13万人超が参加予定、来週開催の #CES2024 で期待される展示を一挙先読み——今年の主役は言うまでもなくAI

SHARE:
空飛ぶ車を開発する Supernal
Image credit: Supernal

来週ラスベガスで開催される CES 2024では、再び最新の技術トレンドを実際に見たり聞いたりすることができる。

今年、CES 2024の主催者は、1月12日までに参加者13万人超の来場を見込んでおり、講演者数百人、出典社3,500社超、240万平方フィート(22.3万㎡)の展示スペースが見込まれていると、同イベントを主催する業界団体 CTA(全米民生技術協会、Consumer Technology Association)の CEO  Gary Shapiro 氏は述べた。

これは、 参加者11万8,000人、出展社3,200社、210万平方フィート(19.5万㎡)という昨年のイベントからの合理的なステップアップである。そしてそれは、ラスベガスの混雑をいかに避けるかに、来場者が注意を払わなければならないことを意味する。CES 2024のベテランなら、ラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)の南ホールは今年は閉鎖されているので、行かないように気をつけよう。CES 2024に参加するためのヒントとコツはすでに説明したので、本稿では、大きな混雑を避けて何を期待するかについて説明する。

昨年は4,800人のメディアが来場した。私と同じように、彼らは7日(日)の午後4時からのテックトレンドトークと午後5時からのプレスイベント「CES Unveiled」のために会場に現れ始めるだろう。このイベントは、いつも私にとっては、多くのメディアからトレンドを見出す良い場所なのだ。

ジェネレーティブ A Iアプリ「Plaiday」は、Dean Takahashi 氏が CES で体験するのはこんな感じだろうと考えている。
Image credit: Plaiday

8日(月)には、午前8時に LG の記者会見が始まり、午後5時にソニーの記者会見が終わる。これらのイベントのほとんどはライブストリーミングで配信される。私はこの日、バッテリー切れを恐れている。

Shapiro 氏によると、9日(火)までにメインフロアは210万平方フィート(19.5万㎡)超のスペースに3500近い出展社でオープンする予定だという。これは、2020年1月の出展社4,500社と290万平方フィート(26.9万㎡)から減少している。しかし、それでも大規模イベントであることに変わりはなく、CES 2024 12日(金)まで開催される。

そして、CESは ラスベガス・コンベンション・センターで開催される巨大企業 Samsungの場であることに変わりはないが、Venetian にある伝統的なスタートアップ・スペース「Eureka Park」には、小規模な企業約1,100社 が出展する(その多くはフランスやオランダなど地域別に組織されたもの)。

ビッグトレンド

2024年の CTA 予測

私は、新しいトレンドについて考えながら、昔のトレンドについて回想するのが好きだ。2010年の CES では、3Dメガネが大流行したことを覚えている。2008年には、Steve Ballmer 氏が iPod に死をもたらすと Microsoft のプレーヤー「Zune」を宣伝し、デジタルテレビはまだエキサイティングな進展を見せていた。

今週、PR Newswire は、2023年11月と12月に発行された8,600件のプレスリリースを調査したと発表した。同社によると、これらの月にジェネレーティブ AI に言及したプレスリリースは800件で、全体の10%近くを占めたという。また、この2ヶ月間に「サイバーセキュリティ」に言及したプレスリリースは1,100件あったという。1年前は、メタバース、NFT、持続可能性、ロボットといった言葉がホットなトピックだった。残念なことに、今年の PR Newswire からは、より詳細なトレンドは得られなかった。

CTA  の予測によると、米国の消費者技術小売売上は2024年に2.8%増の5,120億米ドルに達する。

来週ラスベガスで開催される CES 2024を主催する業界団体 CTA によれば、この売上は2023年から140億米ドル増加し、ハイテク製品やサービスに対する消費者の支出が増加することを示唆している。過去2年間は、過去数年よりも数字を落としている。

ゲーム、AI、デジタルヘルス、スマート電気自動車、持続可能性、ストリーミングサービスなどが、成長が期待されるカテゴーだ。

Creative Strategies のアナリストで、CESに過去49回参加している Tim Bajarin 氏に尋ねた。彼は、「もちろん AI が大きなトレンドになるだろう」とメールで回答し、次のように続けた。

