BRIDGE

タグ ivs summer workshop

挑戦する人生ーー語る経験者、挑むルーキー #IVS

SHARE:

多くの人間が20歳という年代に社会へのデビューを果たす。就職や起業、スポーツ選手であればプロとして舞台を獲得する時期かもしれない。 多くの人達はこの年代までほぼエスカレーター式に人生を歩む。義務教育、高校、大学。 人は成長の過程の中で経験し、学び、そして否応無くやってくるいくつもの人生の選択に挑戦し続けることになる。 快晴の6月末日、私はIVSサマーワークショップ2013の会場にいた。ここに集まっ…

IMGP7669
特定非営利活動法人ジャパンハート代表で医師の吉岡秀人氏による講演。発展途上国の子供に起こる悲劇に立ち向かう。会場には約500人の学生参加者。

多くの人間が20歳という年代に社会へのデビューを果たす。就職や起業、スポーツ選手であればプロとして舞台を獲得する時期かもしれない。

多くの人達はこの年代までほぼエスカレーター式に人生を歩む。義務教育、高校、大学。

人は成長の過程の中で経験し、学び、そして否応無くやってくるいくつもの人生の選択に挑戦し続けることになる。

快晴の6月末日、私はIVSサマーワークショップ2013の会場にいた。ここに集まった約500名の学生たちは、ちょうどこの人生の「最初の選択」に挑戦しようとしているルーキー達になる。彼らの不安と羨望の入り交じった視線の先には、既に多くの人生の選択を乗り越えた経験者たちが壇上に上がり、その体験を彼らに伝えていた。

挑戦する人生ーー経験者は語る

GMOインターネット代表取締役会長兼社長の熊谷正寿氏やセプテーニ・ホールディングス代表取締役社長の佐藤光紀氏、グリー代表取締役社長の田中良和氏らが参加したセッションのタイトルは「挑戦する人生」。

自身もマラソンランナーとして、斜め上の挑戦を続けるインフィニティ・ベンチャーズLLP(IVP)共同代表パートナー小野裕史氏のモデレートで、早朝から集まった学生たちにメッセージが送られた。

IMGP7666

「インターネット関連事業で約20年間挑戦し続けている。心も折れそうになるし、会社も折れそうになる。なぜできたか。将来やりたいことを明文化して共有したから」ーー。

小さな現場ならいざ知らず、彼らのように第一線で迫り来る選択に挑戦し続けるモチベーションはどこからやってくるのか。熊谷氏は人の喜ぶ顔が原動力となり、循環する世界観を持っている。

豊かになりたい、というのはもちろん原始的なモチベーションの一つだ。しかしそれだけだといつか原動力は尽きてしまう。佐藤氏も「わかりやすい動機をひとつひとつ達成すると、得たこともないようなものを得てみたい。見たこともないものを見てみたいようになる」と表現していたが、人生を積み重ねていくと、本質的な生きる目的というものを求めるようになる。

また学生時代特有のもやもやとした不安感についてもいい助言があった。田中氏は自分がオンリーワンだとかナンバーワンのものなんて滅多に無い、それよりも自分が年齢を重ねたとき、振り返って気がつける良さや価値があるはず、と話していた。

分からないからこそ漠然とした不安に苛まれることもあるかもしれないが、そこで止まるよりも行動することの方が重要なのだ。自分の評価は周囲が決めるものであって、自分で決めるものではない。

さらに佐藤氏はそんな不安との向き合い方について「なかったことにすることはできない。上手く付き合っていく。『ナシ』にすることがゴールじゃない」と話していたが、まさにその通りだと最近つくづく感じる。ここから逃げることはできない。(学生じゃない自分がうんうんと聞いてしまっていた)

挑戦する人生ーールーキーの挑戦

さて、私は以前書いた通り、今回参加する学生さんで起業家志望の方に「どうして起業したいのか」というお話を伺いたいと投げかけたところ、何人かの方とお会いすることができた。

そしてこれは驚くべきことなのか、これが当たり前なのか、以前中央大学で取材したときとほぼ同じような回答が多かったのが印象的だった。あまり無茶苦茶する人って多くないのかもね。

IMGP7675
中央の友巻憲史郎さんとその仲間たち

なかでも関西からはるばるやってきてくれた友巻憲史郎さんのチームは、言葉だけでなくしっかりとサービスまで作っていた点で本気度が違っていたので、こちらにショートインタビューをご紹介させて頂く。

どうして起業とかサービスを作りたいと考えたの?

