タグ Buff

営業組織のためのセールスダッシュボード「SALESCORE」【Monthly Pitch!注目スタートアップ】

SHARE:

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載 サービス概要:「営業を科学する」を掲げている Buff は、営業組織作りのプロが売れ続ける営業組織作りを科学し、サポートする仕組みを作っています。具体的には、再現性のある個人の成長を実現するために、あらゆる人の成長データを通し、成長をより科学し、正しい努力が出来る環境をデザインしています。現在は…

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載

サービス概要:「営業を科学する」を掲げている Buff は、営業組織作りのプロが売れ続ける営業組織作りを科学し、サポートする仕組みを作っています。具体的には、再現性のある個人の成長を実現するために、あらゆる人の成長データを通し、成長をより科学し、正しい努力が出来る環境をデザインしています。現在は営業組織の「目標を達成する風土の定着」を促すSFA・CRMと連携するKPIダッシュボードの「SALESCORE」事業とSales Enablement Program事業を行っており、今後は営業に関わらず目標を形にするサポートを通し、誰もが自身の成長を通して人生の財産となるような体験の提供を目指しています。

Monthly Pitch編集部はココに注目:キーエンス、リクルート、プルデンシャル等のセールス組織でトップレベルの成果を挙げてきたスペシャリスト達で構成されて作られたBuffは、洗練された営業理論と最新のテクノロジーで、10年後の営業組織の当たり前を作るため、ロープレ等のスキル取得ではなく半永久的に根付く文化の構築にフォーカスして事業を作っています。

詳細:Buff は2018年12月、神戸大学の起業家精神育成ゼミ出身で、DeNA でゲームディレクターなどの経験を持つ中内崇人氏により創業しました。キーエンスや Salesforce の営業部門など、個人プレイではなく環境要因やチームの力で成長している営業組織を参考に、営業を成長させる仕組みをプログラム化しようと始まったのが Buff の営業顧問事業です。

この営業顧問事業を支援するために開発したのが SALESCORE で、元々は営業顧問事業のユーザ企業向けでしたが、2021年から SaaS 単体での販売も始めました。営業を改善するツールとしてはSalesforce や Hubspot などもありますが、これらのツールが過去をレビューすることに主眼を置いているのに対し、SALESCORE は PDCA を回すことに特化しています。

SALESCORE を使えば、営業活動で成約必要となる各ステップ——例えば、TEL アポ → 受注 → 売上 → 受注——のそれぞれで、目標を達成できているかどうかが、緑色・赤色表示で一目瞭然になります。営業担当者とマネージャーは、この情報を見ながら議論することで、営業活動の何を改善すればいいのかをデータに基づいて話し合うことができるわけです。2022年に入り、「SALESCORE Sync」という新機能がリリースされました。これは、SALESCORE の結果を Salesforce などのCRM と連携する機能で、ユーザは一度 Salesforce に直接入力する情報を最小限にすることが可能になります。ユーザの営業活動の入力負荷を削減し、営業活動の PDCA により多くの時間を割くことができるようになります。

毎月第2水曜日に開催される Monthly Pitch へのピッチ登壇、オーディエンス参加を希望される方は、こちらから
▷応募はこちら

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


Monthly Pitch! 今月紹介の注目スタートアップ4社の顔ぶれ

SHARE:

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載 Monthly Pitch!注目スタートアップでは、Monthly Pitch編集部と協力し、毎月開催されるピッチ登壇社から特に注目のスタートアップを毎週ご紹介していきます。 今月お届けする4社は次の通りです。 営業組織のためのセールスダッシュボード「SALESCORE」を運営する”Buff” …

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載

Monthly Pitch!注目スタートアップでは、Monthly Pitch編集部と協力し、毎月開催されるピッチ登壇社から特に注目のスタートアップを毎週ご紹介していきます。

