首を映した20秒間の動画で脳卒中リスク検知、台湾Pulxion(博想医学)が挑む予防医療

左から、CEO の Joy Chen(陳怡雯)氏、CTO Herbert Hsiao(蕭浩明)氏
Image credit: Pulxion Medical Technology(博想医学)

脳卒中は若者の問題ではないように思われるかもしれないが、実際には25歳以下の4人に1人がこの病気に苦しんでいる可能性がある。

脳卒中の早期発見は容易ではなく、専門医による外来での頸動脈超音波検査、コンピューター断層撮影(CT)血管造影、磁気共鳴血管造影(MRA)が必要だが、時間と費用がかかり、専門家の支援が必要である。

台湾に本社を置く Pulxion Medical Technology(博想医学、以下 Pulxion)の共同創業者 Herbert Hsiao(蕭浩明)氏は、脳卒中治療の研究を長い間行ってきたが、患者は通常、脳卒中が起こった瞬間にしか、自分が脳卒中であることに気づかないことがわかったという。早期発見・早期治療は誰もが知っていることだが、Pulxion は予防医療をもっと身近なものにしたいと考えている。

2020年6月に設立されたこのチームは、20秒で脳卒中を検出し、5分でレポートを提供できる検査を開発し、脳卒中の予防と治療に新たな希望をもたらしている。

「PulStroke(博速測)」
Image credit: Pulxion Medical Technology(博想医学)

どのようにして20秒で検査を行うのか?

Pulxion によると、同社が開発した「PulStroke(博速測)」を使えば、わずか20秒で脳卒中のリスクを判定することができる。これは市場で入手可能な検査の選択肢と比較して大きな変化である。

PulStroke が一般的な超音波検査、CTA 検査、MRA 検査と大きく異なる点は、脳卒中の主な原因の一つである脳の血管が閉塞した際に生じる拍動性の異常を利用している点である。頸動脈の流れを観察することで、PulStroke は閉塞した血管の動脈特性の変化を検出することができる。

簡単に言えば、PulStroke のカメラレンズに首を向けるだけで、システムが自動的に動画を撮影し、チームが独自に開発した分析ソフトウェアと AI の機械学習技術により、検査結果がすぐに異常を検知する。

Image credit: Pulxion Medical Technology(博想医学)

Hsiao 氏によると、このシステムはすでに海外でも注目されており、アメリカなどでは多くの関連研究が行われているが、同レベルの精度と一貫性を実現できる方法はまだないという。

現在、PulStroke によって得られた検査結果は、従来の頸動脈超音波検査と比較して、報告された結果の正確性と一貫性において80%~90%という高い水準にある。

人材、武器、タイミング……すべてが必要

Pulxion は、アメリカのスタートアップでさえできなかった帰納的分析をどのように行ったのだろうか? 分野横断的なチームと専門的なデータの蓄積が、Pulxion の重要な資産である。

Pulxion 共同創設者の Hsiao 氏は以前、アメリカの医療機器製造大手 Abbott の心臓血管部門の研究開発チーフエンジニアで、心臓カテーテルや血管ステントの開発で豊富な経験を積んだ。予防医学に転じた後、学術界と血管ステント開発で豊富な経験を持つ共同創業者の Hsien-Li Kao(高憲立)氏とチームを組んだ。

Kao 氏の長年にわたる学術・医療分野での経験、業界に対する見識、医療知識、そして長年にわたって蓄積された数千件のデータが、Pulxion による PulStroke 開発の基礎となった。

友人の紹介で参加した CEO の Joy Chen(陳怡雯)氏も長年製薬業界で働いており、新しいことに挑戦する情熱から、マーケティングや資金調達などさまざまなビジネス分野で豊富な経験を積んでいる。Chen 氏は、AI 活用に欠けているのは「領域横断的なコラボレーション」だと指摘する。市場の真のニーズを見つけるためには、開発を進めたい業界について一定の理解が必要だからだ。

