけることで、ビジネス開発や商品開発を推進したいとしている。

<関連記事>

Via TechCrunch

----------[AD]----------

インドの通勤用シャトルバスサービス「Shuttl」、Amazon Alexa Fundや電通ベンチャーズなどから1,100万米ドルを調達

SHARE:

インドのアプリベースのシャトルバスサービススタートアップ Shuttl がシリーズBラウンドで1,100万米ドルを調達した。同ラウンドは Amazon Alexa Fund(eコ マース大手の Amazon が運営)と電通グループのコーポレート VC 子会社、電通ベンチャーズがリードした。 Sequoia Capital、Times Internet、Lightspeed Ventures などの…

インドのアプリベースのシャトルバスサービススタートアップ Shuttl がシリーズBラウンドで1,100万米ドルを調達した。同ラウンドは Amazon Alexa Fund(eコ マース大手の Amazon が運営)と電通グループのコーポレート VC 子会社、電通ベンチャーズがリードした。

Sequoia CapitalTimes InternetLightspeed Ventures などの既存投資家の一部も本ラウンドに参加した。

この新規資金により Shuttl はサービス地域を拡大し、インドの複数都市でより多くの消費者にサービスを提供していく予定。

Shuttl の CEO 兼共同設立者の Amit Singh 氏は次のように述べている。

私たち Shuttl の使命は皆さんの通勤の苦痛をなくし、座席のあるスマートバスのオプションで各都市の渋滞を緩和することです。すでに大規模でもこれが実現可能であることを示す実績があります。消費者体験の改善、路線を増やし、数百万の通勤者の尊厳回復に向けた取り組みを続けていきたいと思っています。

2015年4月に設立された Shuttl は、座席ベースの需要適合型バスモビリティースタートアップで、インド都市部に環境配慮型かつ高コスト効率のソリューションを提供している。バスは自家用車よりも路面面積や環境配慮の点で効率に優れているため、Shuttl のモデルは渋滞や公害を緩和できる。同社は現在デリー首都圏、コルカタ、その他インドの主要都市において1日あたり4万5,000便を運行しているという。

Shuttl は150路線を800台のバスで運行。

Amazon Alexa Fund の Paul Bernard 氏は次のように述べている。

数百万の人々が毎日の通勤に公共交通機関を利用しています。皆さんの声(乗客の声を切符代わりにする)は毎日のルーティンを便利にする新しい方法です。Shuttl はこうした体験をインド全土の Amazon Alexa 顧客に提供するべく取り組んでおり、私たちはShuttlを支援していくことを楽しみにしています。

電通ベンチャーズは電通グループのハンズオン型コーポレート VC 子会社で、起業家が世界に革新をもたらすのに必要とする専門家の支援を提供している。電通ベンチャーズは大きな意味でマーケティングやコミュニケーションビジネスを変革する分野や、革新の潜在性が高い分野に投資を行っている。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

ミレニアル向け経済ニュースストリーミングのCheddar、第4ラウンドで電通ベンチャーズなどから2,200万米ドルを調達——日本市場にも進出へ

SHARE:

<ピックアップ> Cheddar, the ‘CNBC for Millennials,’ Raises $22 Million for International Expansion ミレニアル向け経済ニュースストリーミングサービスの Cheddar は先ごろ、同社にとって4回目となるラウンドで、2,200万米ドルを調達したことを発表した。新たに調達した資金を使って、同社は日本やイギリスを含む国…

1月2日、ニューヨーク証取のオープニングベルに登壇した Cheddar CEO の Jon Steinberg 氏
Image credit: Jon Steinberg/Cheddar

<ピックアップ> Cheddar, the ‘CNBC for Millennials,’ Raises $22 Million for International Expansion

ミレニアル向け経済ニュースストリーミングサービスの Cheddar は先ごろ、同社にとって4回目となるラウンドで、2,200万米ドルを調達したことを発表した。新たに調達した資金を使って、同社は日本やイギリスを含む国際市場展開の準備と2つ目の新たなチャンネルの開設に着手し、Snapchat Discover 上に新たなチャンネルを設置するとしている。

