THE BRIDGE

タグ Garena

東南アジアでショッピングやオンラインゲームを展開するユニコーンSea、ニューヨーク証取への上場が承認

SHARE:

シンガポールのユニコーン Sea(旧称 Garena)は22日、ニューヨーク証券取引所への IPO 申請に関する登録が承認されたことを明らかにした。幹事証券会社は、Goldman Sachs、Morgan Stanley、Credit Suisse 。声明によれば、売出株式数や価格帯は決定していない。 当初はゲーム事業で始まった Sea は、e コマースやデジタル決済へと事業を多角化した。今日では…

シンガポールのユニコーン Sea(旧称 Garena)は22日、ニューヨーク証券取引所への IPO 申請に関する登録が承認されたことを明らかにした。幹事証券会社は、Goldman Sachs、Morgan Stanley、Credit Suisse 。声明によれば、売出株式数や価格帯は決定していない。

当初はゲーム事業で始まった Sea は、e コマースやデジタル決済へと事業を多角化した。今日では、Garena、Shopee、AirPay の3つのブランドを持ち、東南アジアの7つの市場——インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピン、マレーシア、台湾、シンガポールでサービスを展開している。

<関連記事>

同社にとって8回目の誕生日となった今年5月8日、同社は社名を Garena から Sea に変更した。Hillhouse(高瓴資本)、Cathay Financial(国泰金控)、Farallon、GDP Ventures、JG Summit Holdings などから5.5億米ドルを調達した直後のことだ。

GDP Ventures は、たばこメーカー Diarum を支配するインドネシアの大富豪家の子息 Martin Hartono 氏が運営。また、JG Summit は、フィリピンの億万長者 John Gokongwei 氏によって設立された。

Sea の初期支援者には、中国の Tencent(騰訊)、マレーシアの政府投資組織 Khazanah Nasional Bhd、シンガポールの Temasek 子会社 SeaTOwn Holdings International、日本の孫泰蔵氏の Mistletoe、カナダ・オンタリオ州教員年金計画委員会、アメリカのプライベートエクイティ会社 General Atlantic がいる。アジアからの大規模エグジットは稀であるため、これらの支援者全てにとって、今回の IPO は素晴らしいニュースである。

今年同社が実施した5.5億米ドルの資金調達は、共に中国のインターネット大手 Alibaba(阿里巴巴)の支援を受ける Lazada や Tokopedia と競合するインドネシアで、Shopee の事業拡大を狙ったものだ。同時に、10億米ドルの調達もあり得る、Sea の IPO の準備のためのものでもあった。

Sea のバリュエーションは、2016年3月の調達ラウンド時で375億米ドルだったが、直近ラウンドでのバリュエーションは開示されていない。

Garena は、マルチプレーヤーオンラインバトルゲームの「League of Legends(LoL)」を東南アジアで展開している。今日、LoL は世界で最も人気のあるマルチプレーヤーオンラインバトルゲームとなり、毎月のユニークビジター数は1億人に上る。

Shopee や AirPay といったサービスへの多角化を図ったことで、Sea は2016年の人口が6億人で GDP が3兆ドルに達した東南アジアで、デジタル市場を狙った幅広いユーザ層を持つ企業へと成長した。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールのショッピング/オンラインゲーム企業Garena、Seaにブランドを変更——5.5億米ドルを調達し、インドネシアでAlibaba(阿里巴巴)と対抗へ

SHARE:

シンガポールのショッピングおよびオンラインゲーム企業 Garena が本日(原文掲載日:5月8日)、5億5,000万米ドルの資金調達を発表したことを Bloomberg が報じた。 Garena は Tencent(騰訊)の支援を受けるスタートアップで、今回の投資ラウンドには GDP Venture、フィリピンのコングロマリット JG Summit Holdings Inc.、Farallon C…

Sea_logo_garena

シンガポールのショッピングおよびオンラインゲーム企業 Garena が本日(原文掲載日:5月8日)、5億5,000万米ドルの資金調達を発表したことを Bloomberg が報じた

Garena は Tencent(騰訊)の支援を受けるスタートアップで、今回の投資ラウンドには GDP Venture、フィリピンのコングロマリット JG Summit Holdings Inc.、Farallon Capital Management、Hillhouse Capital(高瓴資本)、Cathay Financial Holding Co.(国泰金控)、そして台湾の食品複合企業 Uni-President Enterprises Corp.(統一企業)の投資部門が参加した。

今回のラウンド後の評価額については明らかにされていない。

また、今回の資金調達と併せて、Sea という新たなブランド名も発表した。これは東南アジア(Southeast Asia)の頭文字をとったものである。

Sea の公式声明によると、今回得た資金の大部分はインドネシアにおける e コマース部門の Shopee の拡大に活用するという。また、同オンラインマーケットプレイスの年換算総商品価値は過去9ヶ月で30億米ドル以上に「倍増した」とも述べた。