この二年間休学していました。そこでサービスを作ったりシンガポールに行ったりしてスタートアップシーンを見ていたんです。それでなんかチャレンジしたい、と休学したメンバー4人でわいわいとサービスを作っていました。現在は10人ぐらいのメンバーでやっています。

就職は考えなかった?

いや、就職活動していて内定も決まっています。ただ、その時間がくるまでのあと1年半でサービスに挑戦しようとしています。

ところでどんなサービスを作っていらっしゃるの

いくつか失敗したサービスを振り返って、どういうサービスがいいんだろうと考える中、実際に人を動かせるサービスがやりたいと思ったんです。テクノロジーがすごい訳ではないけど、人がちょっと動く。

休日を楽しむというコンセプトで、何していいかわからない場合に、雑誌をみるような感覚でいろんな過ごし方に出会える。やりたい場合はそこに参加できる。スモールビジネス向けのマーケティングツールとしてこの「Picola」を運営しています。

IMG_4464IMG_4466

折角ここまで作ったのだったら就職せずに起業しちゃえ、とは考えない?

自分が本気になれるもの、実現したいなと思えるものがあれば今すぐにでも起業したいです。けど海外やインターンをしてみて、まだぜんぜんそのレベルになってないです。

それと「起業イコールアプリ作る」とか、「サービス作る」というスタートが雰囲気としてあるんです。自己満足だけで終わったり、ビジネスにならなかったり。上手くいっていない同世代をみていると、サービスを作りたいということと、会社を大きくするとか事業として成功することは違うって気がついて。面白いことはしたいけど、事業をやりたいかといわれると、もっといろいろ学びたいですね。

挑戦する人生

IVPの小野氏によれば、このサマーワークショップに参加する学生さん、昨年に比べて圧倒的に起業とかベンチャーで働きたい(or 働く)という方が大多数を締めるようになったのだそうだ。

以前は古参の大手企業や公務員志望の学生が多かったらしく、挑戦への意欲が学生にも沸き起こりつつある状況ならば歓迎したい。

ただ起業も就職も選択肢のひとつであり、全ては自分が決めるべきものだ。セッションでも多く語られていたが、この二日間でいろいろな選択のきっかけを掴んだ学生は多いのではないだろうか。この場所で生まれた熱量がいつか形となって自分たちの目の前に現れることを期待したい。

 

----------[AD]----------

「決断経験を増やし、やりたいことにはまず飛び込んでみること」ーー20代はどのように働き、経験を積むべきか #IVS

SHARE:

6月末に開催されたインフィニティ・ベンチャーズ・サミットのサマーワークショップ、初日の第3セッションのテーマは「20代の働き方、経験の積み方」。ますます将来に対する不確定な要素が増加していく中、これからどのような経験を積んでいくべきか、気になっている参加者は多かったのではないだろうか。 20代前半のころに、GREEやサイバーエージェントといった、数名から十数名だったベンチャーに飛び込んだゲストスピ…

_MG_8644

6月末に開催されたインフィニティ・ベンチャーズ・サミットのサマーワークショップ、初日の第3セッションのテーマは「20代の働き方、経験の積み方」。ますます将来に対する不確定な要素が増加していく中、これからどのような経験を積んでいくべきか、気になっている参加者は多かったのではないだろうか。

20代前半のころに、GREEやサイバーエージェントといった、数名から十数名だったベンチャーに飛び込んだゲストスピーカーたちのセッションに、これから20代の期間を過ごしていく学生たちは耳を傾けていた。