今回のラウンドは、アーリーステージのメディアテクノロジースタートアップ向けファンドである Raine Ventures がリードインベスターを務め、ケーブルテレビ大手の Liberty Global、Goldman Sachs、ヨーロッパにテレビ局を多く所有する Antenna Group、7 Global Capital、電通ベンチャーズ、ニューヨーク証券取引所オーナーの Jeffrey Sprecher 氏、Intercontinental Exchange(ICE)のチーフコミュニケーション・マーケティングオフィサー Kelly Loeffler 氏が参加した。同社によれば、電通ベンチャーズの出資は、Cheddar の日本市場進出を念頭に置いたものだ。

同社は今回のラウンドまでに3,200万米ドルを調達しており、今回のラウンドを受けての合計調達額は5,400万米ドルとなる。同社の創業者で CEO の Jon Steinberg 氏によれば、同社の評価額は前回ラウンド時の8,500万米ドルから、今回ラウンドの1.6億米ドルにほぼ倍増した。

Steinberg 氏は BuzzFeed の元代表で、Cheddar をケーブルテレビによる経済ニュースチャンネルに代わるもの、と位置付けている。売上の多くは Fidelity や E-Trade など証券大手によるネイティブ広告によるもので、料金は1ヶ月あたり12.5万米ドルから。

昨年の同社の売上は1,130万米ドルだったが、同社の広告は半年または1年契約であるため、2018年の売上は既に1,800万米ドル分が確定しているという。証券大手以外にも、Fusion や Spotify などへの番組販売も行っている。

<関連記事>

Via Wall Street Journal

----------[AD]----------

電通ベンチャーズ、DNA合成スタートアップのTwist Bioscienceに出資

SHARE:

電通ベンチャーズは15日、サンフランシスコを拠点に DNA 合成効率化の独自技術を開発・保有する Twist Bioscience に出資したことを明らかにした。Twist Bioscience は今年3月からシリーズ D ラウンドで6,000万ドルを調達し6月にクローズしているため、電通ベンチャーズが参加したのはシリーズ E ラウンドと推定される。なお、電通ベンチャーズの出資金額、シリーズ E …

Twist Bioscience のチーム。前列中央が、共同創業者で CEO の Emily Leproust 博士
Image credit: Twist Bioscience

電通ベンチャーズは15日、サンフランシスコを拠点に DNA 合成効率化の独自技術を開発・保有する Twist Bioscience に出資したことを明らかにした。Twist Bioscience は今年3月からシリーズ D ラウンドで6,000万ドルを調達し6月にクローズしているため、電通ベンチャーズが参加したのはシリーズ E ラウンドと推定される。なお、電通ベンチャーズの出資金額、シリーズ E ラウンドにおける他の出資者等については不明。(15日11時30分更新:関係者によれば、電通ベンチャーズが参加したのはシリーズ D のエクステンションラウンドで、出資金額は数億円程度と見られる)

Twist Bioscience は2013年の設立以来、合計2億ドル以上を調達しており、Pitchbook などの情報を総合すると、現在のバリュエーションは4億ドルを超えるとみられる。

Twist Bioscience は、DNA 研究者の Emily Leproust 博士(現 CEO)らにより2013年に設立。従来の製造プロセスに比べ、高効率・短納期・低価格で、DNA合成を可能とする独自技術を開発・保有しており、顧客ニーズに応じた DNA を提供するスタートアップだ。従来型のプラスチックプレートではなく、独自開発したシリコンプレート上で DNA を合成することでそのプロセスを効率化、新薬発見・新素材生産・農業・学術研究・医療診断などの分野への応用が期待される。これまでに、マイクロソフト、Ginkgo Bioworks、Desktop Genetics らと提携し DNA 合成エンコーディングデータなどを販売、昨年にはイスラエルを拠点とする生物学者向けソフトウェアプラットフォーム Genome Compiler を買収した。

