ニューロテック・ウェアラブル開発のElemind、1,200万米ドルを調達——快眠を助け、パーキンソン病の症状緩和も

SHARE:
Elemind は脳の働きを解明する。
Image Credit: Elemind

一流の神経科学者、医師、起業家によって設立されたニューロテクノロジーのスタートアップ Elemind が、1,200万米ドルを調達した。

今日、ステルス状態から抜け出した同社は、脳波刺激によって睡眠を改善したり、心を落ち着かせたりすることができる革新的な AI 強化ニューロテック・ウェアラブルを開発しているという。

Elemind は、非侵襲的かつ積極的な脳波刺激によって健康問題に対処することを目指しており、従来の医薬品的アプローチとは大きく異なる。チームとその研究パートナーは、科学と技術の有効性を証明する複数の研究を、『Nature Communications』誌など査読付き学術誌に発表している。

Elemind の CEO Meredith Perry 氏は、ニューロテック・ウェアラブルは頭に巻くかたちのものだが、まだ画像は公開していないと VentureBeat のインタビューで語った。非侵襲的なセンサーとして、皮膚を通して脳波を読み取る。そして、非侵襲的な刺激によって脳への電気信号を調整する。手術は必要ない。

より良い睡眠をもたらすだけでなく、この治療にはさまざまな利点があることがわかった。最初に取り組んだのは、本態性振戦の人の震えを抑えることだった。それが、脳波操作によって脳を変化させたりすることを可能にするアルゴリズムの発端になった、と Perry 氏は言う。

そこから、本態性振戦やパーキンソン病の可能性のある人の震えを抑えることができることを示しました。

健康な睡眠者と不眠症の人の両方で、睡眠を誘発できることも示しました。しかし、不眠症の人にはより効果的です。また、痛みの閾値を上げ、鎮静効果を高めることができることも示しました。(Perry 氏)

Elemind の共同創業者の皆さん

マサチューセッツ州ケンブリッジを拠点とする Elemind のチームは、マサチューセッツ工科大学(MIT)、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ハーバード・メディカル・スクール、カリフォルニア大学バークレー校などの一流研究機関に所属する科学者や医師で構成されている。

創業者には、マサチューセッツ工科大学(MIT)の神経技術教授で光遺伝学分野のパイオニア Ed Boyden 氏、MIT で AI 博士号を取得し Elemind の CTO を務める David Wang 氏、カリフォルニア大学バークレー校の神経科学博士 Ryan Neely 氏、インペリアル・カレッジ・ロンドンの神経科学助教授 Nir Grossman 氏、コネチカット大学の行動神経科学・生体医工学教授 Heather Read 氏がいる。

Wang 氏は VentureBeat のインタビューで、創業者たちは一緒に授業を担当した後、取り組むべき根本的な問題があることに気づいて集まったと語った。脳波のような生物学的波動が何をしようとしているのかを予測することができれば、より正確に介入し、それを変化させる可能性がある。

彼らは MIT の Boyden 氏の助言を得て、音が脳にどのような影響を与えるかを研究していた Read 氏を呼び寄せた。Perry 氏もまた、非侵襲的なニューロモジュレーションと、それが脳波をどのように増強するかを独自に研究していた。

素晴らしいチームを結成することができました。(Wang 氏)

同社には13人の従業員がいる。Elemind は今後数ヶ月のうちに製品を発表する予定で、その一部は研究機関との臨床試験に資金を提供し続けている。

仕組み

Elemind は被験者の覚醒を検知する。

Elemind の核心は、脳震とうを感じるかどうかのように、頭からどのような脳波が出るかを予測する方法を解明したことだ。そして、特に睡眠を妨げたり、鋭い痛みを感じさせたりするような脳波に対抗するために、Elemind は音楽ともいえる音を再生することを考え出した、と Wang 氏は言う。

同社のウェアラブル神経テクノロジーは、個々の脳波を読み取り、オーダーメイドの音刺激で反応することで脳波をリアルタイムで誘導する。脳波の精密な誘導は、医薬品よりもスマートで、より的を絞った自然な方法で行動を変える。

Elemind のウェアラブル・ニューロテクノロジー・プラットフォームは、独自のアルゴリズムと AI を活用して個々の脳波を読み取り、オーダーメイドの音刺激でリアルタイムにガイダンスを提供する。この薬物を使わない非侵襲的なアプローチは「電気医療」と呼ばれ、従来の医薬品よりも知的で自然な行動変容をもたらすように設計されている、と Wang 氏は述べた。

同社は、その技術を検証するために一流の研究機関と提携し、『Nature Communications』誌を含む査読付き学術誌に複数の研究を発表している。Elemind のウェアラブルは5つの臨床試験を受け、睡眠を最大74%早く誘導し、わずか30秒の刺激で本態性振戦を抑制する効果を実証している。他の神経疾患への影響については、現在査読中である。

Elemind による脳への刺激で David 氏のアルファ波が減り、シータ波が増加した。

同社によると、Elemind の技術は神経技術の新時代を象徴するもので、精度と適応性を提供する。このウェアラブルは、望ましい状態になるまで、身体の反応に基づいて刺激を微調整することを目的としている。

エキサイティングなのは、デバイスに組み込まれた治療法を AI がそれぞれの患者に合うように調整できることだ。脳に関連する病気の人々を助けることもできるし、一般の人々の健康増進を助けることもできる。

このデバイスは、治療だけでなく、一般的な健康状態を改善するものだと考えています。この製品は、神経学的な問題にのみ対処するように設計されています。ガンのようなものを治療するものではありません。しかし、私たちが思い描いているところでは、最初の製品は、私たちが研究してきた分野のひとつに焦点を当てるつもりです。ある意味、治療だけでなく、ある分野での日々の生活を改善するものです。

