BRIDGE

タグ axelmark

縫製職人とものづくりニーズをマッチングさせる「nutte(ヌッテ)」、アクセルマーク・静岡キャピタルらから1億円を調達

SHARE:

縫製に特化したクラウドソーシングサービス「nutte(ヌッテ)」を運営するステイト・オブ・マインドは11日、アクセルマーク、みずほキャピタル、静岡キャピタル、ガイアックス・グループのシェアリングエコノミーファンド、個人投資家らから1億円を資金調達したことを発表した。これはステイト・オブ・マインドにとって、昨年11月のみずほキャピタル、ガイアックス・グループのシェアリングエコノミーファンドからの3,…

nutte

縫製に特化したクラウドソーシングサービス「nutte(ヌッテ)」を運営するステイト・オブ・マインドは11日、アクセルマーク、みずほキャピタル、静岡キャピタル、ガイアックス・グループのシェアリングエコノミーファンド、個人投資家らから1億円を資金調達したことを発表した。これはステイト・オブ・マインドにとって、昨年11月のみずほキャピタル、ガイアックス・グループのシェアリングエコノミーファンドからの3,000万円の調達に続く2度目の調達となる。

nutte(ヌッテ)は、縫製を中心とした職人と連携し、デザインから縫製までを受注生産するマッチングサービスだ。2014年11月に TOKYO STARTUP GATEWAY から輩出、2015年2月の正式ローンチから1年7ヶ月を経て、縫製を依頼する側の会員登録数は1万人を突破。一方、国内に推定20万人いると言われる縫製職人のうち、これまでにその0.5%程度にあたる約1,000人の縫製職人のネットワーク化に成功している。

state-of-mind-yuhei-ito
自身も縫製職人で、ステイトオブマインドの代表取締役を務める伊藤悠平氏
(2016年9月20日、東急アクセラレートプログラムのデモデイで撮影)

先日、開催された「東急アクセラレートプログラム」のデモデイでは、「1日に20〜30件程度のオーダーが来ており、需給バランスでは製造能力の方が上回っているので、オーダーが入ってくると、すぐにも縫製職人が仕事を持って行ってくれる状態(同社代表取締役社長の伊藤悠平氏)」であることを明らかにしていた。

今回の調達を受け、同社は2016年中に会員登録数3万人、年間累計取引件数5,000件、流通額2億円という目標のマイルストーンを掲げたことを明らかにした。また、nutte を軸とした資材 e コマース「糸柄市(いとがらいち)」や、nutte のファッション染色サービス「and Colors」など、縫製付随事業の開発に注力するとしている。

伊藤氏の話からもわかるように、マイルストーン達成にあたって、需要サイドはオーガニックなユーザ流入である程度賄うことができるだろう。計算が正しければ、nutte をまだ使っていない、日本にいる残り95%の縫製職人をどうやって取り込んでいけるかが nutte がブーストする上でのカギとなるだろう。

nutte-and-colors
nutte の染色サービス「and Colors」

フローとストックの収益を意識しろ−−アクセルビート川野氏が語る継続する企業に必要な考え方

SHARE:

事業経験からビジネスチャンスを発見し、継続するためのモデルを作り上げることは当たり前のようで難しい。 川野尚吾氏は2006年にリアルアフィリエイト事業を軸としたベストクリエイトを創業。2011年にM&A売却を実施し、現在はアクセルマークの執行役員事業開発本部長、同社子会社のアクセルビート代表取締役に就任している。同氏がMOVIDA SCHOOLで語った、起業から売却までに学んだ継続する企業…

事業経験からビジネスチャンスを発見し、継続するためのモデルを作り上げることは当たり前のようで難しい。

川野尚吾氏は2006年にリアルアフィリエイト事業を軸としたベストクリエイトを創業。2011年にM&A売却を実施し、現在はアクセルマークの執行役員事業開発本部長、同社子会社のアクセルビート代表取締役に就任している。同氏がMOVIDA SCHOOLで語った、起業から売却までに学んだ継続する企業に必要な考え方をまとめた。

IMG_8813_2

大企業から創業への道のり

新卒で日商岩井に入社したが、その後会社が赤字転落し経営破たんの危機に陥った。自分自身の会社が潰れそうになり、どんな大企業であっても潰れる可能性を持つということを学んだ。その後、携帯販売の子会社に出向。携帯の販売活動に従事していたが、毎月のノルマ達成など厳しい就労環境だった。

同じく携帯事業の1つであるコンテンツ配信事業との収益性の違いを感じ、このギャップを埋めるためにはどうすればいいかを考えた。そこで、双方の強みを活かしたビジネスモデルとして、会員獲得費をいただき携帯販売窓口で顧客にコンテンツを売るリアルアフィリエイト事業を考案した。