Twist Bioscieince は、Leproust 博士が2001年〜2013年に在籍した、ライフサイエンス関連大手のアジレント・テクノロジー(NY証取:A)から、Twist Bioscieince の DNA 合成技術が知的財産の盗用に当たる(アジレント在籍時に獲得した技術を元にしている)として、今年に入り訴訟を受けている。しかし、Twist Bioscience の主張によれば、Leproust 博士がアジレントを2013年に退社後に、Twist Bioscience が用いる DNA 合成に関する暫定特許が Twist Bioscience の2名の共同創業者によって申請されたとしている。一方でアジレントは2013年、Twist Bioscience の競合にあたる Gen9 に2,100万ドルの出資を行なった(Gen9 は今年1月、Ginkgo Bioworks によって買収)。

Twist Bioscience では今後、新たに調達した資金を活用し、創薬や DNA を大容量記憶装置として利用するデータストレージなどにも事業領域を拡大する予定だ。

電通ベンチャーズは今回の出資を通じ、Twist Bioscience と電通グループの顧客やパートナー企業とのアライアンスを促進し、Twist Bioscience による革新的ビジネスの開発を支援するとしている。電通ベンチャーズからライフサイエンス系スタートアップへの出資は増加傾向にあり、最近ではガン早期発見スタートアップのGRAIL、家庭向けの分子レベル健康チェックデバイスを開発する「Cue」などに資本参加している。

----------[AD]----------

ビル・ゲイツ氏やジェフ・ベゾス氏らも出資するガン早期発見スタートアップのGRAIL、電通ベンチャーズなどから9億ドルを調達し日本進出へ

SHARE:

シリコンバレーのメンロパークに拠点を置き、血液検査だけでガンの早期発見を実現する技術を開発する GRAIL は、今年3月にシリーズ B ラウンドで9億ドルを調達していたが、13日、電通ベンチャーズがこのラウンドに参加していたことを明らかにした。電通ベンチャーズの出資比率などは明らかになっていない。 シリーズ B ラウンドはシカゴ拠点のバイオテック VC の ARCH Venture Partner…

シリコンバレーのメンロパークに拠点を置き、血液検査だけでガンの早期発見を実現する技術を開発する GRAIL は、今年3月にシリーズ B ラウンドで9億ドルを調達していたが、13日、電通ベンチャーズがこのラウンドに参加していたことを明らかにした。電通ベンチャーズの出資比率などは明らかになっていない。

シリーズ B ラウンドはシカゴ拠点のバイオテック VC の ARCH Venture Partners がリードインベスターを務めており、電通ベンチャーズ以外に医薬大手の Johnson & Johnson(NYSE:JNJ)などがこのラウンドに参加した。

GRAIL は、2016年に遺伝子シーケンス企業の Illumina からカーブアウトしたスタートアップで、Google X の元 Senior VP である Jeff Huber 氏が CEO を務める。昨年同社が実施したシリーズ A ラウンドでは、Bill Gates 氏や Jeff Bezos 氏の Bezos Expeditions などから1億ドルを調達している。

GRAIL の技術では、腫瘍細胞から血液中に流れて来た DNA や RNA を見つけ、それを DNA シークエンシング(DNA の配列情報の読み取り)することでガンの判定を行う。実用化目標は2019年で、一検査にかかる費用は500ドル前後が想定されている。この DNA シークエンシング自体は目新しいコンセプトではないが、安価かつ手軽に実用レベルのサービス化に努めている点が、GRAIL が高く評価される理由のようだ。

電通ベンチャーズでは、今回の出資とあわせ、GRAIL の技術を日本で実用化するにあたり、クライアントやパートナー企業とのアライアンスを積極的に後押しするとしている。

