音波で睡眠制御、ニューロテック・ウエアラブル「Elemind」が登場——1,200万米ドルのシード調達も

SHARE:
Elemind はあなたの心に脳波を送り、睡眠を手助けする。
Image Credit: Elemind

Elemind は、ニューロテクノロジーを使って睡眠を改善し、オンデマンドで入眠できるニューロテック・ウェルネス・ヘッドバンドをローンチする。

この斬新なニューロテクノロジー・ヘッドバンドは、脳波を覚醒パターンから深い睡眠へとオンデマンドで導くことで、睡眠のパフォーマンスを向上させる。臨床試験では、Elemind のウェアラブルは76%の研究参加者の入眠までの時間を短縮し、平均48%、最大74%早くなった。

音波を頭に送り込むことで、眠りたいときに眠れるようになるとは、出来すぎた話に聞こえる。しかし、この技術は5年間の研究、テスト、臨床試験に裏打ちされている、と Elemind の CEO Meredith Perry 氏は VentureBeat/GamesBeat のインタビューで語った。

これは、いくつかの医薬品と同じ効果を達成するウェアラブル・ニューロテクノロジーですが、副作用はありません。そして今日(6月4日)、最初の製品カテゴリが睡眠であることを発表します。なぜ睡眠なのか? 睡眠は健康のあらゆる側面に関係しており、質の高い睡眠ほど個人のパフォーマンスを向上させるものはありません。しかし、世界中の成人の80%が、睡眠を改善する必要があると回答しています。

Elemind の CEO Meredith Perry 氏

同社が電気医療(electric medicine)と呼ぶ、健康とウェルネスのための新しいパラダイムを4年間静かに構築した後、3ヶ月前にステルス状態から脱した、と Perry 氏は言う。

基本的に、このテクノロジーは個人の脳波をリアルタイムで読み取り、それに反応することで、スマートでパーソナライズされた自然なアプローチで睡眠を最適化する。

このデバイスに熱中する人は多種多様だ。不眠症の人、生まれたばかりの赤ちゃんを持つ親、頻繁に旅行する人、期末試験の勉強をしている学生、物音やいびきで目が覚める人などだ。

睡眠イノベーション

Elemind の CTO David Wang 氏

現在、市場には1,000億米ドル以上の睡眠製品が出回っている。ほとんどの成人は睡眠の質を向上させたいと考えているが、そのような製品はどれも、睡眠における広範な消費者ニーズである「コントロール」に真に対応していない、とPerry 氏は言う。実際、成人の68%が入眠に問題があると答えている。

Elemind の核心は、脳が作り出す脳波を予測する方法を発見したことだ。そして Elemind は、それに応じて音を調整する方法を発見した、と CTO の David Wang 氏は以前のインタビューで語った。Elemind は、睡眠を妨げたり、痛みの知覚に対応するような脳波を妨害するような音を作り出すことができる。

実際のところ、これらの製品はすべて、より良い睡眠環境を作ったり、より良い睡眠習慣を作ったり、睡眠を追跡したり、睡眠を分析したり、睡眠の問題をマスキングしたり、単にあなたをノックアウトしたりすることに焦点を当てています。睡眠に関して私たちが本当に望んでいるもの、必要なものを与えてくれるものは、今の市場にはありません。それはコントロールなのです。これからは、Elemind によるオンデマンドの高性能な睡眠をお楽しみください。(Perry 氏)

同社のウェアラブル神経テクノロジーは、個々の脳波を読み取り、オーダーメイドの音刺激で反応することで、脳波をリアルタイムで誘導する。脳波の精密な誘導は、医薬品よりもスマートで、より的を絞った自然な方法で行動を変える。

Elemind の特許取得済みのアルゴリズムと神経技術によって、ユーザは 「睡眠を開始し、再開する 」という画期的な能力を手に入れ、睡眠、ひいては日々のパフォーマンスをよりコントロールできるようになります。Elemind は、脳のノイズキャンセリングのようなものです。世の中のスイッチを切り、ストレスのスイッチを切り、より早く眠りにつくことができるのです。(Perry 氏)

Elemind の科学・研究担当副社長で医師の Ryan Neely 氏は声明の中で次のように述べた。

睡眠は脳によって開始されますが、脳に直接焦点を当てた睡眠のイノベーションはほとんどありません。そこで Elemind が登場し、脳波の脳信号を迅速かつ正確に測定し、正確な音響波を送出することで、脳を覚醒パターンから深い睡眠に移行させることができるウェアラブル神経刺激のパイオニアとなるわけです。(Neely 氏)

従来の睡眠薬は脳波に影響を与えることができるが、リアルタイムで作用するわけではなく、高度に的を絞った方法でもない。Elemind は、主要な睡眠薬と同程度の速さで作用するように設計されているが、自然に、薬物を使わず、翌日の副作用もない。