今月お届けする4社は次の通りです。

営業組織のためのセールスダッシュボード「SALESCORE」を運営する”Buff”
声優から届くメッセージアプリと音声メディア立ち上げ支援の”any style”
クラブ最適化アプリでサッカー観戦をDXする”Stadium Experiment”
全国80施設で遊び放題、レジャーのサブスク「レジャパス!」を運営する”ORIGRESS PARKS”

また、毎月第2水曜日に開催される Monthly Pitch へのピッチ登壇、オーディエンス参加を希望される方は、こちらから

▷応募はこちら

営業組織のためのセールスダッシュボード「SALESCORE」を運営する”Buff”

サービス概要:「営業を科学する」を掲げている Buff は、営業組織作りのプロが売れ続ける営業組織作りを科学し、サポートする仕組みを作っています。具体的には、再現性のある個人の成長を実現するために、あらゆる人の成長データを通し、成長をより科学し、正しい努力が出来る環境をデザインしています。現在は営業組織の「目標を達成する風土の定着」を促すSFA・CRMと連携するKPIダッシュボードの「SALESCORE」事業とSales Enablement Program事業を行っており、今後は営業に関わらず目標を形にするサポートを通し、誰もが自身の成長を通して人生の財産となるような体験の提供を目指しています。

Monthly Pitch編集部はココに注目:キーエンス、リクルート、プルデンシャル等のセールス組織でトップレベルの成果を挙げてきたスペシャリスト達で構成されて作られたBuffは、洗練された営業理論と最新のテクノロジーで、10年後の営業組織の当たり前を作るため、ロープレ等のスキル取得ではなく半永久的に根付く文化の構築にフォーカスして事業を作っています。

声優から届くメッセージアプリと音声メディア立ち上げ支援の”any style”

サービス概要:any styleは、『「好き」が加速する体験をつくる』ことをビジョンに、エンタメ業界に挑戦するテクノロジー企業です。声優から届く一対一感覚のメッセージアプリ「dear.(ディアー)」、Podcastの企画・制作・配信、Web mediaの音声コンテンツ化、音声マーケティングなど、一気通貫で支援する「ear. style studio」を開発運営。

Monthly Pitch編集部はココに注目:近年、「推し活」という言葉を耳にすることが増えてきましたが、any styleは、まだ未整備であるこの「推し活市場」で、全世界のアニメファンが推し活できる『アニメのスーパーアプリ』を創ることをミッションに掲げています。「dear.」では、オスカープロモーションと青二プロダクションに同時所属している美声女ユニットelfin’(エルフィン)を公式アンバサダーとして起用。

クラブ最適化アプリでサッカー観戦をDXする”Stadium Experiment”

サービス概要:サッカー観戦をDX(デジタル・トランスフォーメーション)する、”Stadium Experiment” は、スタジアムとサポーターの熱狂を可視化し、サッカー観戦がもっと楽しくなるサポーティングアプリ「スタジアムアプリ™️」を運用しています。サポーティング、3Dアバター、チェックイン、ヴァーチャルスタジアムなどの機能を備え、スタジアム観戦・リモート観戦を問わずサポーターたちのクラブ・選手への応援を届け、サッカークラブや団体のサポートを行います。

Monthly Pitch編集部はココに注目:「CyberHuman Productions」と提携し、3Dスキャン技術や開発力、3DCGコンテンツ制作の知見などを最大限に活用できるようになりました。親会社である、未来の体験を社会実装するクリエイティブ集団「PARTY」は、ブロックチェーンや IoT などの最新テクノロジーとストーリーテリングを融合させ、領域横断的なモノづくりを行うクリエイティブ・ラボで、東京、ニューヨーク、台湾、鎌倉とグローバルに展開しています。また、国内外数百もの賞の受賞歴があり、常に新しい事業やしくみ、テクノロジーに挑戦しています。そんなクリエイティブ集団が、最新の3Dスキャン・コンテンツ制作技術を取り入れ、スポーツ業界のDXに挑んでいます。