ほぼすべての基調講演とほとんどの新製品が、何らかの AI のテーマや関連性を持っています。昨年は VR とメタバースが大きなテーマでしたが、今年は AI が主役です。しかし、私は少なくとも2つの新しい VR ヘッドセットといくつかの革新的なスマートグラスが CES 2024で紹介されることを期待しています。

CESには、スマートホーム、ヘルス&フィットネス、さらにはフードテックなどのテーマ別エリアもあり、これらのエリアは、ハイテクが私たちの生活のあらゆる側面に深く統合されつつあることを垣間見るために必見のコーナーとなっています。

もう一つのセクションは、スマートカー、ボート、トラクターがある新しいホールだ。自動車業界はCESを受け入れ、ハイテクを駆使した自動車を披露するショーケースになっている。

Bajarin 氏はまた、スマートグラスが〝フェイス・コンピューティング〟のアイデアを導入すると考えている。すでに市場に出ている例としては、Meta のサングラス「Ray-Ban Meta」があり、接続されたサングラスのマイクを通して AI に質問すると、会話 AI から答えが返ってくる。

ジェネレーティブ AI

シンセウェーブ風のワイヤーフレームを背景に、コンピュータからさまざまなミーム風アイコンが飛び出す。
Image credit: OpenAI ChatGPT DALL-E 3 / VentureBeat

AI はまだ目に見えない製品の一種だが、ショーではその存在がいたるところで目につくだろう。

ジェネレーティブ AI は、スタートアップと大企業の両方の発表に見られるようになってきている。Microsoft は、Windows PC に専用の「コパイロット AI キー」を追加すると発表した。

CTA は、今年アメリカに出荷される2億3,000万台以上のスマートフォンとPCが、モバイルアプリ、ブラウザ、オンデバイスソフトウェアを通じてジェネレーティブ AI の力を活用できるようになると述べた。

AI はあらゆるものに入り込んでいる。少なくともマーケティングは、AI があらゆるものに入り込む必要があることを理解しつつある。Seergrills の主力製品「Perfecta」は、世界初の AI 搭載グリルと銘打たれている。8日(月)に開催される CES Unveiled で初披露される。Perfecta は、独自の NeuralFire テクノロジーを採用し、ボタンを押すだけで、シェフレベルの料理をわずか90秒で実現する。

ジェネレーティブAIとゲームのトレンドに参加できてうれしい。私は、10日(水)午後1時から LVCC 西ホール-W218で開催されるパネル「AIとゲームデザインの民主化」パネルでモデレーターを務める。パネリストは、Bitmagic の CEO Jani Penttinen 氏、Glow Up Games の CXO Latoya Peterson氏、Activision Blizzard のグローバル・ビジネス・リサーチ&マーケティング担当副社長 Jonathan Stringfield 氏、Nvidia グラフィックス&シミュレーション担当シニア PMM Ike Nnoli 氏だ。

eVTOL は増加傾向にあるが、まだ飛行していない

Hyundai 傘下のSupernal は、空飛ぶ車 eVTOL(電動垂直離着陸航空機)を開発している。

もちろん、ホンダや John Deere などの電気自動車もたくさん出てくるだろう。ソニーとホンダは、2025年に登場する電気自動車「Afeela」について、また新たな啓示を与えてくれるに違いない。

しかし、一風変わった EV もかなり出てくるだろう。私が言っているのは、数年前から姿を現している、駆動して飛行する eVTOL(電動垂直離着陸航空機)と自動車のハイブリッドについてだ。

ソニーとホンダは、2025年に向けて電気自動車「Afeela」の開発に取り組んでいる。

Hyundai Motor Group(現代自動車)の Advanced Air Mobility 会社 Supernal は、eVTOL の製品コンセプトなどを発表するために、CES 2024に戻ってくる。Supernalは 、ラスベガス・コンベンション・センターの西ホール入り口前に「Vertiport(編注:VTOL 用パーキング)」展示を作っているので、それを見ることができる。もちろん、市中で実験機のデモを行うのはちょっと難しいので、タダで乗せてもらえるとは思わないでほしい。

Xpeng(小鵬)の関連会社 HT Flying Carは、LVCC の西ホールにブースを構え、中国で飛行許可を取得した空飛ぶ車「X2 eVTOL」を宣伝する。また、2人乗りのX3モデルも披露している。

Brunswick はモダンなデザインのボートを携えて戻ってくる。そして2024年後半には、成層圏から地球を眺めるのに、必ずしも億万長者や宇宙飛行士である必要はなくなるだろう。

Space Perspective は、カプセルを安全に、ゆっくりと、持続的に、そしてスタイリッシュに天空へ運ぶスペースバルーンである。これに乗り込むための予約ができる。Base Ventures からの資金援助を得て、Space Perspective はより多くの一般市民を星に飛ばしたいと考えている。

メタバース?