ゲスト紹介:

  • 株式会社オールアバウト 代表取締役社長兼CEO 江幡哲也氏
  • グリー株式会社 社長室室長 島田 敏宏 氏
  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事本部長 曽山哲人氏
  • 株式会社ミクシィ 執行役員 経営企画室長 朝倉祐介氏

モデレーター:

  • インフィニティ・ベンチャーズLLP 共同代表パートナー 小林雅氏

若い時、やってよかったこと、悪かったこと

朝倉氏:
小中学生のころは、やりたいことや将来の夢は日替わり、週替りで変わるもの。大学生になっても日々の妄想が尽きることはなく、本当に自分のやりたいものかどうかを知りたかったら、実際に飛び込んでみるしかない。大学生というノーリスクな状態を利用して、どんどん飛び込んでみるといいと思います。

会いたい人がいたら、飛び込んで話を聞いてみる。すると、自分が思い描いていたイメージとの差異が明らかになる。その繰り返しで少しずつ自分がやりたいことはわかっていく。やってよかったことはありますが、やってみてから後悔したことは何ひとつありません。やりたいことが何かあるなら、グズグズ考えるよりもやってしまったほうがいいと思います。

曽山氏:
決断経験を増やすというキーワードをよく使っています。たとえば、今日ここに来ようと思ったことも決断になります。決断には増やし方が2つあって、決断の量と質。それを増やしていくことが重要です。

魅力ある学生というのは、決断を重ねてきた人。自分がこれまでにしてきた決断をリストアップしてみると、必ず自分の周りの学生がしてきた決断とは異なるものがあります。それは一人ひとりの指紋が異なるように、ひとによって異なるもの。自分の決断を大事に。

島田氏:
偶然の出会いの質や、成功する確率を高めることはある程度可能です。私が初め、GREEに入ることになったとき、これほど大きな会社になるとは思っていませんでした。出会いと偶然が重なって、今ここにいます。この偶然性と出会いの確率は高めていくことができます。

私はインターネット業界には必ず入りたいと思っていました。ただ、これといった強みが大学2年生のときにはなかったので、インターンシップで実際に働いてみようと思ったのです。

江幡氏:
今、自分の力を持って22歳のころに戻れたとしたら、間違いなく起業すると思います。冷静に今の自分の知識やリソースを考えて、今の日本の企業で働くことのリスクを考えると企業を選ぶと思います。ただ、現時点での知識があればの話なので、それがなかったとしたら、考え方は2つに分かれると思います。

まず、自分にやりたくて仕方がないことがあるかないか。睡眠時間が惜しいほどやりたいことがあるのであれば、もう起業したほうがいいと思います。やりたいことはあるけれど、それほど強い思いでないのであれば、誰か面白いと思う人の側にいったり、自分を鍛えられる場所に入るのがいいと思いますね。

成長する人材像

曽山氏:
「わくわくビジョン」型か、「がむしゃらMAX」型のどちらかが伸びるタイプですね。「わくわくビジョン」タイプは起業家の方に多いですが、サイバーエージェントや企業内で伸びるタイプには「がむしゃらMAX」が伸びたりします。がむしゃらに頑張ることが差別化要因になり、伸びていったりしますね。もちろん、両方備わっているといいんですけれど。

朝倉氏:
ミクシィに入ったばかりのころは、自分がミクシィの社長だったらどうするだろうと常に考えていました。ミクシィの社長になった今は、日本のインターネット業界をこれからどうしようかと考えています。持つ視野の高さはとても大事ですね。

サイバーエージェントの藤田氏や、グリーの田中氏は、決断経験の量と質が半端ではなく、大きな決断をするたびに成長しているとともに働いている登壇者たちは語っていた。決断することはメンタルの強さにつながる。

