ジェネレーティブAIで理解の弱点を特定、問題解決に誘導——台湾発のAI家庭教師「Tera Thinker」

Tera Thinker の CEO Chun-Yu Yang(楊淳佑)氏
Image credit: Hou Junwei(侯俊偉)

インターネットは巨大な図書館のようなもので、コンテンツは豊富だが、学生にとっては迷宮のようなものだ。

オンライン学習プラットフォーム「Tera Thinker」は、オンライン問題集を科目と難易度によって分類し、生徒の学習履歴と各科目の成績をインポートし、AI を使って生徒に最適な問題を推薦することで、司書の役割を果たそうとしている。

Tera Thinker の CEO Chun-Yu Yang(楊淳佑)氏は、次のように説明してくれた。

例えば、二次方程式の問題だけでも、数十人の教師から検索することができるため、生徒は自分のレベルに合わせて、どの教師の話を聞いたら良いのか、皆目見当もつかない。

また最近、Tera Thinker はジェネレーティブ AI を導入し、問題解決型家庭教師向けの新しい AI 家庭教師サービスの提供を始めた。

生徒がテキストを入力すると、Tera Thinker の AI チューターが実際の問題解決型家庭教師のように振る舞い、時には修辞的な質問を使って、解決策を直接提供するのではなく、生徒が問題について考えるように導く。
Image credit: Tera Thinker

本好きの家庭で育った創業者

Yang 氏は、Tera Thinkerはもともと「生徒の適性に合わせて教える」ために設立されたと語ったが、彼は清華大学電気工学科で学んだだけで、教育に携わった職歴も経験もない。清華大学電気工学科の出身者が、なぜ年収数百万円もらえるハイテク工場に就職せず、そこまで教育に熱心なのだろうか?

実際、私は街に出て社会運動に参加するような若者です。(Yang 氏)

Yang 氏は、公共政策に関する市民的な問題に関心が高く、これには教育も当然含まれるため、電気工学の分野以外の教育問題にもよく注目していると笑顔で語った。

一方、Yang 氏は両親ともに教師という教育熱心な家庭に育ち、教育分野の問題をよく共有していた。彼の父親は、教師の立場から、生徒には情報を検索し、識別する能力を持ってほしいと話したことがある。しかし、現実はそうではない。学生たちは情報の海で羅針盤を失った船のようなものだ。

ほとんどの時間を教科の内容に費やし、能動的に情報を探す余裕のない学生が増えている。オンライン教育に豊富な情報があったとしても、それを探す時間がない、探し方がわからない、見つけたとしても自分に合っていない可能性がある。

本当のジレンマは、多くの学生がすでに義務教育の科目の内容を理解するのに多くの時間を費やさなければならず、積極的に情報を探す時間がないことだ、と楊春用は言う。撮影:侯俊偉

Tera Thinker は2020年9月に誕生し、AI を使ったアダプティブラーニングシステムを発表した。

教育と自身の専門分野を掛け合わせ、アダプティブラーニングシステムと家庭教師製品を開発

(事業を始めたことを)最初は家族に知らせるつもりはなかったのですが、就職活動中に誤って Facebook の投稿を公開設定にしてしまい、父に見られてしまいました。叱られるかと思いましたが、両親はとても協力的で、この製品が教育のジレンマを解決する可能性があると思ったようです。(Yang 氏)

Tera Thinker が解決しようとしている問題は、生徒がどの科目がわからないかを判断するのが難しいということだ。新しいカリキュラムが導入され、複数の科目を横断した読み書き重視の問題が出題されるようになった今、解答が間違っていた場合、複数の科目を題材にした問題に対して、どこが間違っているのか、生徒にも教師にもわかりにくい。

細菌の無性生殖の特徴によると、4日目には細菌は何個になりますか?

