BRIDGE

タグ Coins.ph

Go-Jek、タイとフィリピンで展開するブロックチェーン対応モバイル決済スタートアップCoins.phの過半数株式を取得

SHARE:

インドネシアのオンデマンド交通、決済そしてロジスティクスの巨大企業 Go-Jek は、フィリピンを拠点とするブロックチェーン対応のフィンテック会社 Coins.ph の「相当な株式を取得しつつある」ことを発表した。 この売買の詳細は公表されていない。 両社は、Go-Jek の決済プラットフォームである Go-Pay と Coins.ph が連携して、Go-Pay の技術ノウハウ、スケーラビリティお…

Coins.ph
Image credit: Coins.ph

インドネシアのオンデマンド交通、決済そしてロジスティクスの巨大企業 Go-Jek は、フィリピンを拠点とするブロックチェーン対応のフィンテック会社 Coins.ph の「相当な株式を取得しつつある」ことを発表した。

この売買の詳細は公表されていない。

両社は、Go-Jek の決済プラットフォームである Go-Pay と Coins.ph が連携して、Go-Pay の技術ノウハウ、スケーラビリティおよびインドネシアにおける経験と、Coins.ph の地域的専門知識を併せることにより、フィリピンにおけるキャッシュレス金融取引を促進する、という提携も発表した。

Coins.ph の設立者で CEO の Ron Hose 氏は、次のように述べた。

Coins.ph と Go-Jek は、より低コストで便利なサービスへのアクセスを提供することにより顧客に活力を与えるという共通のビジョンをもち、それぞれの市場で成功してきました。私たちが手を組めばとてつもないチャンスがあり、Go-Jek のリソースとノウハウを活用することにより、フィリピンにもっと多くの利便性、選択肢、そして必要とされるサービスへのアクセスをもたらすことができます。

Hose 氏と拡大チームは顧客に影響を与えることなく既存の役割を継続することになる。

<関連記事>

Coins.ph は銀行口座を持たない人たちも含め誰もが、携帯電話から直接、金融サービスにアクセスすることを可能にする。利用者はモバイルウォレットのほか、送金、モバイル放送、請求書決済、10万軒を超える店でのオンラインショッピングといったサービスへアクセスできる。5年未満で顧客ベースは500万人以上に成長し、1か月あたり600万件を超える取引を処理しているという(2018年12月現在)。

Go-Pay はインドネシアの大手デジタル決済サービスであり、同国24万社の事業者と提携している。そのほぼ半数が零細および中小企業(MSME)だ。同社はインドネシアにおいて28の金融機関とも提携しており、銀行口座を持たない人たちの金融商品やサービスへのアクセスを促進するため緊密に連携している。

Go-Pay の CEO である Aldi Haryopratomo 氏は、次のように述べた。

インドネシアおよびフィリピンにおける顧客の取引行動には多くの共通点がみられます。Coins.ph と共に私たちはフィリピンにおけるキャッシュレス決済の促進において同様に成功することを願っています。

Go-Jek の設立者であり CEO である Nadiem Makarim 氏は、次のように述べた。

東南アジアで第二の人口規模と堅調な国内経済により、フィリピンはこの地域において最も刺激的な市場の1つです。イノベーションとテクノロジーを通じて社会を力づけるという類似した大志を有する Coins.ph のような地域のトップフィンテック起業家を支えることは、常に私たちの成長への情熱の一部であり続けています。本日(1月18日)の発表は、フィリピンに対する私たちの長期に渡る取り組みの始まりであり、テクノロジーで日常生活を改善し社会に良い影響をもたらすという私たちの使命がこれからも継続していくことを示すものです。

報告書「WeAreSocial 2018」によると、東南アジアは世界でモバイル接続性が最も高い地域のひとつだ。中でもインドネシアとフィリピンは世界平均よりも高いモバイル普及率、モバイル接続性を誇っている。

