タグ Biophilia

バイオフィリア、猫用完全栄養食「Miao Gourmet(ミャオグルメ)」を発表——6月下旬発売に向け、今日から予約開始

SHARE:

ペットフード D2C 開発のバイオフィリアは21日、猫用完全栄養食「Miao Gourmet(ミャオグルメ)」を発売すると発表した。発売日は6月下旬を予定しており、現時点では価格は未定だが2週間分で数千円程度となる見込みだ。なお、同社ではこの発表にあわせ、今日じから Miao Gourmet の予約受付を始める。予約分については、60グラム×2種×2セットの限定モニター BOX を980円(税込・…

Image credit: Biophilia

ペットフード D2C 開発のバイオフィリアは21日、猫用完全栄養食「Miao Gourmet(ミャオグルメ)」を発売すると発表した。発売日は6月下旬を予定しており、現時点では価格は未定だが2週間分で数千円程度となる見込みだ。なお、同社ではこの発表にあわせ、今日じから Miao Gourmet の予約受付を始める。予約分については、60グラム×2種×2セットの限定モニター BOX を980円(税込・送料別)の特別価格で販売する。

バイオフィリアは2017年、SMBC 日興証券出身の岩橋洸太氏(CEO)と、オラクル出身の矢作裕之氏(COO)により共同創業。彼らは日本における飼育犬の数は減っているのに対し、ドッグフードの流通金額は増えていることに着目(出荷量は減少)。ペットフードの市場は寡占である一方、高単価のプレミアムペットフードがブームとなっており、差別化した商品であれば D2C による事業機会があると考え、犬用完全栄養食「CoCo Gourmet(ココグルメ)」を立ち上げた。

2021年12月に5.6億円を調達したシリーズ A ラウンドを発表した際には、猫用の商品を開発することも明らかにしていた。

Image credit: Biophilia

犬用の CoCo Gourmet では、「チキン&ベジタブル」「ポーク&ブロッコリー」「フィッシュ&パンプキン」と、動物肉と野菜の組み合わせなのに対し、猫用の Miao Gourmet では、「まぐろ&たら」「かつお&サーモン」という栄養バランスを考慮した、白身魚と赤身魚の組み合わせの2種となった。これは犬に比べると猫の方が、本能的に過去に食べた経験があるものを食べる傾向が強いことなどを考慮したものだ。Miao Gourmet の開発には2年の歳月と20回以上の試作を要した。

Miao Gourmet でこだわったものの一つが水分量だと岩橋氏は言う。元来、ネズミをはじめ小動物を獲って食べていた猫は水分の多くを食べ物から得ていたが、人間が飼う猫の食事ではドライフードが増えたこともあって水分摂取量が減る傾向があり、それが猫の死因の一位を占める泌尿器や腎臓の病気を誘発する原因の一つになっている可能性がある。バイオフィリアでは、Miao Gourmet で提供される食事の水分量を小動物にならって80%程度まで増やしつつ、ゼラチンや寒天を使いベチャベチャしないよう工夫を加えたという。

同社によれば、Miao Gourmet より先行する犬用 CoCo Gourmet の会員数は6.2万人に達し、これまでに累積で7万4,000頭の犬が食べたそうだ。犬の食事に比べ猫の食事は開発が格段に難しかったとのことだが、最新の統計では飼育頭数ベースでは猫が犬を上回っており(日本ペットフード協会による推計では、2021年現在、日本で飼育される犬が710万6千頭、猫が894万6千頭)、バイオフィリアでは Miao Gourmet の投入でより大きな市場へのリーチを狙うことになる。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


フレッシュペットフードD2C「CoCo Gourmet」運営、5.6億円をシリーズA調達——会員数は5万人、猫用も開発へ

SHARE:

〝犬用完全栄養食〟を標榜するフレッシュペットフード「CoCo Gourmet(ココグルメ)」を開発・運営する D2C スタートアップのバイオフィリアは22日、シリーズ A ラウンドで5.6億円を調達したと明らかにした。このラウンドは DIMENSION がリードし、SBI インベストメント、三菱 UFJ キャピタル、ギークス(東証:7060)、ユナイテッド(東証:2497)、AG キャピタルと、名…

「CoCo Gourmet(ココグルメ)」
Image credit: Biophilia

〝犬用完全栄養食〟を標榜するフレッシュペットフード「CoCo Gourmet(ココグルメ)」を開発・運営する D2C スタートアップのバイオフィリアは22日、シリーズ A ラウンドで5.6億円を調達したと明らかにした。このラウンドは DIMENSION がリードし、SBI インベストメント、三菱 UFJ キャピタル、ギークス(東証:7060)、ユナイテッド(東証:2497)、AG キャピタルと、名前非開示の企業と個人投資家が参加した。このラウンドはバイオフィリアにとって、2019年6月に実施したシードラウンドに続くものだ。