全国80施設で遊び放題、レジャーのサブスク「レジャパス!」を運営する”ORIGRESS PARKS”

サービス概要:ORIGRESS PARKS(オリグレスパークス)は、2021年4月に設立したテーマパークベンチャーです。社名の「ORIGRESS PARKS」は、ORIGIN(原点)× PROGRESS(進化)を組み合わせた造語です。「仕事も人生も、自分自身の原体験や、変えてはいけない原点を大切にしつつ、常に自己記録を更新し続けて新しい未来を築く」という想いを表現しています。

Monthly Pitch編集部はココに注目:現在の主力サービスは「レジャパス!」(レジャー行き放題のサブスク)です。現在、コロナ禍の影響を大きく受け各レジャー施設が苦戦中な中、業界初「レジャー×サブスク」モデルにより、集客最大化・ホスピタリティ最大化・コスト管理最適化を実現。業界のインフラになることで、各施設同士の連携・かつ入場枠販売に貢献しています。プランは、「平日限定ライトプラン」、「平日+土日祝スタンダードプラン」、「プレミアムプラン」の3つで、それぞれ月額制と年パスを用意。対象となるのは、遊園地、テーマパーク、水族館、動物園、美術館、温泉、サウナ、キャンプ場、グランピング施設、スケート、スキーなど多岐に渡り、東京タワー、サンシャイン水族館、東京ジョイポリス、よみうりランドなどが対応しています。

また、毎月第2水曜日に開催される Monthly Pitch へのピッチ登壇、オーディエンス参加を希望される方は、こちらから

▷応募はこちら

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


営業を科学するBuff、CACとデライトVから6,100万円を調達——顧問事業に加え、SaaS単体での販売も好調

SHARE:

営業顧問事業を提供する Buff は28日、ポストシードラウンドでサイバーエージェント・キャピタル(CAC)とデライト・ベンチャーズから6,100万円を調達したと発表した。これは、Buff にとって2019年3月に実施した CAC からのシード調達に続くものだ。同社では営業顧問事業に加え、今年から新たに単体販売を開始した営業顧問特化 SaaS「SALESCORE」を強化するため、今回調達した資金を…

左から:永原健太郎氏(デライト・ベンチャーズ)、南場智子氏(デライト・ベンチャーズ)、中内崇人氏(Buff)、北尾崇氏(サイバーエージェント・キャピタル)
Image credit: Buff

営業顧問事業を提供する Buff は28日、ポストシードラウンドでサイバーエージェント・キャピタル(CAC)とデライト・ベンチャーズから6,100万円を調達したと発表した。これは、Buff にとって2019年3月に実施した CAC からのシード調達に続くものだ。同社では営業顧問事業に加え、今年から新たに単体販売を開始した営業顧問特化 SaaS「SALESCORE」を強化するため、今回調達した資金を使って、採用による組織拡大と開発を行うとしている。

Buff は2018年12月、神戸大学の起業家精神育成ゼミ出身で、DeNA でゲームディレクターなどの経験を持つ中内崇人氏により創業。キーエンスや Salesforce の営業部門など、個人プレイではなく環境要因やチームの力で成長している営業組織を参考に、営業を成長させる仕組みをプログラム化しようと始まったのが Buff の営業顧問事業だ。この営業顧問事業を支援するために開発したのが SALESCORE で、元々は営業顧問事業のユーザ企業向けだったが、今年から SaaS 単体での販売も開始した。

リード獲得から受注まで、各プロセスで自分の目標や KPI に対して、現状どのような状況にあるのかを把握することが必要。Salesforce や HubSpot にも営業改善の機能があるので使ってみたが、これらのツールは過去をレビューすることに主眼を置いているので、うまくいかなかった。そこで、Salesforce と連携して、PDCA を回すためのツールとして SALESCORE を開発した。(中内氏)

