タグ Soda

創業3年で評価額380億円、SoftBank Vision Fund 2がスニダン投資ーーアジア制覇に向け着実に成長

SHARE:

ニュースサマリ:スニーカー、ストリートウェアに特化したマーケットプレイス「スニーカーダンク」を運営するSODAは12月2日、第三者割当増資の実施を公表した。引受先になったのはSoftBank Vision Fund 2。シリーズDラウンドで調達額は非公開。企業評価額は380億円となる。 同社は7月末にシリーズCラウンドを公表しており、その時の調達額は62億円。評価額は240億円で、実に4カ月で株価…

取り扱いカテゴリを拡大中のスニーカーダンク(スニダン)

ニュースサマリ:スニーカー、ストリートウェアに特化したマーケットプレイス「スニーカーダンク」を運営するSODAは12月2日、第三者割当増資の実施を公表した。引受先になったのはSoftBank Vision Fund 2。シリーズDラウンドで調達額は非公開。企業評価額は380億円となる。

同社は7月末にシリーズCラウンドを公表しており、その時の調達額は62億円。評価額は240億円で、実に4カ月で株価を約1.6倍に引き上げたことになる。前回ラウンドではNAVER子会社のKREAMがリードし、Altos、SoftBank Ventures Asia、JAFCO Group、および既存投資家のbasepartners、コロプラネクスト、THE GUILDなどが参加した。

今回調達した資金はシンガポール、オーストラリア、香港などのアジア市場獲得、国内事業の拡大、AIを活用したロジスティクス、真贋鑑定、カスタマーサポートなどに投じられる。

話題のポイント:何はさておき、SoftBank Vision Fund 2(SVF2)からの出資ですね。国内では恐らく2例目になると思います。国内スタートアップにとって、この「SoftBank Vision Fund」という存在は近くて遠いものだったのではないでしょうか。今回、SODAの投資担当としてコメントしているSVF2のマネージングパートナー、松井健太郎氏がForbesに語った内容がありましたので少しおさらいしてみます。

そもそもSVF1は出資額の平均が1,000億円規模で、米国中心のユニコーン企業(評価額10億ドル以上)への投資が必然でした。これが2号になってからは平均投資額が200億円と下がり(これでもデカいですが)徐々に日本企業もターゲットに入るようになっていったようです。10月に公表された国内初投資案件、バイオ企業「アキュリスファーマ」への出資はシリーズAで調達総額は68億円と「身近な」存在になった象徴的な事例と言えるかもしれません。

そしてこれに続く案件が今回のSODAです。松井氏のコメントを引用すると投資プリンシプルは5つで、「1. 市場の大きさ、2. サービス・商品・技術の革新性、3. AI(人工知能)、データ活用で成長を加速しているか、4. 明確なビジョンを持つ起業家・経営陣か、5. 事業の持続可能性と収益化への道筋が見えているか」(松井氏・Forbesインタビューより抜粋)を満たした企業であれば投資するとしています。

今回、SODAの資金使途に「AIを活用したロジスティクス」というものが明記されていました。個人間流通のアジア圏制覇には各国でバラツキのあるこの「ロジスティクス」が大きな鍵を握っており、このルートを最適化させることで「今日売って明日届く」という体験を実現できるようになります。ここのブレイクスルーにはテクノロジーが欠かせないのです。

なお、ソフトバンクグループの決算(2022年3月期 第2四半期決算)によると、SVF 1の出資先は81社、SVF2は157社(9月末時点)となっています。

日本は余白だらけ

前回ラウンドをリードした韓国Kreamと共にアジア圏を攻める

さてさて7月増資の時、スニダンの戦い方についてはある程度書きました。

そこに向けての方向に変更はなく、日本含むアジア制覇に向けて着実にアクセル踏んでいくということになります。SODA代表取締役の内山雄太さんにお聞きしましたが、MAU(アプリ含むスニダン利用訪問者数)が7月時点の300万人から400万人と成長、「スニーカーのみではなくストリートウェア、ハイブランド、ホビーのGMVが積み上がっている」(内山氏)とのことです。

国内については「まだまだ余白だらけ」で、メルカリのMAUが1984万人で年次成長が13%、GMVが2034億円で年次成長19%(2022年6月期第1四半期決算より)で成長続けていますから、全体的にもまだまだ踊り場は先のようです。

あと、買収したモノカブがなくなりました。7月に買収したもうひとつの「日本版Stock X」モノカブは、前回取材時に処遇が明確に決まっていませんでしたが、決断は早かったです。

