NFTを知るもう一つの手段「金の流れを追え」(4)

SHARE:
Above: Blockchain and NFT investments are going strong in games.
Image Credit: Drake Star Partners

(前回からのつづき)とは言うものの、やはり抗議の声も聞こえてきそうだ。ブロックチェーンゲームは面白くない。詐欺だ。規制されるだろう。環境を汚染している。ーーこれらは正当な懸念だが、いずれ対処されると思っている。この考えを試すには、ウォーターゲート事件の古いルールに従えばいい。

金の流れを追うのだ。

実は筆者は1年中これを続けている。Google Trendsを見ると、2月にNFTが盛り上がり始め、デジタルアートやNBA Top Shotなどの関連するNFTの売上が軌道に乗ってから急上昇したことがわかる。Dapper Labsでは、これらのNFTの販売・再販で7億8,000万円を突破した。3月には、BeepleというアーティストのNFTデジタルコラージュが、クリスティーズで6,930万ドルで落札された。なんとも間抜けな話だが、NFTの人気は美術品を盗んで自分のNFTとして販売するという数多くの詐欺行為によって、システムの欠点も露呈している。

Above: Google Trends shows searches for NFTs have skyrockted.
Image Credit: Google Trends

5月にはイーサリアムでNFT市場が暴落した。KotakuはNFTバブルが崩壊したと書いた。しかしその後、8月と9月に再び上昇し、一旦は落ち込みましたが、着実に成長した。ビットコインの暗号通貨取引のように変動が激しいのだが、着実に上がっている。イーサリアムだけでなくより広いNFT市場を測定しているDappRadarによると、NFTの売上は、第1四半期に12億ドル、第2四半期に13億ドル、そして第3四半期にはAxie Infinityなどのゲームが流行して、なんと107億ドルに達したと報告している。

このような状況の中、従来のゲーム業界は試行錯誤を繰り返しながらこの新興市場が整理されるのを待っていた。勝者が出れば大手ゲーム会社はその勝者を買収するつもりだった。そして脅威はなくなった。しかしこの混乱はそう簡単には収まらないだろう。

というのも誰もがクレイジーなことをやっていて、なおかつ賢い人たちが参加しているのに自分は傍観しているとしたら誰がバカなのか、ということだ。

パリにある30人のスタジオSorareでは、NFTベースのファンタジーサッカーゲームを作っている。Softbankは、43億ドルの評価額でSorareに6億8000万ドルを投資した。Electronic Artsは、Glu Mobileを24億ドルで、Playdemicを13億ドルで買収したばかりだ。これにより、EAのモバイルゲーム開発会社はそれまでの1,000社から約2,000社に増えた。

では果たしてEAの取締役会はこの小さくて危ういSorareを43億ドルで買収するだろうか?

突然だが、勝者を買うという戦略はもはや通用しない。EAは急成長しているサッカーゲームのメーカーであるSorareを買収することはできない。投資銀行のDrake Star Partnersによると、第3四半期だけでNFTのゲーム会社は10億ドル以上の株式ベースの投資を集めている。

Dizon氏はNFTのスタートアップ企業が勝つと信じていると話してくれた。なぜなら、彼らはすでに大きくなっていて、ここ2、3年の間に生まれた100ものゲームに特化したVCファンドから資金を得ているからだ。またゲーム、特にNFTゲームに非常に強気の勝負を仕掛けているAndreessen Horowitzからも資金を得ている。

Andreessen HorowitzのゼネラルパートナーであるArianna Simpson氏は「Axieチームはゲームに地殻変動を引き起こし、業界は今、大きく変化している」と語る。

思い出してほしい。「金の流れを追え」だ。要はNetscapeの生みの親であるMarc Andreessen氏とBen Horowitz氏に賭けてみるのか?ということなのだ。彼らは、Coinbase、Skype、Medium、Zynga、Twitter、Facebook、AirBnb、Oculus、Robloxなどの企業を支援してきた。確かに不発弾もあったし、そんな事を言ってるのはチューリップ・マニア(訳注:チューリップ・バブルのこと)だけかもしれない。だから彼らの言う「スマートマネー」(同時に馬鹿なお金)がNFTに移ったというだけで十分だ。そして、初期の投資家は大金を稼ぎ、他の投資家は傍観している。

大手ゲーム会社の中では、Ubisoftだけが数年前に先見の明を持ってブロックチェーンの研究を始めた。彼らはブロックチェーンのスタートアップやその他の技術革新者のためのアクセラレーターを設立した。また、Ubisoftは自らブロックチェーンゲームを発売してはいないが、今週、評価額22億ドルで6,500万ドルを調達したAnimoca Brandsに投資している。

ここ数週間の出来事をおさらいすると、Zhang氏のConcept Art Houseが2,500万ドル、Galaxy Interactiveがブロックチェーンゲームに投資するための3億2,500万ドルのファンドを調達、Bitkraftが7,500万ドルのトークンファンドを調達、Sky Mavisが1億5,200万ドル、Dapper Labsが2億5,000万ドル、Mythicalが7,500万ドルを調達している。

ブロックチェーン上でAxieの資産状況を見ることができる。Zirlin氏によればその中には3万6300Eth(イーサリアムの暗号通貨)と1830万AXSトークンが入っているのだそうだ。調査会社のCoinGeckoによると、その価値は74億7000万ドル(約1,000億円)に上る。Yield Guild Gamesのトークンは約60億ドルの価値があるが、これは11カ月の仕事にしては悪くない。そしてどちらのプロジェクトも、35年の歴史を持つゲーム会社であるUbisoftの価値よりも高くなっている。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録