オープンなメタバースを展望する Readyverse Studios
Image credit: Readyverse

AI の話が出るところでは、メタバースもそう遠くないはずだ。そして、メタバースが話題に上るところでは、Web3も話題に上るだろう。

今週、Steven Spielberg(スティーブン・スピルバーグ)氏の大ヒット映画にもなったベストセラー「Ready Player One(レディ・プレイヤー・ワン)」の著者 Ernest Cline(アーネスト・クライン)氏が、多くの資金を調達した Web3メタバース企業 Future Verse と提携し Readyverse Studiosを設立したことがわかった。小説「スノウ・クラッシュ(Snow Crash)」でメタバースという言葉を生み出した作家 Neil Stephenson(ニール・スティーブンソン)氏のように、Cline 氏はオープンなメタバースの製品やインフラを作ることを目指している。

ブロックチェーンは厳しい1年で、メタバースに対する反発もあった。私は CTA に、このことが CES 2024におけるこれらのトレンドの存在感に影響を与えるかどうかについて尋ねた。

CTA のテーマ別プログラム担当ディレクター(そして、CES 2024でテックトレンドを紹介する2人の CTA スタッフのうちの1人でもある)Brian Comiskey 氏は、次のように答えた。

メタバースやブロックチェーンのようなハイプ・サイクルの後期にある技術の進歩を考える良い方法は、消費者と企業の間でバランスを取ることです。これらのグループは、テクノロジーに対する期待値が異なることがよくあります。

メタバースとブロックチェーンは、消費者が最初に大々的に宣伝した後、ニュースのヘッドラインから外れてしまったかもしれませんが、私たちは企業による両方のイノベーションを見ており、CES 2024では、これらのイノベーションがさまざまな分野を前進させるのを見ることができるでしょう。

ブロックチェーンについては、Zkrypto の安全な投票システム、Lordystem の「Trip」、モバイルパスポート「PASS」、病院と介護者が医療データを安全に共有できるように設計された Galeon の技術などがあります。

メタバースでは、人間の心臓に焦点を当てた研究開発に新たな扉を開く Dassault Systemes の「Living Heart」、産業メタバースにおける Simens のイノベーション、より没入感のあるメタバース体験をサポートするために設計されたさまざまな補助ハードウェアなどのイノベーションが期待される。

また、Forrester のアナリスト Thomas Husson 氏は次のように語った。

イノベーションがまだ産業空間の舞台裏で起こっているメタバース的な誇大宣伝とは反対に、AI には消費者体験をはるかに速く、さまざまな垂直方向にわたって再構築する力があります。L’Oréal(ロレアル)や Walmart(ウォルマート)のような消費者向けトップブランドが CES の基調講演を行うもう一つの理由がこれです。消費者の生活にテクノロジーが浸透することで、ブランドはますます迅速なイノベーションを迫られ、明日のテクノロジー展望の鼓動を垣間見ることになるでしょう。

IoT

IoT は、Arm の新アーキテクチャ「Armv9」に大きく依存するだろう。

U-tec は、CES 2024でスマートホーム・エコシステムを発表する最新の企業である。GE は、多くのプリセット調理機能を備えたキッチン用のスマート家庭内燻製器をデビューさせる。あらゆるテック大手が独自のエコシステムを持っている。これらすべてが最終的にどの程度の相互運用性を持つことになるのか見ものだ。Samsung はいつも CES で「SmartThings」の発表をしているし、LG も独自の発表をしている。

しかし、IoT で消費者を楽しませるために、これらの企業がさまざまな工夫を凝らすのを見るのはいつも楽しい。スマートペットドアやペットカメラといったスマートホームガジェットもたくさんある。

Forrester のアナリストThomas Husson 氏は、CES では目に見えないものがテクノロジーの大きな部分を占めるだろうと観察している。

CESは、目を見張るようなコネクテッド8K や microLED の大画面テレビ、次世代ガジェット、よりスマートなコンピューターのプレビュー、ホンダや Hyundai などの新しい EV プロトタイプカーのショーケースであり続けるでしょう。しかし、ここ数年の CES では、ハードウェアやデバイスの展示は少なくなり、AI やソフトウェア、新しい統合体験の展示が多くなっています。

