BRIDGE

タグ eight

名刺管理アプリ「Eight」、いよいよ本格マネタイズフェーズへ——新機能「企業ページ」をリリースし、人材採用・広告ソリューションを提供へ

SHARE:

名刺管理サービスを提供する Sansan は22日、同社のアプリ「Eight」について大幅バージョンアップし、企業のコンテンツを Eight のフィード上で受信できる「企業ページ」をリリースすると発表した。企業ページを作成した企業は、Eight 上に登録されたユーザの名刺データに付随した情報をもとにターゲティングして、人材採用やフィード上への広告の出稿が行えるようになる。この機能は6月末にリリース…

左から:Sansan 取締役で共同創業者の塩見賢治氏と、Eight 事業部チーフプロデューサーの千住洋氏

名刺管理サービスを提供する Sansan は22日、同社のアプリ「Eight」について大幅バージョンアップし、企業のコンテンツを Eight のフィード上で受信できる「企業ページ」をリリースすると発表した。企業ページを作成した企業は、Eight 上に登録されたユーザの名刺データに付随した情報をもとにターゲティングして、人材採用やフィード上への広告の出稿が行えるようになる。この機能は6月末にリリースされる次期バージョンに実装される予定で、早ければ28日にも利用できるようになる予定だ。PC 版のほか、iTunes AppStore から iOS 版、Google Play から Android 版をダウンロードできるようになる。

Eight は2012年にサービスローンチした、Sansan の個人向け名刺アプリだ。データエクスポートなどの機能を除き、基本的な機能は無料で使えるフリーミアムモデルで提供されている。2015年にユーザ数が100万人を突破し、その後、ユーザのコミュニケーションを促進するため、「フィード」や「グループメッセージ」といった新機能を追加した。現在では、ユーザ数が150万人を超えている。

ユーザが Eight に名刺データを登録すると、その情報には各個人が所属している会社の情報が結びついている。この結びつきをもとに、企業が PC 版の Eight で操作をすることで「企業ページ」が生成される。「企業ページ」を作成した企業の採用担当者は潜在転職者に直接スカウトメッセージを送れたり(Eight Talent Solution)、マーケティング担当者は Eight ユーザのフィードに広告が掲出できたり(Eight Ads)する。Eight 上に登録された企業情報は帝国データバンクが持つ企業情報と連携しており、これらの情報と名刺情報を人工知能で解析することにより、スカウトメッセージの送信先や広告の掲出先は、最適ユーザをターゲティングできる仕様となっている。

22日に都内で開かれた記者会見には、Sansan 取締役で共同創業者の塩見賢治氏と、Eight 事業部チーフプロデューサーの千住洋氏らが登壇。「Eight Talent Solution」と「Eight Ads」は有償で提供される見込みだが、現時点では料金体系は未定。塩見氏は、業界の既存のサービスから見て、大きな差の無い価格帯に設定したいとした。「企業ページ」を中心とする一連の追加機能については、日産自動車、岡村製作所、サイバーエージェント、サイボウズ、ランサーズなど約10社が、機能のローンチから早々に利用開始することを表明しているそうだ。

今回の Eight の新機能リリースは、Sansan という顧客管理(CRM)のスタートアップが、HR やアドテクに進出するという見方もできる。HR スタートアップの Wantedly が、昨年11月にローンチしたアプリ「Wantedly People」で、CRM の領域に進出したのと対極的な動きでる。

----------[AD]----------

ミートアップでの名刺交換タイムが楽に、名刺管理アプリ「Eight」がスマホで名刺交換できる機能を追加

SHARE:

「紙での名刺交換なんて古臭い習慣だ」「この行為は紙の無駄なのでは」「Facebookのアカウントがわかればいいや」そんなことを名刺交換の際に考えたことはないだろうか。 交換の際にも、交換後の管理にも困るのが紙の名刺。この名刺をデジタル化しようという挑戦は、数多くのプレイヤーによって長らく続けられてきた。 そのフロントランナーであるSansanは、同社が開発する個⼈向け名刺管理アプリ「Eight(エ…

exchange01

「紙での名刺交換なんて古臭い習慣だ」「この行為は紙の無駄なのでは」「Facebookのアカウントがわかればいいや」そんなことを名刺交換の際に考えたことはないだろうか。