江幡氏:
素直な人、吸収しやすい人。あとは意思の強さ。これは行動力に現れてきます。成長する人の特徴はポジティブであること。

曽山氏:
やりたいことがある人は、「やりたい」と口に出すこと。口に出していく人はチャンスを手に入れやすくなります。

自分の会社を立ち上げ、事業を大きくしていきたいと考えているような人々は決断の機会を意識的に増やすことから取り組んでみるのもいいかもしれない。

人は周囲の人から受ける影響も大きい。起業を志すような人は、頻繁にコミュニケーションをとる相手に、ポジティブでビジョンの大きな人物を選ぶようにするといいだろう。

20代前半の方々には、ぜひ大きなビジョンをもって、がむしゃらに走っていってもらいたい。

----------[AD]----------

「部下ではなく仲間」「決して辞めない」ーー 働きがいのある会社を創るための心構え #IVS

SHARE:

6月最後の週末に差し掛かる金曜日の午後、筆者はインフィニティ・ベンチャーズ・サミットのサマーワークショップにきていた。月に開催されたインフィニティ・ベンチャーズ・サミットの学生向けイベントであるサマーワークショップには、東北から、東海から、質問した学生の自己紹介の際に聞いただけでも関東圏以外の学生も参加していた。 筆者が参加したセッションでは、スマートエデュケーション代表取締役、池谷大吾氏、ソウ・…

_MG_8616

6月最後の週末に差し掛かる金曜日の午後、筆者はインフィニティ・ベンチャーズ・サミットのサマーワークショップにきていた。月に開催されたインフィニティ・ベンチャーズ・サミットの学生向けイベントであるサマーワークショップには、東北から、東海から、質問した学生の自己紹介の際に聞いただけでも関東圏以外の学生も参加していた。

筆者が参加したセッションでは、スマートエデュケーション代表取締役、池谷大吾氏、ソウ・エクスペリエンス株式会社代表取締役、西村琢氏、パタゴニア日本支社社長、辻井隆行氏の3名という、少し珍しい登壇者の顔ぶれだった。

彼らが話した内容は「働きがいのある会社をどう創るか?」というもの。いずれ自分の会社をたちあげたいと考えている今回のサマーキャンプの参加者にとっては、非常に気になるテーマだっただろう。

池谷氏はしばらくの間会社勤めを経て起業、西村氏は学生のころから起業し、辻井氏は30歳からパートタイムで働き始めた会社の日本支社長になるなど、それぞれ経歴が大きく異なる。そんな3人に共通していたのは、それぞれ自分のやりたいことを事業にしているということだ。自分のやりたいことを語る瞬間の熱量と、事業内容を語る時の熱量が同量だった。

彼らが一緒に事業を行う会社のメンバーに対して抱いている想いは以下のようなものだ。

池谷氏:
声をかけるときは、一緒に作ろうと言っています、部下をとったことはなく、採用するのは仲間だけ。仲間と一緒にルールも創るようにしています。

西村氏:
友達を巻き込んで事業を続けていて、ひとつだけ心に決めていることは、辞めない、諦めないということ。普通なら継続できないような条件だけれど、辞めないと決めているから頑張れることがあります。

辻井氏:
人間は一人で生きていけないようにできていて、お互いに助け合うというDNAにあると思っています。 ビジネスだけが大きくなるのではなく、人に貢献したいという気持ちがないと意味がないし、逆でも一緒にやっていけない。そのバランスが大事だと思います。

最後、学生に向けて、「自分の人生を歩むべき」「社会のことも、自分のことももっと知らなくてはいけない」というメッセージが投げかけられた。

本セッションの登壇ゲストは、みな「社会をこうしていきたい」という強い想いがあった。ぜひ今回のサマーワークショップに参加した学生の方々にも、「自分はどういう社会にしていきたいのか」という問いを大切にしてもらいたいと思う。

----------[AD]----------

#IVS サマーワークショップレポート:この500人の学生の中で成功するのは5人くらい、一刻も早く起業したほうがいい

SHARE:

