タグ Dart

GoogleのOS設計プロジェクト「Fuchsia」、一般開発者のコントリビューションを開始

SHARE:

Googleは同社のオープンソースプロジェクト「Fuchsia」の一般開発者によるコントリビューションを歓迎すると発表した。具体的には、プロジェクト議論のためのパブリックメーリングリスト、戦略的意思決定を目的としたガバナンスモデルの設計、テクニカルロードマップの公開、イシュートラッカーの追加、またコミッターになるためのプロセス概要を公開している。 Fuchsiaは2016年8月にGithub上で公…

Googleは同社のオープンソースプロジェクト「Fuchsia」の一般開発者によるコントリビューションを歓迎すると発表した。具体的には、プロジェクト議論のためのパブリックメーリングリスト、戦略的意思決定を目的としたガバナンスモデルの設計、テクニカルロードマップの公開、イシュートラッカーの追加、またコミッターになるためのプロセス概要を公開している。

Fuchsiaは2016年8月にGithub上で公開された、OS設計に目的が置かれた長期的なプロジェクトだ。GoogleはFuchsiaについて今まであまり触れておらず、わざわざ発表するようなことも特になかった。GoogleはFuchsiaがプロダクション・開発対象としては引き続き準備中であることを強調したが、現在では誰でもFuchsiaのクローンやコンパイル、コントリビューションを行うことができる。Fuchsiaでは、x64ベースのハードウェアのみを対象とし、エミュレーターを利用してテスティングも可能だ。

Googleはまた「Fuchsiaはセキュリティー、アップデート体制、パフォーマンスを最優先に設計されている」ことに触れ、より簡単に新しいプロダクトや体験を作ることができるようになるとOSの可能性について語っている。テクニカルロードマップにおける注目点は、ドライバーとは独立した状態でカーネルを更新するためのフレームワーク、パフォーマンス向上に特化したファイルシステム、アクセシビリティーのためのインプットパイプラインの拡張などが挙げられる。

FuchsiaがAndroidやChrome OS、その他スマートホームハードウェアに取って代わるのではないかとの憶測が常に議論されている。しかし、筆者が過去に述べてきたように、Fuchsiaはあくまで実験的プロジェクトであり、GoogleはFuchsiaを断片的に利用していくこととなると予想している。具体的には、FuchsiaのコードであったりデザインコンセプトやUIであるが、最も重要なのはゼロからオペレーティングシステムを構築したという経験であるのは間違いない。

最終的な用途がどうなるにしろ、まずはソースコードをじっくり眺めてみるところから始めてみよう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

世界最小のラップトップアダプタ「Dart」がKickstarterに登場

SHARE:

これまでのラップトップのアダプタは重く、サイズも大きかったため、不便に感じている人も多かっただろう。こうした課題を解決するために、クラウドファンディングサイト Kickstarter で世界最小のラップトップアダプタのプロジェクトが資金調達を行っている。 Finsixが開発している「Dart」はポケットに入るサイズほどで、スタイリッシュな外観をしている。重量も軽くなっており、USBポートを使用する…


Dart

これまでのラップトップのアダプタは重く、サイズも大きかったため、不便に感じている人も多かっただろう。こうした課題を解決するために、クラウドファンディングサイト Kickstarter で世界最小のラップトップアダプタのプロジェクトが資金調達を行っている

Finsixが開発している「Dart」はポケットに入るサイズほどで、スタイリッシュな外観をしている。重量も軽くなっており、USBポートを使用するためどの端末にも対応する予定だという。

Dart2

Dartの技術は充電のサイクルを1000倍早く回転させる電力変換の技術にある、とJim Kardach氏はコメントしている。CTO兼Co-founderであるAnthony Sagneri氏はこの技術を完成させるためにMITで数年間に渡って研究を行っている。

同社の計画では、2014年の5月には市場に送り出す予定となっている。価格は90ドル。同社はAppleのラップトップ向けにMagSafe版のアダプタの開発を行っている。