Elemind を使えば、オンデマンドで睡眠を開始・再開でき、通常より最大74%も早く眠りにつくことができます。Elemind は、化学物質や副作用を一切使用せず、主要な睡眠薬と同等の速さで眠りにつくことができるように設計されています。つまり、睡眠がより効率的になるのです。そして、医薬品の副作用や依存性がなく、自然に睡眠を得ることができます。そして、睡眠は最終的に自分でコントロールできるようになるのです。(Neely 氏)

仕組み

被験者の覚醒を検知する Elemind

ヘッドバンドに埋め込まれた非侵襲性センサーとして、Elemind は皮膚を通して脳波を読み取る。そして、非侵襲的な刺激によって神経振動を調節する方法を考案した。手術は必要ない。基本的には音波を心に送るのだ。そのため、音による刺激だけであるため、同社は睡眠治療に食品医薬品局(FDA)の認可を必要としない。

より良い睡眠をもたらすだけでなく、この技術にはさまざまな利点があることがわかった。彼らが最初に取り組んだのは、本態性振戦の人の震えを抑えることだった。それが、脳波を操作したり、脳波操作によって脳を変化させたりすることを可能にするアルゴリズムの発端になった、と Perry 氏は言う。

現在市場に出回っている他の睡眠ウェアラブルは、睡眠を追跡したり分析したりするだけだが、Elemind は、ヘッドバンドを装着して睡眠セッションを開始するだけで、脳が睡眠に入るのを積極的に助け、睡眠時間を最適化する。

画期的なアルゴリズムとニューロテクノロジーを使って、個々の脳波を読み取り、瞬時に反応します。あなたの脳を覚醒パターンから安眠パターンへと自然に導きます。つまり、あなたが警戒しているときは、脳波は自然に高周波のアルファ波になります。眠っているときや眠りに落ちるときは、脳波が遅くなり、シータ波、デルタ波へと変化します。私たちは、脳波を乱し、脳の働きを鈍らせ、あるいはそれらの脳波を遅くすることで、効果的に脳をより早く睡眠に追い込み、より早く睡眠を誘発します。(Perry 氏)

同社は、脳の自然なリズムにリアルタイムで合わせた正確な音響神経刺激(音波)を使っている。先に述べたように、通常より最大74%も早く眠りにつくことができるという。

脳のノイズキャンセリングのようなものです。Elemind を使えば、脳を覚醒状態から睡眠状態へと積極的に導くことができるのですから。(Perry 氏)

完成品

Elemind は脳に音波を送るための電極を備えたヘッドバンドだ。

ヘッドバンドには脳波電極が織り込まれている。中央には骨伝導トランスデューサーがあり、音を脳に伝える。

そのほとんどは発泡スチロールで、額につけるアイマスクのような感じだと Perry 氏は言う。背面で調整し、睡眠セッションを開始し、希望すればブルートゥース接続のスマートフォンアプリを使うことができる。しかし、ヘッドバンドのアクションボタンをダブルタップするだけで睡眠を開始できる。夜中に目が覚めても、ボタンをタップすればすぐに眠りに戻れる。CPAP 装置(いびき防止用)との併用も簡単だ。

この製品は目覚めを止めるためのものではない。目覚める必要がある場合、それを防ぐものではない。夜中に目が覚めるのは普通のことだ。むしろ、目が覚めて眠りに戻りたくなったら、もう一度ボタンをダブルタップするだけでそれが可能になる。

私たちは、誰もが毎晩これを着けて寝るのが素晴らしいと感じるようになるまで、この製品をリリースしませんでした。(Perry 氏)

多くの良いことがあるかもしれない。十分な睡眠がとれないと、免疫システムが低下し、精神的なパフォーマンスが低下し、感情の調節がうまくいかなくなる。睡眠をとれば、その逆もまた真なり、とPerry 氏は言う。

快適なフォームファクター

Elemind ヘッドバンドの側面

Elemind ヘッドバンドは、最先端のニューロモジュレーション技術を、どんな寝姿勢でも快適に装着できるヘッドバンドに詰め込んだ。ヘッドバンドは柔らかく、柔軟性があり、軽量で、夜間や仮眠時に装着することで、安全に睡眠を開始・再開することができる。

ハードウェアはスマートフォンのアプリケーションとペアになっており、カスタマイズや分析が可能だが、初期設定後はセッションを開始する必要はない。Elemind のアプリ体験は、高度な睡眠データと分析を提供するように設計されており、ベータ版ローンチ以降、今後数ヶ月間にわたって、総合的な睡眠パフォーマンス、睡眠時間、効率性、入眠までの時間、各睡眠段階での滞在時間、夜間の動きなどを提供する。