VR とゲーム機器

Snapdragon XR2+ Gen 2の詳細

Qualcomm とそのパートナーは、CES で新世代の仮想現実および拡張現実チップを発表する予定だ。これらのチップは、次世代の XR ハードウェアを開発するための手段をデバイスメーカーに提供する。

少なくとも5社(Samsung、HTC Vive、Immersed、Play for Dream、および名前非開示1社)が、Qualcomm のプラットフォーム「Snapdragon XR2+ Gen 2」をベースとした技術について CES 2024で話す予定である。これは、圧倒的な VR 体験に関する懸念を払拭するために、メタバース擁護者が必要とする技術である。

Xrealは、同社が長年取り組んできた拡張現実(AR)メガネをプッシュするために CES 2024に参加する予定だ。Intel、AMD、Nvidia、Arm はまだ情報をリークしていないが、ゲーマーが興奮するようなクールなものを披露することは間違いない。

また、ゲーミングモニターなどのゲーミングギアも刷新される。Samsung はすでに、数ミリ秒で画面イメージを更新する高速 OLED スクリーンのトリオを発表している。Razer は、これらの高速スクリーンの一部を Razer Blade シリーズのノートパソコンに搭載する予定だ。大画面をお望みなら、LG が97インチの有機 EL テレビを用意している。

ゲーム業界では、1万1,000人ものレイオフが実施されるなど、かなり厳しい1年となった。消費者はゲーム会社が望むほどには消費しなかったため、期待にミスマッチが生じたのだ。

しかし CTA は、2024年にはゲームが再び成長すると考えている。タブレット、拡張現実・仮想現実ヘッドセット、ゲームの製品刷新が、2024年のゲーム収益を押し上げるだろう。また、サブスクサービスが12%成長する(2024年には35億米ドルに成長)ことで、ゲームはさらに成長するだろう。また、AI はゲーム体験を向上させると同時に、開発者がゲームをより早く市場に投入できるよう支援すると予想される。

企業側では、工場など現実の設計を仮想化したデジタル・ツインについての話題が多くなると思う。 Simens の CEO がオープニング基調講演を行うが、Simens はデジタルツインの大きな信奉者の一人であり、企業が物理的な世界に工場を建設するために必要なすべての資金を費やす前に、工場がどのように機能するかをシミュレートすることができる。

また、VR に関してはすべてがゲームではないことを補強するために、Ocutrx は進行性黄斑変性症の患者の視力回復を目的とした複合現実感ヘッドセットを展示する。このヘッドセットは、製造、手術、企業技術などにも応用できる。

ヘルステック

Withings のヘルスウォッチ

Elevance Health の CEO Gail Boudreaux 氏が、同業界から初めて主要な基調講演を行えることになり、ヘルステックは新たなレベルに引き上げられるだろう。

何年もの間、Venetian Expo は、スマート血圧計、グルコースモニター、コネクテッドトイレなどのデジタルヘルス製品、セクシャル・ウェルネス・ガジェットを見つけることができる場所だった。

コンサルティングファームのキャップジェミニによると、昨年トイレで尿分析ラボを行ったコネクテッドヘルスのパイオニア Withingsは、消費者がコネクテッド・ガジェットの領域で受け入れているカテゴリである、さらなるデジタルヘルス・ガジェットを携えて戻ってくる予定だ。

団塊の世代が高齢化するという人口動態のトレンドにテック企業がようやく目覚めたため、高齢者とその介護者をターゲットにした製品の売り込みが相次いでいる。中には、高齢者が自宅で転倒したかどうかをレーダーシステムで検知するものもある。テックはもう若者だけのものではなくなりつつある。

レトロなトレンド

iPhone にリアルのキーボードをもたらす Clicks Technology

このような新しいものに興味がなければ、古いものも見ることができる。RCA はレトロブランドの1つで、ホームオートメーション、e バイク、スクーター、レトロスタイルの電子機器を展示する予定だ。懐かしさを覚える人もいるだろう。

いつものように、私は予想外の奇妙なものを売り込まれた。Clicks Technology は、Blackberry へのオマージュとして、iPhoneで リアルキーボードが打てる Clicks ケースをローンチしている。Shift Robotics のロボットシューズ「Moonwalkers X」は面白い。