同社はインドネシア市場を拡大させる取り組みの一環として、シンガポールの元外務大臣である George Yeo 氏、シンガポールの元商業大臣である Mari Elka Pangestu 氏、そしてインドネシアの石炭企業 PT Toba Bara Sejahtra Tbk の取締役である Pandu Sjahrir 氏の3名を新たにアドバイザーとして起用したことを発表した。

この拡大計画によりSeaは、Alibaba(阿里巴巴)や同社が最近投資した Lazada に加え、JD(京東)やその投資先と言われている Tokopedia と競合することになる。

先週、Tencent はインドネシアの配車サービス大手 Go-Jek の12億米ドルの投資ラウンドをリードした。

Sea は直近の投資ラウンドとして、SeaTown Holdings International(SeaTown)、GDP Venture、Mistletoe から非公開額の資金を調達している(当時は Garena)。2016年にもシリーズ D で1億7,000万米ドルを調達した。

また、アメリカでの IPO で10億米ドルの調達を目指しているとの報道もある。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------

アジアのオンラインゲーム大手でユニコーン企業のGarena、ミスルトウなどから資金調達——孫泰蔵氏らをアドバイザーに招聘

SHARE:

東南アジアのインターネットおよびモバイルプラットフォーム「Garena」は今日、SeaTown Holdings International(SeaTown)、Global Digital Prima Venture(GDP Venture)、ミスルトウから新たな出資を受けたことを発表した。出資額は開示されていない。 SeaTown、GDP Venture、ミスルトウの3社は、Garena の既存…

Garena-Reception-Final

東南アジアのインターネットおよびモバイルプラットフォーム「Garena」は今日、SeaTown Holdings International(SeaTown)、Global Digital Prima Venture(GDP Venture)、ミスルトウから新たな出資を受けたことを発表した。出資額は開示されていない。

SeaTown、GDP Venture、ミスルトウの3社は、Garena の既存投資家に仲間入りすることになる。これまでに Garena には、北米から General Atlantic やオンタリオ州職員年金基金、アジアからマレーシアの政府系ファンド Khazanah Nasional や 中国向け VC の Keystone Ventures(凱旋創投)、ヨーロッパからは Skype 共同創業者の Toivo Annus 氏などが出資している。

今日のニュースは、同社が約5ヶ月前に1.7億ドル調達したシリーズDラウンドに続くものだ。このラウンドは、依然として2016年における東南アジアで最大規模のラウンドとなっている。

2009年に設立された Garena は、過去5年間の年平均成長率が95%を超えており、2015年には総売上が3億ドルを超えた。同社は最近、これまでのサービスを補完する2つの消費者向けサービスをローンチさせている。モバイル特化型オンラインマーケットプレイスの「Shopee」と東南アジアの金融サービスプラットフォーム「AirPay(インドネシア版タイ版)」だ。

Shopee は過去6ヶ月でビジネスを4倍に拡大しており、同プラットフォームを通じて売買される年間取扱高は13億ドルを超え、140万人以上の売り手に利用されているとしている。また、AirPay は過去1年間でビジネスを2倍に拡大しており、年間取扱高は5.1億ドルを超えている。

Garena は、孫泰蔵氏と Archana Parekh 氏が、業界および地域エキスパートからなるアドバイザリーに加わったことも、あわせて発表した。孫氏はミスルトウの代表取締役社長兼 CEO で、成功させた主要なスタートアップには、1996年のローンチに関わったヤフーがある。彼はスタートアップインキュベータの MOVIDA JAPAN を設立し、2013年には起業家や起業家周辺のエコシステムを包括的に支援することを目的として、ミスルトウを設立した。

Parekh 氏は SeaTown のポートフォリオマネージャーで、シンガポールの国際連合婦人開発基金で委員を務めている。シンガポールの Goldman Sachs が、Garena の募集代理人を務めた。

Garena の創業者兼会長で CEO を務める Forrest Li 氏は、報道関係者向けの発表で次のようにコメントしている。

アジアの最も尊敬される投資企業3社を Garena に迎え入れられたことを光栄に思う。彼らがアジアに持つ洞察力や人脈は、顧客のために「点と点をつなぐ」という我々のミッションを支援し、加速させてくれるだろう。

SeaTown は Temasek Holdings の完全子会社で、絶対収益に特化した投資運営会社として2009年に設立された。インドネシアを拠点とする GDP Venture は、2010年に Martin B. Hartono 氏が設立したベンチャービルダーで、デジタルコミュニティ、メディア、コマース、ソリューション企業の育成に特化している。日本を拠点とするミスルトウは、連続起業家で投資家の孫泰蔵氏が2013年に設立した組織で、投資、スタートアップの共同創業、エコシステムの育成を通じて、ソーシャルインパクトにコミットしている。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------