「SALESCORE」の画面イメージ
Image credit: Buff

KPI や目標については、これまでも営業顧問事業でやってきたことだ。SALESCORE で特徴的なのは、達成度が一目瞭然なところ。各プロセスについて、営業日ベースで今月は今の段階で達成できているとか(緑色表示)、負けているかとか(赤色表示)を確認できる。マネージャーと営業担当者が、データをもとにこの画面を見ながら話をし、PDCA が一周する、という使われ方が多い。(中内氏)

Buff の営業顧問を受けた企業は、平均すると4ヶ月程度の期間を経て〝卒業〟していく。ただ、卒業してからも Buff が頼りにされることは多く、そういった企業を支援するツールとして使われたのが SALESCORE の始まりだ。前述のようにマネージャーと営業担当者間のコミュニケーションツールとしても機能し、リモートワークとの相性も良い。SALESCORE 単体で利用を始めるユーザ企業も現れはじめ、既存ユーザと近日利用開始を内諾している企業をあわせ10社ほどになるという。

Buff が取り組む sales enablement の領域には海外でも多くのスタートアップが生まれている。最近では創業から9年目を迎えるシアトルの Highspot が2億米ドルを調達しユニコーンクラブ入りを果たした。中内氏によれば、海外ツールは多機能化が進み、ツール毎の機能差分は見られなくなりつつあるそうで、Buff では「営業を科学する」ことを営業組織の顧問事業を通じて実績を積み重ね、それを支援できるツールに落とし込む開発力で差別化を図っていきたい、と抱負を語った。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


営業パーソンの売上を伸ばす顧問事業展開のBuff、シードラウンドでCACから数千万円を調達——営業顧問に特化したSaaSを開発へ

SHARE:

営業顧問事業を提供する Buff は28日、シードラウンドでサイバーエージェント・キャピタル(CAC)から資金を調達したと発表した。調達額は開示されていないが、数千万円の前半程度とみられる。 Buff を創業したのは、神戸大学の起業家精神育成ゼミ出身で、DeNA でゲームディレクターなどの経験を持つ中内崇人氏。昨年8月から企業向けの営業顧問事業「Buff Sales」を提供している。ゲームに明るい…

Buff 創業者の中内崇人氏(右)と、サイバーエージェント・キャピタルの北尾崇氏(左)
Image credit: Buff

営業顧問事業を提供する Buff は28日、シードラウンドでサイバーエージェント・キャピタル(CAC)から資金を調達したと発表した。調達額は開示されていないが、数千万円の前半程度とみられる。

Buff を創業したのは、神戸大学の起業家精神育成ゼミ出身で、DeNA でゲームディレクターなどの経験を持つ中内崇人氏。昨年8月から企業向けの営業顧問事業「Buff Sales」を提供している。ゲームに明るい読者であればご存知かもしれないが、Buff とはロールプレイングゲームなどで味方の攻撃力をアップするアクションの呼称に由来する。「ひとの成長を支援する事業がしたい」との思いから、この名前を選んだのだそうだ。

ところで、日夜売上を伸ばすべく奔走する営業パーソンが少なくない中、外部に営業顧問を頼む必要なんてあるのか、というのは筆者の抱いた素朴な疑問だ。営業の鬼とか、その道のベテランに経験談を聞くならまだしも、自社の経営さえままならない駆け出しのスタートアップにとって、果たして他社の営業顧問は務まるのだろうか?