Elemind の新機能「AI Sleep Tailor」は、個人の睡眠パターン、脳の活動、ユーザからのフィードバックに基づいて、時間の経過とともにシステムをより効果的にする。Elemind の機能「Deep Sleep Stimulation」は、深い睡眠に費やす時間を増やし、睡眠の質を高めるように設計された神経刺激で、今年後半にファームウェア・アップデートによって展開される予定だ。ヘッドバンドは一晩中バッテリーが持続し、USB-C ケーブルで日中に充電できる。

臨床試験と研究

Elemind 共同創業者の皆さん

マサチューセッツ州ケンブリッジを拠点とする Elemind のチームは、マサチューセッツ工科大学(MIT)、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ハーバード・メディカル・スクール、カリフォルニア大学バークレー校などの一流研究機関の科学者や医師で構成されている。

脳波は、他の多くの身体的・感情的状態とともに、私たちの睡眠サイクルを決定する。私たちは100年前から脳波を EEG で測定してきました。実は今が EEG の100周年なのです。(Perry 氏)

約5年前、MIT の神経科学者チームが、Elemind が脳波を測定し、それに即座に反応することで、健康を増進させるような指示を出すことができるアルゴリズムを開発した。Elemind はこのアルゴリズムで特許を取得し、世界中の科学者たちが、痛み、記憶力、注意力、震えの抑制、睡眠誘導などを補強・改善するために、芸術技術を使った実験を行ってきた、とPerry 氏は言う。

共同設立者には、MIT の神経技術教授で光遺伝学分野のパイオニアである Ed Boyden 氏、MIT で AI 博士号を取得し Elemind の CTO を務める David Wang )氏、カリフォルニア大学バークレー校の神経科学博士 Ryan Neely 氏、インペリアル・カレッジ・ロンドンの神経科学助教授 Nir Grossman 氏、コネチカット大学の行動神経科学・生体医工学教授 Heather Read 氏がいる。

Elemind の神経刺激技術は、5件の臨床試験(うち2件は睡眠に焦点を当てたもの)と7件の特許(3件取得済み、4件出願中)に支えられている。睡眠試験において、同社は112人の被験者をテストし、876泊の睡眠と96回の昼寝を行った。睡眠導入、身体の震えの抑制、記憶力の向上、痛みの閾値の上昇に重点を置いた試験であった。

この4年半の間、同社は7つの異なるプロトタイプを繰り返し、快適さと卓越性の最良の組み合わせが達成されたと Perry 氏は語った。同社は製品開発に1,000万米ドル以上を費やし、睡眠に関する2つの臨床試験を実施し、完成品を作るために7つの特許を登録した。

Elemind 社のニューロテック睡眠ウェアラブルは、医療機器ではなく一般的なウェルネス機器であり、健康的なライフスタイルを維持・促進することを目的としている。

同社は最近、Village Global と LDV Partners による資金提供を含む1,200万米ドルのシードラウンドを終了し、デビュー製品の開発を推進した。睡眠用ヘッドバンドは、同社が他の健康とウェルネスのユースケースの開発を続ける最初の製品である。

チームとその研究パートナーは、科学と技術の有効性を証明する複数の研究を、Nature Communications を含む査読付きジャーナルで発表している。

Elemind はニューロテック・ヘルス企業であり、健康を向上させるために存在する。つまり、問題を治療し、健康を最適化するために、より賢く、より的を絞った、よりパーソナライズされた選択肢をすべての人間に提供することである。同社は「電気医療」のパイオニアであり、非侵襲的なウェアラブル・ニューロテックを用いて、個々の脳波を読み取り即座に反応する画期的なアルゴリズムでリアルタイムに問題を監視し、対処する。

ベータプログラム

Elemind ヘッドバンドの正面画像

Elemind は、Elemind の技術をいち早く試せるアーリーアダプター向けの独占ベータプログラムを開始した。ベータ版の先行販売期間中、Elemind ヘッドバンドの購入者には、早期購入者限定の12ヶ月無料メンバーシップが提供される。

ベータ版期間中、同社はアプリの新機能を展開し、ベータ版の顧客が最初にアクセスし、フィードバックを提供できるようにする。登録はこちらから。製品は今年後半に出荷される予定で、ベータテスト中の価格は349米ドル。サブスクリプションは月額6.99米ドルで、Elemind は同じ技術に基づく新製品を出荷できるかもしれない。

実際、Elemind の面白いところは、これがウェルネス製品になりうる同社の研究の最初の応用にすぎないということだ、と Perry 氏は言う。

私たちは睡眠アプリケーションを発表しましたが、時間が経てば、Elemind ヘッドバンドはもっと多くのことができるようになるでしょう。睡眠は私たちの Tesla Roadster のようなものです。(Perry 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録