しかし、私たちの装置にはバイオセンサーが詰め込まれており、体内で何が起こっているかを読み取っています。そして、あなたの体を継続的にモニターしています。AI と機械学習を使って、問題を診断し、検出することができるようになり、潜在的には、問題を予測したり、実際に問題が発生する前に、問題が発生しようとしていることを予測することもできるようになるのです。

健康状態をモニターし改善するために電子ツールを使うことの何が素晴らしいかというと、これらすべてを組み合わせると、治療そのものがうまくいっているかどうかを実際にリアルタイムで見ることができるということです。うまくいっていなければ、うまくいくようになるまで変えることができる。

そして、問題が解決すれば、治療を止めることができる。私たちはこれを、あらゆる種類の神経学的問題に適用できる AI 健康テーラーと呼んでいます。そして、どのような刺激プロトコルがその人にとって最良の結果につながるかを、時間をかけて学ぶことができるのです。それで、さまざまな問題に対処できるのです。(Perry 氏)

Wang 氏によれば、人にはそれぞれ固有の脳波があるという。どの脳波がどのような行動や時間に重要で、どのように影響を与えるかを解明することが課題だ。多くのカスタマイズが可能であり、そう考えると、学習と改善の余地がたくさんある、と Wang 氏は言う。

脳については、まだわかっていないことがたくさんあります。(Wang 氏)

刺激プロトコルの違いによって反応も異なるため、時間や日によって反応が異なる患者に合わせて調整する必要がある。目標は、一般集団に有効なベースラインの刺激プロトコルを見つけることであり、その後、機械学習に治療をより正確にすることを引き継がせることである。

Perry 氏によれば、音による悪影響は確認されていないという。

投資家のサポート

Elemind の治療計画

Village Global、LDV Partners、MIT Investment Fund、Skype や Nest の創業者など、シード・ラウンドには著名な投資家が名を連ねている。

Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏、Reid Hoffman(リード・ホフマン)氏、Bill Gates(ビル・ゲイツ)氏、Ann Wojcicki(アン・ウォイッキ)氏が支援する Village Global は、Elemind への最初の投資家である。世界的なディープテック・ライフサイエンスファンドである LDV Partners もこのラウンドに参加し、経験豊富な投資家でありハーバード大学で医学を学んだ Qing Zhang 氏が Elemind の取締役に就任した。

このラウンドには他に、マサチューセッツ工科大学(MIT)の投資ファンドである E14 Fund、Wharton Alumni Angels、Embark Ventures、Skype、Nest、Opentable、Broadvision、Boston Scientific、Vital Proteins、Fab Fit Fun の創業者らが参加した。

Village Global のベンチャー・パートナーである Erik Torenberg 氏は声明で次のように述べた。

Elemind の AI 強化神経技術ウェアラブルは、業界における最新の進歩を象徴しています。チームはビジョンに向かって大きく前進しており、2024年に何が起こるか楽しみです。

LDV Partners のパートナーである Zhang 氏は声明の中で、「Elemind は神経技術に革命を起こしています。彼らの革新的なデザインは、最先端のテクノロジーと思慮深い職人技を融合させ、個人の健康増進を支援するものです」と述べている。

Elemind の創業者たちは2019年から研究を行い、技術を開発してきた。同社は現在、中核となる信号処理アルゴリズム、アプリケーション、動的神経刺激技術をカバーする3つの重要な特許を保有している。

Elemind の最初の製品は、一般的なウェルネス製品として位置づけられ、FDA 規制の対象にはならない。同社は、今後数カ月以内に製品の詳細を明らかにする予定である。

技術の検証

Elemind  は脳に関連する問題を治療することができる。

Elemind とその創業者たちは2019年以来、ステルス状態で研究を進め、技術を開発してきた。Elemind は現在、中核となる信号処理アルゴリズム、アプリケーション、動的神経刺激技術をカバーする3つの重要特許を保有している。

Elemind の最初の製品は一般的なウェルネス製品であり、FDA 規制の対象にはならない。同社は特許を申請しており、そのうちのいくつかはマサチューセッツ工科大学(MIT)と共同所有している。

Perry 氏によれば、このコア・テクノロジーによって、同社は脳波をリアルタイムで変調させることができる。

脳波によって影響を受けたりコントロールされたりする条件や脳の状態を探しています。(Perry 氏)

これまでに、本態性振戦、学習、麻酔について5つの臨床試験が実施された。これらの臨床試験には数百人が参加している。睡眠導入、身体の震えの抑制、記憶力の向上、痛みの閾値の増加などに焦点を当てた臨床試験が行われた。

海外のジョージ・ワシントン大学マギル校のパートナーは、この治療と麻酔を組み合わせれば、麻酔の効果を高めることができ、より高い痛みへの耐性が得られることを研究で発見した。つまり、患者が手術を受ける場合、より少ない量の麻酔で、より早く回復できる可能性があるということだ。また、病院にとっても患者にとっても、より安価な治療が可能になる、と Perry 氏は言う。

Wang 氏はまた、別の研究で、深い睡眠中に適切なタイミングで音色を流すことで、運動記憶を強化できることが示されたと述べた。つまり、基本的に特定の記憶を強化することができるということだ。

特定の記憶を強化することができます。(Wang 氏)

その音色は音楽に似ているかと尋ねられ、Wang 氏は基本的にその通りだと答えた。Elemind とは「心を高める」という意味だ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録