交換の際にも、交換後の管理にも困るのが紙の名刺。この名刺をデジタル化しようという挑戦は、数多くのプレイヤーによって長らく続けられてきた。

そのフロントランナーであるSansanは、同社が開発する個⼈向け名刺管理アプリ「Eight(エイト)」の最新バージョンで、スマホを使って名刺交換が可能になる「オンライン名刺交換」機能を実装した。

アプリを通じての名刺交換の方法には、Googleが提供する近接通信を⽀援する技術「Nearby API」を使用する。これは、Bluetooth、Wi-Fi、デバイスのスピーカーとマイクを使⽤した不可聴の音を組み合わせて使⽤し、複数ユーザとアプリの間でデータを共有可能にする技術だ。

「Eight」では、この技術を用いて、名刺を交換する際にEightユーザを検出。名刺データを送受信できるようになった。1 対 1 だけでなく、複数のユーザ間でも同時に交換することができる。なお、同技術はiOSとAndroidの双方に対応している。

「Nearby API」を利用しての交換以外に、QRコードを読み取ることでも交換でき、名刺交換する相手がEightユーザでない場合は、メールで送信することができる。

「Eight」は名刺交換後の管理をデジタルへと代えてきた。次は、名刺交換という行為自体もデジタルに転換できるだろうか。ひとまず、今回の機能を飲み会やミートアップの場で活用すれば、名刺交換タイムは大幅に短縮されそうだ。

----------[AD]----------

ビジネスマンに朗報、スケジュール調整サービス「Cu-hacker」と名刺管理アプリ「Eight」が連携

SHARE:

ビジネスシーンに特化したWEBソリューションを提供するジェネストリームは、スケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」のiPhoneアプリ「Cu-hacker Calendar」と、Sansanが提供する名刺管理アプリ「Eight」の連携を本日より開始した。 先日リリースされたCu-hackerアプリでは、空き時間をタップするだけで日時をテキスト化でき、その日時をメールやFace…

ef52405955

ビジネスシーンに特化したWEBソリューションを提供するジェネストリームは、スケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」のiPhoneアプリ「Cu-hacker Calendar」と、Sansanが提供する名刺管理アプリ「Eight」の連携を本日より開始した

先日リリースされたCu-hackerアプリでは、空き時間をタップするだけで日時をテキスト化でき、その日時をメールやFacebookメッセージ、LINEで送ることができる。面倒だったスケジュール調整がスマホから簡単にできるようになった。

今回の連携では、Cu-hackerアプリのカレンダーから空き時間をテキスト化し、Cu-hackerアプリ内でEightアプリアイコンをタップすると、その日時がコピーされてEightアプリが起動する。そのままEightでメッセージを送ることができるようになった。これにより名刺を交換した相手との日程調整が容易になる。

名刺管理アプリ「Eight」は先日、気になるテーマをフォローできるアプリ「kamelio(カメリオ)」と連携している

----------[AD]----------

気になるテーマをフォローできるアプリ「kamelio(カメリオ)」と名刺管理アプリ「Eight」が連携、取引先企業の情報チェックなどが容易に

SHARE:

株式会社白ヤギコーポレーションは、同社が提供するユーザが気になるテーマに関するニュースをレコメンドしてくれるアプリ「kamelio(カメリオ)」と、Sansan株式会社が提供する名刺管理アプリ「Eight」との連携を2014年5月28日より開始した。 「Eight」を使って名刺を撮影すると、企業名が登録される。今回の連携ではこの企業名をタップすると、kamelio(カメリオ)を使ってその企業の最新…

d05b1cd8eb2ac656451d2427a76d8ce5

株式会社白ヤギコーポレーションは、同社が提供するユーザが気になるテーマに関するニュースをレコメンドしてくれるアプリ「kamelio(カメリオ)」と、Sansan株式会社が提供する名刺管理アプリ「Eight」との連携を2014年5月28日より開始した

