BRIDGE

タグ fanp

チャットボット基盤「fanp(ファンプ)」開発のZEALS(ジールス)、藤田ファンドらから3.5億円を調達——チャットコマース・海外事業に注力へ

SHARE:

LINE や Facebook メッセンジャーを使った対話型広告/チャットコマースプラットフォームの「fanp(ファンプ)」を提供する ZEALS(ジールス)は1日、サイバーエージェント(東証:4751)などから3.5億円を調達したと発表した。サイバーエージェントは、同社代表の藤田晋氏が若手経営者の応援を目的としたシード・アーリースタートアップ向けの投資イニシアティブ、いわゆる「藤田ファンド」から…

ZEALS チームの皆さん。2018年12月、同社が都内で開催した「INTERFACE SHIFT 2018」で。
Image credit: Zeals

LINE や Facebook メッセンジャーを使った対話型広告/チャットコマースプラットフォームの「fanp(ファンプ)」を提供する ZEALS(ジールス)は1日、サイバーエージェント(東証:4751)などから3.5億円を調達したと発表した。サイバーエージェントは、同社代表の藤田晋氏が若手経営者の応援を目的としたシード・アーリースタートアップ向けの投資イニシアティブ、いわゆる「藤田ファンド」からの出資だ。既存株主のうち、ジャフコ(東証:8595)なども追加出資に賛同したとみられる。

同社はこれまでに、2015年1月にシードラウンド(調達額非開示)、2017年5月にシリーズ A ラウンド(8,000万円超調達)、2018年1月にシリーズ B ラウンド(4.2億円調達)を実施しており、合計調達金額は約8.5億円に上るとしている。今回のラウンドは、敢えて調達ラウンドを定義づけるなら、シリーズ B 後のブリッジファイナンス的な位置付けのようだ。ZEALS 創業者で CEO の清水正大氏は、THE BRIDGE のインタビューに対し、

ビジネスは順調に伸びていて、もともとは黒転(黒字転換)してから、さらに注力する予定だった。ただ、自身の起業のきっかけの一つにもなった藤田さんとのご縁があったので、出資をお願いさせていただくことにした。今回の出資を受けて、当初の予定を前倒しし、来期には二桁億円の売上を狙いたい。

……と事業加速への意気込みを語った。

ZEALS は2014年4月、会話型ロボットソフトウェアの開発などを主事業として創業。2017年5月、チャットットボット管理ツールとして「fanp」を正式ローンチするも、その後、チャットボットによる対話型広告に事業をピボットした。2018年には、LINE が API 公開したのを受けて、LINE 上で対話型広告を展開できる「fanp for LINE」をローンチ

fanp を使った E コマースの画面遷移
Image credit: Zeals

当初は Facebook メッセンジャー上で始まった fanp も、現在では全体の7割を LINE が占めるようになった。もっとも、fanp を LINE で使うか、Facebook メッセンジャーで使うかは、顧客企業がターゲットとする世代や商材などによっても分かれるようだ。通販、Eコマース、人材サービスなどに広く受け入れられ、fanp がもたらす効果から顧客が顧客を紹介してくれる形で、急速に顧客を拡大しているようだ(エンドユーザの数としては、のべ40万人に達していることを ZEALS は明らかにしている)。

ZEALS は、シリーズ A ラウンド、および、シリーズ B ラウンドでフリークアウト・ホールディングス(東証:6094)から出資を受けている。この段階では、ZEALS はまだ fanp for LINE をローンチしていなかったわけだが、フリークアウトからの出資をベースとした協力関係は、ZEALS の国際展開にかなり有機的に機能することになりそうだ。

LINE が人気を獲得しているのは、日本以外では、台湾、インドネシア、タイが3トップである。WeAreSocial と HootSuide が行うソーシャルネットワークサービス利用の統計でも、バンコク、ジャカルタ、ホーチミンシティなどは、常に Facebook ユーザの利用が多い都市の上位にランクされている。

ZEALS はタイやインドネシアへの現地進出を表明しており、フリークアウトがクロスボーダー事業として展開する UltraFreakOut や Rigoletto などが持つ現地拠点をフルに活用することができるだろう。なかでも、タイではチャットコマースの文化が定着しており、この点は fanp との親和性が非常に高いことが期待できる。

今回出資した、サイバーエージェント代表取締役の藤田晋氏。
Image credit: CyberAgent
----------[AD]----------

チャットボット会話広告「fanp」がLINEに対応——LINE Ads Platform CPFに対応した「fanp for LINE」のトライアルプランを提供開始