これは、慶応義塾大学日吉キャンパスで開催されている IVSサマーワークショップ2013 の取材の一部である。 現在インフィニティ・ベンチャーズ・パートナーズ主催の”IVSサマーワークショップ”が慶応義塾大学日吉キャンパスで行われている。IVS(Infinity Ventures Summit)サマーワークショップ は、「無限の可能性をもつベンチャー企業を生み出す場・集まる場」という意味が込められた…

55CB9DB5-63D0-4080-9EA0-A14A84CF4CB4

これは、慶応義塾大学日吉キャンパスで開催されている IVSサマーワークショップ2013 の取材の一部である。

現在インフィニティ・ベンチャーズ・パートナーズ主催の”IVSサマーワークショップ”が慶応義塾大学日吉キャンパスで行われている。IVS(Infinity Ventures Summit)サマーワークショップ は、「無限の可能性をもつベンチャー企業を生み出す場・集まる場」という意味が込められたポテンシャルの高い学生向けのカンファレンスである。

Session 1 では”新進気鋭の起業家が語る20代の生き方”、というテーマの対談が行われたので、レポート記事として対談の様子をまとめてみた。スピーカー・モデレーターは以下。

スピーカー:

  • – コーチ・ユナイテッド株式会社 代表取締役CEO 有安伸宏 氏
  • – 株式会社トライフォート 代表取締役CEO 大竹 慎太郎 氏
  • – 株式会社nanapi 代表取締役 古川 健介 氏
  • – 株式会社ノボット 代表取締役社長 小林 清剛 氏

モデレーター:

  • – インフィニティ・ベンチャーズLLP 共同代表パートナー 小野裕史

そもそもなぜ起業したのか

小林:実は自分自身コーヒー飲めなかったのだけど、コーヒービジネスを誘われて始めた。大事なことが2つあると思っていて、1つ目はスキルを持っているということ。僕はインターン時代から月3000万円の売上をだしていたことから営業力があった。スキルがあれば誘えってもらえるし、チームでも貢献できる。2つ目はビジョンの共有。

古川:掲示板サイトのしたらばをやっていたときに、社長やらないって言われて、やりますっていった。それが1社目。2社目は、一番事務手続きがうまそうだからという理由で古川やれよと言われてやった。その後当時のリクルートには3年たったら辞めるっていう文化みたいなものがあって、チームの人にやめるってチャットしたらいいよって返ってきたので会社をやめた。その後まだアイデアもなくて、することがないので、庭の草むしりとかして過ごしていた。その後、現在YJキャピタルのCOOを務めている小澤氏からハウツーサイトをやらないかと言われて、最初は受託的にそれでやりますと答えのがNanapiのはじまり。

大川:起業がリアルに見えたのが大きい。20代の頃は周りで起業する人たちは心から頭がおかしいやつらだと思っていた。起業って”ジャンプ”しないと出来ないと思っていたが、起業家たちと話して自分の方が優秀だと思う場面もあった。起業ってそんなに大したことないって思ったら、自分が起業している絵が見えた。

皆さんの原体験は

有安:高校1年生時、インターネットが普及しはじめたときに、当時自分の家にあったビックリマンシールを片っ端から売ったら、100万いかないくらいのお金になって、それで衝撃を受けた。インターネットを活用すればお金が稼げるのがわかったのが僕の原体験。

大竹:僕の場合は複合的。京都人なので目立ちたいという気持ちと、あとは日本人でも世界に通用するという大和魂みたいなものがある。

古川:原体験はそもそもない。自分でやって楽しいことを行ってきたし、もともとそういう気持ちでインターネットビジネスを始めた。

小林:古川さんと同感で、僕もこれをやりたいって思って起業したわけではなかった。なんで起業したいかって実際皆最初あいまいだと思う。真面目な話をすると、僕の場合、会社を潰した経験って、船に穴があいていた状況で、自分の大事なものを捨てなければならない状況だったし、全て捨てたあとに何で起業したいのかがわかった。