「最初は2プロダクトで取り扱いカテゴリを別けて展開していく予定でしたが、海外競合の動きとスニダンの海外展開を加味し、国内もきちんとグロースさせつつ少しでも早く海外を獲得していくためには、1プロダクトへリソースを集中させる(リソースを分散させない)」(内山氏)。

そして気になるアジア戦略です。前回ラウンドで彼らの出資をリードした韓国の「Kream(크림)」が1,000億ウォン(約97億円)規模のシリーズBを10月に実施しています。累積投資額は1,400億ウォン(約136億円)でこちらも商品カテゴリ拡大、海外進出を進めています。

スニダンはこのKreamと連携しつつ、その他の地域を攻めるべく準備を進めています。内山さんは海外アプリを含めた本格始動が近いことを教えてくれました。

「細かいテストはすでに開始済みで、少しですがトランザクションも発生しています。海外アプリのローンチ含め本格始動間近という感じです。具体的には、日本と比べて同じ商品の相場の差、関税含む物流コスト、競合状況などを中心に戦略を固めています」(内山氏)。

2018年創業、現在200名ほどの体制で一気に踏み込みを続けるSODA軍団。体制についてはプロダクト中心ということもあって、エンジニア、PdMを強化しつつ、展開する各国の組織づくりにも着手しているというお話でした。

SoftBank Vision Fundという新しい局面が日本のスタートアップを「アジア圏」に広げるきっかけになるのか、大変注目をしております。

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


評価額240億円、スニダンは62億円調達してアジア戦へーーライバル・モノカブも買収

SHARE:

ニュースサマリ:スニーカー、ストリートウェアに特化したマーケットプレイス「スニーカーダンク」を運営するSODAは7月29日、第三者割当増資の実施を公表した。引受先となったのはNAVER子会社のKREAM、Altos、SoftBank Ventures Asia、JAFCO Group、および既存投資家のbasepartners、コロプラネクスト、THE GUILDなど。ラウンドはシリーズCでリード…

ニュースサマリ:スニーカー、ストリートウェアに特化したマーケットプレイス「スニーカーダンク」を運営するSODAは7月29日、第三者割当増資の実施を公表した。引受先となったのはNAVER子会社のKREAM、Altos、SoftBank Ventures Asia、JAFCO Group、および既存投資家のbasepartners、コロプラネクスト、THE GUILDなど。ラウンドはシリーズCでリードはKREAMが務めた。同社の今回ラウンド評価額は240億円で、調達した額は約62億円。それぞれの出資比率は開示していない。

また、同社はこれにあわせ、同じくスニーカー特化のマーケットプレイス「モノカブ」の買収も公表した。既存投資家に対して発行済みの全株式を現金で買い取る。株価については非公開で、モノカブの経営陣およびチームはそのまま継続してサービス運営にあたる。買収にあたっての詳細な条件や契約内容については公表しない。

モノカブの創業は2018年。創業期にTLM(現・mint)とエンジェルが出資し、2019年に入って引き続きTLMとW venturesから資金調達を実施し(※)、その後の2019年にX Tech Venturesとアドウェイズらから2.2億円、昨年12月にGunosy Capital、ユナイテッド、Heart Driven Fund、YJキャピタルらから4.5億円を調達していた。W venturesは2019年以降のすべてのラウンドに参加している。

買収したSODAの創業は2018年7月。メディアやアプリなどの利用者数は月間(MAUベース)で300万人を超える。調達した資金はインドネシアやフィリピンなどアジアを中心とした海外市場獲得のために投じられる。

話題のポイント:オリンピックで金メダルラッシュの中、また一社、国内から世界戦に挑むスタートアップが出てきました。しかも2社連合です。ということでSODA代表取締役の内山雄太さんとモノカブ代表取締役の濱田航平さんのお二人に話を伺ってきました。

モノカブ代表取締役の濱田航平氏はSODAグループとして世界戦に挑む

お二人の考え方はシンプルです。国内で小さくまとまるのではなくやるなら世界でデカくやってやろう、というものです。株式についてもこのタイミングだと株交換だったり色々な条件を付けたりすることがありそうなのですが、非常にシンプルに既存含めて買取でした。内山さんも濱田さんも共に年齢は30歳前後で近く、今回の買収で濱田さんは新設されるグローバルチームに参加するそうです。お二人が初めてこの話をしたのが1カ月ほど前だそうで、やはり次に登る山がデカイと話がまとまるのも早いですね。

