タグ Ditto

インドのオンラインアイウェア小売大手Lenskart、3DフェイスモデリングスタートアップのDittoに100万米ドルを投資

SHARE:

インドの大手オンラインアイウェア小売 Lenskart が、サンフランシスコを本拠とするスタートアップの Ditto に100万米ドルを投資した(少数株主持ち分との引き換え)。Ditto はアイウェアのネット販売業者の試着サービス向けに3D フェイスモデルを開発している。 すでに Lenskart は Ditto の3D 試着サービスを自社ウェブサイトとアプリに導入している。この統合によって消費者…

lenskart.jpg

インドの大手オンラインアイウェア小売 Lenskart が、サンフランシスコを本拠とするスタートアップの Ditto に100万米ドルを投資した(少数株主持ち分との引き換え)。Ditto はアイウェアのネット販売業者の試着サービス向けに3D フェイスモデルを開発している。

すでに Lenskart は Ditto の3D 試着サービスを自社ウェブサイトとアプリに導入している。この統合によって消費者とのオンラインエンゲージメントが強化され、消費者はソーシャルメディアで友人や家族と様々な眼鏡を試着した写真を共有できる。

Lenskart.com の設立者兼 CEO の Peyush Bansal 氏は発表について次のようにコメントした。

Ditto は特許取得済みの3D 仮想試着テクノロジーを当社に提供しており、お客様は本当に試着しているかのごとく、180度のアングルから眼鏡をかけた自分をチェックすることができます。これまでに毎日1万回を超える利用があり、このサービスに対する反響は素晴らしいものと言えます。

Ditto はベンチャーキャピタルが支援するテクノロジー企業で、世界中のアイウェア小売店にソフトウェアをライセンスしている。このソフトは携帯やウェブカム、店内キヨスクで顧客の顔のビデオを作成し、顧客は仮想的に眼鏡を試着できるほか、顔を分析して個々人に合ったフレームを勧めてくれる。

同社の3D 試着サービスはユーザの顔を複数の角度から記録し、顔をマッピングする。そしてユーザがフレームを試着すると、画像をスワイプして頭を左右に向けてさまざまな角度から眼鏡をチェックすることができる。また、好みと履歴データを提供し、買う人がもっと短時間で効率的に楽しくフレーム選びができるようにしている。Lenskart.com は2016年からこのサービスを導入している。

2010年に設立された Lenskart は高品質でスタイリッシュなアイウェアの大手オンライン小売企業で、全てのポケットサイズや多様な消費者ニーズに対応すべく1万種類を超えるスタイルを提供している。また、ホームアイチェックやホームトライアルサービスも無料で提供している。

900を超えるネットワークの強みを活かし、Lenskart はインド国内で95以上の都市にわたる350以上の店舗に展開している。

昨年5月に Lenskart は World Bank Group のメンバー企業 IFC がリードしたシリーズ D ラウンドで6,000万米ドルの資金を調達した。その際 IFC は1,700万米ドルを投資している。Lenskart の他の後援企業には IDG Ventures(2011年10月に400万米ドル)、Ronnie Screwvala 氏率いる Unilazer Ventures(2013年2月に1,000万米ドル)、TPG Growth & TR Capital (2015年1月に2,200万米ドル)、Premji Invest (2016年9月)などがいる。

【via e27】 @E27sg

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ボタン電池動作の安価な防水着信通知ガジェット「Ditto」

SHARE:

携帯電話をバッグにしまう派にとって、収納時の着信バイブほど意味をなさないものはない。何を隠そう私がまさにそのタイプだ。かといって、着信音を常に鳴らせるわけでもなく、そうした場合は着信を知らせる別の何かを使うことになる。 今回Kicksterterで成立した親指サイズの小型ガジェット「Ditto」は、まさにそうした「着信を知らせる何か」のひとつだ。このガジェットが他者と決定的に違うのは、ボタン電池駆…

211246410c8dbfcdd10362ebf7eea731_large

携帯電話をバッグにしまう派にとって、収納時の着信バイブほど意味をなさないものはない。何を隠そう私がまさにそのタイプだ。かといって、着信音を常に鳴らせるわけでもなく、そうした場合は着信を知らせる別の何かを使うことになる。

今回Kicksterterで成立した親指サイズの小型ガジェット「Ditto」は、まさにそうした「着信を知らせる何か」のひとつだ。このガジェットが他者と決定的に違うのは、ボタン電池駆動で防水仕様、さらに安価ということだろう。

f7f6e5d37f83b70a8717bb4d38895362_large

Ditto最大の特徴は、ボタン電池駆動を採用しており、本体が防水仕様になっていることだろう。これにより、充電する必要がない上に、プールや海など、水辺でも有効に活用することができる。小型の本体にはクリップや専用のバンドが付いており、それらを使えば、マリンスポーツ中でも大事な着信を逃すこと無く確認可能だ。

通知には本体がバイブレーションする方法を採用しており、着信だけでなくメールやテキストの到着を知らせることも可能。タイマーと連動したアラーム機能も有している。

5a39dde36cbff39c974d1b3d1ace5325_large

またDittoにはスマートフォンの置き忘れ機能がついており、事前に設定した距離以上に本体とスマートフォンが離れたことをバイブで知らせてくれる。ボタン電池による駆動時間は、通常使用で4から6カ月となっている。

気になる価格はたったの29ドル。残念ながら米国外への発送は限られた地域のみ対応とのことだ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録