SHARE:

メッセンジャーを使った対話型広告「fanp(ファンプ)」を提供する ZEALS(ジールズ)は26日、「fanp for LINE」のトライアルプランの提供を開始した。LINE は先週、LINE 向け運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、新メニュー「LINE Ads Platform CPF(Cost Per Friend)」を発表しており、fanp for …

メッセンジャーを使った対話型広告「fanp(ファンプ)」を提供する ZEALS(ジールズ)は26日、「fanp for LINE」のトライアルプランの提供を開始した。LINE は先週、LINE 向け運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、新メニュー「LINE Ads Platform CPF(Cost Per Friend)」を発表しており、fanp for for LINE はこれに対応したものとなる。

LINE Ads Platform CPF では、LINE Ads Platform のインフィード広告を通じて、法人向け LINE アカウントの「友だち」追加を促進できるメニュー。CPF という名前の通り、ユーザが当該法人アカウントが追加された場合のみ課金される、完全コンバージョンベースの料金体系となっている。従来の LINE スタンプを活用したキャンペーン施策よりも、コストパフォーマンスの高いプロモーション活動が可能になる。

fanp では、LINE 上で法人アカウントが友だち追加された後、会話型の LINE ボットが商品を会話で紹介し、さらにコンバージョンを上げることができる。Facebook の場合と同様、インフィード広告からのランディングページ誘導に比べ、相乗的にコンバージョンレート/コストパフォーマンスを向上することが可能になる。ZEALS では fanp のトライアルプラン提供開始に先立ち、現在 fanp で Facebook Messenger ベースの fanp を利用するユーザを中心に、fanp for LINE の導入を順次進めていくとしている。

Facebook Messenger を使ったチャットボットを提供するスタートアップとしては、先ごろ Salesforce Ventures から資金を調達した ChatBook や、昨年1億円をシードラウンド調達した hachidori などが挙げられる。fanp 同様、各社が自社プラットフォームのLINE への対応を発表するのは、日本における LINE のプレゼンスやユーザデモグラフィクスから言って時間の問題だろう。

fanp は、2015年1月にシード資金を調達、2017年5月にシリーズ A ラウンドで8,000万円、2018年1月にシリーズ B ラウンドで4.2億円を調達している。

----------[AD]----------

メッセンジャーを使った対話型広告「fanp(ファンプ)」提供のZEALS、シリーズBラウンドでジャフコとフリークアウトから4.2億円を調達

SHARE:

メッセンジャーを使った対話型広告「fanp(ファンプ)」を提供する ZEALS(ジールズ)は29日、シリーズ B ラウンドでジャフコ(東証:8595)とフリークアウト・ホールディングス(以下フリークアウトと略す、東証:6094)から4.2億円を調達したと発表した。これは、ZEALS にとって2017年5月に実施した8,000万円の資金調達(シリーズ A ラウンドと推定)、2015年1月に実施した調…

ZEALS CEO の清水正大氏
Image credit: ZEALS

メッセンジャーを使った対話型広告「fanp(ファンプ)」を提供する ZEALS(ジールズ)は29日、シリーズ B ラウンドでジャフコ(東証:8595)とフリークアウト・ホールディングス(以下フリークアウトと略す、東証:6094)から4.2億円を調達したと発表した。これは、ZEALS にとって2017年5月に実施した8,000万円の資金調達(シリーズ A ラウンドと推定)、2015年1月に実施した調達額非開示の資金調達(シードラウンドと推定)に続くものだ。フリークアウトにとっては、前ラウンドに続くフォローオン出資。ZEALS にとっての累計資金調達は、5億円を超えるものとみられる。

ZEALS では、今回の調達の目的について、システム開発力の強化やコミュニケーションデザイナー(機械が行う会話をデザインする新職種)の育成のための人材投資、fanp の宣伝や自社イベントの開催を通じたマーケティング活動への投資としている。ZEALS の現在の社員数は16人(業務委託先の要員を含めると27人)。前出のコミュニケーションデザイナーの存在は、同社 CEO の清水正大氏によれば、対話型広告サービスの事業において、A/B テストなどグロースハックツールにおけるグロースハッカーと同じような位置付けで重要な役割を担うのだという。