そして気になるのはそう、世界戦で対抗することになるであろう絶対王者「Stock X」にどう対抗するか、です。

38億ドル評価の絶対王者「Stock X」

Stock Xはスニーカー・ウェアだけでなく商品ラインナップが拡大

スニーカーに特化したマーケットプレイスでありながら、同時にコレクションとしての価値・トレードの体験を提供したのがStock Xでした。2015年創業で、今年4月に実施したシリーズEラウンドでの評価額は38億ドル(日本円で約4200億円)のユニコーンです。競合にはStadium GoodsやGoatなどがありますが、この分野の草分けとして常に目標とされる存在です。

このCNBCのインタビューにもある通り、公表されている流通額(GMV)は2020年の実績で18億ドル、取引した商品件数は750万件に上ります。会社設立(2016年)からの総流通額が25億ドルなので、このコロナ禍で一気に爆発している様子がわかります。日本にもブランチはあるようなのですが、まだ市場調査の段階なのかあまり目立った動きはありません。

アジアから攻める

リードで出資した韓国・KREAMもスニーカーマーケットプレイスを展開

では、この世界戦どう戦うか、です。今回、リードで出資した韓国NAVERのKREAMも実は韓国市場におけるスニダンやモノカブのようなスニーカーマーケットプレイスで、実質は3社でアジア圏を獲りに行くという感じらしいです。らしい、と書いたのは、別に3社で合併するとかそもそも国内のモノカブをどのように扱うかについてはこれから協議するという状況だからです。

ただ、内山さんもお話されてましたが、モノカブを例えばゼロにしてなくしてしまう、というような考えはないということでした。

さて、では具体的にどう攻めるのでしょうか。ポイントは「売れ筋」「集客」「物流」の3つです。それぞれお二人のお話踏まえて軽く考察してみます。

まず売れ筋。Stock Xはマーケットプレイスにおける売れ筋を公表しているのですが、トップからジョーダン、ナイキ、アディダス、コンバースと続くようです。またウェアブランドについてはSupremeが人気になっています。実はこの売れ筋、スニダンもモノカブもそう大差ないらしいです。

グローバルで戦う際のポイントにローカライズがあります。文化が違う場合、ここの理解やマーケットフィットに時間がかかるとかなり厄介です。しかしこのスニーカー市場については、この傾向がある程度似通っているという特徴があるのです。しかもこのアジア圏におけるStock Xライクはまだ空白地で、誰が獲るのかといった状況になっています。

であれば、いかにして速く、安く集客できるかが次のポイントになります。スニダンはこれまで公表する指標を流通総額ではなくMAUにしてきました。ここも明確な戦略のひとつで、とにかくまず集客を最大化させることを徹底していたようです。アジアについても同じで、いくつかのターゲットとなる国で集客導線を確かめ、最大化できそうな地域から攻めていくということでした。

最後のポイントが物流です。内山さんは例えばC2Cで即日配達できるような体験が鍵になるとお話されていましたが、この物流網をどうやって各国で構築するかがかなりの勝負どころになります。国内メルカリもヤマト運輸と早い段階から提携し、メルカリらくらく便を作るなど、個人間での売買におけるロジスティクスが体験に占める割合は相当高いと認識されています。

例えばZHDは傘下のアスクル、出前館と連携してデリバリーネットワークを活用した「日用品最短15分」の配達テストを開始しています。デリバリー網が発達するアジアで独自の流通網を構築できれば相当に強い参入障壁になります。

SODAは現在150名、モノカブも95名と両社合わせて250名体制が実現します。今月は教育分野でatama plusが50億円の大型調達と共に世界戦への切符を手にしました。今、グローバルの投資は2021年上半期だけで32兆円近くがスタートアップのイノベーションに流れ込んでいます。

この海外への切符を手にすることができるかどうか、また、手にしたスタートアップがどう戦うのか、引き続き彼らの戦況をお伝えできればと思います。

※モノカブの増資時期表記について詳細を分けました

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


C2C「スニーカーダンク」運営が25億円の資金調達公表、SoftBank Ventures Asiaなど出資

SHARE:

個人間のスニーカーフリーマーケット「スニーカーダンク」を運営するSODAは1月14日、これまでの増資について公表している。公表された引受先はSoftBank Ventures Asiaとbasepartners、コロプラネクスト、THE GUILD、IVA代表取締役の相原嘉夫氏個人、ほか名称非公開の1社と個人投資家となっている。相原氏はスニーカーダンクが実施しているスニーカーの真贋鑑定「フェイクバ…

個人間のスニーカーフリーマーケット「スニーカーダンク」を運営するSODAは1月14日、これまでの増資について公表している。公表された引受先はSoftBank Ventures Asiaとbasepartners、コロプラネクスト、THE GUILD、IVA代表取締役の相原嘉夫氏個人、ほか名称非公開の1社と個人投資家となっている。相原氏はスニーカーダンクが実施しているスニーカーの真贋鑑定「フェイクバスターズ」を運営する。

