Mistral AIがマイクロソフトと提携、企業向けLLM「Large」とAIチャット「Chat」を公開

SHARE:
Mistral AI の皆さん
Image credit: Mistral AI

ユニークなワードアートのロゴとヨーロッパ史上最大のシードラウンドで話題となった創業1年の AI スタートアップ Mistral は、最新かつ最大の企業向けモデル「Mistral Large」と、Microsoft との注目すべき戦略的パートナーシップを発表した。

26日から利用可能な Mistral Large は、テキスト理解、変換、コード生成を含む複雑な多言語推論タスクを処理できるテキスト生成モデルとして設計されている。同社が共有した大規模マルチタスク言語理解(MMLU)ベンチマークの結果によると、GPT-4に次いで、API を通じて一般に利用可能なモデルの中で2番目に優れている。

Mistral によると、この大規模なモデルは主に同社の API を通じて利用可能になるが、Microsoftとの新たなパートナーシップにより、Azure AI を通じて利用することも可能になるという。同社はまた、提供中の小規模モデル「Mistral Small」の最適化バージョンと、ビジネスチームが同社の提供するものを把握するのに役立つチャットアプリも発表した。

Mistral Large に何を期待するか

多言語対応モデルとして、Mistral Large は英語だけでなく、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語など、他の言語でもネイティブの流暢さでテキストを理解し、推論し、生成する。Google や OpenAI も多言語モデルを提供しているので、これは目新しいことではないが、Mistral は、自社の提供するモデルは、すべての言語について「文法と文化的文脈のニュアンス的理解」を持っており、それがより良い結果につながると強調している。

このモデルは、32K トークンのコンテキストウィンドウを持ち、大きな文書を処理し、情報を正確に呼び出すことができる。また、正確な命令に従うため、開発者はモデレーション・ポリシーやネイティブ関数の呼び出しを設計することができる。

新モデルが実世界でどのようなパフォーマンスを発揮するか、特に最大100万トークンをサポートする Gemini 1.5のような大規模な製品に対してどのようなパフォーマンスを発揮するかは未知数だが、Mistral によれば、このモデルはライバル製品に対してかなり良い仕事をしているという。

例えば MMLU テストでは、Mistral Large の精度は81.2%で、GPT-4の86.4%にわずかに及ばなかった。このベンチマークには Gemini Pro 1.5は含まれていなかったが、Gemini Pro 1.0は71.8%を記録した。Llama 2 70B も69.9%のスコアで後塵を拝した。

MMLU(大規模マルチタスク言語理解)ベンチマーク における「Mistral Large」の位置付け
Image credit: Mistral AI

Meta は言語固有のテストでも Mistral に勝てなかった。

Llama と GPT ファミリーを含む GSM8K 数学ベンチマークでは同様の順位が見られたが、コーディングは Mistral Large の弱点であったようだ。コーディング性能の HumanE ベンチマークでは、新しいラージモデルの精度は45.1%で、GPT-3.5、GPT-4、Gemini Pro 1.0に大きく遅れをとった。

同社はまた、レイテンシとコストを最適化した小規模モデルの新バージョン Mistral Small を発表した。Mistral Small は Mixtral 8x7B を上回り、同社のオープンウエイト製品と Mistral Large の中間的なソリューションとして機能する。

Microsoftとの戦略的パートナーシップと新しいチャットアプリ

優れたパフォーマンスを発揮するモデルを構築することは非常に重要だが、必要な時に必要な顧客に確実に到達させなければならない。そこで、Mistral は Microsoftと戦略的パートナーシップを結んだ。

この提携により、新しい大規模モデルを含む、Mistral が提供するすべてのオープンモデルと商用モデルは、「Azure AI Studio」と「Azure Machine Learning」で利用できるようになる。これにより、Mistral は商用言語モデルを Azure で利用可能にした2番目の企業になる。

Mistral 社によると、Azure ユーザは既存のクレジットでモデルを利用でき、「自社の API と同様にシームレスなユーザエクスペリエンス」で利用できるという。同社はまた、Azure 経由の顧客に対して、サポートチームへの直接アクセスを提供する。

Mistral AI の共同設立者兼 CEO Arthur Mensch 氏は声明の中で次のように述べた。

Mistral AI では、オープンソースのモデルを通じて、また開発者が作成する場所に商用モデルを提供することで、生成 AI をユビキタスにしています。私たちは、Azure AI 上で Mistral Large が利用可能になったことを大変誇りに思います。Microsoft が私たちのモデルを信頼してくれたことは、フロンティア AI をすべての人の手に届けるという私たちの旅における一歩前進です。

とはいえ、Mistral にとって販売パートナーは Microsoft だけではない。数日前、Amazon Web Services(AWS)の Principal Developer Advocate である Donnie Prakoso 氏も、このフランスのスタートアップのオープンモデルが、AI の提供やアプリケーション開発のためのマネージドサービスである Amazon Bedrock 上で提供されることを発表した。ただし、具体的にいつになるかは明かさなかった。

企業の信頼を獲得し、最終的にこれらのチャネルを利用してもらうために、Mistral はチャットアプリ、多言語会話アシスタントも発表している。

ユーザは Mistral のウェブサイトでアカウントを作成し、Mistral Chat のベータ版にアクセスし、教育的で楽しい方法で同社が提供するモデルと対話することができる。ただし、同社はインターネットにアクセスできないため、場合によっては不正確な情報や古い情報を配信する可能性があると注意を促している。同社はまた、きめ細かなモデレーションが可能な自己展開能力を備えた、企業中心バージョンのアシスタントを構築している。

同社は別のブログ投稿で次のように述べている。

調整可能なシステムレベルのモデレーションメカニズムのおかげで、le Chat は、アシスタントが微妙な内容や物議を醸す可能性のある内容で会話を進めている場合、非侵襲的な方法で警告を発します。

Crunchbase のデータによると、Mistral は Lightspeed Venture Partners や Andreessen Horowitz (a16z)のような有名な投資家が率いるシードラウンドとシリーズ A ラウンドで5億米ドル以上を調達している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録