起業について学生にアドバイスできることは

小林:とにかくリスクをとること。金銭的なことじゃなくても、例えばあえて就職しないとか、恥をかく経験が大事。

有安:僕は小林さんの言ったことに反対。そもそもリスクってなんですか?リスクって不確実性ですよね。そもそもインターネットビジネスに限った話ですけど、インターネットビジネスってリスクが小さい、投資してくれる人もいるし、今は自分が金銭的なリスクをとらないで起業することもできる。だからアクションが大事。どんどんプロトタイプつくって外に出して、行動して、人に会ってアイデアを繋いで、こういうリアルの体験を繰り返すと成功につながるので、これを起業する前にやるといい。

古川:僕は安定志向なんですけど、一回きりの人生なので、でも失敗はしたくなくて、それで自分なりに、ベンチャーをやるということは安定的だと思っている。リスク的には大企業に入るほうが今は高くて、大企業は不確定要素が多い。自分でベンチャーやったほうがコントロールできるし、リスクが少ないと思う。

大竹:起業するって皆さんが思っている以上にリスクは少ない。僕の場合借金もしてないし、共同創業者の小俣と100万円出しあったのみ。それよりも大企業を否定するわけではないんですけど、大企業に入った僕の友人たちは、ぶくぶく太り始めてるし、髪の毛も薄くなってるし、大企業はそういうリスクはすごく高いと思います。

僕は今のところ髪の毛も抜けてないし。何が言いたいかっていうと、自分でベンチャーやっていたほうがストレスが少ないってこと。多分言い訳してしまうのだと思う、周りの環境に。ただ自分でベンチャーやると言い訳できないし、それは精神的にいいと思う。

学生からの質問

質問:リクルートのように社員が主体的になれる会社に就職することについてどう思うか?

古川:実のところ、起業して2ヶ月で得た経験がリクルートで得た経験の3年分くらい。3年間いたけど、無駄ではなかったけど、起業したほうがより多い経験を得られる。

有安:起業するって超主体的。起業家には一段上のレベルの主体性が求められる。法的にも。そういうのが社会人には求められない。社会人は社会人で良いエクササイズになると思うし、それはそれでいい。もしテーマがあるのならすぐに起業した方がいい。

小林:将来起業するんだったら今すぐ起業した方がいい。正直に言って、この500人の中で成功するのは5人くらいだと思う。時間は大事だから、一刻も早く起業したほうがいい。

質問:リーダーとして大事なことは?

有安:パッションも大事だが、パッションを伝える力が大事。情熱がない起業家なんていないので、それをどう周りに伝えるのかが経営力。情熱を仲間に伝えて、投資家に伝えて、そういうコミュニケーションのスキルが大事。

小林:起業したいんだったら夢を語るべき。これが一番起業家に必要なもの。創業パートナーが見つからないという理由で起業しない人はその時点で終わってる。夢語って、実行して、証明する。これを繰り返すことが大事。

大竹:教科書みたいなことを言うが、志が大事。経営の勉強はどこでも学べるので、自分なりのアートを身につける事が大事。例えば勇気とかもそう。

古川:僕のリーダー像はみんなと違って、僕の中のリーダーって三角形の一番下で皆を支えている人。目立たないで、なかにいる人が達成したいことをサポートするのがリーダーだと思っています。Nanapiも最終的には僕が会社にいなくても大丈夫なくらいになって欲しい。

最後に学生へのメッセージ

有安:生き急いだ方がいい。僕は今31だけど、親戚が少しづつ亡くなってきていて、死が身近になっている。だから生き急いだ方がいい。

大竹:あえて1つ言うならば、答のない問題を解く力をみにつけた方がいいと思う。

古川:ここにきているだけでも凄いと思うし、みなさん起業できる人たちだと思う。ただ、準備してから起業しちゃいそうなので、起業は行動したほうが早いので、行動あるのみ。

小林:すぐ起業した方がいい。見渡しても、今日ここにきている人は結構おとなしいひとばかり。オーディエンス側に座ってることは悔しいことだと思ったほうがいい。来年はステージに座ってやるくらいの意識を持ったほうがいい。

----------[AD]----------