増資の内容についてはシリーズAが3億円、シリーズBが約22億円で、SoftBank Ventures AsiaがBラウンドをリードした。それぞれの参加投資家や払込日などについては非公開。

スニーカーに特化したマーケットプレース「スニーカーダンク」を運営するSODAの創業は2018年7月。ウェブ、iOS/Androidアプリに対応しており、個人間売買ながらユーザーは一般的なECと似たような購入体験でスニーカーを手にすることができる。また、真贋鑑定についてはプロの鑑定サービス「フェイクバスターズ」を導入する二重チェックを特徴にしている。

同社が公表する利用者数は月間250万人。サービス利用には月額会費などの利用料はなく、購入者が2.9%の購入手数料を支払う仕組み。なお、販売者は現在手数料が無料になっている。また中古品に限り、二重チェックを利用する場合は別途1200円のサービス利用料がかかる。

スニーカーダンクではマーケットプレース以外にもスニーカーに関するメディアにも力を入れており、ユーザー投稿型のコミュニティでは月間数万件の投稿があるとしている。調達した資金は、プロダクト開発やマーケティング、ロジスティクス・カスタマーサポートの人材採用および設備投資に使われるほか、グローバルでの展開も見込む。

via PR TIMES

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ドコモ・イノベーションビレッジが第1回デモデイを開催——カップルアプリのPairyがグランプリを受賞

SHARE:

今日、NTT グループのインキュベーション・プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ(以下、DIV と略す)」は、第一期プログラムのデモデイを東京で開催した。デモデイには、NTTドコモの加藤薫社長の他、500 Startups の Partner & Fire Chief George Kellerman 氏、Skype 創業者で Atomico のパートナー Niklas Zennst…

div-demoday-wideview3

今日、NTT グループのインキュベーション・プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ(以下、DIV と略す)」は、第一期プログラムのデモデイを東京で開催した。デモデイには、NTTドコモの加藤薫社長の他、500 Startups の Partner & Fire Chief George Kellerman 氏、Skype 創業者で Atomico のパートナー Niklas Zennström 氏らが登壇しステージに花を添えた。今回のデモデイは、DIV にとって初めての試みだったが、普段彼らがインキュベーションを実施しているスペースではなく、一般ホールを借り切って開催され、聴衆は数百名に加えて、立ち見が出るほどの盛況ぶりだった。

今回発表されたのは、4月に第一期プログラムに選抜されたスタートアップ6社だが、この数ヶ月間でどの程度成長をとげたのか、目にするのを楽しみにしていた。では、各社の健闘ぶりを紹介してみよう。

なお、デモデイではNTTドコモの社員や、DIVの外部メンター十数名の審査により、グランプリとベスト・ストレッチ賞が選ばれた。彼らには副賞として、DIVに協力している 500 Startups オフィスへの訪問を含む、シリコンバレーツアーが贈呈される。

<グランプリ>  Pairy by Timers(高橋才将氏)

div-demoday-pairyPairy は、カップルのためのモバイルアプリで、二人が思い出を振り返るのを助ける。調査によれば、過去1ヶ月以上前のチャットをさかのぼってチェックするカップルは、全体の40%以上にも上るという。SNS や既存のメッセージアプリでは、他のコミュニケーションに埋もれて、1ヶ月以上も前の二人だけのチャットを見つけ出すのは容易ではない。Pairy は目的をカップル同士のコミュニケーションに限定することで、このプロセスを容易にしてくれる。

現在ユーザ数は12万人で、DIVに参加した3ヶ月間で156%伸びた。ユーザの多くは、結婚を控えた20代の男女だ。月間PVは600万件、登録されているデートスポットは5万件、うち、20%のデートスポットには実際カップルが訪問していることが確認できている。

毎月自然増加でユーザ数は120%ずつ増加しているので、このまま行けば2014年10月にユーザ数100万人を突破し、国内最大規模となる。2014年3月に、フォトブック・プレミアムサービス・広告でマネタイズし、フジテレビとも連携して番組を企画検討している。現在6,000万円を資金調達中で、Pairy で付き合ったカップルが結婚した後に使えるアプリ Family(仮称)を構想中だ。

<ベスト・ストレッチ賞>  Coromo by Coromo(井上北斗氏)

div-demoday-coromo3スマートフォンのホームスクリーンをメディア化するソリューション。仕事のとき、レジャーのとき、家にいるときなど、専用のカードを接触させる(Felica などのNFC仕様と推測される)ことで、ホームスクリーンを切り替えることができる。ユーザはHTML5 を使って自分オリジナルのスクリーンを作ることもできる。