しかし、論より証拠である。Buff の営業顧問サービスを受けた企業は事実売上を伸ばしており、昨年10月からの3ヶ月間で営業パーソン1人あたりの平均売上が3倍に伸びた顧問先もいるのだとか。Buff の顧問先は現在3社あり、そのうちの一つが THE BRIDGE でも何度か取り上げている、理系学生人材データベース「LabBase(ラボベース)」を運営する POL(ポル)である。

Buff の営業顧問サービスを受ける POL の皆さん
Image credit: Buff

大阪に、従業員の年収ランクで日本企業の1位、2位を毎年のように争っているキーエンスというセンサー大手企業がある。同社の営業パーソンは一人当たり売上が高いことでも知られるが、中内氏の身近にいた営業パーソンの行動を観察したところ、一見すると個人プレイに見える営業という業務が、実は環境要因やチームの力で成長しているケースが多いことがわかったのだという。営業を成長させる仕組みをプログラム化できないか、という思いから Buff の営業顧問の事業がスタートした。

Buff が営業顧問の活動でフォーカスしているのは3つ。

  • 量と質の水準を上げる……お客との接触面積の最大化
  • 記録文化の普及……自分たちでコントロールできる KPI、売上につながる KPI を設定し、記録する。記録することで、売上が悪い場合は何が悪いいのか、売上を伸ばせている営業パーソンがなぜ売れているのか、わかるようになる。
  • ネクストアクション……組織全体で見つけた、やれば良いことを共有し、それをみんなでやるという文化を作る。
Image credit: Buff

ごく当たり前のことだ。ただ、ごく当たり前のことができていない人が多いのもまた世の常。これらをごく当然にやるという風土を顧問先に根付かせるのが Buff が提供するサービスの真骨頂だ。今のところ、中小企業やベンチャー企業に受け入れられやすいとのことだが、大企業は営業パーソンが多い分、一人当たりの売上が上がれば会社全体としての上向の振れ幅が大きくなるので、中内氏は大企業も顧客に捉えることを期待している。

Buff は今回調達した資金を使って営業顧問に特化した SaaS を開発する。これまでに開発した営業顧問ノウハウを実証すべく、顧問事業を 10業種 × 1業種あたり10社 くらいにまで拡大しつつ、事業をよりスケーラブルにするためツール開発に注力する。この SaaS は早ければ、今年4月中にもローンチされる見込みだ。

Buff では現在、同社の営業顧問サービスを希望する企業と合わせ、営業顧問事業に興味のある人材を募集している。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


イスラエルのBuff、ブロックチェーン技術を使ったゲーマー向けのロイヤリティプログラムをローンチ

SHARE:

Buff がブロックチェーンをベースとしたゲーマー向けのロイヤリティプログラムを開始し、オーバーレイを通じてゲームに新たな特色を簡単に付加できる企業 Overwolf と提携した。 イスラエルを拠点とする Buff は仮想通貨 Buff Coin をこの夏にローンチする準備を進めている。同社はゲーマーのスキルに応じて現実世界で報酬を与えるロイヤリティプログラムを作っている。この報酬は複数のプラット…

buff
(上)Buff と Overwolf チーム.
Image Credit: Buff

Buff がブロックチェーンをベースとしたゲーマー向けのロイヤリティプログラムを開始し、オーバーレイを通じてゲームに新たな特色を簡単に付加できる企業 Overwolf と提携した。

イスラエルを拠点とする Buff は仮想通貨 Buff Coin をこの夏にローンチする準備を進めている。同社はゲーマーのスキルに応じて現実世界で報酬を与えるロイヤリティプログラムを作っている。この報酬は複数のプラットフォームやブランドにわたって展開されることになる。

Buff の CEO である Elay De Beer 氏は GamesBeat とのインタビューで次のように述べた。

プレイすればするほど、より稼ぐことができます。これはゲーマーが何らかの稼ぎを得ることができるようにしたブロックチェーン上のロイヤリティプログラムです。

参加しているゲームはまだ、それぞれに独自の経済圏を持っている。だが Buff のプラットフォームは、ゲーマーが単にゲームをクリアしたりゲーム内の実績を達成したりすることで、報酬として Buff Coin を得ることができるようにする。ゲーマーは後でそのコインを、様々なブランドやプラットフォームのゲーム内アイテムと交換することができる。

