アクセンチュアが「Tech Vision 2024」を公開、AIが解き放つ人間の可能性について言及 #CES2024

SHARE:
Accenture の「Technology Vision 2024」とその前身
Image Credit: Accenture

Accenture は8日、CES 2024で「Technology Vision 2024」を公開したが、その中で AI が大きな役割を果たしていることは驚くことではない。

このビジョンは、人類とテクノロジーの関係が変曲点を迎える変革的な未来を予測している。テーマは「ヒューマン・バイ・デザイン:AI は人間の可能性をどのように引き出すのか」だ。このビジョンは、テクノロジーが人類に悪影響を及ぼすというディストピア的な描写とは一線を画す、楽観的なものである。Accenture は、今週ラスベガスで開催される「CES 2024」でこの報告書を発表した。

千年後の人間のディストピア写真を見たことがあるだろうか?猫背、浅黒い肌、大きく繊細な目——物理的な世界から切り離され、室内で過ごす時間が長すぎる人々の特徴である、と報告書は述べている。これらの画像は、アーティストたちが今日の私たちとテクノロジーの関係をどう見ているかを反映している。直感的で印象的であり、真の恐怖に基づいている。

このビジョンは、テクノロジーによる人間の生活への支配をめぐる一般的な懸念に挑戦し、テクノロジーをより本質的に人間的なものにすることで、この関係を再定義することを目指している。

しかし、未来はこれらのアーティストが想像するようなものである必要はありません。人とテクノロジーの関係を再構築し、私たちを人間たらしめているものを変えるのではなく、むしろ増幅させるようなテクノロジーをデザインするのであれば話は別です。(Accenture の報告書)

このビジョンの核心は、これからのテクノロジーの進歩は、人間の可能性、生産性、創造性を代替したり制御したりするのではなく、むしろ増大させるという命題にある。自律型エージェント、インテリジェント・インターフェイス、空間テクノロジー、ブレイン・コンピュータ・インターフェイスなど、一連の革新的テクノロジーが、このパラダイムシフトの先陣を切る準備が整っている。

Accenture は、人類が制限を超えるツールを生み出してきた歴史にもかかわらず、これらのツールはしばしば人間味を欠いてきたと強調する。ツールは効率的に機能するが、人間の特性に共鳴することはできなかった。この断絶は、ツールやテクノロジーの長期的な使用から生じる健康問題などの悪影響をもたらした。

機械とのトレードオフは明らかだ。自動車は私たちの移動の自由を拡大した。クレーンは高層ビルや橋の建設を可能にした。機械は私たちが音楽を創造し、流通させ、聴くのを助けた。しかし、テクノロジーの人間離れした性質は、欠点にもなりうる。手工具を長時間使い続けると、関節炎になる可能性がある。長年スクリーンを見続ければ、視力の問題が加速する。私たちは驚くべきナビゲーションツールを手に入れたが、それでも運転から注意をそらしてしまう、と報告書は述べている。

家庭やオフィスは最高の帯域幅を得るように設計されていることが多く、内燃エンジンはある人にとっては必要かもしれないが、ある人にとっては公害を発生させる。

ターニングポイント

AI の利用は大企業でますます増えている。

しかし、転機が訪れている。Accenture の報告書は、テクノロジーがより人間的なものへと方向転換している証拠を紹介している。この変化は、ユーザフレンドリーなインターフェイス、直感的なデザイン、テクノロジーのさまざまな側面に組み込まれた人間のようなインテリジェンスに現れている。

この進化の要となるのがジェネレーティブ AI の台頭であり、Accenture はこれを極めて重要な力として取り上げている。同レポートは、簡単なテキスト入力で画像の加工を可能にする、AI を活用した Adobe の Photoshop 機能などの例を強調している。さらに、ジェネレーティブ AI はルーティンワークを超越し、人間の創造性を高め、専門的な知識作業を民主化する。

このビジョンは、多様な分野にわたる変革的なアプリケーションにスポットライトを当てている。Google Cloud のジェネレーティブ AI 検索ツールは、専門家による医療データへのアクセスに革命をもたらし、MIT の計算ツール「FrameDiff」は、医薬品開発のための合成タンパク質構造を開拓する。

報告書はまた、Boston Dynamics のロボット「Atlas」のような、ロボット工学への AI の統合にも注目している。アトラスは現在、人間の動きを模倣するだけでなく、自然言語コマンドを使用して社会的相互作用に関与することもできる。

テクノロジーと人間の特性の融合は間近に迫っており、産業界全体で比類ない生産性と価値創造を可能にする(Accenture の報告書)

Accenture のビジョンは、この変革に伴う倫理的な難問を強調している。テクノロジーが人間の能力を反映するにつれて、AI が創造性に与える影響、雇用の喪失、社会の囲い込みに関する倫理的ジレンマが表面化する。企業は、技術の進歩と倫理的配慮のバランスを取りながら、ポジティブ・エンジニアリングの責任に取り組んでいる。

Accenture のビジョンは、テクノロジーの人間中心の進化を活用し、テクノロジーと人間性が調和して共存する未来を形成する上で企業が果たす重要な役割を強調する。

つまり、Accenture の Technology Vision 2024は、テクノロジーとヒューマニティが融合し、かつてない可能性を解き放つ時代の到来を告げるものであり、企業に対し、イノベーションと社会的責任のギャップを埋める、倫理的で人間中心の技術的進歩を開拓するよう促している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録