世界的な人手不足危機で、ロボット黄金時代の到来か?【ゲスト寄稿】

本稿は、Cherubic Ventures(心元資本)によるものだ。2014年に設立された同社は、アメリカとアジアの両方で活動するアーリーステージ・ベンチャーキャピタルであり、運用総資産(AUM)は4億米ドルだ。シードステージ投資を中心に、次の象徴的な企業の最初の機関投資家になることを目指し、大きな夢と世界を変える勇気を持つ創業者を支援している。同社は、サンフランシスコ、シンガポール、台北に拠点を置いている。(過去の寄稿

This guest post is authored by Cherubic Ventures. Founded in 2014, they are an early-stage venture capital firm that’s active in both the US and Asia, with a total AUM of 400 million USD. Focusing on seed stage investments, Cherubic aims to be the first institutional investor of the next iconic company and back founders who dare to dream big and change the world. Their team sits across San Francisco, Singapore, and Taipei.


Image created by Bridge with DreamStudio by Stability AI

最近、こんな現象にお気づきだろうか? ホテルのチェックイン時間がどんどん遅くなっている、レストランの閉店時間がどんどん長くなっている、物流の問題で出荷が遅れている……など。これらはすべて、人手不足という世界的に深刻化している現象を反映している。

日本や台湾では、多くのホテルが人手不足のためにチェックイン時間の延長を余儀なくされている。アメリカでは、物流会社の UPS がドライバー不足を補うために17万米ドルという高額の年俸を提示している

人手不足を解消するため、多くの国が海外から人材を呼び込むためにビザの発給要件を緩和している。一部の政府は定年延長のための法改正まで行い、高齢労働者との労働格差を埋めている。例えば日本では、企業の40%が70歳以上の高齢者を雇用している

高齢化社会と生産年齢人口の減少に直面せざるを得ない国が増えるにつれ、労働力不足はさらに深刻な問題となるだろう。コンサルティング会社 Korn Ferry の報告書によれば、2030年までに世界は8,500万人以上の人材不足に直面するという。これはドイツの総人口に匹敵し、世界の生産高に年間8兆5,000億米ドルの損失をもたらす。

小売業や飲食業から物流に至るまで、ロボットはますます〝遍在〟

労働力不足は現世代が直面する世界的な危機だが、同時に大きなビジネスチャンスでもある。現在、いくつかのテック大手やスタートアップが、解決策として「ロボット」に賭けている。

自動化がすでに広く採用されている製造業や倉庫物流の分野に加え、私は最近、さまざまな業界で興味深い事例に遭遇している。例えば、ホテル業界の労働力不足に対処する試みとして、ドライクリーニング・ロボットのスタートアップ Presso は、ドライクリーニング・プロセスを自動化し、衣類のクリーニングとプレスにかかる時間をわずか5分に短縮した。一方、飲料自動化スタートアップ Sidework は、1時間以内に300杯分の様々な飲み物を作ることができるマシンを開発した。

小売業もまた、労働力不足に深刻な影響を受けている業界である。この苦境に対処するため、小売自動化スタートアップ Simbe Robotics は、店の棚を自動巡回し、商品情報を入手できるロボット「Tally」を開発した。

商品が在庫切れだったり、間違った場所に置かれていたり、間違った販売価格が表示されていたりすると、Tally は即座に店員に通知し、関連するロスを削減する。現在、カルフールやアメリカのスーパーマーケット・チェーンである Schnuck Markets、SpartanNash、BJ’s Wholesale Clubなど、ヨーロッパ、アメリカ、中東の12以上の小売業者が Tally の利用を開始している。

スタートアップもテック大手も、ロボティクス分野に積極的に投資している。例えば、e コマース大手 Amazon は倉庫に人型ロボット(ヒューマノイド)を導入し、韓国の通信大手 SK Telecom は、環境内の異常を特定するために設計された AI 搭載のパトロールロボットサービスを試験中で、すでに地元の大学で試験が行われている。ロボット技術を極めようと、Tesla から Xiaomi(小米)までが独自のヒューマノイドを積極的に開発している。

ロボティクスのビジネスの可能性はどのくらいあるのだろうか? Goldman Sachs の報告書によると、ヒューマノイド市場は今後10~15年で60億米ドル以上に達すると予想されている。

ロボットの流入はどのような変化をもたらすのか?

ロボットが人間と協力し、あるいは人間を凌駕する日は、多くの人が想像しているよりも近いかもしれない。今年11月、中国は早ければ2025年にもヒューマノイドの量産を開始する計画を発表した。

ロボットの頭脳として機能する AI 技術など、最近のいくつかの技術革新によって、ロボットはより使えるようになった。このような進歩により、ロボットはますます複雑な作業をこなせるようになり、普及の可能性が加速している。

ロボットと人間がより効果的に協力する方法を探るため、韓国のテクノロジー企業 Naver は世界初の「ロボットに優しい」オフィスビルを設計した。ここでは、100台近くの車輪付きロボットが、約5,000人の人間の同僚に荷物や昼食、コーヒーの配達などのサービスを提供している。バリアフリーの設計コンセプトを採用したこのオフィスビルには、特注のエレベーターが設置され、急な坂道や階段の存在も最小限に抑えられ、ロボットが自由に移動できるようになっている。

ロボットの黄金時代がいつ始まるかは誰にも正確にはわからないが、その時が来る前に、オフィスやショッピングモール、さらには都市全体が再設計される必要があることは確かだ。ワークフローのプロセスから空間デザインに至るまで、あらゆるものを、新しい住人であるロボットのニーズに対応するように再構築する必要があるだろう。当面は、これらの問題をロボットにアウトソーシングすることはできない。解決策を見つけるには、私たち自身の思慮深い創意工夫が必要だ!

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録