上の問題を例にとると、一見生物学の問題のように見えますが、読解力、算数、基本的な加減乗除なども含まれており、1問だけではどの分野ができていないのかを判断することは困難だ。

Tera Thinker では、AI 技術を駆使して、まず各問題をいくつかの分野に分解し、生徒の連続した正解・不正解を通して、どの分野がわからないかを相互参照し、生徒の不慣れな領域を見つける。生徒が無性生殖に関する問題を間違った場合、システムは純粋な国語、数学、生物学に関する問題をさらに数問生成し、その結果得られる学習レポートから、教師は生徒が本当に不慣れな分野を特定することができる。

Tera Thinkerは生徒だけでなく、教師にも役立つ。生徒の回答を通して学習レポートを作成するため、教師は生徒の学習状況をデータで把握することができる。

Tera Thinker のサービスは教師向けでもある。生徒の回答を通じて学習レポートを作成し、教師が生徒の学習状況をデータで把握できるようにする。
Image credit: Tera Thinker

ジェネレーティブ AI の波に乗り、AI 家庭教師を開発

Tera Thinker は、生徒の学習状況を分析するだけでなく、生徒が問題を間違えて解答した場合に、その疑問点を即座に解決することも目指している。

これは実際に、家庭教師がいなくても生徒が質問できるようにしたいという親からの要望なのです。(Yang 氏)

Yang 氏によると、この需要のタイミングがジェネレーティブ AI の爆発的な普及と重なったため、チームはすぐに新製品「AI 家庭教師」を連携開発した。AI 家庭教師は、生徒がテキストを入力して提供する詳細な説明とは異なり、AI 家庭教師は問題を解く実際の教師のように振る舞い、時には修辞的な質問を使って、解答を直接提供するのではなく、生徒が問題を考えるように導く。

Yang 氏は、AI 家庭教師が11月に正式にローンチする予定で、将来的には、より多くの教育 AI 製品を開発するために資金を調達することも望んでいると述べた。

現在、AI 演習と学習レポートは半年単位で料金が設定されている。1教科の半年購読の価格は2,000ニュー台湾ドル(約9,200円)で、すでに数百人の学生に利用されている。将来的には、教育機関や個別指導塾とも提携する予定だ。

Yang 氏は教育業界の出身ではなかったため、Tera Thinker が顧客を見つけるのは困難だったが、両親の教育関係者とのコネクションや、学生運動に参加していた師範学校出身の友人を通じて紹介を受け、こうした人々が Tera Thinker の初期ユーザとなった。

学生の情報整理に AI を使うのは、魚の釣り方を教えるのではなく、魚を食べさせているのと同じではないか」と言われたこともある。しかし、生徒の中には学習能力に限界があり、私たちは彼らの現在のニーズを解決することしかできないと思います。実際、多くの能力を育成することは、ツールでできることではなく、家族と教育環境全体から始めるべきです。私たちは、皆が協力して、より良い学習環境を構築するべきです。(Yang 氏)

起業に関する簡単な Q&A

Q: 顧客や投資家からよく聞かれることは何か? どう答えるか?

「本当に学習に役立つのですか? どのくらい役に立つのか?」という質問が多い。教育の成果はすぐには出ないことが多く、長い期間の努力が必要です。しかし、国内外に同様の研究例があり、学習効果が確認されており、今後もお客様の声は増えていくでしょう。

Q:次の目標を達成するために、チームに足りないリソースは何か?

より幅広いアプリケーションや利用シーンを推進するために、チーム内の開発能力やマンパワーの拡大に努めるとともに、より多くの外部投資や戦略的パートナーを探しています。

Q: 起業してからのベスト3を教えてほしい。

1. 困難な道で踏ん張れたこと …… 教育分野で起業することは簡単なことではないが、間違いなく価値があり、有意義で、踏ん張る価値のあることだ。

2. 強力なチームメイトに出会えたこと …… 長く困難な道のりでしたが、私は幸運にも優秀で協力的なチームメイトに出会えました。

3. 複数の関係者の進歩を促し続けること …… 自分自身が成長し続け、我々チームの学習を促進し、教育現場がより進歩できるようにします。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録