市場の風を読んで一気に攻める

出向先でテストを実施して事業としての見込みもあった。自社以外の販売会社でもこのモデルを提供しようと考え、起業するに至った。しかし、創業当初は販売奨励金制度があり、店舗での営業は思った以上に厳しい状況だった。売上向上に奔走しながら、全国をドブ板営業で周り地道にクライアントを獲得していった。

2007年に販売奨励金制度が廃止され、それにより販売店舗の売上が激減し、店舗売上のニーズが強まった。ここに大きなチャンスがあると考えて一気に攻めの営業を展開し、その結果自社の売上が急激に向上した。市場の追い風を読み、攻めの姿勢に転じたことでチャンスを掴むことができた。

信頼出来る第三者の目を得ること

市場におけるシェアをさらに獲得しようと考えていた時、サイバーエージェント・ベンチャーズの田島聡一氏と出会い、営業面における支援以外にもVCの紹介など様々なアドバイスをいただいた。そのおかげで、経営における大きな基盤を作り上げることができた。

信頼ができ、自分にはない知識や経験を持っている第三者の目があること、メンターとして相談できる人が身近にできることは、企業にとって大きな支えとなり、その結果大きく飛躍する要因につながる。

大胆に行動することで想定以上の結果をもたらす

起業当初はリアルアフィリエイト事業の競合は少なかったが、今後競争は激しくなると予想。当時は数百店舗のネットワークしか持っていなかったが、大手の参入に対して直ぐさま資本提携や事業統合を直談判をする大胆な方針転換を実施した。私自身が携帯事業に長く従事していたため、誰にも負けないノウハウを持っているという自負があったからこそ、強気な提案ができた。その結果、提案先など多くの企業から出資をいただくこととなった。

積極的に大胆に行動することで、自身の想定を超える結果をもたらす可能性は高い。チャンスだと感じた時は一気に攻めるべき。

数字は絶対に裏切らない

その後、同じく競合であった光通信に事業提携を打診。打診後に直ぐさま意気投合し資本業務提携へと発展した。光通信との業務提携は、数字における絶対的評価の重要性を学んだ。徹底的な数字管理の中、毎朝毎夕でタスク管理と進捗共有をおこない、管理者クラスが常に現場の状況を把握していた。

人とお金に対しての攻め時と引く時の迅速な判断、社員それぞれの目標設定やモチベーションを高める昇格制度、絶対的な評価をもとに社員同士の競争関係を作る営業チームの組成など、多くの学びを得ることができた。数字設定とモチベーション維持に対する徹底さは、事業の根幹にとって必要な基盤だ。

ストック収益へのこだわり

光通信から得たもう一つの学びは、ストック収益に対するこだわりだ。事業を作る、モノを売る、収益を得る、といったこれらを総合的に評価する絶対軸は、それがストック収益に通じるかだ。この発想は会社を経営すること、会社を維持することに意味を置き換えた時に、極めて重要な考え方だ。

フローとストックの収益を意識した経営を

フローのビジネスは、常に事業を回し続けなければならず、何らかの事情で事業が破綻した際に経営破綻の恐れがある。しかし、ストック収益を事業の中に一定の割合を占めておくことで、どういった状況に陥っても対応できるだけの基盤が形成される。

会社の継続性を考えた上でも、ストック収益の発想を組み込むことで、安定した事業を作ることができる。フローとストック収益のバランスを考慮し、事業全体のビジネスモデルを作り上げ、継続する企業を作りあげて欲しい。

変化の兆しを感じとれ – アクセルマーク尾下氏が語る、ベンチャービジネス理想と現実7つのヒント

SHARE:

スタートアップ経営者は理想を掲げてまい進するが、現実は必ずしもうまくいくわけではない。理想と現実を把握し、それでも着実と前へと進み続ける経営者だけが事業を成功させることができるのではないだろうか。 ネットベンチャー経営者、フリーランス、ベンチャーキャピタリスト、再度ベンチャー企業の経営者というキャリアを歩んでいるアクセルマーク株式会社代表取締役の尾下 順治氏は、ベンチャービジネスとの繋がりが深い。…

スタートアップ経営者は理想を掲げてまい進するが、現実は必ずしもうまくいくわけではない。理想と現実を把握し、それでも着実と前へと進み続ける経営者だけが事業を成功させることができるのではないだろうか。

ネットベンチャー経営者、フリーランス、ベンチャーキャピタリスト、再度ベンチャー企業の経営者というキャリアを歩んでいるアクセルマーク株式会社代表取締役の尾下 順治氏は、ベンチャービジネスとの繋がりが深い。

尾下氏が「MOVIDA SCHOOL」で語った、ベンチャー企業の理想と現実についてまとめた。

多様なベンチャービジネスへの関わり方

新卒で入社した会社を二年で退社し、2000年に大学時代の友人と起業。2003年末に退任してフリーランスに。フリーになってわかったのは、自分の性格のことを考えると自分の生きる道はベンチャービジネスの領域だということ。ただ自らが中心となって起業するほど自分の中に渇きがなかった。そのためフリーになってから1年後、2005年にベンチャーキャピタルの会社に入社。