「Eight」を使って名刺を撮影すると、企業名が登録される。今回の連携ではこの企業名をタップすると、kamelio(カメリオ)を使ってその企業の最新情報を追うことが可能になった。

kamerio eight

上の画像で左がEightの画面で、右がkamelio(カメリオ)の画面だ。名刺を交換した相手のプロフィールに掲載されている企業名をタップすると、kamelio(カメリオ)で関連情報を確認できる。白ヤギコーポレーション代表取締役の柴田暁氏は「この機能を使って、名刺を交換した相手の情報をチェックし、営業などに活かしてもらいたい」とコメントしている。

kamelio(カメリオ)は気になるテーマを日々追いたい人にも有用であり、何か集中的に調べ物をしたいという場合にも同アプリは役に立つ。こうした連携を実施し、気になる情報をフォローしやすい環境が整っていけば、ユーザにとってニュースキュレーションサービスとはまた違った価値が生まれるのではないだろうか。「kamelio(カメリオ)」のダウンロード数は本日5万を超えたという。この数字はまだ伸びそうだ。

白ヤギコーポレーションは今年2月18日に「kamelio(カメリオ)」をリリースし、2月28日にはグローバルブレインより5000万円のシード資金を調達している。

----------[AD]----------

名刺を起点にしたビジネスソーシャルを実現するーー20万人突破の名刺管理「Eight」が新バージョン公開

SHARE:

世界を見渡した時、ビジネス向けソーシャルネットワークといえば「LinkedIn」だ。 本家上陸と前後して、国内でもこれを模したビジネス向けソーシャルネットワークがいくつか出現したが、いずれのサービスも苦戦を強いられていると言わざるをえない状況だろう。 そんな中、独自の路線で国産のビジネスソーシャルを構築しつつあるサービスがある。ーーEightだ。 運営元のSansanは6月24日、同アプリのアップ…

2432236e1b52e7be86b1d9c2c92baa85

世界を見渡した時、ビジネス向けソーシャルネットワークといえば「LinkedIn」だ。

本家上陸と前後して、国内でもこれを模したビジネス向けソーシャルネットワークがいくつか出現したが、いずれのサービスも苦戦を強いられていると言わざるをえない状況だろう。

そんな中、独自の路線で国産のビジネスソーシャルを構築しつつあるサービスがある。ーーEightだ。

運営元のSansanは6月24日、同アプリのアップデートを発表した。iOSAndroidでの利用が可能で両方ともに無料。現在のユーザー数は20万人で、登録されている名刺の累計枚数は500万枚になる。

web_iphone

Eightは2012年2月にリリースされた名刺管理のスマートフォンアプリでユーザーは撮影した名刺情報をコンタクトリストとして管理することができる。

他の競合アプリとの決定的な違いはやはりOCRではなく人力による情報の入力だろう。今回のバージョンアップではここがさらに強化され、名刺記載の全項目について入力してくれるようになった。同時にWebアプリもアップデートされており、その他のアップデート情報はここにある。

meishi_listtop

Eightが単なる名刺管理アプリに留まらず、ビジネスソーシャルといわれるゆえんはオンラインでの名刺交換と交換相手の情報がアップデートされるアイデアにある。

Eightを利用しているユーザーが相手と「つながっている」と判断されるとEightから名刺交換リクエストが配信される。詳しくこれまで仕組みを知らなかったのだが、ヘルプによるといくつかの条件に合致した場合を判断して処理しているらしい。

通常、LiknedInなどでは会ったこともない人からスパムリクエストがやってくることがあるが、Eightではこれを名刺交換を起点にしているところがやはり独特だ。少なくとも名刺交換した相手からならリクエストがきても自然だからだ。

これからこのビジネスソーシャル系機能についてさらに進化があるのかEight事業部の日比谷尚武氏と千住洋氏に話を聞いたところ、今後はより「つながり」押しにシフトしていくのだという。

「名刺を起点にしたSNSは確かに珍しいかもしれませんね。現在20万人に利用して頂き、今年の3月、4月は特に利用が伸びています。今後は出会った人的資産の活用や自分の職歴など、その情報を元に『名刺から繋がる』という文化を作り出したいと考えてます」(千住氏)。

現在、電話番号を入力するだけで名刺交換ができる機能の追加も準備中ということで、このあたりの利便性はさらに上がりそうだ。

ただ一点、相手がアカウントを持っていない場合(もしくは名刺とは違うメールアドレスでアカウントを作っている場合など)に意図しないリクエストメールを送信してしまうことがあるので、利用の前に少しだけ注意しておいてもいいかもしれない。

数々のビジネスソーシャルが難しい選択を迫られる中、名刺文化の強い日本でEightが独自の解を見いだせるのか、今後の伸びに注目したい。

----------[AD]----------