BRIDGE

タグ iFlyTek(科大訊飛)

AI投資を進める中国、全人代で提言された3つのテーマとは

SHARE:

<ピックアップ> Chinese tech leader says AI can play a role in Beijing’s goal of eliminating poverty ニュースサマリー:中国最大手の AI 音声認識企業  iFlyTek(科大訊飛) 会長の Liu Qingfeng(劉青峰)氏は、2020年5月に行われた中国の全国人民代表大会で、スマート教育、公衆衛生、スマート…

pexels-photo-2599244
Photo by Alex Knight on Pexels.com

<ピックアップ> Chinese tech leader says AI can play a role in Beijing’s goal of eliminating poverty

ニュースサマリー:中国最大手の AI 音声認識企業  iFlyTek(科大訊飛) 会長の Liu Qingfeng(劉青峰)氏は、2020年5月に行われた中国の全国人民代表大会で、スマート教育、公衆衛生、スマートオフィス、私立大学、税制に関する5つの提案を実施した。同氏はまた、中国における貧困撲滅において、AI が不平等の平準化と新規雇用創生において大きな役割を担うだろう、と持論を展開している。

重要視すべき理由:中国は、2030年までに AI のグローバルリーダーを目指す目標を設定。2030年までのロードマップとして、AI 活動は1兆人民元(約15.3兆円)、関連産業は10兆人民元(約153兆円)以上の市場規模となると予想している。Liu Qingfeng 氏は AI 技術が医療能力を向上させ、中国の貧困からの脱却に重要な役割を果たすと語った。

詳細情報:Liu 氏が提案した5つの提案のうち3つ(スマート教育、公衆衛生、スマートオフィス)は AI の適用に関連するもの。

  • スマート教育:中国における中学生の宿題は60%以上は繰り返しの問題であり、学生に無駄な労力をかけている。Liu 氏は AI 技術を使用して教師と生徒に負担を軽減し効率を向上させることを奨励。AI を含む教育分野の新しいインフラへの投資を増やすことを提案した。
  • 公衆衛生:Liu 氏によれば2018年から安徽省において、ある AI 支援診断技術が1万4,000の医療機関で使用されており、4,000万人以上に恩恵をもたらしたとしている。新型コロナウイルス感染拡大の際、自動 AI 通話が中国全土で5,900万人の診断のために使用され、3万6,000人の発熱と4万7,000人のウイルス陽性診断の結果を下したとしている。Liu 氏は公衆衛生サービスの効率を高めるため、自動 AI 通話システムの使用を中国全体に拡大することを提案した。
  • スマートオフィスLiu 氏は全国人民代表大会において、オフィスとサービスの品質・効率化を支援する AI 音声技術の導入を提案。AI音声技術サービスを使用して職務を実行し、全国人民代表大会の立法作業を支援・効率化をすることも提案している。

背景:iFlytek は先進的な音声認識と自然言語処理システムの開発で、中国国内最大手 AI 企業の一つとして台頭している。China Mobile(中国移動)が筆頭株主で、スマート翻訳機をはじめ様々な音声認識サービスを提供している。

via South China Morning Post(南華早報)

執筆:國本知里/編集:増渕大志

----------[AD]----------

中国の家庭向けロボット開発スタートアップ「ROOBO」が1億ドルを資金調達

SHARE:

中国を拠点とし、家庭向けロボットを開発するスタートアップ ROOBO は、深圳証券取引所に上場する中国のソフトウェア企業 iFlyTek(科大訊飛)がリードしたラウンドで1億ドルを調達した。このラウンドに参加した他の投資家については、情報開示されていない。 また、ROOBO と iFlyTek の両社は、iFlyTek のインテリジェントスピーチ/音声認識技術を ROOBO のロボットに導入するこ…

domgo
Dogmy Image Credit: ROOBO

中国を拠点とし、家庭向けロボットを開発するスタートアップ ROOBO は、深圳証券取引所に上場する中国のソフトウェア企業 iFlyTek(科大訊飛)がリードしたラウンドで1億ドルを調達した。このラウンドに参加した他の投資家については、情報開示されていない。

また、ROOBO と iFlyTek の両社は、iFlyTek のインテリジェントスピーチ/音声認識技術を ROOBO のロボットに導入することを意図して、戦略的提携を締結した。ROOBO は最近、同社のロボット犬「Dogmy」で Red Dot Award 2016 を受賞している。Dogmy はペットとしての機能だけでなく、その IoT 機能によって、スマート照明、ヒーター、テレビの電源を制御できるほか、リアルタイムの天気や交通情報の照会、写真撮影やソーシャルメデイアでの共有、型の決まったダンスができる。

ROOBO の他のプロダクトとしては、子供に地理、言葉、それにジョークも言える教育ロボット Pudding(布丁)などがある。また、ROOBO はインテリジェントドローン、VR ヘッドセット、骨伝導ヘッドフォンを製造しており、世界7拠点以上に300人の社員を擁している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

AppleのSiriを追いかける中国の検索エンジン大手2社が独自の音声入力アシスタント機能をローンチ

SHARE:

【原文】 AppleのSiriやGoogle Nowのようなモバイル音声アシスタントがあれば、サーチエンジンのホームページに入って言葉を入力するといった面倒なことはしなくてよい。 中国のサーチエンジンBaidu(百度、NASDAQ:BIDU)とSogou(搜狗)の両社は、この新たなテクノロジーに後れを取るまいと、今月Siriに似た独自の音声入力アシスタントをローンチした。 Baidu Voice …

【原文】

Chinese-voice-assistant-appsAppleのSiriやGoogle Nowのようなモバイル音声アシスタントがあれば、サーチエンジンのホームページに入って言葉を入力するといった面倒なことはしなくてよい。

中国のサーチエンジンBaidu(百度、NASDAQ:BIDU)とSogou(搜狗)の両社は、この新たなテクノロジーに後れを取るまいと、今月Siriに似た独自の音声入力アシスタントをローンチした。

Baidu Voice Assistant(百度語音助手)とSogou Voice Assistant(搜狗語音助手)は共にAndroid用のみで、スマートフォンで自然に会話を交わすように質問や話ができる。そしてこれらのアプリは天気から歌まであらゆる検索を提供し、計算や友人の電話番号などにも素早く回答することができる。

Baidu Voice AssistantはSohu(捜狐、NASDAQ:SOHU)が運営する新アプリであるSogouローンチの数週間後の昨日、ローンチした。Baiduは中国ではトップのサーチエンジン、一方Sogouは市場に占める割合は7.83%とBaiduほど大きくないが中国第3位のサーチエンジンだ。

UIに関しては、両アプリはAppleのSiriよりもGoogle Nowに近く、探している情報がカード状にまとめられて画面に表示される。音声アシスタントに「北京の天気」と話しかけると次のような画面が表示される。左がBaidu、右がSogouだ。

Sogou-Baidu-Voice-Assistant-apps-02-680x592

次に、「Jay Chou(訳注:台湾の歌手、周杰倫)の曲」と言うと、両アプリともに自社の音楽ストリーミングサービスに接続されたミニプレイヤーを表示する。こちらも、左がBaiduだ。

Sogou-Baidu-Voice-Assistant-apps-01-680x592

もっと軽い話題では、両社の新アプリは求められれば冗談も言ってくれる。

中国語の音声入力アシスタントの分野での競合には、これを専門に扱うiFlyTek(安徽科大訊飛)がある。China Mobile(中国移動)は最近、同社の株式を15%取得している

これらのアプリはGoogle Playでチェックすることができる。こちらはBaiduのリンクで、こちらはSogouだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------