Buff は全てのプラットフォームにまたがる世界的なロイヤリティプラットフォームだ。対戦型でも非対戦型でも、全ての技術レベルのゲーマーが好きなものをプレイするだけで報酬を得られるようにする。「Call of Duty」で高い連続撃破数を持っていれば、Buff Coin を得ることができる。「FIFA 18」や「League of Legends」における実績でも同様だ。

De Beer 氏はこのように述べた。

「Fortnite」や「League of Legends」をプレイしながらでも、報酬を得ることができます。

Buff は Overwolf と手を結んでいる。Overwolf はゲームへの没入を妨げられることなくゲーム体験を強化するアプリを開発するためのソフトウェアプラットフォームだ。モバイル・デスクトップを合わせて1,500万人以上の月間アクティブユーザを誇るゲームコミュニティと、Cloud9や Nvida、Twitch のような利益を上げているパートナーを持つ Overwolf はシンプルさを重視して設計されている。Overwolf によって Buff は数百ものゲームの中で何が起きているのかを分析する能力を得ることになるだろう。

そして Buff はその情報を使い報酬システムを構築することができる。これは GamesBeat Summit で話題に上がった Leisure Economy に近いアイデアだ。

De Beer 氏はこのように述べた。

弊社はここに、別々の関係者を1つにする新たな経済圏を構築しています。ブロックチェーン技術は透明性と信頼をもたらすのです。

このシステムは多くのゲームにわたって機能すると De Beer 氏は述べた。

Overwolf の CEO である Uri Marchand 氏は声明の中で以下のように述べた。

Overwolf は Buff とパートナーになれたことを非常に喜ばしく思っています。トークン経済とブロックチェーン技術の発生は、ゲーム業界に多大なインパクトを与えるでしょう。Buff のプロジェクトに参加することで、弊社はこれらの新しい技術を弊社サービスに組み込むための新たな一歩を踏み出しており、また弊社のファンがゲーム分野の最先端を確実に楽しめるようにしたいと思っています。

Overwolf 上に Buff アプリを作り上げれば、Buff コイン所有者は主要なゲーム内でグッズ購入に使えるWolfcoinと所持コインを交換できるようになる。また、Buff コイン所有者は複数のゲームブランドにわたってデジタルグッズの購入や他のゲーマーとのコインのやり取りが可能になる。

Buff はまた Wargaming の Jay Cohen 氏を顧問に加えた。Wargaming America の元社長でありゼネラルマネージャーである Cohen 氏は、ビジネス戦略の開発および実行と、ゲーム業界における最速の成長を遂げたブランド運営の功労者として知られている。他の顧問には、Tapjoy、Zynga、そしてソニーでエグゼクティブを務めたコンサルタントの Rob Dyer 氏が挙げられる。

Dyer 氏はこのように述べた。

ロイヤリティプログラムは過去にも試したことがありますが、詐欺とゲーム経済圏のディスラプションのため上手く行きませんでした。Elay がこれを提案してきたとき、ブロックチェーンのおかげで上手く行くかもしれないと思いました。これは今日のゲームに関する最大の問題、リテンションとエンゲージメントに大いに役立ちます。

ブロックチェーン技術を基にしたバーチャルなゲーム経済プラットフォームを構築することで、Buff はゲーマーが邪魔されずにプレイを続け、そのバックグラウンドでコインを稼げるようにする。それによってゲーマーはより長い時間をゲームに費やすようになり、ゲームパブリッシャー側はより長い期間ゲーマーと交流してブランドへの信頼を高めるような新たなマーケティングのアプローチを開くことができるようになる。

競合には Robot CacheBitGuildFigUltraClanPlayGame Loot Network などが挙げられる。

De Beer 氏はこう言う。

弊社は最上層にあり、そしてゲームの現在のエコシステムに負担をかけません。これはゲーム開発者と調和をもって共存できるものです。

同社はこれまでに約100万米ドルを調達しており、社員は15名である。Buff Coin のイニシャルコインオファリングを通じて3,000万米ドルほどを調達したいと考えている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録