スマートフォンでは、ユーザがホームスクリーンを眺めている時間(滞留時間)が最も長いことに着目した。大規模イベントや施設に、専用メディアとして使ってもらうことでマネタイズする。今年の東京モーターショーでは来場者向けの専用メディアとして提供されることが決まっている。会場を離れた後はユーザを Coromo Store へ誘導し、ユーザのリテンションを図るだけでなく、B2C によるマネタイゼーションにもつなげる。スマートフォンが将来、ウエアラブル・デバイスに移行しても、ホームスクリーンの概念は残るので、このビジネスには将来性があるとのことだ。

DecoAlbum / DrawChat by プライムアゲイン(阿部伸弘氏)

div-demoday-primeagain

DecoAlbum は、写真のデコレーションと共有を一つのアプリで完結させられるモバイルアプリだ。なお、このアプリの開発経緯などについての詳細は、このインタビュー(英語)を参照されたい。これまでに200万ダウンロードを達成し、この数はDIVに参加する前の約2倍である。日本とタイからのユーザが約半数を占め、全体の7割は海外ユーザによって利用されている。

先頃、プライムアゲインは DrawChat という Facebook 上で手書きイラストをメッセージングできるアプリをリリースした。Facebook API を利用して、思い出や感情を共有できるアプリを出し続けることで、2014年には現在の5倍にあたる1,000万ダウンロード達成につなげたいとしている。

FunPicty by Soda(本名耕氏)

div-demoday-funpicty

FunPicty(iOS / Android) は、面白い写真が撮れる写真アプリの機能を一つに集めたものだ。これまでの面白写真アプリは短命のものが多かったが、彼らはそれら複数のバリエーションを一つのアプリに集め、面白写真を投稿/閲覧しあうコミュニケーション・プラットフォームを実現した。他の面白写真投稿サイト Break、Imgur、Pixiv などと差別化するため、モバイルアプリを作ることに注力している。

現時点でダウンロード数500万件で、月間アクティブユーザは30万人。2014年には月間アクティブユーザを100万人にまで持って行きたいとしている。

クミタス by Willmore(石川麻由氏)

div-demoday-willmore

食品アレルギーを持つ人のためのアプリ。アレルギー代替食を探せ、Yahoo Shopping やセブンネットショッピングなどのオンラインショップを横断してアレルギーフリーの商品を検索でき、各商品の原材料・アレルギー成分などの情報を入手することができる。

日本では、食卓で子供にアレルギー対策を施している家庭が14.2%、学校給食で代替食等の対応を要するケースが7%となっており、食品アレルギーは身近な問題である。30人の主婦の協力により、これまでに4万件以上の食品の成分情報を登録し、これにより、例えば、「原材料に卵を含まないクッキー」などの条件で食品を選択注文できるようになった。

アフィリエイトや定期販売などで、3年以内に年間売上高15億円を目指している。ロッテ、Dショッピング、もぐもぐ共和国、らでぃっしゅぼーやとの提携が決定しており、中間流通販売業者へのデータ販売も検討中だ。年内にモバイルアプリをリリースし、今後はレシピ機能、外食先やスーパー等で使える有料機能、成人向けの食事制限者や糖尿病患者にも使える機能を追加する予定だ。1年でユーザ数50万人、3年で300万人の獲得を目標に、シリーズAラウンドでの資金調達を実施中だ。

Nanovel by Gadget(浅見敬氏)

div-demoday-nanovel

もともと映画プロデューサだった浅見氏は、同僚のプロデューサらと「10分間のストーリーで人を涙させることができるか」という企画を立てた。くだんの同僚はこれを「つみきのいえ」として映像化し、第81回アカデミー賞で短編アニメ賞を受賞するに至った。

このアイデアにインスパイアされ、浅見氏は2,000文字で人を感動させられる小説のプラットフォームを構築した。Nanovel には、脚本家、放送作家、コピーライターら50名が寄稿しており、ユーザは月間16本の短編小説を無料で読むことができる。ユーザの継続利用意向率が68.5%と非常に高いことも特徴だ。


SD Japan では今後も、単独インタビューなどの機会を設け、デモデイで披露されたスタートアップ6社の動向をより深く追いかける予定だ。ご期待いただきたい。

また、DIV では第2期プログラムへの参加者を募集している。今回のスタートアップ6社に続きたい起業家の人たちは、この機会にぜひ申し込んでみてほしい。

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録