とはいうものの、フィリピン中央銀行のデータによると、2017年にフィリピンの全住民の77%は銀行口座を持たず、成人の60%がいまだ現金で決済し、80%超が金銭授受のために窓口業務を利用した。これらの決済および送金サービスのデジタル化は、デジタル・ファイナンシャル・インクルージョンに向けての非常に重要なステップである。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

タイとフィリピンで展開するブロックチェーン対応モバイル決済スタートアップCoins.ph、Naspersがリードするラウンドで500万米ドルを調達

SHARE:

タイとフィリピンでブロックチェーン対応のモバイル決済プラットフォームサービスを提供する Coins は本日(5月24日)、500万米ドルの投資ラウンドを完了した。本ラウンドはグローバルインターネット・エンターテイメント企業 Naspers Group が、VC 投資子会社 Naspers Ventures を通じてリードした。 この新規投資を通じて、Coins は地域成長のさらなる加速、キャッシュ…

Coins.jpg
Image Credit: Coins.ph

タイとフィリピンでブロックチェーン対応のモバイル決済プラットフォームサービスを提供する Coins は本日(5月24日)、500万米ドルの投資ラウンドを完了した。本ラウンドはグローバルインターネット・エンターテイメント企業 Naspers Group が、VC 投資子会社 Naspers Ventures を通じてリードした。

この新規投資を通じて、Coins は地域成長のさらなる加速、キャッシュベースサービスの追加、そして、顧客により良いサービスを提供するためのパートナーシップを確立していく予定。

7ヶ月前には、フィリピンに本拠を置く同社は Quona Capital の Accion Frontier Inclusion Fund がリードしたシリーズ A ラウンドで500万米ドルを調達している

今回のラウンドにより、Coins がシリーズ A から現在までに調達した金額は総額で940万米ドルを超えた。

また、Naspers の決済部門 PayU の VP 兼 CPO の James Caviness 氏が新たな取締役会メンバーに加わった。

シリコンバレーの起業家 Ron Hose 氏と Runar Petursson 氏によって2014年に設立された Coins は、銀行口座を持たない人を含め誰もが電話から金融サービスに直接アクセスできるようにしている。Coins を利用すると、顧客はモバイルウォレットや送金、モバイルの使用時間のチェック、請求書の支払いや10万店以上のオンラインショッピングなど各種サービスにアクセスできる。

同社によると、これまでに100万人以上の顧客を獲得したという。

Coins は主にフィリピンとタイで事業を展開しており、今後はクレジットや銀行、送金など金融サービスへのアクセスが限定的かつ非常に高額な市場への進出を計画している。

昨年にはコンビニエンスストアチェーンの7-Eleven と提携し、フィリピンの全1,600店舗でインスタントデポジットの提供を開始した。

Caviness 氏は次のように話している。

Coins はコアな金融サービスに対して簡単でコスト効果の高いアクセスを消費者に提供するという素晴らしい仕事をやり遂げました。エキサイティングかつ潜在的に革新的なブロックチェーン技術を基盤とした安全でスケーラブルなプラットフォームにより、Coins は東南アジア全域で成長と拡大を続けていくと考えています。

CEO の Ron Hose 氏は次のように述べた。

Coins は顧客の皆様の日常生活において重要な一部となっており、支払いの送金からオンラインショッピングまで全てのことに対応しています。Naspers Ventures は、誰もが簡単に利用できるようにすることによって金融サービスを民主化するという私たちの使命における素晴らしいパートナーです。金融サービスの門戸ががより広く開かれた未来に向けて、彼らとの協業機会を得たことを非常に喜んでおります。

1915年に創立された Naspers は世界的なインターネット・エンターテイメントグループで、世界最大級のテクノロジー投資家のひとつである。長期的な成長可能性のある130ヶ国以上の国やマーケットで事業を展開しており、人々に力を与え、地域社会を豊かにするリーディング企業を多く育てている。インターネットやビデオエンターテインメント、メディアで世界をリードするプラットフォームをいくつか運営しており、これまでに Avito、Brainly、Codecademy、eMAG、Flipkart、iibibo、iFood、letgo、Media24、Movile、MultiChoice、OLX、PayU、Showmax、SimilarWeb、SinDelantal、Twiggle、Udemy などの企業に投資、買収もしくは設立している。