なお、電通ベンチャーズは2015年4月に設立されたファンドだが、GRAIL への出資を明らかにしたのにあわせ、ファンドの運用規模を50億円から100億円に増額したことも明らかにした。LP については公表されていないが、主に電通グループや関連企業による出資と推測される。これまでのポートフォリオのイグジット例もいくつか見られており、2015年9月に出資したクラウド最適化スマホ「Robin」の開発元 Nextbit は、今年に入ってスマホ業界進出を狙うゲームデベロッパの Razer に買収された

----------[AD]----------

電通ベンチャーズ、STEM教育トイ・VRゲーム・デジタル遊園地イベントなどを開発・運営するTwo Bit Circusに出資

SHARE:

電通ベンチャーズは18日、ロサンゼルスを拠点とし、STEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)教育トイやデジタル遊園地イベントなどを手がけるエンターテインメント・スタートアップ Two Bit Circus(以下、2BC と略す)に出資したことを明らかにした。出資金額などについては明らかにされていない。2BC にとって、これは2015…

CEO の Brent Bushnell 氏(右)と、CTO Eric Gradman 氏(左)
Image credit: Two Bit Circus

電通ベンチャーズは18日、ロサンゼルスを拠点とし、STEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)教育トイやデジタル遊園地イベントなどを手がけるエンターテインメント・スタートアップ Two Bit Circus(以下、2BC と略す)に出資したことを明らかにした。出資金額などについては明らかにされていない。2BC にとって、これは2015年10月の Techstars Ventures、Foundry Group、Intel Capital から650万ドルを調達したシリーズAラウンドに続くものだ。

2BC は2012年、コンピュータサイエンスのエキスパートで、モバイルゲーム関連のシリアルアントレプレナーである Brent Bushnell 氏(現 CEO)と、元サーカス芸人でロボット工学のエキスパートである Eric Gradman 氏(現 CTO)により設立。STEM をテーマとした子供向け教材、VR(バーチャルリアリティ)ゲーム、デジタル遊具を使った移動遊園地「STEAM Carnival」などを企画・開発・運営している。

最近では2016年後半に、Ardino を使った STEM 教育用のフクロウ型ペーパークラフト「Oomiyu」のクラウドファンディング・キャンペーンを実施したほか(このキャンペーンは資金が集まらず成功しなかったが)、Verizon Store の NFL展示やインディーズバンドのミュージックビデオの制作も手がけるなど活動分野も実に多彩だ。

今年後半には STEAM Carnival を常設化したテーマパークをロサンゼルスに開設し、最新のVR、MR(ミックスドリアリティ)や、科学技術を用いた食品や飲料、レーザーやロボット等を含む体験型エンターテイメントを提供していく予定。この施設は、B2C 自らのほか、ブランドパートナーの開発したハードウェアおよびコンテンツのショーケースとしても活用される。

今回の出資により、電通ベンチャーズは 2BC の日本を中心とするアジア向けのビジネス展開を支援するとしている。支援の具体的な方法については言及されていないが、日本企業やスタートアップが持つコンテンツや技術の STEAM Carnival への適用や、STEAM Carnival のアジアへの進出が期待される。

----------[AD]----------

電通ベンチャーズが、スポーツ観戦用VRストリーミング技術を開発する「LiveLike」に出資

SHARE:

電通ベンチャーズは21日、ニューヨークを拠点にスポーツ観戦向けのバーチャルリアリティ(VR)プラットフォームを開発する「LiveLike」に出資したと発表した。出資額や出資比率は明らかにされていない。同社は立ち上げ期には NFL から助成金を受けているほか、これまでに複数の投資家から総額95万ドルの出資を受けている。 LiveLike は放送局向けの VR プラットフォームを開発しており、放送局は…

livelike_featuredimage

電通ベンチャーズは21日、ニューヨークを拠点にスポーツ観戦向けのバーチャルリアリティ(VR)プラットフォームを開発する「LiveLike」に出資したと発表した。出資額や出資比率は明らかにされていない。同社は立ち上げ期には NFL から助成金を受けているほか、これまでに複数の投資家から総額95万ドルの出資を受けている。