バイオフィリアは2017年、SMBC 日興証券出身の岩橋洸太氏(CEO)と、オラクル出身の矢作裕之氏(COO)により共同創業。彼らは日本における飼育犬の数は減っているのに対し、ドッグフードの流通金額は増えていることに着目(出荷量は減少)。ペットフードの市場は寡占である一方、高単価のプレミアムペットフードがブームとなっており、差別化した商品であれば D2C による事業機会があると考え、CoCo Gourmet を立ち上げた。

Image credit: Biophilia

ローンチからの2年半で、累計販売食数は650万食(これまでの成長率に基づいた2021年第4四半期末における推定数)、購入継続率は95%、商品を定期的に購入するアクティブユーザは5万人に達した。同社製品の特徴は、人も食べられる新鮮な食材を使ったフレッシュペットフードだ。これまで一部食材に輸入品が含まれていたが、ユーザからの要望を反映する形で、今春から原材料を全て国産食材に変えた。10月には、これまでのマルヒ食品(宮城・大崎)に加え、タカ商(長野)が CoCo Gourmet の製造工場に加わった。

バイオフィリアは今回調達した資金を使って、CoCo Gourmet の新レシピや小分けタイプの開発 ・事業拡大に伴う人材採用の強化を行うほか、現在の犬用に加えて、猫用の「CoCo Gourmet for Cat(仮称)」も開発する。同社の販売チャネルは D2C がほとんどだが、潜在ユーザとのタッチポイントを増やす意図から、全国10ヶ所ほどのペットサロンやペット用品店にも商品を卸しており、今後、実店舗やスーパーなどでの販売も検討するそうだ。また、3年以内には、アジアを足がかりに世界市場への進出を目指す。

この分野では今月初め、同様にフレッシュペットフードを D2C 展開する PETOKOTO がシリーズ A ラウンドで5億円を調達したのは記憶に新しい。同社は、保護犬猫マッチングサイト、ペットライフメディアなど複数の事業を展開し、ペットのゆりかごから墓場までをサービスできる体制を目指してサービスを拡充することを明らかにしている。また、前澤ファンドの傘下に入った犬猫生活(旧社名はオネストフード)は無添加ペットフードを展開している。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


犬用完全栄養食D2C「CoCo Gourmet(ココグルメ)」開発のバイオフィリア、アプリコットベンチャーズと野口卓也氏から1,800万円を調達

SHARE:

〝犬用完全栄養食〟を標榜するペットフード D2C 開発のバイオフィリアは3日、シードラウンドで1,800万円を調達したことを発表した。このラウンドに参加したのは、アプリコットベンチャーズとバルクオム CEO の野口卓也氏。また同日から、犬用フレッシュフード「Coco Gourmet(ココグルメ)」の事前予約受付を開始した。販売は6月18日から開始する予定。 バイオフィリアは2017年、SMBC 日…

左から:バイオフィリア CEO 岩橋洸太氏、COO 矢作裕之氏
Image credit: Biophilia

〝犬用完全栄養食〟を標榜するペットフード D2C 開発のバイオフィリアは3日、シードラウンドで1,800万円を調達したことを発表した。このラウンドに参加したのは、アプリコットベンチャーズとバルクオム CEO の野口卓也氏。また同日から、犬用フレッシュフード「Coco Gourmet(ココグルメ)」の事前予約受付を開始した。販売は6月18日から開始する予定。

バイオフィリアは2017年、SMBC 日興証券出身の岩橋洸太氏(CEO)と、オラクル出身の矢作裕之氏(COO)により共同創業。彼らは日本における飼育犬の数は減っているのに対し、ドッグフードの流通金額は増えていることに着目(出荷量は減少)。ペットフードの市場は寡占である一方、高単価のプレミアムペットフードがブームとなっており、差別化した商品であれば D2C による事業機会があると考え、CoCo Gourmet を立ち上げることにした。

CoCo Gourmet
Image credit: Biophilia

CoCo Gourmet は当初、チキンベースとポークグルメの2種類を提供。いずれもドライ加工やレトルト加工することなく、人間が食事に求めるのと同様に、自然で栄養バランスの取れたメニュー作りをコンセプトに据えている。冷凍された状態でサブスクリプションベースでユーザ宅に配送され、価格は2週間分2箱で4,480円(3日受付開始の事前予約では、お試し価格の980円に設定されている)。必要量は犬種や身体の大きさにもよるが、1ヶ月では市販ペットフード平均価格の3倍程度の費用になる。

猫ではなく犬を対象に始めた点については、猫はエサに対する好き嫌いが激しい、置きエサをする必要がある(食べるタイミングが決まっており、ドライフードでないと腐敗しやすい)などの理由から、フレッシュフードの難易度が高くなるのだそうだ。将来的には CoCo Gourmet のメニューを5種類にまで増やし、猫を含めた他のペット向けのフレッシュフード開発も視野に入れたいとしている。

ベンチマークとなるのは、アメリカで2015年に創業した NomNomNowPetPlate だろう。NomNomNow はシードラウンド、シリーズ A ラウンドを通じて1,300万米ドルを調達、PetPlate はシードラウンドで400万米ドルを調達している。

<参考文献>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録