ブロックチェーンは、検証可能で安全かつ永続的な方法でトランザクションを記録する分散型台帳である。当初はデジタル通貨で使用されていたが、ブロックチェーンは信頼機関または中央サーバを必要とすることなく価値の転送が可能。仲介者の必要性をなくすことにより、ブロックチェーンをベースとするシステムは当事者間の迅速かつ効率的な決済を促進している。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------

銀行口座を持たない人のためのブロックチェーン:フィリピンのCoins.phがシリーズAラウンドで500万米ドルを調達

SHARE:

ブロックチェーンを使った金融サービスを提供するフィリピン拠点のスタートアップ Coins.ph は先週金曜(10月21日)、Quona Capital 傘下の Accion Frontier Inclusion Fund が主導するシリーズ A ラウンドで500万米ドルを調達したと発表した。 このラウンドでは、Innovation Endeavors、Pantera Capital、Digital…

Image Credit: Coins.ph
Image Credit: Coins.ph

ブロックチェーンを使った金融サービスを提供するフィリピン拠点のスタートアップ Coins.ph は先週金曜(10月21日)、Quona Capital 傘下の Accion Frontier Inclusion Fund が主導するシリーズ A ラウンドで500万米ドルを調達したと発表した。

このラウンドでは、Innovation Endeavors、Pantera Capital、Digital Currency Group、Wavemaker Labs、Global Brain、BeeNext、Rebright Partners、Kickstart Ventures らも参加した。

同社にはその他にもシードステージの投資家としてフィリピンの電話会社 Globe Telecom 傘下の投資会社 Ideaspace Foundation や Smart Communications がいる。ただし両社はシリーズ A ラウンドには参加していない。

Coins.ph の共同設立者兼 CEO の Ron Hose 氏は公式声明にて、次のように述べた。

フィリピンでは銀行口座保有者より Facebook アカウント保有者の方が多いです。Facebook アカウントを取得するのと同じくらい簡単に金融サービスにアクセスしてもらいたいと考えています。

同社は今回調達した資金を、フィリピンや東南アジアでのサービス拡張のためにこれまで集めた資金と併せ活用していくという。

Coins.ph はモバイルファーストのプラットフォームで、ユーザは送金、料金支払い、さらには携帯電話アカウント用のクレジットやデータパッケージ購入などさまざまな銀行関連サービスが利用できる。

また、銀行、ラストワンマイルの配達を担う物流企業、質屋や送金サービス企業といった金融会社と提携して、フィリピン全土で2万2,000箇所の現金取扱ネットワークを構築している。

外国に出稼ぎに行った人からの送金が同社事業の大半を占めており、このプラットフォームは世界40ヶ国で利用できる。

International Data Corporation によると、2016年初頭においてフィリピンは世界で最も急速に成長しているモバイル市場だった。だからこそ Coins.ph は、銀行口座を持つ人より持たない人の方が多いこの国で銀行サービスを提供することができるのだ。

フィリピンで銀行口座を持つ人の割合はわずか31%、さらに国連貿易開発会議(UNCTAD)によると同国のクレジットカード保有率は3%にすぎない。

ブロックチェーン技術を使えば Western Union より安く送金ができるほか、銀行口座を気にせずに日常のサービスが受けられる。これまでに同社は50万ユーザを獲得したという。

Coins.ph の共同設立者兼 CTO の Runar Petursson 氏はこう述べた。

当社は今後数ヶ月かけて銀行、金融機関、小売店と新たな提携関係を構築し続けていく予定です。顧客は東南アジアにおいてこのクラスで最高の金融サービスを利用することができます。

同社はこの夏に行われた「The Open Vault」フィンテックアクセラレータプログラムに参加した企業の一社だ。

同社はタイでも事業を展開している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------