2017年12月に実施された Infinity Venture Summit(IVS)に ZEALS が登壇し4位を獲得したときにも書いたように、ZEALS はその位置付けを以前のチャットットボット管理ツールから、対話型広告に方向性を修正したようだ。オンラインマーケティングを展開する上でランディングページを作成するウェブ企業が多い。顕在顧客層にリーチすることを意図したリスティング広告にリンクする場合と異なり、潜在顧客層にリーチすることを意図したインフィード広告にランディングページをリンクしても、ほぼワークしない(CVR 0.8%)。

fanp(クリックして拡大)
Image credit: ZEALS

fanp では潜在顧客層へのリーチを意図して、ユーザを(Facebook の)インフィード広告からメッセンジャーに誘導し、そこからチャットボットによる会話型広告を展開できるしくみ。ユーザプロフィールを取得しているため、途中で離脱したユーザについても補足でき、タイミングやアプローチ手段をずらした形で潜在客へのリピートアクセスも可能になる。この状態で CVR は5.7%と、ランディングページの7倍にまで改善されるという。広告領域に活用するチャットボットサービスとしては、国内82.7%のシェアを持つとしており(2017年12月現在)、これまでに解析したユーザとチャットボット間のメッセージのやりとり件数は4,200万超、直近半年の売上成長率は月次平均(MoM)で136%に達したとのことだ。

ZEALS では、コミュニケーションデザイン(チャットボットの応対)の程度に応じて、一般業態をターゲットにした通常版と、メディアをターゲットにしたライト版の2つの fanp の開発・提供が進めていたが、一般業態の方がコンバージョンで得られる送客売上が高いこともあり、現在では開発リソースの多くを通常版に注力しているという。ZEALS は fanp の顧客数を明らかにしていないが、ユーザのリストには、アトラエの「Green」、キャリアデザインセンターの「@type」、 アドバンスクリエイトの「保険市場」インベスタークラウドの「TATERU」、AJINOMOTOの「グリナ」、コンタクトレンズのパレンテや WAVE コンタクトといった、顧客単価といったサービスを抱える優良企業が名を連ねる。

インフィード広告への出稿を含めた、流入経路の確保から送客までを一貫したサービスの提供も始めており、将来的には、ZEALS 自らがチャットボットを立ち上げ、そこから顧客各社への送客を実現する計画も検討しているようだ。web 送客メディアと聞くと、リクルート(東証:6098)が買収した「indeed」や、じげん(東証:3679)の「転職 EX」などが頭に浮かぶが、ZEALS はチャットボットの分野で、同様の送客業態による市場制覇をイメージしているのかもしれない。

----------[AD]----------

ZEALSがフリークアウト・ホールディングスから8,000万円超を調達、チャットボット管理ツール「fanp(ファンプ)」を正式ローンチ

SHARE:

ZEALS を前回取り上げたのは約1年前のことだ。「Palmi」や「SOTA」といったロボットの会話ソフトウェアの開発に端を発する同社は、2015年1月に人材サービス大手のウィルグループ(東証:6089)から調達金額非開示の資金調達を実施している。 ZEALS は18日、アドテク大手のフリークアウト・ホールディングス(以下フリークアウトと略す、東証:6094)から8,000万円超を調達したことを発…

写真左から佐藤裕介氏(フリークアウト・ホールディングス共同代表)、明石信之氏(フリークアウト・ホールディングス執行役員)、清水正大氏(ZEALS CEO)、本田謙氏(フリークアウト・ホールディングス共同代表)

ZEALS を前回取り上げたのは約1年前のことだ。「Palmi」や「SOTA」といったロボットの会話ソフトウェアの開発に端を発する同社は、2015年1月に人材サービス大手のウィルグループ(東証:6089)から調達金額非開示の資金調達を実施している

ZEALS は18日、アドテク大手のフリークアウト・ホールディングス(以下フリークアウトと略す、東証:6094)から8,000万円超を調達したことを発表した。この調達とあわせ、以前から提供していたチャットボット作成 API「BOT TREE」を、チャットボット管理ツール「fanp(ファンプ)」にピボットし改めてローンチ。フリークアウトから営業協力・開発協力・国際展開の協力が得つつ、協業していくことを明らかにした。

fanp
Image credit: ZEALS

2016年5月に華々しいデビューを飾った BOT TREE だったが、ZEALS 代表取締役の清水正大氏によれば、サービスの裏側では苦戦が続いていたようだ。無料トライアルが可能ということで、数百サイト以上のメディアがサインアップしたものの、一方で離脱していくメディアも多かった。