一方、Osim は、AI を活用しマッサージしてくれるウェルビーイングチェア「uLove 3」の新世代を再び披露する予定だ。この椅子は、全身マッサージをしながらストレスを測定、監視、管理するように設計されている。

自分のライブラリから、あるいは YouTube のリンクから動画をピックアップした後、タイムライン上で香りを追加し、動画にぴったりの香り、タイミング、香りの持続時間を設定することができる。

CES になかったもの

Apple VisionPro

CES でよくあるイベントのいくつかは実現しない。Nvidia と Advanced Micro Devices は、大きな公式イベントはないが、CES 2024には出展する。Apple はいつも独自のイベントを行っているため、CES 2024には出展しない。

マスクもあまり見かけないだろう。しかし、これだけ多くの人がベガスに集中しているのだから、皆、安全には十分注意したほうがいい。それでも、2020年1月のピーク時に比べれば、41,000人少なくなる。CES は適格な人々が入場できるように努めており、全体としてどうなるかはこれからだ。

新型コロナウイルスが再来しないと予想しているなら、それは間違いだと思う。CTA は全員にワクチン接種を推奨しているが、今年はマスクもワクチン接種証明も義務付けていない。私は今でも人混みではマスクを着用しているし、個人的なサークルでは新型コロナが流行っているのを見たことがある。それでも、年末年始の休暇中に新型コロナ以外の病気にかかることができたので、握手の代わりにガッツポーズをするつもりだ。

どうしても CES に興味がないのであれば、Repair.org、PIRG、EFF、iFixit が支援する「Worst In Show」をチェックすることができる。Worst in Show は、展示会場で最も持続可能性が低く、最も安全で、最も修理可能性が低く、全体的にただただひどいガジェットを取り上げている。また、CES の歴史における失敗作を知りたい方は、LVCC 北ホールブース9577の「Gallery of Flops」をチェックしよう。

行く価値があるか?

多くの人がそうであるように、CES はテクノロジー(そして時にはゲーム)の1年を教えてくれる有益なバロメーターだと感じている。そして、トレードショーで人と人とが顔を合わせたり、マスクとマスクで顔を合わせたりするのを今でも楽しんでいる。願わくば、皆がビジネスに戻ったような気分になれることを。

CES ではニュースもある。Goodyear の飛行船が初めてショーに登場するのを楽しみにしている。

Sphere に何が登場するのか興味津々だ。冗談だよ。もちろん、私のようなオタクにとって、CES は大人のディズニーランドのようなものだ。私は最初からそう納得している。しかし、テクノロジーと CES の幅広い広がりと、より広い社会との関連性を過小評価してはならない。

Goodyear のグローバル・オペレーション担当上級副社長兼 CTO  Chris Helsel 氏は、インタビューで私にこう語った。

テックはあらゆる場所にある。

その他の人々のためのテック

Carnival のゲーム「PlayOcean」は、船のポータル画面からアクセスできる。

技術系以外の企業からも面白い技術が出てくるのではないかと期待している。興味深いのは、オープニング基調講演のひとつが、デジタル領域への進出を進めているファッション企業 L’Oréal(ロレアル)の CEO Nicolas Hieronimus 氏であることだ。もう一つの基調講演は、Walmart の CEO Doug McMillon 氏だ。オタクだけでなく、それ以外の人たちのためのテクノロジーの話題もあるわけだ。

数年前、世界最大のクルーズ会社 Carnival Cruise の CEO Arnold Donald 氏がウェアラブル端末「Ocean Medallion」を発表したときのことだ。それは、テクノロジーが非テクノロジービジネスに浸透し、テクノロジーが木っ端微塵になり、そのものが賢くなった例として興味深かった。Carnival は現在、100隻以上のクルーズ客船にこの技術を搭載している。

近年では、P&G も、スキンアドバイザーやヒーター付きカミソリなどの製品にセンサーや AI を搭載するなど、普通の製品にテクノロジーを活用したクールな製品を発表している。今年もまた、私の顔によく効いたシミ取り剤など、昨年と同じような創造性を約束する製品が登場するだろう。発売後、P&G はその製品を市場から撤退させた。

しかし、私はまだそれをもっと使うことができるし、私たちは皆、毎日使っている現在の製品をさらに良くする技術を使うことができると思う。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録