タグ スタートバーン

ブロックチェーンでアート証明、スタートバーンが11億円調達ーーNFT導入パッケージも開始

SHARE:

アートのブロックチェーン証明書発行サービス「Startbahn Cert.」を提供するスタートバーンは5月12日、第三者割当増資の実施を公表している。増資を引き受けたのはみやこキャピタル、東京大学エッジキャピタルパートナーズ、有限会社オプス、SXキャピタル、TBSイノベーション・パートナーズ、iSGSインベストメントワークスの6社と個人として田口美和氏、中野善壽氏、山本誠一郎氏。同社は2020年8…

アートのブロックチェーン証明書発行サービス「Startbahn Cert.」を提供するスタートバーンは5月12日、第三者割当増資の実施を公表している。増資を引き受けたのはみやこキャピタル、東京大学エッジキャピタルパートナーズ、有限会社オプス、SXキャピタル、TBSイノベーション・パートナーズ、iSGSインベストメントワークスの6社と個人として田口美和氏、中野善壽氏、山本誠一郎氏。同社は2020年8月に新株予約権付社債にて1億6000万円の資金調達を実施しており、それと合わせて調達額は11億2000万円となった。

スタートバーンはアートの信頼性を守るICタグ付きブロックチェーン証明書「Cert.」を発行する「Startbahn Cert.」と、アート流通、評価インフラの「Startrail」を提供する2014年創業のスタートアップ。CertはICタグで物理的な作品にIDを付与し、これをブロックチェーン技術により管理・保証する。

証明書を発行するStartbahn Cert.ではアート作品の所有者が証明書を管理できるほか、作品管理ツールとしての機能も提供する。作品の撮影データを格納することで、制作された当時の色味や質感を履歴として残すこともできる。Startbahn Cert.の利用は初期導入費用や月額費用は無料で、証明書となるCert.を発行する毎に1,000円がかかる。

スタートバーンでは今回調達した資金を元に、アートの展示や売買などのエコシステムを支えるインフラとしてのCertの機能を強化すると共に、知見を活用したNFT活用にも力を入れる。具体的にはCert発行者の審査徹底やデジタル作品への発行対応、国際展開を推進するほか、NFTを事業展開に活用したい企業向けの導入パッケージの提供を開始する。トレーディングカードやソーシャルネットワークなどのコンテンツやIPを保有する企業が対象で、価格は非公開。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ブロックチェーンでアート作品を管理するスタートバーンが3.1億円調達、UTEC、SXキャピタル、電通等から

SHARE:

アートとテクノロジーを主軸に事業展開するスタートバーンは3月19日、UTEC、SXキャピタル、電通、片山龍太郎氏を引受先とした第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は3億1000万円。また、これにあわせて経営体制を強化し、3月1日付で取締役COOに元AnyPayの大野紗和子氏、社外取締役に元クリスティーズ片山龍太郎氏が就任したことも伝えている。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のス…

d16730-8-358167-10.png

アートとテクノロジーを主軸に事業展開するスタートバーンは3月19日、UTEC、SXキャピタル、電通、片山龍太郎氏を引受先とした第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は3億1000万円。また、これにあわせて経営体制を強化し、3月1日付で取締役COOに元AnyPayの大野紗和子氏、社外取締役に元クリスティーズ片山龍太郎氏が就任したことも伝えている。

同社は世界中のアートサービスをつなぎ、作品の来歴・流通マネジメントを可能とするブロックチェーンネットワークを開発している。ブロックチェーンの非改ざん性・相互運用性を活用した証明書により、売買の履歴だけでなく美術館での展示、貸し出し、鑑定といった作品の評価と信頼性に関わる履歴を記録できる。

また、スマートコントラクトによるリージョンコントロール・著作権管理を含めた流通管理やアーティストへの還元金の設定が可能としている。同社はすでに、昨年テストネットを公開しており、そこに接続する自社サービスstartbahn.org への証明書発行機能実装などを進めている。

今回調達した資金は、ブロックチェーンネットワーク・接続ASP開発の加速、事業提携・共同事業を含めた国内外のビジネス展開、知財戦略及び採用強化などに活用する。

今後は、更に幅広いアート関連サービスとの連携を進める他、従来のアート流通における活用に加えて、デジタルコンテンツの流通や販売管理、美術品のレンタルビジネス、高級ブランドの二次流通管理、美術品の分散所有等、広い領域の事業との連携を見据えるとした。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


アート展示会「富士山展2.0」年明け開催ーー権利をブロックチェーンで管理する試みも

SHARE:

アートとテクノロジーを主軸に事業展開するスタートバーンは10月19日、ブロックチェーンによるアート権利の管理サービス「startbahn.org」を活用した展示会「富士山展2.0」を開催する。会期は2019年1月5日から26日で全国50会場での開催を予定している。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Si…

fujisanten.png

アートとテクノロジーを主軸に事業展開するスタートバーンは10月19日、ブロックチェーンによるアート権利の管理サービス「startbahn.org」を活用した展示会「富士山展2.0」を開催する。会期は2019年1月5日から26日で全国50会場での開催を予定している。

富士山展2.0は、富士山をテーマにアーティストやデザイナー、マンガ家、起業家、芸人など多様な領域のクリエーターが作品を制作、販売、企画開催するアートイベント。3回目を迎える今回は、ウェブ上の仮想空間とメイン会場となるGallery MoMo Projectsなどで開催される。

また、ブロックチェーンでアーティスト本人の証明書や富士山展の各会場における売買記録を作品に付与する。この証明書は来歴証明書も兼ねることになるので、作品の信頼度が流通に伴い高くなる仕組みを提案している。

startbahn.orgには作品管理機能や売買機能が提供される。このプラットフォームを活用することで、売買業務の効率化だけでなく、新しいアートとの出会いを促進できるとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録