入社後は現アクセルマークと合併した会社、エフルートに出向。事業支援を行った後、エフルートの社長に就任。エフルートとアクセルマークが合併した後、アクセルマークの社長に就任した。ベンチャービジネスに対して、いくつもの視点から関わってきている。

スタッフのモチベーション維持、どれだけ腹をわって話そうとしているか

エフルートに出向し、取締役として日中ほぼすべての時間を会社に費やしているにも関わらず、違和感が拭えなかった。一生懸命、過去の自分の経験や考えを会社に提供しても、いまいち社内の人間には伝わらない。

「尾下さんって、この会社の人じゃないですよね。会社が潰れても尾下さんだけは職を失わないじゃないですか」と言われ、自らの「言霊」が足りないという結論に至った。そのため出向という形ではなく、エフルートに移り、会社のメンバーとなった。どれだけ腹をわって話そうとしているかを相手に伝えることはとても重要。

現在では、会社のスタッフに2つのことを必ず理解してもらうようにしている。「変化して当たり前」「目の前のことをやりきる」。この2つを理解していないと、社員はベンチャーのスピードの速さについてこれなくなってしまう。

投資家は誰に、何に投資するのか

ベンチャーキャピタリストは、人か事業に対して投資をおこなう。誰に対して、何に対して、投資をするのかという視点を持つことが重要。経営者に対してなのか、事業に対してなのか。ここで株主との見解の相違がないようにする必要がある。経営者に対して投資が実施されていれば、事業が変わっても問題ない。事業に対して投資が実施されているのであれば、経営者が変わっても問題ない。

エフルートは事業内容も経営者も変わった。その結果、社内の混乱が起きてしまった。

事業の利益の分配について

会社で事業を展開すると顧客、従業員、投資家などステークホルダーが複数存在することになる。すべてのステークホルダーを満足させるための利益の分配は、以下の3つの順番で実施する。

①顧客に投資する。つまり、新規事業投資する
②従業員に返していく
③投資家に返していく

3つのステークホルダーをすべて満足させるためには、この順番しかない。

ベンチャービジネスに最も必要なことは、Opportunity(好機)

そこに変革の兆しがあるか、その兆しが見えるかどうかがすべて。変化の波を意識せずにビジネスを構築することはどんな大企業でも不可能。

新卒の学生などにはこんな話をする。TOYOTAは今でこそ世界一の自動車会社となっているが、元々は機織り機の会社だった。潜在的なニーズをつかみ、自動車業界に参入した結果、大きな事業へと変わっていった。機織り機を作る事業を続けていても、世界一にはなっていなかっただろう。

Opportunityを無視して大きなビジネスを作ることはできない。そのOpportunityを感じ取れるかどうか。

では、エフルート創業当時のOpportunityとは何だったか。それまで、モバイルはインターネットとしてではなく、コンテンツ売り場のような捉えられ方をしていた。auがパケット定額制を開始した時、これで世界が変わり、モバイルはパケット定額制によってもっと盛り上がると感じた。

モバイルサイトが多く登場するはずで、サイトに必要なのは検索エンジンだろうということで検索エンジンの提供をスタートさせた。

変わらない経営理念

Opportunityに合わせて、ビジネスの内容は変化し得る。事業内容が変わったとしても、「コンシューマーに向き合っていきたい」という理念は変わらない。一個人として持っている理念は、真のインターネットの普及、インターネットの大衆化を果たしたいというもの。

テレビが日常の中で欠かせないものになっている人は大勢いる。どういう仕組みで動いているのかはわからないけれども、生活には欠かせないものとなっているのがテレビ。それは大衆化した状態、大衆が受け入れた状態であるということ。

なぜインターネットだけが過剰なリテラシーを求めたがるのか?iモードの功績はインターネットを大衆化したこと。誰でも簡単に使えるインターネットを作り出した。ブルーカラーまでインターネットを使える国はほぼ日本だけ。

仕事を楽しむ簡単なコツ

仕事を楽しむためには、興味を持つこと、深く知りたいというモチベーションを持つことが大事。興味を持つと、構造が見えるようになる。自らの働きかけで見えていた構造に少しでも変化が起きるとそれが楽しい。いろんなことに興味を持つことができれば、仕事が趣味になって、毎日がパラダイスになる

自分の中に埋もれた才能はまだあるかもしれない。いろんなことに興味をもって、いろんな挑戦をする。自分の人生の幅を広げるためには好奇心が重要。

U-NOTEリンク】:スクール当日にライブで記録されたU-NOTEです。合わせてご参照ください。