LiveLike は放送局向けの VR プラットフォームを開発しており、放送局は VR 撮影専用の設備を準備しなくても、既存の映像配信設備の活用で、ライブ VR 配信することが可能になる。視聴者は、iOS、Android、Gear VR に対応したアプリでスポーツの試合をライブ VR で視聴可能になる。9月13日には、Fox Sports との提携により、NCAA Football の Ohio State vs Oklahoma ゲームの、iOS、Android、Gear VR 対応のスポーツブロードキャスティングアプリ(下図)をリリースしている。

college-football-suite
クリックして拡大

LiveLike は2015年、アメリカの有名アクセラレータ・ネットワーク TechStars から輩出されたスタートアップで、今年2月に TechCrunch がスタンフォード大学のビジネススクールと共催したスタートアップ・コンペティション「1st And Future」で、「Bringing Home The Game」部門の優勝の座に輝いた。LiveLike の共同創業者で CEO の Andre Lorenceau 氏は、かつて VR コンテンツ制作会社の Innerspace VR で勤務していた経験を持つ。

----------[AD]----------

電通ベンチャーズが、家庭向けの分子レベル健康チェックデバイスを開発する「Cue」に出資

SHARE:

箱型のハードウェアと診断カートリッジにより、家庭で分子レベルの健康チェックができるサービスを提供する「Cue」に対し、電通ベンチャーズが出資したことを25日明らかにした。出資額や出資比率については開示されていない。電通ベンチャーズにとっては、Jibo(コミュニケーション・ロボット)、Agolo(要約コンテンツ自動生成)、Nextbit(クラウド最適化スマートフォン)、Sensai(ビッグデータ解析…

cue_featuredimage

箱型のハードウェアと診断カートリッジにより、家庭で分子レベルの健康チェックができるサービスを提供する「Cue」に対し、電通ベンチャーズが出資したことを25日明らかにした。出資額や出資比率については開示されていない。電通ベンチャーズにとっては、Jibo(コミュニケーション・ロボット)、Agolo(要約コンテンツ自動生成)、Nextbit(クラウド最適化スマートフォン)、Sensai(ビッグデータ解析)などに続く、5件目の出資案件となる。

<関連記事>

Cueはサンディエゴに拠点を置くスタートアップで、手のひらサイズの箱型ハードウェア、5種類の専用カートリッジ、サンプル採取用のスティックからなる健康チェックプラットフォームを開発している。唾液、血液、粘膜などの少量のサンプルを採取し、指定されたカートリッジを使うことで、それぞれ、ビタミンD、炎症、インフルエンザ、テストステロン、妊娠適性などの分析を手軽に行うことができる。数分の分析後、分析結果はスマートフォンアプリに表示されるしくみだ。

当初はプレオーダーの形で、FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けない治験用医療機器に対する適用免除を受けて販売していたが、今後は各国当局の承認を受けて本格的に販売を開始するとのこと。2016年半にヨーロッパや香港、2016年中にアメリカ、2017年に日本での発売を目指している。現在5種類しか検出できない検査項目も、20種類程度にまで増やす計画だ。

Cue はこれまでに、Apple HealthKit との連携の可能性を示唆しているが、同時に Samsung Digital HealthGoogle Fit など、テクノロジー大手企業のヘルスケア系プラットフォーム連携する可能性も否定できないだろう。

Cue はこれまでに、シードラウンドで100万ドル(時期および調達先不明)、2014年に実施したシリーズAラウンドで、Sherpa Ventures と ライフサイエンス専門 VC の Immortalana から750万ドルを調達している。また、Immortalana は、Cue にとって、エンジェルラウンドの投資家でもある。

----------[AD]----------

人工知能による非構造化ビッグデータ分析プラットフォームのSensaiが、電通ベンチャーズから資金調達

SHARE:

