BRIDGE

タグ Klarna

1兆円評価の“スゴイ後払い”サービス「Klarna(クラーナ)」

SHARE:

ピックアップ:Klarna now Europe’s biggest fintech unicorn at over $10 billion value ニュースサマリー:スウェーデン発のスタートアップKlarnaは9月14日、エクイティーラウンドで6億5000万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはSilver Lake Partnersが参加し、シンガポールの政府系フ…

Klarna(クラーナ)ウェブサイト

ピックアップ:Klarna now Europe’s biggest fintech unicorn at over $10 billion value

ニュースサマリー:スウェーデン発のスタートアップKlarnaは9月14日、エクイティーラウンドで6億5000万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはSilver Lake Partnersが参加し、シンガポールの政府系ファンドであるGIC、BlackRock、HMI Capitalも同ラウンドに参加している。同社はスウェーデンを拠点に、後払い決済サービスを運営。無利子の分割払いや、商品到着から30日後の事後一括払いシステムなどを提供している。同ラウンドにて、同社評価額は106億ドルに達した。

話題のポイント:ECでの支払い方法と言えば、デビット・クレジットの決済方法が一般的ですが、Klarnaでは後払いシステム「buy now, pay later」を大きく3つの方法で提供しています。4回分割、30日以内後払い、そして即時ファイナンス(貸付)です。

まず1つ目の無利子「4回払いプラン」。この決済方法を選択すれば、ユーザーは商品の価格をそのまま払いつつも、4回に決済を分割して払うことが可能となります。決済は登録するデビット・クレジットカードのいずれかより2週間ごとに自動的に引き落とされます。仮に、自身でクレジットカード付帯サービスの分割払いを利用すると、利子が必要なのでメリットがあります。

次は無利子の「30日以内・後払いプラン」。この決済方法では、ユーザーは商品到着から30日以内であれば無利子で購入することが可能です。興味深いメリットとして、購入に際しクレジットカード番号なども求められることがないので、多くの情報を提供せずともシームレスな商品購入体験を味わえる点にあります。また、後日払いではクレジットカードも選択可能なため、実質的なキャッシュの支払いは商品購入の2か月先と調整できる点もポイントでしょう。

最長36回返済のファイナンスプラン。6カ月までなら無利子

最後は購入代金を貸し付けて、6カ月から36カ月の分割返済を求めるプランです。ユーザーは利用できるECサイトで、配達先に使っている住所と電話番号などの諸情報を入力さえすれば即時でクレジット与信枠を利用することが可能となります。6カ月までのプランであれば、利子はゼロであることも注目すべきポイントです。

さて、販売店舗側のポジティブポイントですが、何より、Klarnaでは即日入金という形でフォローアップしているのが特徴です。単にクレジットカード払いだと手数料も多く取られ、実際の入金日遅れも避けられない状況でした。そしてユーザーに対してリスクフリーな分割払い・後払いオプションを提供できることはもちろんプラスの要素であることは間違いありません。

気になる手数料自体は「月額固定+トランザクションごとの少額フィー」で構成し、通常のクレジット決済より低価格に抑えているとされています。同社公式サイトによれば、Klarnaの月間アクティブユーザーは既に1000万人を超えており、全体の30%の小売りがコンバージョンレートが向上したとの結果を公表しています。現在は欧州・米国を中心とした事業展開ですが近いうちにアジア圏への進出もあるかもしれません。

共同執筆:「.HUMANS」代表取締役、福家隆氏

Ant Financial (螞蟻金融)、スウェーデンの後払い決済アプリ「Klarna」に出資——欧州市場展開を強化

SHARE:

中国のオンラインマーケットプレイス Alibaba(阿里巴巴)の金融部門 Ant Financial(螞蟻金融)は、スウェーデンの後払い決済アプリ「Klarna」の少数株式を取得したと、Klarna が4日発表した。 重要視すべき理由:中国のオンライン決済市場は事実上、WeChat Pay(微信支付)と Alipay(支付宝)が独占しているため、Ant Financial はヨーロッパの消費者に参…

中国のオンラインマーケットプレイス Alibaba(阿里巴巴)の金融部門 Ant Financial(螞蟻金融)は、スウェーデンの後払い決済アプリ「Klarna」の少数株式を取得したと、Klarna が4日発表した

重要視すべき理由:中国のオンライン決済市場は事実上、WeChat Pay(微信支付)と Alipay(支付宝)が独占しているため、Ant Financial はヨーロッパの消費者に参入する動きに乗り出した。

  • Tencent(騰訊)もまたヨーロッパへの進出を目指しており、ヨーロッパは中国最大のアプリ同士が競争する新たな舞台になりつつある。

Alipay と Alibaba Group は、小売業のイノベーションやアプリエコノミーの世界的先導役だ。決済や買い物の将来を定義する上で、Klarna に示されたこの自信をうれしく思う。(Klarna CEO の Sebastian Siemiątkowski 氏)