サービスに問題があると感じた清水氏は、メディア企業とがっちりとタグを組んでサービスの改善を図ることを決意。複数のオンラインメディアを展開するイード(東証:6038)に導入してもらいサービスの共同開発に漕ぎ着けた。この話を聞きつけた、エンジャパン(東証:4849)、毎日新聞、キャリアデザインセンター(東証:2410)など大手企業が自社メディアサイトに BOT TREE を導入。彼らの意見を反映し、インタフェースを改善して生まれ変わったのが、今回改めて正式ローンチする「fanp」というわけだ。

THE BRIDGE でもニューズレターを配信しているように、一般的なメディアサイトは読者のリテンション(本当のところは、リテンションよりもエンゲージメント)を高めるために、メルマガ配信を実施していることが多い。そして、これらのメルマガの開封率は決して高くない。ZEALS ではチャットボットを使ってメッセンジャー(Facebook Messenger)でのユーザ誘導を図ったところ、平均開封率72%、平均離脱率7.2%という劇的な数値が得られのだという。平均的なメルマガの開封率と比べ15倍という好成績だ。

fanp の料金体系を見てみると「LINE@」を意識しているようだが、現時点では Facebook メッセンジャーでのみ利用可能だ。fanp には、ユーザのボットの利用開始時に Facebook から取得されるプロフィールや属性に基づいてデータベースが生成されるので、メディアオーナーが条件を定めてユーザにアプローチできる CRM の機能も有している。

清水氏は先ごろ、「こばへん」ことインフォバーン代表取締役の小林弘人氏の話を聴く機会を得、これからのメディアは広く浅くオーディエンスを増やすよりも、オーディエンスのエンゲージメントを高める時代だと痛感した。

メディアサイトのオーナーは皆がメルマガをやりたがるが、メルマガは読者の嗜好性、相手が誰なのかを管理できるしくみになっていない。これらの要件をギリギリカバーできているのは SNS だが、「いいね」を多くもらっていても、多くのオーディエンスにリーチできないなど、いい感じのチャネルがない。

そこで次に、モバイルアプリを作ろうかということになるが、アプリをダウンロードしてもらうには CPA が非常に高くなってしまう。結局のところ、モバイルアプリで有用なのはプッシュ通知の機能だ。プッシュ通知だけなら、メッセンジャーでできるじゃん? それなら、メッセンジャーでチャットメディアをやってみましょう、というのが我々の提案です。(清水氏)

fanp のダッシュボード
Image credit: ZEALS
fanp のダッシュボード
Image credit: ZEALS

今回、ZEALS はメディア向けのチャットボット管理ツール「fanp」に加え、一般企業向けの「fanp Biz(ファンプ・ビズ)」もローンチしている。fanp がユーザ誘導のためのメルマガの代替チャネルを目指すのに対し、fanp Biz は企業やプロダクトのランディングページの代替を目指すチャットボット管理ツールだ。

Facebook 広告からユーザをメッセンジャーに直接誘導できるようになったので、ボットへの呼び込みもできるようになった。ボットに資料請求やアポどりを受けつけさせることで、ランディングページよりも圧倒的に良い顧客レスポンスが得られるようになるだろう。(清水氏)

イードが展開するメディア「レスポンス」に導入されたチャットボット

以前は、会話型 AI エンジンの開発で自然言語解析の雄を標榜していた ZEALS だが、ユーザとチャットボットとのやりとりを〝タップ会話〟(ユーザはテキスト入力することなく、チャットボットから提示された複数の選択肢の中から、適当な回答をボタンで選ぶ)に移行したことで、自然言語解析の開発にかけるリソースも極小化できるようになった。

以前のように自然言語解析に執着していたのでは、国際展開を図る上で各言語毎に開発が必要になり、当然、海外にも先を走る競合がいるので、キャッチアップすることは難しかった。〝タップ会話〟に振り切ったことで国際展開にも道が拓けた。フリークアウトには日本の内外を問わず DSP /DMP などを使うクライアントが多数いて、同社は海外にも拠点があることから、国際展開に大きな期待が持てると考え、資金調達と協業に至った。(清水氏)

今後の展開を尋ねたところ、清水氏は「Communication Ad Platform」という言葉を挙げた。メディアがボットを使って読者の囲い込みができるようになると、おそらく、次はボットのチャネルにマネタイズを求めるようになるのではないか、というのが彼の談だ。メディアが自社のボットに広告メッセージを言わせたり、他サイトへの誘導をさせたりすることで、広告主に料金をチャージできる可能性があるだろう(現時点で、Facebook がこれを規制するという話は無い)。

ZEALS では、fanp や fanp Biz を通じてユーザに提供されるボット体験に、ボットとボットをつなぐハブのような機能も持たせていきたいとしている。

----------[AD]----------