Pulxion の医療チームが力を入れている予防医療を例にとると、適切な商業ベースのエントリを見つけるためには、循環器疾患について一定の知識を持つ学者だけでなく、アイデアを具現化できる機器エンジニアが必要で、最後にチームを市場に押し出すためには、市場とチームをつなぐ窓口となる起業家が必要である。

人材と武器が用意できれば、あとは市場に踏み出す絶好のタイミングを待つだけであり、あとはチームの才能を検証し、Hsiao 氏の言う「台湾の誇りになる」というビジョンに向かって進むだけである。

応用範囲を脳卒中以外にも拡大目指す

Pulxion は現在、健診センターや医療部門と協力関係にあり、PulStroke は検査にかかる時間、コスト、人員を大幅に削減できるため、一般的な健康診断リストに追加しやすく、検査の敷居を下げ、予防の可能性を高めることができる。一方、Pulxion は台湾国内外の認証申請も計画しており、年内に関連手続きを開始する予定だ。

チームの今後の計画について Hsiao 氏は、心臓弁膜症、不整脈、睡眠時無呼吸症候群、パーキンソン病など、PulStroke の応用範囲を積極的に拡大していくと述べた。

Pulxion は今後、健診センターや病院、クリニックなどの医療機関と提携し、Pulstroke を購入またはレンタルで提供する予定だ。また、市場が成長するにつれて、この技術を地域社会や個人での日常検査に拡大することも期待している。

起業に関する簡単な Q&A

Q: 顧客や投資家から最もよく聞かれることは何ですか? どのように答えていますか?

私は2000年に医療業界でキャリアをスタートさせ、Abbott の心臓血管部門で心臓カテーテルや血管ステントなどの心臓血管関連医療機器の開発を専門に担当した。現在 Abbott で販売している主流の血管ステントのいくつかは、当時私が設計したものだ。 Abbott でチーフエンジニアとして8年近く勤務した後、家庭の事情で2009年に台湾に戻ることを決意し、国立台湾大学の機械工学科で教鞭をとって15年になろうとしている。

循環器疾患の患者を多く見てきたが、症状が出てから治療しても手遅れだった。そこで、予防医学を研究しようと考えたのが2014年頃だ。当時はまだ AI が今のように台頭していなかったが、IT はすでに盛んになっていたので、医療画像技術を応用して、一般的なレンズを通して病気を予測できればと思い研究をしていた。

頸動脈は体の表面に最も近い血管であり、その脈拍の変化を検出するのが最も簡単だ。頸動脈狭窄は脳卒中の重要な因子であることが証明されており、早期指標として使用することができる。頸動脈狭窄のある人は血管の脈動のパターンが異なるので、私がこの技術を開発する旅が頸動脈狭窄の評価から始まったのはそのためだ。

Q: 次のステップに到達するために、現在チームに欠けているリソースは何ですか?

Pulxion は、頸動脈の脈動の変化を観察することで脳卒中のリスクを予測するというコンセプトの具現化成功し、現在、関連する規制文書や臨床試験の準備を進めており、製品の上市に向けて積極的に推し進めている。また、将来的には、研究開発の異なる段階にある多くの適応症を対象とした製品を持つことになるため、会社が前進し続けるためには、まだまだ積極的に資金が必要だ。

Q: 起業して学んだことは何ですか? これまで起業して何を学びましたか?

適切な人々に出会うことが重要だ。会社は2020年に設立されたが、新型コロナや資金的な制約などの課題に遭遇するまでにそう時間はかからなかった。我々は情熱を持って成功すると信じ続けた。研究開発における技術的なブレークスルーや、運営資金の調達など、本当に素晴らしいチームに出会えたおかげで、当初持っていたコンセプトを実現することができ、予防医療や在宅医療という遠大な理想に向かって少しずつ前進することができた。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録