詳細情報:ロイターは、本件に詳しい情報筋の話として、今回の出資が Klarna の株式に占める割合は1%未満で、既存株式と新規株式で構成されると伝えた

  • Klarna は後払い決済サービスを提供。買い物客は商品を購入後、14〜30日以内に代金を支払う。
  • Klarna のサービスはすでに Alibaba の海外向け EC プラットフォーム「Aliexpress(全球速売通)」で利用可能だ。

背景:Ant Financial は11月、フランスのスタートアップ Worldlineと提携、Alipay をヨーロッパに持ち込みアジアの観光客に決済サービスを提供すると発表した。少なくともヨーロッパの5つのモバイルウォレットプラットフォームが Alipay と提携、ヨーロッパで決済サービスを提供している。プラットフォーム全体でのユーザ数合計は500万人。

  • Ant Financial のヨーロッパのフィンテックへの最大の動きの一つは、2019年2月にイギリス拠点の決済グループ WorldFirst を7億米ドルで買収したことだ。
  • 中国のデジタル決済で Alipay 最大の競合である WeChat Pay 運営元の Tencent もまた、すでにヨーロッパに進出している。
  • Tencent は2018年、ドイツのオンラインバンク N26 のシリーズ B ラウンドをリードし、1億6,000万米ドルを出資した。2020年1月には、フランスのデジタル決済アプリ「Lydia」のシリーズ B ラウンドをリードし、4,500万米ドルを出資した。
  • 2005年に設立された Klarna の評価額は55億米ドル。 Financial Timesによると、Klarna の投資家には、グローバル決済プロバイダー の Visa、ニューヨークの投資会社 BlackRock、ベンチャーキャピタルグループの Sequoia Capital などがいる。
  • Klarna は、H&M、Asos、Expedia Group、Ikea、Farfetch、Adidas、Spotify、Samsung、Nike など世界20万の小売業者にサービスを提供しているとされる。
  • また、世界中にいる顧客数は8,000万人で、「最も近いアメリカの競合よりも月間アプリダウンロードが20万回以上多くなっている」という。
  • 2019年、Klarnaの年間収益は前年比3分の1増加して7億4,000万米ドルとなった。しかし、Financial Times によるとアメリカ市場への進出と大きな信用失墜が純損失につながった。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

後払いでユニコーンになったKlarna、米国市場での成長を狙って4億6000万ドルを調達ーー後払いショッピングアプリ公開も

SHARE:

ピックアップ:Klarna announces $460M equity raise to further support massive US growth ニュースサマリー:8月6日、ストックホルム発の後払いサービスを提供する「Klarna」が、ベンチャー・ラウンドにてDragoneer Investment Groupを筆頭に計8つのファンドから総額4億6000万ドルを調達したことを公表して…

ピックアップKlarna announces $460M equity raise to further support massive US growth

ニュースサマリー:8月6日、ストックホルム発の後払いサービスを提供する「Klarna」が、ベンチャー・ラウンドにてDragoneer Investment Groupを筆頭に計8つのファンドから総額4億6000万ドルを調達したことを公表している。

今回の調達を機に同社の累計調達額は12億ドルに、かつ企業価値は55億ドルに到達した。創業は2005年と約14年近くの時が経過しているが、未上場のため立派なユニコーン企業として位置付けられている。

今回の資金調達は米国での事業を拡大するためだ。現在Klarnaは米国で年600万社の新規顧客が生まれており急拡大中だという。現時点では、米国内の3000社を超えるマーチャントに対し同サービスを提供している。さらにKlarnaは最近ショッピングアプリをローンチした。アプリではKlarnaを導入するマーチャントの商品を購入することができる。

Screenshot 2019-08-13 at 9.31.20 AM.png
Credit & Source : Klarna

Klarnaの公式ブログによれば、同アプリは、競合アプリの3倍のデイリー・ダウンロード数を誇り、かつアプリユーザーの50%は毎週アプリ内でショッピングを楽しんでいるとしている。

話題のポイント:オンライン・ショッピングにおける支払いは、現在でもクレジットカード払いが圧倒的なシェアを誇っています。ですがクレジットカードでの分割払いを選択する場合、そこには利息という大きな障壁があります。

ですがKlarnaのビジネスモデルはtoBで、マーチャントから導入料金が支払われる形になるため、Klarnaの後払いを利用するユーザーに対して利息または利用手数料を要求することがありません。

Screenshot 2019-08-13 at 10.09.08 AM.png
Credit & Source : Klarna

以下の動画をみていただくと分かりやすいですが、購入時に、クレジットカードやPaypalと並び「Klarna」を選択でき、後払い(分割払い)を行うことができます。非常にシンプルかつ簡単に利用することができます。

その際にクレジットカード情報を入力する必要があるようですが、実質的な利息はKlarnaが負担してくれるということなのでしょう。

’Pay in 4’(4回分割払い)を選択したあるマーチャントの報告では、注文される商品の平均価格が68%増加し、カードが21%だったのに対し、コンバージョンは44%増加し、購入頻度は21%増加したといいます。

Klarnaはこれまで6000万人のユーザーの支払いをサポートし、13万件のマーチャントに対してサービスを提供してきました。デイリーで100万回のトランザクションが捌かれており、その収益は10億ドルに及ぶとされています。