シリコンバレーのパロアルトを拠点とし、人工知能を用いた非構造化ビッグデータ分析プラットフォームを提供する Sensai Corporation (以下、Sensai と略す)が、電通ベンチャーズから資金調達したことを発表した。なお、調達額については明らかにされていない。 これは今年3月に実施されたシードラウンドに続くものだ。この3月のシードラウンドでは、Sensai は、Andreessen Ho…

sensai_featuredimage

シリコンバレーのパロアルトを拠点とし、人工知能を用いた非構造化ビッグデータ分析プラットフォームを提供する Sensai Corporation (以下、Sensai と略す)が、電通ベンチャーズから資金調達したことを発表した。なお、調達額については明らかにされていない。

これは今年3月に実施されたシードラウンドに続くものだ。この3月のシードラウンドでは、Sensai は、Andreessen Horowitz、Formation 8、Soma Capital、ValueStream Labs、起業家で投資家の Chris Kelly 氏から130万ドルを資金調達している。電通ベンチャーズにとっては、MIT 発のロボティクス・スタートアップ Jibo、ニューヨークの要約コンテンツ自動作成プラットフォーム Agolo、クラウド最適化スマートフォン Robin の Nextbit に続く、4番目の投資案件となる。

Sensai は独自言語の Cuddle を使った、主にデータサイエンティスト向けのビッグデータ分析プラットフォームを提供し、企業および政府機関向けに、非構造化ビッグデータ解析ツール「Sensai Research」、不正取引管理の分析を容易にする「Sensai Anti Fraud」、企業の統治・内部統制が健全に機能しているかを分析する「Sensai Governance」の3つのプロダクトを展開している。

電通ベンチャーズでは特に、IoT やウエアラブル領域で言及される、広範な消費者データを活用したマーケティングビジネス展開において、Sensai が提供するソリューションに期待を寄せているとしている。

sensai_screenshot

----------[AD]----------

電通ベンチャーズがクラウド最適化スマホ「Robin」の開発元Nextbitに出資

SHARE:

電通(東証:4324)が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)である電通ベンチャーズは15日、先ごろクラウド最適化スマートフォン「Robin」を発表した、サンフランシスコのスタートアップ Nextbit Systems(以下、Nextbit と略す)に出資したと発表した。なお、出資金額は明らかにされていない。これは電通ベンチャーズにとっては、8月に実施した MIT 発のロボッティクス…

nextbit-robin_featuredimage

電通(東証:4324)が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)である電通ベンチャーズは15日、先ごろクラウド最適化スマートフォン「Robin」を発表した、サンフランシスコのスタートアップ Nextbit Systems(以下、Nextbit と略す)に出資したと発表した。なお、出資金額は明らかにされていない。これは電通ベンチャーズにとっては、8月に実施した MIT 発のロボッティクス・スタートアップ Jibo への約3.6億円の出資、NY発の要約コンテンツ自動生成プラットフォーム「Agolo」への出資(出資額非開示)に続く、3号目の出資案件となる。

Nextbit は、ユーザが意識することなく、音楽、動画、アプリ、写真などをクラウドストレージに同期できるスマートフォン「Robin」を開発し、9月1日から Kickstarter でクラウドファンディングをスタート。50万ドルの目標額に対し、現時点での調達額は、クラウドファンディング終了まで半月を残して、およそ倍額に達している。

電通ベンチャーズの投資戦略について詳細は明らかになっていないが、これまでの投資案件の共通項を見出す限り、投資ラウンドではシード〜シリーズB、世界展開が前提となる技術志向のプロダクトを持っているスタートアップということになるだろう。立ち上がり当初の CVC はディールソースを他VCとのコインベストに依存する傾向があるが、電通ベンチャーズのメンバーの動向を見る限りでは、自ら投資対象のスタートアップ発掘に世界を奔走している模様である。2013年の Aegis Group の買収後、今年に入って電通は海外の売上が日本国内のそれを上回っており Isobar をはじめ、傘下にある海外のデジタル・エージェンシーが電通ベンチャーズの情報収集に寄与している可能性も考えられる。

Nextbit にとっては、今回の資金調達は、2014年1月の Accel Partners と Google Ventures からの1,800万ドルの調達に続くものとなる。

----------[AD]----------