成功の秘訣:鎌倉インターナショナルFC代表 四方 × ACV唐澤・村上(3)

本稿はアクセンチュア・ベンチャーズが配信するポッドキャストからの転載。音声内容の一部をテキストとして掲載いたします

アクセンチュア・ベンチャーズ (ACV)がスタートアップと手を取り合い、これまでにないオープンイノベーションのヒントを探るポッドキャスト・シリーズです。旬のスタートアップをゲストにお招きし、カジュアルなトークから未来を一緒に発見する場を創っていきます。

ポッドキャストで語られたこと

成功の秘訣

クラウドファンディング2.0「フィナンシェ」でファンと交流(画像クレジット:鎌倉インターナショナルFC/フィナンシェ)

唐澤:フィナンシェ上でも色々なクラブがトークン発行で資金調達をされたりしてますが、鎌倉インテルは調達額とかコミュニティの活性化度合いも含めてめちゃくちゃ成功事例というか、いつも上位に出てくると思います。ぶっちゃけ何が秘訣なんですか?(中略)

四方:一朝一夕に「こうやったらうまくいきます」と言うのは難しいです。四方マジックじゃないですが、僕は代表者としてこれをやろうと向き合っているので、クラブの中でのトークンプロジェクトは責任者である僕がやってます。

株も同じといいますか、株式を発行していて、代表取締社長が「興味ないです。あれはうちの若いやつがやってて」みたいになると「大丈夫かこの株」という話になると思うので、そこをコミットしてるというのはすごく重要ですし、それはバックグラウンドがITだったりとか、この人はちゃんと運用してくれる、向き合ってくれるというのもあると思います。

後はチームのブランディングですね。常に僕らは新しいものを世に提示していくのをトークンと関係ないところからも常に発信をしていて、「あのクラブなんか新しいことやるよね」というところに惹かれてるファンたちがいます。

例えば、サッカーとしてはものすごい強くても、地方でリテラシーもそんなに高くないかもしれない、サッカー原理主義的にサッカーそのものを応援している「いや俺トークンとかじゃないんだよね」というファンがたくさんいるところはなかなか難しいですよね。

例えばイングランドで昔からサッカーとボールがあって、「これは俺の人生なんだ」というようなクラブにいきなりトークンがくると、「何?クラブを愛する気持ちがお金で測られるなんてあり得ない」みたいな反発も起きるわけですよ。伝統的であればあるほど、ひょっとしたら相性は良くないかもしれない。

唐澤:成り立ちとか歴史がまだまだ浅いという部分がむしろトークンとか新しいことをやる際にはポジティブに働いたということですね。

四方:例えば先ほどのフィナンシェを紹介してくれた渋谷のクラブ。渋谷に何か関係がある、デジタル系とかスタートアップ系の経営者が多いクラブ、元々そういう人たちに応援されていたとなると、クラブが元々持ってるスポンサーとかお付き合いのある経営者さんたちに「トークン買ってよ」と言うと「あれでしょ、何か話題らしいね」って言ってすぐ買うとこまで行くじゃないですか。

唐澤:やはり自分たちのファン層の属性をまずは見極めるのはベーシックですけど結構大事ですよね。

四方:もう一個あって(中略)「このチームめっちゃでかくなるかもしれない」という期待値にかけてるところがあって。例えばもう既にJリーグにいるようなクラブの場合、2,000万円ファンディングできましたと言っても選手1人取れるかどうかみたいなので、あんまり影響がないないじゃないですか。

だけど社会人2部の神奈川県のチームが2,000万、3,000万のファンディングできたらめちゃめちゃ上に行けるわけですよ。こっちの方が何か、投資として見たときにはいいんじゃないかなと。

唐澤:振れ幅がでかいわけですよね。投資で見たときに過小評価されていた物に対してお金が入れられるから、伸びしろというかアービトラージの余地が高いわけですね。

四方:話題の面白そうなやり切る経営者がいそうだけど、まだ市リーグですみたいな。

唐澤:面白いですね。(中略)スタートアップと同じだなと思いました。ファウンダーがエグジットストーリーを描いて資金調達してきて、いろんなところと提携して、会社としての期待値とかフューチャーバリューを増やしていく、そっちに近いですよね。

四方:本当に応援するという気持ちとか寄付のちょうど間ぐらいをグラデーションで攻めてる感じがあります。

唐澤:その絶妙な塩梅が大事なわけですね。

次につづく:説明コストという課題どう乗り越える

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録